現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

着るものにこだわりの強い子への対応

まり
2017年12月19日 22:21

発達障害アスペルガーの小2息子の着るもので困っています。似たご経験をお持ちの方はどのように対応したか、教えてください。

靴下、パンツ、肌着、Tシャツ、ズボンなど、
肌触りや締付け感や縫い目などに敏感で、気に入ったものしか着ませんが、
成長期なので、季節の変わり目とかサイズアップとかで、どうしても同じものをずっと着るわけにいかず、買い替えが必要。

しかし。
親が買って来たものは気に入らなくて着ない。
去年気に入っていたものでも今年は着ない。
買いに連れて行っても「要らない」とか言って選ばない。
パンツに至っては気に入っていたのが廃番になったので、今後彼が履けるものを購入できる見込みがない。
新しい靴下を買っても古い擦り切れたのしか履かない。

など、
買っても着ないで無駄になるのも腹立たしく、
なぜ、何が何枚必要か、丁寧に理由を説明しても、聞く耳持たず。

少ない枚数で洗濯を急かされ、生乾きでも干してあるものを着たり。

特にいまは、冬休みの旅行の荷造りをしたせいで更に着るものが回らず
買い出し時に買うことを拒み、荷造りは直前にするように言っても言うことを聞かず早めに詰めた)、
着るものがないと泣いたり暴れたり、
荷造りした中から引っ張り出したり、
生乾きのものを着ようとしたり、
朝晩大騒ぎして疲れてしまいます。

季節と身長にあった、着心地の良い服を、洗濯に困らないだけ用意して暮らしたい。

あれは着ない、これは着ない、のわがままにこれ以上振り回されたくない。

健常な子なら
「そんなわがまま許さない」
「甘やかしすぎ、あるものを着るように言う」
で解決することだと思います。

発達障害なので、感覚の過敏性やこだわりの強さが、健常児とは違う、ということを踏まえて、アドバイスいただけたら助かります。

ユーザーID:3716255850  


お気に入り登録数:43
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:31本

タイトル 投稿者 更新時間
行き詰っているのなら
2017年12月28日 9:43

健常でなくても、過ぎたわがままは通らない事を覚えさせた方がお子さんのためでは?

発達障害なんだから、と配慮をし過ぎるのもどうでしょう。

御自身のポリシーに基づいたやり方で行き詰っているのでしたら、そのポリシーを変化させる事によってしか、現状は打破できないと思いますよ。

ユーザーID:6304804409
ご参考まで
コットン
2017年12月29日 13:46

毎日大変な様子が伝わってきます。お疲れ様です。

うちは父が発達障害です。

こだわりがあるようで、根拠のないことが多く、
同じことでもこの人の言うことならきく、ってことありませんか?
そういう人がいれば言ってもらえるといいんですけど。

どうしても母親にはワガママになりますよね。
祖母はよく「そう、好きにしなさい」で済ませていたそうです。
仕事をしていたので、そうそう構ってばかりもいられなかったようです。

お子さんの程度が分かりませんが、そうやって突き放したら、
着るものがなければ気に入らないものでも着ませんか?

父はよく買った服を何年も寝かせてから着ていますが、小2だと着れなくなっちゃいますね。
困りますね・・

ユーザーID:7139526957
レスありがとうございます。
まり(トピ主)
2017年12月30日 21:17

雪さま・コットンさまのお返事を拝見しています。レスありがとうございます。

雪さまは、発達障害児の育児に精通していらっしゃるということでよろしいでしょうか。
>過ぎたわがままは通らない事を覚えさせた方がお子さんのため
というのは全くその通りと存じますが、どうやったら「覚えさせる」ことができますか。
それをぜひ教えていただけますか?
言い聞かせ、絵にかいて示し、文字で注意喚起し、もっと幼いころにはパペットなど利用して躾けてきましたが、
そのような方法で身につけさせることができず現在に至っています。

>自身のポリシーに基づいたやり方で行き詰っている
いやいや、私自身のポリシーなど、とっくの昔に木っ端微塵、かけらも残っておりません。
彼にあった対応を試行錯誤・右往左往の毎日です。

例えば、「座って食事をする」ということですら、彼はまだ習得できていません。
歩き始めた1歳のころから、食事のたびに何十回も言い聞かせ(イラスト・文字・パペット・ビデオ教材等)、
それでも8歳の今でも、食事のたびに立ち歩くので、参っています。

健常の子も育てていますが、言えばわかるし、言わなくても周りの様子を見て学んでいるというか、本当に育てるのが楽です。
着るものについても好みは言いますが、わがままは言いません。
通常のやり方では、発達児は対応できないので、試行錯誤していますし、具体的な対応策を教えていただきたいです。



コットンさまは、お父様がこだわりが強いとのことで、大人になって客観視できる今ならまだしも、幼いころは生活の上でもさまざまな大変な思いがあったことと推察いたします。

本人が困るだけなら「好きにしなさい」で放置したいところです、まったくそうすると思います。

つづきます。

ユーザーID:3716255850
つづきです。
まり(トピ主)
2017年12月30日 21:21

彼が濡れた服を着たり、季節に合わない服をきていると、かなり高い確率で体調を崩します。
看病するのも、病院の予約を取って連れて行くのも、連絡帳に欠席を記して届けるのも、病児食を作るのも、習い事の欠席連絡や振り替え受講の手配をするのも、予定変更でお詫びの連絡を入れるのも、みんな私なんです。もう、あんたのわがままで振り回さないで、いい加減にして!と思います。

また、毎日複数回洗濯機を回してますが、彼の希望のペースで乾いていない、引き出しに戻っていない、という理由で泣いて暴れて怒って癇癪をぶつけられるのもうんざりです。気に入らないのをイヤイヤ着たとしたら、ほんの数時間後に、気に入っているものが乾いたら即着替えます。ただでさえ毎日たくさんの洗濯物に追われているのに、彼のわがままのせいで、こんなくだらない理由で、洗濯物を増やさないで。入浴までそのまま着ててほしい。

パンツ一枚洗濯物が増えたくらい、気にしないでほほ笑んで見守ってやればいいのかもしれません。
でも、本当に余裕がないんです。一事が万事こういう調子で生活しているので。

サマーキャンプとか、スキー旅行とか、機会があれば行ってもらいますが、必ず帰ってくるので。帰ってきた後のがっかり感が大きいです。いない間は平和に暮らせるので。

ネグレクトで犯罪者になりたくない、という思いだけで暮らしてます。

着るものへのこだわりに振り回されないで生活する方法、どうしたらよいのでしょうか。


衣服の与える刺激や感触が、彼にどれほど苦痛を与えているのか、理解することも、解放してあげることもできない。
とにかくこれ以上振り回されたくない、穏やかに平穏に暮らしたい……。

ユーザーID:3716255850
お子様が気に入っている物の共通点は?
少しだけ関係者
2018年1月2日 20:20

>肌触りや締付け感や縫い目などに敏感で、気に入ったものしか着ません
多分、気に入って繰り返し着用する物には、何か共通点があると思います。その共通点を知る事が、手掛かりになる可能性があります。

その共通点が分かれば…
・それに近い物
・1枚気に入ったら販売中に同じ物を複数枚+大きいサイズも複数枚購入
・新品を何度も洗って好みの状態に
等をしている方もいます。

>感覚の過敏性やこだわりの強さ
拘りの強いお子様は、一般的な「体に合ったサイズ」ではなく、傍から見るとブカブカかちょっとキツクない?と思う服を好む人が多いです。本人から理由を説明して貰うのは難しいのですが、感覚刺激の関係だと私は予想しています。

もし、お子様がツルンとした肌触りがお好みでしたら…
吸汗速乾に適しているスポーツウエア等を、下着にしている方も多いですよ。
スポーツ用品は肌に擦れる事が前提なので、縫目等も外になっていたりしますし、伸縮性があり動きを阻害しない造りになっています。
また感覚受容器は疲れやすいので、軽い圧迫刺激が入り続けると、触覚は多少鈍麻に(本人が感じ難く)なります。それを1枚着て上に重ね着すると、皮膚からの触覚刺激は減少します。

お子様は暖かいの好きですか?
主様は親心として暖かい服装で、風邪などをひかない様に…とお考えになると思いますが、私の経験上、薄着を好む・冷たい物を触る事が好きな方が少なくありません。
寒いと感覚が鈍るのですが、その方達は「過敏だからこそ」それが快感・楽だそうで…氷水に手足を浸して「最高〜」、冬に半袖短パンで外に出て「これで丁度良い」と仰る方が案外多いです。濡れた服が気にならない人も…。

お子様も生乾きが好きだったりしません?

ただ学校等の制服は洗濯・変更し難いです。
下着等で何とか対応できる事を願いますが、難しいようならお子様を知る担当者にご相談ください。

ユーザーID:8862242480
支援学級在籍小4男児の母です
おばちゃん
2018年1月3日 15:31

皮膚の過敏さ、強いですね。別な意味で鈍感さもあるので、服の前後ろを着心地で区別できず、見て確認しないといまだにわかりません。

うちはアトピーもあるので、縫い目がフラットになるものを探します。
家で切るのなら文句を言わないので、パジャマは裏返しの方が縫い目もタグもあたりませんのでそれでOKにしています。

皮膚感覚からの入力が悪いのか、いつも皮膚を掻くときに血が出るまで掻いてしまうから、アトピーが治らず出血が絶えませんでした。

少しコストはかかりますが、アウトドアウエアの吸湿速乾の物が、洗濯に強くて乾くのも早いので、モンベルばかり着せています。
パジャマはモンベルのアンダーウエアのフラットシーム(縫い目が平たい)ものです。冬ものの下に、モンベルの夏物のアンダーウエアを肌着代わりに着せています。

同じ形でサイズ展開があるので、成長すれば同じ型や同じ色のワンサイズ大き目を買ったりします。
冬のズボンは3枚。春から秋に履いていたものを重ね着してはかせています。

デニムは履き心地が硬いので、うちは全くダメでした。トレーナーなどのジャージ素材は柔らかくて肌触りはいいけど、1か月以内にひざが破けてダメ。

行きついたのがモンベルのウイックロンという素材は夏物。セールやアウトレットで買い足しています。
靴下は同じ色、同じ素材をずっと買い足しています。

知り合いにシャルレをしてる人がいて、18センチから24センチまで履けるソックスが定番で出ているので、そればかり履いてます。

わがままじゃないですよ。着るものが何だろうと、決まってしまえば楽なのだからと割り切ります。
でも、我が家の定番だったのに廃盤になってしまうと、探すのが大変ですよね。

最近、おやつの好みが変わって毎日食べていたものがダメになったので、探すのに難儀しています。

ユーザーID:2549730145
大変ですよね、わかります!
コットン
2018年1月3日 21:32

大変ですね。
やり場のない感じ、発達障害の人と関わると感じることだと思います。

私は子育てをしたことがないので、小さい子のことは分かりませんが、
父の扱いは母よりうまいです(笑)立場の違いでしょうけど。

私の場合は、娘の立場ですし、別居しているので、ちょっと距離があるんです。
「これやって。あれやめて。」では動いてくれないので、
自分が先に手をつけてうまく乗せるようにしています(以前は失敗して怒鳴られること多数)。

祖母だって、おそらく子育て初期は毎回喧々諤々の末の、「そう、好きにしなさい!(疲れ&怒り)」だったはずです。
ただ、うちの場合はうまく乗せるとすんなり動くタイプなので、だんだんコツをつかんだようです。

心療内科に本人抜きで相談に行ったことがありますが、
「本人がしたいことを阻止すると怒るのは当たり前」
「本人は変えられない」
「周りの人が疲れないよう上手に息抜きすること」
と言われました。
先生もただ話を聴いてくれるだけで、こうすればうまく扱える、というようなことは教えてくれませんでした。

まり様も、爆発しないよう、息抜き、相談の場を探してみられてはいかがでしょうか。
発達障害の子を育てている人が集うグループなどありませんか(役所や心療内科などで紹介してもらえないでしょうか)。
直接会えなくてもネットでもいいと思います。
吐き出すことが大切と思いますし、「うちもそう!」っていう人がいれば多少安心できるかと思います。

子育てのことは分かりませんが、着るものにお気に入りのワッペンをつけるとか、
キャラクターものにするとか、好きな色にするとか、「この服いいよね〜」ってほめるとか、そういう小手先では通用しませんかね・・

ユーザーID:7139526957
親子ペアトレーニングしたほうがいい。トピのこだわりも要注意
正月
2018年1月3日 23:42

すごく不思議なのですが、ここまで細かく書いていて、それでもトピさんは発達障害の子の勉強はしなかったのでしょうか??本とか読みました???

発達障害の子のこだわりというのは、健常の私たちが感じるよりも数倍大変で辛いことだとは知っていますよね?で、それは「わがままではない」んですよ。それはもう基本中の基本です。だから、トピさんに言いたいのは、
あなたのお子さんはわがままなのではない。あなたの想像以上に辛い思いをしている。こだわらないと生きにくい、辛くてしょうがない。ということです。たとえばトピさん、濡れた下着をはけと親に言われて無理やりはけますか?気持ち悪くてはけないでしょう。でもはけ!普通の子ははいているんだ!と言われたらどうします?トピさんだって嫌だと癇癪起こしますよ。それと同じです

質の良い服だどうだとか説明するとかじゃないんですよ(くだらないと思います)人間の本能の部分でそれが嫌なんです。それはわがままだからじゃないんですよ。トピさんの息子さんに対する精神論、根性論、これは叩き直してください。無知だから発達障害の子にトピの俺流を押し付けているんです。

一緒にお買い物にいって好きなものを買ってあげるのもいいですよ。
あなたにもそうとうなこだわりを感じますから、息子さんと似ているのかもしれませんよ。
トピさん自身のこだわりこそ不思議です。本を読めば理解できませんか?息子さんとこだわりの面では似ているんじゃないかな。
いいですか、愛情があるなら発達障害の子のこだわりにつきあってやるんです。
まして記憶力が良い子たちですから、子供時代になるべく嫌な思いをさせないでやるんです。

発達障害の子どもに根性論や精神論は古いんです!
世の中も健常の子の人権をも、大事にする育て方になっているでしょう、あなたのお子さんの人権も大事にしてあげてくださいね。
人権人権!あと本読んで!

ユーザーID:1101042897
ご苦労お察しします
もったいない母さん
2018年1月4日 17:09

我が家の夫と息子はたぶんグレーゾーン。新しい服が嫌い、洋服の買い物も大嫌いです。

ある日、ろくなジャケットを持っていない夫に、私の古いジャケット(状態はきれいです)を着せてみたら気に入ってずっと着ていました。
その後も、古着屋で見つけたセーターとかお気に入りです。
息子も子供時代はお下がりを着せていました。
食べこぼしがひどかったけれど、気にせずいられました。

新しい服の匂いとか肌触りが嫌なら、周囲の方にお願いしてお下がりを譲っていただいたらどうでしょうか。
費用もあまりかからず、たくさん集まった中にはお気に入りがあるかも知れません。

ユーザーID:5659666696
肌触りが肝心だった
ふわふわ
2018年1月5日 13:45

現在高校生のアスペ息子がいます。
小学生までは衣類が本当に限られました。
条件に合う物(柔らかくて締め付け感がなく色が黒系)をみつけたらまとめ買いして着せていました。

とにかくズボンでもTシャツでも買う前に手を深く突っ込んで裏側を触ってみて、ふんわりと柔らかい感触でなければ買いませんでした。
ちょっとでもざらつきがあると着ないからです。
パイル地でもざらざらしてるから嫌だと言いました。
猫の毛のようになめらかにやわらかい肌触りがベストでした。

タグも痛いというので、あらゆる衣類のタグを切り取りました。
特に襟のタグは糸をほどいて丁寧に取りました。
ハサミでチョキンと切り取っただけでは、切り株のように残った部分が痛みを引き起こすからです。

ボタンはダメ。(肌に当たって痛いから)
ファスナーは許容範囲。
伸縮性は必須。

デニムやウールはダメ。
夏のTシャツ(綿のニット生地)は良かったのですが、冬は着られる生地が本当に少なかったです。

中学になると他の子と同じにしていたい一心で制服に耐えられるようになりました。
靴下はお気に入りの品とまったく同じ物を6足持っていて使い回しています。
がんばってください。

ユーザーID:1206503812
定型発達の子の育児でも同じことになったと思うよ
ええと
2018年1月5日 23:05

 私も夫もそうですが、子ども1人もそうだったりします。なので、何となく嫌がりそうなものが勘でわかったりします(笑)感覚過敏どんだけ不快で痛いかわかってる???子どもは1人感覚過敏のない子がいますが、まあ〜楽だわ。

 ちなみに、ある程度我慢ができるようになったのは、夫が率先して着ることでかっこよさをアピールしたからなんですよね(笑)夫も私も素材のこだわりがあるので、月日をかけて着られるものを増やしたような感じです。なので、少しずつと考えていて、あまりあせっていません。


 ちなみに、感覚過敏の子のほうは知的ボーダーのアスペです。
 ものの整理は本人のこだわりが強いので基本的に自分でやらせています。小学校にあがってからは洗濯をたたむのも自分でやらせていますよ。できないと自立に障りますから。本人にこだわりがあるのならば、洗濯からたたむまでをなぜお子さん本人にやらせないのかまったくもって不思議です。しわしわであろうが、風邪をひこう(←本人になぜそうなったかは説明はしますよ)が本人の責任ですから、そのまま放置していますよ(笑)。


 あと、わがままじゃなくて、お子さんのこだわりであり、事情だから(笑)ついでにいえば、トピ主さんが服をなんでも着て欲しいと思っているのは、トピ主さんのこだわりであり、事情です。習い事等も、学校の欠席連絡を電話連絡にしないのも、病児食を作るのも、「お子さんのため」とトピ主さんは思いこんでいますが、実はすべてトピ主さんのこだわりであり、事情です。
 大人なのになんでお子さんの事情に歩み寄ることができないのかと思いますが。その辺は実は定型発達の子の育児も本質は一緒だったりするんですね。ぶっちゃけ、トピ主さんは定型発達の子の育児でもつまずいたと思いますし、実際に定型発達の親御さんで苦労している親御さんはお子さんの事情に歩み寄れない人です。

ユーザーID:3777270452
トピ主です。書き込みありがとうございます。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:45

さらなるアドバイスをありがとうございます。もったいない母さんまで拝見しています。
二度目の書きこみのコットンさんはじめ、皆さまのコメント感謝しながら拝見しています。

誤解を招いたようですみません、発達やアスペ関連の本は二ケタ冊ほどは読んでおりますが、「感覚過敏な子が多い」「着るものに過敏な場合もある」と書いてあっても、だからどうしたら良い、という実用的な対応方法が私にはわからず、あれこれ試してみてみても限界で、こちらで伺った方が生活の中で実践的な方法がうかがえるかな?と思った次第です。

拝見して、そうそう、そういえば夏用のツルンすべっとした速乾スポーツ服が大好きでそればっかり着ていたこと、秋になっても冬になってもいつまでもそれらを着たがって、冬服に変えていきたい私と抵抗が大きかったのだと。

締め付けがきついのが好きというのも、たぶん、靴下がそれで。サイズアウトしたキツキツのぼろぼろの靴下を、時間をかけて引き伸ばしながら履くので、登校班に遅れ、班仲間の皆さんをお待たせするのが申し訳なくて、「人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい。この時間に履くなら急がなくてはならないから、ちょうどいいサイズの靴下を履きなさい。みんなを待たせて平気なの?」と毎朝のように言わなくてはならなくて、
「きつい靴下を履く」のがわがままだというよりも「人を待たせてでも、自分の心地よい履き方にこだわる」のがわがままだと感じてしまいます。
(発達障害だから服にこだわりがある、のは認められますが、発達障害だから待ち合わせに遅れてもいいとか、発達障害だから人を待たせても平気、とかになってほしくなく、そこは躾で意識や生活習慣を変えていく必要があると思います。きつい靴下をゆっくり履きたいなら、早く履き始めなくちゃいけない、と思うのですが。)

続きます

ユーザーID:3716255850
トピ主です。続きです。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:50

本題からは少々外れるかもしれませんが、息子の親族には何人か、暑がりさんがいまして、冬でも半そででニコニコ元気です。各年代にいまして、みな総じて元気で健康です。血がつながっているので、息子にもその要素がないわけではないとは思うのですが、息子の場合は、その本物暑がりさんとはちがうな、という感じがあります。気候に適さない格好で出かけ、外出先で冷えて腹痛とか、具合が悪くるとか、風邪をひく、ということがしばしばあるので(そのせいで予定変更とか、外出の目的を達せられないとか)、本物暑がりさんについては「好きにしなさい」で本人の感覚の赴くままにさせているのですが(めったに風邪ひかない)、この息子に関しては「暑い寒い快適の感覚がしっかり把握できていないんだな」と解釈、服に口出さざるを得ません。私の趣味やこだわりではなくて、8年間の育児の積み重ねがありますので。

スキー合宿にも、ツルスベの夏向きスポーツウェアを持参し、帰ってから風邪の症状が出てました。毎年冬休みは体調崩しがちで、年始の親族集合に行けるかどうかヒヤヒヤなんです。

発達障害の保護者が集まる機会は月に2〜3回あるのですが、意外とあまり皆さん状況が違うので参考になるほどの情報量があつまらないといいますか。例えばどなたかが「兄弟げんかに困ってて…」と相談しても「うちは兄弟仲良くて優しく面倒見ています」「うちは一人っ子なので」「うちも一人っ子」「赤ちゃんが生まれたばかりなので、まだ兄弟げんかはないですね」というような。トピックが違っても、似たような展開です。

こちらで、スポーツブランドやアウトドアブランドのものが、肌触りも機能性もよく、息子も気に入るんじゃないかと希望がもてました。それと、秋冬に苦しんでも、春夏ツルっとすべっと素材が増えるころには楽になりそうだという希望も見えました。

つづきます

ユーザーID:3716255850
トピ主です。みなさんのコメントとても参考になりました。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:53

>おばちゃんさま
おやつの好みが変わって毎日食べていたものがダメになったので、探すのに難儀しています。
……あぁ、こういう感じすごくわかります。この間まで好きって言ってたのにね‥‥大変ですよね。
一緒に頑張りましょう……

「自分にとって心地よい服が着たい」はわがままでないと思いますが、
なら、買いに行ったときに自分で選んでほしい(選ばず文句いうのはわがまま)、
自分で選ばないなら、親が(過去の本人の好みを参考に)選んだものを着る、
着るにしても、班のみんなを待たせるような遅刻してでも時間かけて着るとか、
洗濯のペースを乱してまで特定の物しか着ない、というのは、
あれもヤダこれもヤダで、じゃーどーしろというのじゃー!
せめてよそ様(登校班)には迷惑かからないように、なんとかしてって思います。
それって、私にとっては普通のことだと思ってるんですが、見る人が見ると、母親こだわり強い、なんですね(汗)

とりあえず近々に息子連れてモンベル見に行きたいと思います。
あとは裏返し作戦とか、夏物ツルスベ素材をインナーに着せるとか、いくつかいただいたご提案を試してみます。ありがとうございました。

ユーザーID:3716255850
気長に
みか
2018年1月8日 12:08

うちの子は発達障害はないですが偏食がひどいので、トピ主さんの気持ち少し分かります。
お気に入りのメニューしか食べない。お気に入りでも気が向かないと食べない。同じ食材を使っても料理法が違うと食べない。切り方が変わると食べない。本当に毎日毎日面倒くさいです。

そんな私は放課後デイで働いてるんですが、同僚に「発達障害の子の嫌いは、単なるわがままではなくて気持ち悪いとか恐怖に基づいてる。嫌いなものを食べるのは、私たちがうようよ動く虫を食べさせられているのと同じくらい嫌なんだ」ということを聞いて、なるほどなと思ったんです。
音の感覚過敏だと、ずっと黒板を爪で引っ掛かれている感じとか言いますよね?
トピ主さんのお子さんで言えば、チクチクした服というのは待ち針が付いたままの服を着させられてるとか、プラスチックで出来た服を着ているみたいな感覚でしょうか?
そう考えるとお子さんの気持ち、ちょっと分かりませんか?

レスを読んだ感じだと、やはり固い服が嫌なんじゃないかと思ったんですけど、新しい服は3回位お湯で洗ってみたりしてみたらどうでしょうか?
あとは気に入った服はサイズ違いで150位まで買っておくとか。

それに小2くらいだとまだ、真冬なのにタンクトップとか毎日同じ服とか多少おかしな格好をしていてもあまり気にしません。

他の方も書いてますが、決まってしまえば後は楽ですから、一緒にお気に入りを探してあげて下さい。

ユーザーID:9489306058
大変ですよね携帯からの書き込み
つるまる
2018年1月8日 18:40

私の甥がちょっとそういう節があります。一年中、半ズボンしかはきません。長袖やパーカー、カーディガンなど嫌いなものは着ません。今はだいぶ改善して、寒い日は長ズボンの下に半ズボンを履いて、運動する時は半ズボンになる感じです。
小さいころはお気に入りのタオルが無いと眠れず、ボロボロになるまで保育園にも持っていってましたが、最終的についていたアップリケの部分だけを切り取り、新しいタオルに付けていました。
後は色へのこだわりが強かったので、服のサイズアップの時など、落ち着いてどこが譲れないポイントなのか研究してみても良いかも知れません。
今は自分でどんな物が気に入っているか、わかるようになったので必ず本人に確認します。
彼は家族以外の人に対してものすごく気を使う為、はじめのうち知らずに贈ったプレゼントなども、身につけてくれていました。でも本人にとってはとても苦痛だったと思います。気に入ったものはずっと大切に使ってくれています。
お母さん、大変だと思いますが、息子さんと一緒にポイントを見つけながら頑張って下さい。成長するにつれ、改善してくることもあります。

ユーザーID:5834411767
診断下された医療機関で
とおりすがり
2018年1月8日 19:02

相談は出来ませんか?

友人のお子さんは自閉症で 凄く拘りがありました。
療育の一環として 執着が出たら即捨てると言ってました。


我が家に遊びに来た時もずっと同じものが欲しいと言い続けましたが
これ以上言ったら買わないよって言い聞かせ その後はその品物について何か言っても無視してました。

執着が出たらとりあげるっていうのが 療育の一環だったようですが
傍から見たら可哀想ではありました。

でも 親は子より先に死にます。
可哀想でも そういった訓練するしかなかったのだと思います。


今は成人しましたが 多少の執着はあるにしても
子供時代の執着より弱くなったみたいです。

ユーザーID:8590490290
あと 甥がアスペルガーですが
とおりすがり
2018年1月8日 19:04

厳しく接していましたね。

今も執着がありますが 趣味好み程度で そんなにひどくはありません。
今からやらないと もっと生きにくくなると思います。

ユーザーID:8590490290
時間管理・逆算も少し工夫が必要なのだと思います。
少しだけ関係者
2018年1月8日 19:16

前は主様がお困り相当お疲れの様子だったので、更なるレスで主様が
>希望がもてました
と感じたなら嬉しく思います。

>外出先で冷えて腹痛とか、具合が悪くるとか、風邪をひく
感覚受容器も体内の機能も、体温36〜37度位が一番活性化されます。
ご子息の場合は、その温度だと感覚は過敏で薄着にしたいけど、内蔵は低温→機能低下で体調を崩している可能性があると思います。成長と共に体が丈夫になる子が多いですが…体調不良を繰り返し体力・免疫低下、薬を繰り返し服用し効果が薄れ、毎年冬中辛いと言う子もいます。ご子息が受け入れてくれるなら冷やすのは腕・足限定、気に入った素材で頭・胴体や首回り等を覆い内臓温度は維持できると良いのですが…。

>班のみんなを待たせるような遅刻してでも時間かけて着る
外出前に混乱しないよう、前日に翌日着る服を準備する方もいます。
当日それを着るのに大体何分くらいかかるか逆算し、起きる・着替え開始時間等を決め(ご子息に最適か分かりませんが)、電子機器が好きな方はアラーム・リマインダー・特性に合ったタイマー等を駆使しています。これが出来ると、成長してからも役立つ事があると思います。また朝スムーズだと、学校・職場でも上手く行き易いと仰る方は多いです。

>自分で選んでほしい
>近々に息子連れてモンベル見に行きたい
沢山ある中から選ぶと言うのは、定型のお子様でも難しい作業です。ある程度、主様の方で選択肢を絞り、最終判断を任せる方がお互い楽かも知れません。

>発達障害の保護者が集まる機会
私の個人的な意見ですが…
情報交換、気持ち共有には効果的だと思いますが、何か特定の問題解決をしたい場合はそれに適した方に相談した方が答えを得やすいと思います。私が別の事で悩んだ時、同じ年齢の子を持つ親同士では堂々巡り、年上の子や専門的な知識や経験をお持ちの方にヒント・アイデアを頂きました。

ユーザーID:8862242480
登校班を抜ける
かおる
2018年1月8日 20:48

>登校班に遅れ、班仲間の皆さんをお待たせするのが申し訳なくて、「人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい。この時間に履くなら急がなくてはならないから、ちょうどいいサイズの靴下を履きなさい。みんなを待たせて平気なの?」と毎朝のように言わなくてはならなくて、

他の児童や保護者から苦情が出ませんか?登校班は抜けさせてもらい、児童1人での登下校が御心配なら、まり様が付き添われては。

ユーザーID:9954087128
 
現在位置は
です