現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ヘバーデン症候群?

JP
2017年12月16日 16:30

皆さんこんにちは
どうぞよろしくお願い致します。

当方現在ピアノの練習をする際に痛みが出ておりネットで調べたところ
ヘバーデン症候群というものではないかと思いました。

小さい頃からピアノを弾いて来て、音大を卒業した後は特にコンスタントな練習はせず、
49歳の現在まで、気が向いたときに練習する程度でしたが、必要があって1か月前から続けて練習をしています。年齢も年齢ですし、突然こんなことをし始めたから指がついていけてないのかもしれません。
エチュードで指を大きく開く形の通りに左手小指だけ変形してしまっているのですが(多分数年前から)今回の練習で初めて痛みが出ました。病院に早期にかかった方が良さそうなのですが、情報を知りたくトピを立てさせていただきました。

手がご専門、またヘバーデンについて深くご存じの先生が知りたいです。当方都内西部在住です。何卒よろしくお願い致します。

ユーザーID:5838910933  


お気に入り登録数:36
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
66才女性です
海賊の妻
2017年12月18日 20:01

40代の時にヘバーレン関節症の診断を受けました。その時には、リュウマチになったかと思いました。手がこわばって握ったり開いたりできにくく、例えば台所の日よけのヒモが引っ張れませんでした。
私の原因は指圧です。子供の頃から病人が絶えない家でいつも「肩をもんで」とか「腰を押して」とか言われて来ました。とても役に立つ子供でした。そして腕を上げました。
みんなに感謝され、物やお金や人に恵まれ、お返しは指圧や介護やそんなものでした。
夫が透析になり「足が痛い」「腰が痛い」という時にも手を抜かず指圧とマッサージをしました。
ある日指が痛くて手が自由にならず受診したらヘバーレン関節症と言う病名が告げられました。安静と冷やさない事と言われました。
現在は痛みは引いたものの、中指の第一関節がボコッと膨らんで人差し指が少し変形して中指側に倒れています。
数年前右手の中指の第一関節に水のたまった腫れものができ、医師は「関節からの水だとしたら指の専門家に紹介します。表面の水とは思えない。厄介なものかも知れません」と言われました。しばらくして水が引きました。
夫は指を使わず手のひらだけで押してくれと言います。そして私の左手の手首には大きな腫物ができ、ガングリオンと言われ何度も注射器で水を抜く繰り返しです。
私の指も手も悲鳴を上げています。
無理がたたったのでしょう。
同じことがピアノで起こるなんてなんと過酷なのでしょうか。
どこの都道府県にも整形外科の有名な病院があります。手の専門医がいるはずです。
たぶんヘバーレン関節症の専門医がいるはずです。一度受診してください。
私の友人はお裁縫で二人の息子を大学に入れました。驚くほどの指の変形ですが痛いと言いません。
この病気は別名裁縫師の病気だと聞いたことがあります。

ユーザーID:3960283754
お返事遅くなりすみません
JP(トピ主)
2017年12月30日 17:43

海賊の妻様

レスを頂きありがとうございました。
苛酷に指を使われてきたのですね。それに比べたら私のは大したことありません。
人のために一生懸命使われて役に立ったのであればとても良い事と頑張った自分をほめてあげて下さい。

私のはコンスタントに練習しないばちが当たったという感じです・・・
思い出した時にやるといういい加減さがよくないです。左手の小指のみが内側に曲がっていてやはり第一関節がぼこっと膨れた感じです。

江古田に「音楽家外来」と言う事で診察をされている外科があるとわかり、そちらに行きましたらパラフィンパックをして指を温めて下さいました。私もヘバーデンでした。軟骨がすり減っているとの事でした。使いすぎもありますが、年齢もあるのでしょうね。
まだまだこれから使わないといけない指、大事にしないといけません。様子を見い見いやっていきたいと思います。

ユーザーID:5838910933
 
現在位置は
です