現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

私の今は幸せはあるが希望が無い!

平成生まれの若者
2017年12月17日 21:21

十代の男性です

最近、私は最近までこんな事は思うことはない性分ですが家に帰ると父親の酒の絡みや母親の手料理に弟や妹との相手が幸せに感じるようになってきました。

ただ、未来を考えると

家に誰もいない、

どこにも居場所がない、

温かいご飯も無ければ、

帰るべき場所も無くなってしまう。

そう考えるだけでぞっとします。

今の私には幸せがあります。ですが、将来の不安、恐怖、絶望が感じるから希望が無いのです。

大人の皆様はこの恐怖をどう乗り越えてきたのでしょうか。

誰か教えていただけないでしょうか。

ユーザーID:9355943542  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
大人になって自立するのです携帯からの書き込み
未婚女性
2017年12月17日 22:30

未成年のうちはご両親はじめ家族の庇護のもと暮らしててよいのですが、学校を卒業して、自分でお金を稼ぎ、自活する気力を持つことが必要だと思います。

自活・自立する=大人になることです
両親ではない家族が必要なら結婚することです。

私は独身なので、家に誰もいません。
誰かいてほしいなら、稼げるようになって、お嫁さんを迎えてください。

家族いませんが、居場所はあります。
職場に行き、仲間と働き、独り暮らしの部屋が居場所です。

温かいご飯は自分で作ればよい。
作れないなら稼いで家政婦さん雇うか、お嫁さんにつくってもらえばよい。

帰るべき場所もつくるんです。
自力で稼いで家を買いなさい。

すべては自分でなんとかする必要があります。
自分でつくることがあなたが生きている意味でもあります。

ユーザーID:5141425187
えっ。携帯からの書き込み
チョコミント
2017年12月17日 22:47

ただ、漠然とそう感じているだけだよね?
なんか理由があるの?
そんなに難しく考えないで生きましょうよ。
真面目な性格かな?
家族と仲が良いのはとても恵まれてることです。
自分もそんな家族を築けるようにがんばろ

家族が病気になった、とか親が離婚したとかじゃないんでしょ?大丈夫だよー

ユーザーID:0674829530
居場所やご飯は自分で作るものでしょう携帯からの書き込み
匿名
2017年12月17日 23:08

将来的にあげている事って自分で構築していくものだと思いますよ。

トピ主は、誰かに与えてもらうという発想なんじゃないですか?
受け身の考え方だから、希望を抱けないのではないですか?

ユーザーID:9767411915
ある意味、ずいぶん落ちついちゃってますね〜。
幸ひ住むと人のいふ
2017年12月18日 0:36

若いのにね。

フツーの10代は家庭には不満で、血縁の家族なんて鬱陶しいし家族で固まるってカッコ悪い気もして、他人の異性にモテモテの人気者になりたいって思ってるんじゃないですか?

将来、生活のために働くなんてのは、むろんゾッとする恐怖ですが、しかしそれもたいしたことはない人が大多数でしょう。

だって、10代の考える将来は漠然と、異性にモテて山ほどの大恋愛をして、好きなことをシゴトにして大成功して金もついてくる…ってとこだから。

その理想の状態にもうなっていてもいいはずだけど、なってないから、限りなく近い将来において(魔法みたいに)そうなるつもりで生きているのが、昔の10代だったと思います。

ちょうど商売を始める人の多くが繁盛した場合しか想定しないように、株を始める人がクリック一つで100万円儲かる未来しか考えないように、多くの10代は主役として成功する人生しか思い描いていないんじゃないかと思うんですが。

家族団欒で「こういうのもいいな、幸せだ」って、フツーはもっと歳が行ってから感じるものでは?

…というわけで、過去の時代の10代は、世の中を斜めに見るという子供っぽいポーズをとりながらも、心の奥では根拠のない自信と希望に満ちていたんじゃないかと、個人的には思います。

だから、多くの人はあなたのような悩みは持たずに過ごしただろうというのが答えです。

心配なら、人を大事にし恋人も絶やさず経済的成功を心がけて、孤独や飢えを体験しないように準備したらいいでしょう。

しかし、偉いな〜。ビックリしました。

ガンバッてね。

ユーザーID:2467709349
今は悩む時
爆子
2017年12月18日 0:48

今ある状況が変わる、なくなってしまうという恐怖という感じでしょうか。
未来のことはきっと今は想像もできないほど変わっている可能性があります。
でも人も変わります。
今は不安に思っているあなたは、不安に思わない人に変わっていくのです。

不安は若い人特有のものです。
例えば今80歳の人は将来が不安だと聞いたことありますか?
歳を重ねると、悩みが次第に少なくなってくるし、耐性ができてくるのです。

ただ、今のあなたの悩みは自分自身の成長のためには必要なことです。
悩まないで大きくなったら、成長しない大人になってしまいます。
今、これから起きる出来事に耐えうる丈夫な心を育てているという感じです。
将来が不安なら、自分の進路をどうするかとか、親のために何ができるかとか、もし自分が結婚したり子どもができて新しい家族ができたらどんな夫、父親でいるべきかとか、職業のこと、やってみたいことなどたくさん考えてみてください。

日本社会のことも考えてみてください。
社会を変えることができない高齢者などからしたら、可能性だらけでうらやましいと思いますよ。

ユーザーID:5477020701
心配しないで
haru
2017年12月18日 0:53

 あなたが今失うのを恐れている数々のものは将来それを自分で築き上げるのです。
今は両親のお陰でそれらがあります。大人になるとあなたが家庭をもちあなたの両親のように温かい家庭を持ってください。
でもね、両親もいずれあなたが失うのを恐れているものをお失いになります。
子供が成長して家を出る、そして連れ添いも失う、一人になってしまいます。それが人生です。私は今一人になってしまいましたが幸せです。
子供、孫達がいてくれるからです。あなたもご両親に優しくしてあげてください。
今を大切に生きる、ただそれだけです。

ユーザーID:5794718276
結婚し、子供をもてばいいのでは?携帯からの書き込み
アラフィフ
2017年12月18日 0:58

まるで十代の方の文章とは思えぬほど、大人というか、すでに老成しているようで驚きました。とぴ主のご両親も最初は他人同士だったはずですが、長年かけて今の幸せな環境を築いたはずですから、とぴさんも同じように結婚し、子供を作り、家庭を築いけばいいわけです。 ただ子供が出来ない、結婚しても離婚してしまうかもしれないし、世の中は磐石ではありません。 それは誰もが平等に与えられたさだめです。 磐石でないからこそ、人はいたわりあったり、努力するわけですから、大切なことなんですよ。 永遠に同じ時間にいられる人はいません。 ただ家族といることだけが幸せというわけではなく、世の中には色々な幸せがあるということも知っておく必要がありますよ。人間生きていて、不安を感じない人はいないんです。不安を感じるようになったということはとぴ主が大人の一歩を歩み始めたという証拠ですよ。頑張ってください。

ユーザーID:8648882247
そりゃ未来は不安だけども
ノニ
2017年12月18日 1:15

まあ、確かに私もそういう事が漠然と不安な時期がありました。

ちょうど18歳くらいから、20代前半くらいかな。
だから、トピ主さんが年齢からして
そう思うのは分かる気がします。


子供時代が終わって、これから大人にならないといけない。
自分で稼がないといけない。どうすればいいんだろうって
確かに考えました。

でも、仕事をし始めて、忙しくなってきて、
遊ぶ時間もないくらいになったら
毎日が精一杯で、不安なんて感じている暇もなくなり、

気がついたら20代後半になって、恋人も出来て
いつのまにか結婚の話が出てきて、
結婚して子どもが出来て、
なんだかんだ家庭を持って生きていますね。


そういう時期を過ぎてきた先輩として言えることは、
今、出来ることを精一杯こなしていければ、
未来にも、違った幸せが待っているよ。
ということです。だから、大丈夫だよ。

ユーザーID:2250325040
なんで?
セイラ
2017年12月18日 2:07

10代でしょう? 学校を出て就職して、恋愛して結婚して、、という想像はしないんですか? 

まだ多感な時期なのかもしれない。
ゾッとするような心地になったら、ふと社会を見渡して、彼ら一人一人、あなたと同じように10代があって、同じようなことを考えたかもしれない、でもなんだかんだ友達や家族と生きてるなあ、一人でいる人もいるけど、それなりに生きてるなあと知ったらいいと思う。

なにもあなたが地球上で1人になってしまうわけじゃないんですから、そんな恐怖を感じることないですよ。希望なんてなんとなくこんなふうになれたらいいな〜くらいにしかみんな思ってないと思うよ(自分もそうでした)。

今の幸せを失ってしまうことを恐れているのかな。
それも時期かもしれない。そういう事を妙に考える時期。
起きてもいないことをやたらと心配してしまうってやつだろうか。
この幸せは永遠じゃないし、みたく?

それって後になってみると、なんてもったいないことをしたんだろうって後悔しますよ、絶対に。やめましょう。損です。

>家に誰もいない
誰かいますよ。一人暮らしが怖いの?

>どこにも居場所がない
頑張って生きてれば居場所なんて自然とできます。

>温かいご飯も無ければ、
お母さんのご飯のありがたみは十分味わいましょう。
将来は誰かがそれを作ってくれるだろうし、あなた自身も作れるようになるのが素敵ですよね。

>帰るべき場所も無くなってしまう 
あなたの実家はずっとあなたの実家。更にあなた自身も成人後、自分で「帰る場所」というのを新たに作っていくんですよ。

人生は振り子です。幸せな時期もしんどい時期も交互にやってきますが、だからこそ幸せがありがたいし、しんどい時も希望を持ってみんな頑張るんです。今はピンとこないかもしれませんが、なんとなく頭に入れておいてください。

ユーザーID:6296852602
与える側になれるように。
osechi
2017年12月18日 3:04

自分の大切なもの、愛する者から離れることは想像するだけでつらいですよね。
あなたはまだ若くて、ご自分の可能性とかキャパシティとかが まだわからなくて当たり前だと思います。

家に誰もいないのが怖いのであれば、貴方が迎えてあげればいい。
居場所がないのが怖いのであれば、貴方が誰かの居場所を確保してあげましょう。
温かいご飯がないのであれば 貴方が 作ってあげましょう。
帰る家がなくなるのが怖いのであれば、だれかが帰りたくなる住まいを あなたが 創れるように 貴方が成長すればいい。

そこは 大きな贅沢な家でないといけませんか? それはテーブルいっぱいの 贅沢な お料理じゃないといけませんか? そこに貴方が幸せだと感じるエッセンスは なんでしょう?
お若いあなたには たくさんの選択肢がありますから、迷うこともたくさんありますね。ご両親とそんな話をしてもいい年ごろかもしれません。

ユーザーID:3703649385
予期不安でしょうか携帯からの書き込み
トニカ
2017年12月18日 8:23


幸せは身近に沢山あるので探してみて下さい

ユーザーID:9050845129
将来の不安
ひまわり
2017年12月18日 8:34

将来への不安がない人はいません

人生を100年生きることができる人は稀
100歳にもなれば、誰かのお世話なしには生活できません

10代に培ったものを
20代で花開かせるために努力して
30代で子育てに専念して
40代で子の成長に感謝して
50代で子どもが巣立ち 自分の自由な時間がうまれます
60代はどうなるのでしょね

家族で過ごすことが幸せと感じるようになったのなら、わかるかな?
お互い好き合う人と巡り会って家族を作ったらもっと幸せだと感じます
子どもが生まれたら、宝物のように感じます
子どもの成長がうれしくて涙もろくなります
子どもが結婚して孫が生まれたらどのくらい嬉しいのかは、今はわかりませんが、とても幸せを感じるのでしょうね

未来にはいいことばかり
恐怖に打ち勝つには、知識と知恵
絶望なんてしてる暇がないくらい目まぐるしい毎日を真剣に生きるだけ

その昔、武士は「明日はない」と思って生活をしていたそうですよ
刀を抜いたら相手の死か自分の死
そう葉隠れの最初の方に書いてありました

ユーザーID:5578314108
努力です
マルコ
2017年12月18日 9:02

生まれた家の家族(両親や弟妹)はいずれ居なくなる存在です。なので、人は自分の家族を作る努力をするのです。居場所や温かいご飯、帰る場所は自分で努力して勝ち取るものです。

十代だったら、まずは良い大学に進んで、良い会社に勤め、経済力を持つことが第一目標でしょうね。自分に経済力が無かったら、両親が病気しても助けることもできません。妻や子供を養うこともできません。

今、あなたがやるべきことは勉強でしょう。勉強するのが嫌で、妙な理屈をこねて、妙な考えに逃げようとしてませんか? 目の前の学生生活ときちんと向き合いましょうね。

ユーザーID:2640482969
将来
ぷ〜にゃーパン
2017年12月18日 9:41

1人きりになってしまうという事?

そうではないと思うよ、将来は連れそう人を探す、家族になる人を探すのだと思うよ。
だって人間1人では生きてはかれませんから。人と人と支えあうから生きていけますから。

1人で生きている人っていません。1人暮らしだろうと誰かには頼ってますよ。

今先が見えない?誰もが見えないですよ。見える将来なんてつまらないじゃん。答えが見えてしまったら、それが良くない事だったら生きているのが嫌になるだけじゃん。
未来は自分で変えられます。良い方向にしたければ、今を頑張る事では?
今学生さんならば勉強を頑張り、資格を取って資格を活かした仕事に就けばいいと思うよ。
いっぱい人と出会って、そこから共に歩んでくれる人を探せばいいだけだと思うな。

大人になった持病持ちの私でも将来どこまで生きるのかわかりません。でも将来出会うであろう人に期待して、そしてこの病が簡単に治せるよう希望を持っていますよ。この前ドラマでこのやり方があるじゃんもしかして私の持病治せるんじゃない?と希望が持てましたけど、今の病院どうかなと言う所ですがね。

そうそう万が一一人暮らしになるなら、今から家事は覚えた方がいいかな。
家事覚えれば仕事にも役立ちますから。

まだまだ未来への道はいっぱいあるよ。下を向いては損します。上を向いて歩きましょ。

ユーザーID:8716249413
だから家族をつくるのかも
プラネッツ
2017年12月18日 9:51

人間はだから家族をつくるのかもしれませんね。
自分が産まれた家族があって、
自分でつくる家族があって、
自分でつくった家族がまた家族をつくって、
その幸せのピークを見届けながら死んでいくのが
最高なのかもしれないと思います。

私にはかなえられなかった項目があって、
大好きな家族が実際に失われていくことがあって、
トピ主さんよりずっとずっと年上なので
不安が現実となって押し寄せてきています。
絶望しかないなと思う時もあります。

絶望しかなくても、生きて行かなきゃいけません。
「今を生きる」ってこういうことなんだなと今思ってます。
「今しかない」という気持ちで、一瞬一瞬を大切に
楽しく、充実させて生きて行くことが大事だなと思います。
むしろそれしかないと。

トピ主さんはできれば家族をつくって、
誰かの帰れる場所をつくってみてください。
たぶん今と同じか、今以上の幸せを感じられると思いますよ。

ユーザーID:3474596261
羨ましい
へ〜
2017年12月18日 10:17

お幸せな十代をお過ごしなんですね。
羨ましいです。
私は実家が嫌いで、田舎の地方だっために大学進学と共に実家を離れて四半世紀以上経ちます。
十代の頃に不安に感じるほど幸せな気持ちなんて、味わったことがありません。

トピ主さんは可能ならば進学や就職など、お近くになさっては?
馴染んだ地域を離れずにいながら、好きな人と新しく自分の家族を築けば良いのでは?

ユーザーID:3935974347
それって、将来有望な人
おババ
2017年12月18日 10:30

私は君のような若者がいることに感激です!

10代の頃にそういうことを感じているということは
しっかり将来のことを考えられる人。
ある程度の年令になれば、きちんと仕事をして、良い伴侶を探して
子供を育ててくれる人です。

その気持ちを忘れずに、今は
しっかり勉強をして、将来のための地盤作りをして下さい。

ユーザーID:4411031206
帰る場所
幸せ花子さん
2017年12月18日 15:00

私には帰れる安心できる実家がありません

両親とは絶縁しています


>将来の不安、恐怖、絶望が感じるから希望が無いのです

私はちいさな目標(希望)をつくるというか

たてていて それをクリアすることで なんとかしのいでいます

将来の不安は 全部払拭することは 不可能ですし(一時的に忘れているときはありますけれど)

共存していくしかないかなと


死にむかう恐怖や苦痛 ぜつぼうは 確実にやってくるし 

わかいときでも ぜつぼうはありましたけど 正直耐えるしかないときもあります どうにもできないことはできません

でもあたたかいごはんはジブンでつくれます

両親以外のあたたかい人間関係 居場所をつくることも可能でした

でもそれも永遠ではないでしょうけども



あと私はあの世(本当の故郷)の存在を信じていて また夢でもみるので

そしてそれを 日ごろ意識的に 思い出してもいて なんとか生きています

どんなことがあっても 最終的には そこへいけるって信じています

ユーザーID:3091548367
そうして、新しい家族を作り、また死んでいくのです。
単身赴任のおじさん
2017年12月18日 15:46

あたらしい家族を作り、生活するだけです。

ユーザーID:2733909712
昔の私は貧しかったが、今は幸せです。
敗戦後生まれの老人
2017年12月18日 16:44

敗戦後生まれ、団塊世代の走りです。古希です。

私の両親は町工場で朝から晩まで油まみれで働き、そんな親の背中を見て私は育ちました。正に「将来の不安、恐怖、絶望」しか、私にはありませんでした。

中三のとき、私も町工場に就職するはずでしたが、担任のK先生が日本育英会の存在を教えてくれたのです。先生に申請書類の作成を手伝ってもらい、私は高校に進みました。その後、大学、大学院と進み、某研究所に入所できました。

私が「将来の不安、恐怖、絶望」を乗り越ええられたのは、K先生に教えていただいた「日本育英会」の存在のお陰です。私の両親は働きすぎで亡くなりましたが、私は今自適な老後生活を楽しんでいます。

貴方は今満たされているから、「将来の不安、恐怖、絶望」を感じる余裕があるのです。学生時代の私は何時も金欠で空腹でした。「将来の不安、恐怖、絶望」よりも空腹を感じていました。考えることは腹一杯食べることでしたね。

貴方も「将来の不安、恐怖、絶望」から逃れるために、目一杯大学で学んでください。頭の中が学問で一杯になれば、逃れられます。的外れなことを書きましたが、これで良かったでしょうか。

ユーザーID:0597759206
 
現在位置は
です