現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アンコールが3回の最終回

まつこ
2017年12月17日 19:59

初めてのトピです。よろしくお願いします。
タイトルの通り、くらもちふさこさんの、「アンコールが3回」ですが、最終回だと思うのですが、 別マに掲載されてたセリフとコミックになった時のセリフが、変わっていたように記憶しております。
例えば  ようこ「○○時間前に解除しちゃったよ」⇒「やめるの、やめたんだ。」
このシーンの前くらいに、2つくらい変更されたセリフがあったように思うのですが、どうにも思い出せません。ネット検索もしてみたのですが、出てきません。

大変人気のあった漫画でしたから、覚えている方いらっしゃいましたら、どうか教えてくださいませ。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2061765128  


お気に入り登録数:35
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
答えになっていませんが…。アラフィフ女性より。
じゅん
2017年12月18日 0:34

くらもちふさこさんの作品、大好きでした。
「いつもポケットにショパン」「いろはにこんぺいと」「東京のカサノバ」
…特に好きな作品です。

恋愛ものとして描かれる関係が
・先輩後輩・幼なじみ・血の繋がらない兄妹・そして「アンコールが3回」のように歌手とマネージャー
…などなど様々でした。学園ものが多い中、くらもちふさこさんの作品は光ってたなって思います。

さて…トピの件…
コミック化の際に著者の方が「セリフを手直ししたいな」って思って変えることがあるという事なのかな。初めて知りました。

「アンコールが3回」で覚えているセリフがあります。
ようこのバンドのメンバーで揉めている時だったか、メンバーの1人が言った
「俺はようこの奴隷ですから」
というセリフ。
たった一言なのに…もう30年以上経つと思いますけど、今でもなぜかそれを鮮明に覚えています。

ユーザーID:7038015193
トピ主です。
まつこ(トピ主)
2017年12月18日 10:34

トピを載せていただき、見てくださる方がいて嬉しいです。少し補足させていただきます。
約30年程前、別マの特集号で、「アンコールが3回」の全話が載っていたので購入しました。 その十数年後、リサイクルショップでコミックスを読んでたら、「あれ?セリフが違う」
別マの年齢層の若い人によっては、少し難解だったからか、コミックスには分かり易い表現に変わったようでした。
でも、私は変わる前のセリフを思い出したくて、今回このようなトピを立てさせていただきました。

また思い出したのですが、コミックスの最終回でようこが不破くんに、「あなたは始めから知ってたはずよ」というセリフがありますが、別マ掲載されたときは違う表現のセリフだったように記憶しています。その辺も覚えている方、教えてください。

引き続きよろしくお願いいたします。

ユーザーID:2061765128
すみません
ちょこたん
2017年12月18日 18:01

最終回は覚えてないのですが、

公衆電話で「どこにいるか」って聞かれて
「公衆電話」って答えたのと、

家に遊びにきた某歌手が「水に氷を入れてくれ」と
言ったら「うちの母はお手伝いさんじゃない」とお兄さんが
一喝した…という話。

アンコールが3回じゃなかったらごめんなさい。
たぶんごっちゃになってますね。

ユーザーID:9825953262
2度目です。ちょこたん様、まつこ様。
じゅん
2017年12月20日 3:12

ちょこたん様、両方とも「東京のカサノバ」だと思います。
血の繋がりのない兄妹の恋愛のお話です。


公衆電話から、妹が兄に「バイクで迎えに来て」って連絡するんです。兄に対してちょっと冷たいとか感じ悪いとかイライラしながら。
兄が電話の向こうで「今どこ?」って聞いたその答えが「公衆電話!」。そこで10円がなくなって電話が切れてしまいます。


それから、「うちの母親はお手伝いじゃない」は、兄妹の一番上の兄が組んでるバンドのボーカルの女の子が家に遊びに来た時のセリフです。
出した食事のお肉の味付けが気に入らなかった女の子が
「おばさん、味付けし直してくれないかなー」
って言った時の兄のセリフです。
一番上の兄はそれを聞いてオロオロしてました。


…よく覚えてるなあ。自分でもびっくりです。
高校生の時、別マ、特にくらもちふさこさんのまんがが大好きだったんです。
大人になってからは読む事はなくなったのですけど…
まだ実家にコミックが置いてあります。お正月に帰省した時、久々に読んでみようかな。
まつこ様。久々に思い出させてくださり、ありがとうございます。
いろんな事がわかるといいですね。

ユーザーID:7038015193
うろ覚えですが
タロウ
2017年12月20日 23:16

懐かしい〜〜〜、実家にあります「アンコールが3回」!!
わたしは「いつもポケットにショパン」が大好きでしたね。

さて、ご質問についてですが。

もっぱらコミック派だったので、別マでは読んでいないのですが
別マの最終回は「アンコールはなかった」という設定ではありませんでしたか?
それが読者アンケートで甚だ不評だったとか……
なので、コミックのラストを描き替えたらしい、ということです。
どこかで聞いた(見た?)話なので、ホントかどうかは分かりませんが。

コミックに集録するときに描き足したりということはあるようですが、
ラストを変えるというのはあまり聞いたことがなかったので、
ビックリしたのを憶えています。

ユーザーID:7981464157
気になりますね
50代
2017年12月22日 16:31

コミックスしかないので掲載時のを確認できないのですが、
「やめるのやめたんだ」の前のフキダシが
「やめないよ」の5文字のわりにサイズが大きいですね。

くらもちさんは、わりと余裕あるフキダシなんですが
それにしても余白が大きい気がします。
もう少し長いセリフがあったんじゃないかなと思います。
変更されたのかもしれませんね。
(記憶がなくてすみません)

久しぶりに本棚から引っ張り出して読んでます。
名作ですねー

ユーザーID:0907179677
国立国会図書館
まぐまぐ
2017年12月24日 0:54

どうしても気になるようでしたら、国立国会図書館にいけば雑誌のバックナンバー
があると思います。検索してみてくださいね。

ユーザーID:8781484673
ごめんね
読んだけど
2017年12月25日 17:55

まつこさん。
わたしも、別マで読んで、コミックスを買って、内容が違う!とショックを受けたひとりです。

でもね、ごめんなさい。記憶の彼方で覚えてないの。

最終回、コミックスでは4回に増えていて、観客がアンコールを望んでいる描写がイキイキとなっていたことと

「やめるのやめたんだ」は確かに台詞は変わっていますが、こっちのセリフがよかったなぁと思ったことを覚えています。

あと、最終回じゃないけれど、料亭でトイレの前で
不破くんの「愛の告白なら早くして」も違うセリフだったような…。

どなたか覚えてらっしゃるといいのですが。

ユーザーID:9664212819
たぶん覚えていると思うのですが・・・
エレナ
2018年4月6日 10:11

もう見ていらっしゃらないかもしれないですが、検索で偶然ヒットして解決していらっしゃらないようなので、書き込みました。
アンコールが3回、私も大好きだったので、よく覚えています。私は毎月別マを買っていて、それを何年も捨てないで読み返していたので、おそらく変更前の方を覚えていると思います。
が、コミックスの方を読んでいないので、質問の箇所がどこなのかまったくわかりません・・・・><
もっと具体的に言ってもらえれば答えられると思うのですが・・・
で、タロウさんの書かれている『別マの最終回は「アンコールはなかった」という設定ではありませんでしたか?』ですが、その通りです。

観客は拍手でアンコールを待っているのですが、いつまでたってもようこは出てこずお客がざわつきはじめ、「アンコールはありません」ってアナウンスが入ったんだったかな?お客が帰り始め、お客の半数くらいが出ていったところで不破くんが客席側から出てきてステージにひじをつくような形で拍手をします。するとようこがステージに戻ってきて、それに気づいた観客がわっとどよめくのと同時に不破くんに抱きつく、という場面で終わりでした。

これがコミックスではアンコールがあった、という形になっていたのなら、セリフの書き換えだけじゃなく書き直しされたんでしょうね。
あとがきで「だいぶ手直ししました」と書かれている作家さんたまにみかけますし、コミックス発売時に多少変更があるのは珍しくないと思いますが、ラストが全く違うのは珍しいかもしれないですね。
 

ユーザーID:6489020687
トピ主さまへのご返答になってないでが。エレナ様へ
ぽっち
2018年4月11日 16:41

ふっと
「アンコールが3回」が気になって検索かけたら、こちらに参りました。
私も、くらもちふさこさんの作品大好きです。

 トピ主様のご質問の答えはわからののですが、
エレナ様のラストの説明文とてもわかりやすいです。 
私はコミックを持っているのですが、コミックも同じです。
アンコールがなく、書いておられるとおりの終わりかたでした。

とっても素敵ですよね。

ユーザーID:6541277008
 
現在位置は
です