現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

家を美しく保つポイントを教えて下さい

ぽかぽか
2017年12月16日 17:32

不用品を段ボール数箱分処分しました。
今まで片付け本を読んでも影響されなかったのですが、片付けのTV番組を観てから「空間の確保するって素敵だな」と思い、長年使っていない物を処分することに決めました。
そうしたら物に対する執着が消えて家だけではなく気持ちまですっきりしました。
不要な物を処分すると煩悩までなくなるのでしょうか?
今までは「使っていないしなくても困らないけれどまだ使えるから取っておく」という思考でした。しかし「空間こそ貴重」と考えが変わり捨てるのに躊躇しなくなりました。
ある程度の空間って大事なんだな、と思いました。
食材もシャンプーなども以前は安い時に買い込んでいましたが、「必要な時に必要な分だけ買おう」と決めました。
また、リビング雑誌なども見て「理想の家」をイメージし、家から少しでも余計な物をなくそうと思いました。
小町の皆様、「こうしたら家がきれいに保てる」「不用品を減らせる」というコツや心の持ち方などあれば教えて下さい。

ユーザーID:2194640157  


お気に入り登録数:258
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
父の技
主婦
2017年12月16日 19:53

父が単身赴任先でやっていたことです。
いつ行ってもいきなり行ってもキレイな部屋を維持してました。

父の習慣
・朝20分間掃除タイムを設ける
・物の定位置を決める
・帰宅時は持ち込んだ物を定位置に収納するまで座らない
この3つが基本らしいです。

起床後に当然のようにトイレへ行ったり顔を洗ったりするのと同様に掃除も当然なのだそうです。
父の理屈では「掃除は朝するものでしょ?」です。

物の定位置は全ての物に決まっていました。
テレビのリモコンも、ハサミも、カバンも何もかもです。
「どこにあるか分からなかったら停電の時困るだろ?」だそうです。
物を定位置へ置けば散らかるはずがないのだそうです。
靴を揃えて置く(次に履く時に履きやすい向きに置く)などと同じで、基本は今ではなく次に使う時の使いやすさを考えるのだそうです。

後は余計な買い物はしない、必要な物は必要になった時に買う、安い時に買う必需品は1個まで。
これは貧乏だから自然とこうなり物が増えないらしいです。

ユーザーID:5827128223
収納場所にモノを満タン詰め込まない事
ふらり
2017年12月16日 20:02

収納場所にモノをパンパンに詰め込まない。
2〜3割くらいは空間を残しておきます。
そうしないと、生活してるとモノはどんどん増えるばかりで、収納場所には
もう入らないので結果部屋が散らかる事になります。

そして一年に一度くらいはキッチン、クローゼット、押し入れなどの
整理をします。
一年くらい経てば何故こんなもの大切に仕舞っておいたのだろう?と
不思議に思うものが出てきます。
不要なモノは思い切って処分。
そしてまた必ず空間に余力は残しておく。

こうすれば収納場所から、はみ出る事はないので部屋は散らからないです。

あと基本ですが、なるべくモノは買わない。
今すぐは使わないけどあったら便利かも?…レベルのものは買わない。
100均ショップにむやみに行かない。

スッキリした空間で気分良く暮らす為には、モノに対する執着を捨て
空間に価値観を見出す事です。

ユーザーID:5320273954
買わない携帯からの書き込み
通りすがり
2017年12月16日 22:00

物を買わないことです。掃除が出来ない家、汚い家は物で溢れかえっています。

我が家は断捨離後、

買いだめをしない(災害備蓄品とペット関係を除く)
物は修理出来ない場合のみ買い変える

これを徹底しています。掃除や片付けが下手な私ですが、物がないので、家はすっきりしています。

ユーザーID:7704483242
「買い置きをやめる」のはとてもよいこと
2017年12月16日 22:20

限られた収入の中でやり繰りする主婦にとって、普段より安い価格で出ていれば「お得だ!」と感じて買い込む気持ちはわかります。

しかし、そこでそれらを整然と収納しておくスペースを考えた時、「空間」と「節約」を天秤にかけて判断する事が必要になってきます。
「必要な時に必要な分を」という事に気付かれたのは、大いなる前進だと思います。

私が日頃意識している事は、以下のようなものです。
・どんなに安売りしていても、ひと月で使い切れる分量しか置かない
・家の中を乱雑にする一番の敵は「紙類」なので、郵便物を手に取った時にすぐに要不要を決め、また必要な物でも封筒などは破棄して中身だけをしかるべき所に保管し、保存する書類の量を最小限にする
・「年間、四季毎、月間、週ごと、日割り…」というように掃除の予定を決めて、万遍なく手が行き届くようにする
・トイレ、浴室などは特に汚れやすいので、そこは使う度に軽く掃除する事を癖にする
・ダイニングテーブルや調理台などは、使っていない時は何も物が置いていないことを守り、例外を設けない事
・食事時に出た残り物は、一両日以内に繰り回して使い切り、冷蔵庫の中に死蔵品が出ないように心掛ける
・休日など掃除の予定を組まない日でも、朝の埃取りと床のモップ掛けだけは欠かさないようにする

これだけを守っていれば、年間を通じてさっぱりした家の中を保てます。
そして何より大事な原則は、「物を使ったら必ずその直後にしまう」という事を家族全員が徹底することです。

仮に掃除予定が何らかの事情で出来なくても、「使った直後に決まった場所に片づける」「毎日埃取りだけはする」「水回りを使った後は軽く拭く」この3点を守っていれば、急な来客にも慌てずに済みます。

家の中が清潔だと全てにゆとりが出て、物事がうまく流れるように思います。

ユーザーID:8770117075
捨てる物を決めてから買う
akko
2017年12月17日 14:21

新しいものを買いたい時は、捨てる物を決めてから買います。
転勤族なのですがアパートは狭いのです。
子供の絵や工作は捨てにくいですが、写真に撮ったら、捨てます。

ユーザーID:9077255101
 


現在位置は
です