現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

着るものにこだわりの強い子への対応

まり
2017年12月19日 22:21

発達障害アスペルガーの小2息子の着るもので困っています。似たご経験をお持ちの方はどのように対応したか、教えてください。

靴下、パンツ、肌着、Tシャツ、ズボンなど、
肌触りや締付け感や縫い目などに敏感で、気に入ったものしか着ませんが、
成長期なので、季節の変わり目とかサイズアップとかで、どうしても同じものをずっと着るわけにいかず、買い替えが必要。

しかし。
親が買って来たものは気に入らなくて着ない。
去年気に入っていたものでも今年は着ない。
買いに連れて行っても「要らない」とか言って選ばない。
パンツに至っては気に入っていたのが廃番になったので、今後彼が履けるものを購入できる見込みがない。
新しい靴下を買っても古い擦り切れたのしか履かない。

など、
買っても着ないで無駄になるのも腹立たしく、
なぜ、何が何枚必要か、丁寧に理由を説明しても、聞く耳持たず。

少ない枚数で洗濯を急かされ、生乾きでも干してあるものを着たり。

特にいまは、冬休みの旅行の荷造りをしたせいで更に着るものが回らず
買い出し時に買うことを拒み、荷造りは直前にするように言っても言うことを聞かず早めに詰めた)、
着るものがないと泣いたり暴れたり、
荷造りした中から引っ張り出したり、
生乾きのものを着ようとしたり、
朝晩大騒ぎして疲れてしまいます。

季節と身長にあった、着心地の良い服を、洗濯に困らないだけ用意して暮らしたい。

あれは着ない、これは着ない、のわがままにこれ以上振り回されたくない。

健常な子なら
「そんなわがまま許さない」
「甘やかしすぎ、あるものを着るように言う」
で解決することだと思います。

発達障害なので、感覚の過敏性やこだわりの強さが、健常児とは違う、ということを踏まえて、アドバイスいただけたら助かります。

ユーザーID:3716255850  


お気に入り登録数:46
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:31本

タイトル 投稿者 更新時間
心理的なところも
めんど−
2018年1月11日 19:40

我が家にも似たような者がいるので、このトピ、あるある〜と思って拝見してます。

ウチの者の場合、「見慣れないもの」に対するハードルも高いです。
昨日買ってきて、今日着なさいは無理。
一年くらい寝かす(目のつくところにつるしておく)と、見慣れたアレをすんなり着たりしています。

あと、本人が「寒い」など、不快に気付いたときがチャンスです。
ですので、外出するときには薄手のものを着ていても、厚手の服も持っていき、「寒い」となったら、さらっと「これ着たら」などと渡すと着たりします。
一回着ちゃえば、次は着てから出かけて行く。

お下がりもできればお子さんが慕っているお兄さんからもらえると良いですね。
「○○くんの」と言ったら、大喜びで着ています。
大きくなったら、仲良しの友達とお揃いとか、好きな子が似合うと言ったものとかだとすんなり着たりしてます。

ちなみに「ウチの者」は、大人も子どももいます。
どっちかっていうと大人の方が難しい。
いろいろ面倒ですが、工夫で頑張りましょうね!

ユーザーID:2724280560
あと勘違いしてほしくないことがひとつ
ええと
2018年1月11日 1:20

 よく大きくなったら感覚過敏や自閉がなくなった…と言っている人がいますが…当事者として言わせていただくとそれは大きな間違いです。

 実は感覚過敏や自閉の特性がなくなるわけではないのです。大人になると本人の並々ならぬ訓練や努力によって、自制や我慢ができるようになる…というだけのことです。さすがに、知的障害を伴うレベルの重度自閉の場合はそれが困難ですが、軽度の場合だと、それが良くも悪くもできてしまうのです。

 その並々ならぬ訓練や努力に労力を割かれているため、軽度の場合は特に日常生活や集団生活上の負担は定型の人のそれと比べて著しく大きいものです。それにより、大人になり、心を病んだり、身体的な病気になることも珍しい話ではありません。

 だからこそ、できること・できそうなこと・できないであろうことを見極め、感覚過敏や自閉とお付き合いできるレベル…つまり本人にとって負担が少ない形で自立に持っていく必要があります。そういった意味では今トピ主さんが息子さんに求めているものは要求水準があまりにも大きすぎると思います。ぶっちゃけまだ小2なんですから、服なんて毎日デザインが同じでいいし、着れる服着ればいいんです。

ユーザーID:3777270452
こだわりも悪くない
おばちゃん
2018年1月10日 23:37

トピ主さん、子どもと一緒にこだわって合うものを見つけてしまえば、あとは楽ですよ。

私がモンベルをイチ押しするのは、徒歩圏内にたまたま店があって、ガラガラにすいてる時間帯を選べたのと、機能性のウエアの中では、価格が現実的。
店員さんが素材のことなどをよく知っている。などなどの理由からです。
それから、試着して息子が「これいる」と着心地で即決。モンベルじゃなくても、あうメーカーが見つかるといいですね。

デザイン展開も少なく、定番のデザインが多いのでこだわりがこれにフィットすれば、あとは親がサイズアウトしたときに、同じデザインのワンサイズ大き目を購入すればいいです。決まってしまえば、ネットでも購入できます。

アウトドアウエアは、過酷な環境に耐えうる製品が多いので、速乾性に優れていいます。こんな寒い時期でも、2時間あればきれいに乾いているので、毎日着られる。

親の私がこだわりが強いから、発達の凹凸の特性でしょと言われたらそうかもしれないけど、山登り、海遊びを趣味にしていた、作業療法士の私が発達障害の子供を育てていて、行きついた生活スタイルです。これからも成長に応じて変わっていくでしょう。

登校班にも時間に間に合うようにいくのも、彼が一番に待っていることも多いです。同じ登校班のお友達には「みんな集まって息子がいなかったら、でかけてくれていい」と根回しをしています。

今のこだわりが一生続くわけじゃなく、ある時「え?」と思う進歩を遂げるときがあるから、試行錯誤すればいいです。

ルーチンは努力に繋がるので、成功体験を積めばモチベーションが上がります。
うちの息子は台車のゴトゴトした感覚を好むので、燃えるゴミのゴミ出しを彼のルーチンにしました。手伝ってくれるのですごく助かっています。自転車の練習も半年で乗れるようになりました。
一緒にがんばりましょう。

ユーザーID:2549730145
ウラ技
さら山
2018年1月10日 20:26

トピタイトルを見て『あー、アタシも小学生の頃は母に面倒かけたわ…』と、
開いてみたら、「発達障害アスペルガー」とあって、
思わず出てきました、診断済の50代女性です。
一つのケースとして自分のことを書きます。

子供のころ、着るものは大変でした。

素材、綿がいいです。(絹もいい)
綿100パーセントの表示があっても、「縫い糸」が綿ではないものが結構あります。
安い長そでの綿シャツを裏返すと、割と何でも大丈夫。
わたし、未だに下着やパジャマは物と体調により裏返します。
男の子のズボンは裏返せませんね。大丈夫なものを発見できるといいですね。

成人したら、体調により我慢できる日もありますし、自分でいろんな技をあみだします。
例えば関節の内側や首の後ろなど、特に敏感な所があって、
そこを保湿するとマシになることがわかったり。
あるポイントだけクリアできればいいなら、一時しのぎで
ガーゼとサージカルテープで保護するのもありかと思います(若い頃、たまにやってました)。

ところで、子供の頃のことを思い出すと(当時、発達障害という言葉は無かった)
わたしの母は、それほど細かく取り合ってません。
同じシャツを何枚も買おうとして、いい加減にしなさいと
言われたことも。
自分の変わった感覚に、工夫して折り合いをつけていくことは、
だんだん学んでいくべきことだと思います。
母があるときはメンドくさそうに、または怒りながら、
はたまた訴えをガン無視していたことは、結果的にわたしが
「社会化」するのに寄与したと思ってます。
(親の心子知らずで、やってもらったことは、
 ことさら印象には残らないのです、スミマセン)

ユーザーID:1849207123
ペアレントトレーニング
いじめはいけない
2018年1月10日 14:35

昔の私にトピ主さんが重なったので。本題とずれた話ですみませんが、書かせてください。
ものすごく、書籍で学んでいらっしゃるんですよね。真面目過ぎるくらい誠実なお母さんなんだと思います。

ペアレントトレーニングは受けられましたか?
東京だと、新宿の女子医大病院。巣鴨の大正大学。
なんかで受けられると思います。
3ヶ月スパンくらいで受けました。気長に子どもとの関係を再構築します。

自分ひとりだと、世間に迷惑かけないように育てたいと必死になっちゃいますよね。

でも、必死にやってきても、成果出てないよね。

よし、落ち着こうよ。

お母さんに対して、お子さんの信頼感が薄い感じがします。
お母さんがお子さんを愛していることはビリビリ伝わりますよ。
あのアスペルガー独特の癇癪に何年も絶え続けられるなんてすごいことですから。

でもね、お母さんがどれだけ必死になっても当人には伝わらないんだよね。
アスペルガーと言えど、知的に遅れがなければ、2年生になれば伝わることもあるはず。
なのに、お母さんと、お子さんの意思の疎通があまりに断絶されている。

うん、
じゃあ、どう接すればいいのか、専門家に教わろうよ。

私がペアレントトレーニングを受けて、我が家の息子は、私が息子を愛していることを理解してくれました。そして、息子も私を愛していることを態度で伝えてくれました。
その信頼関係があっての躾になってきます。こだわりの理由を互いに話し合える関係も作れます。

どうか、お母さんが楽になれる関係性をお子さんと作れますように。

ユーザーID:4758238498
うちの場合
ライス
2018年1月9日 14:51

家の息子も発達障害です。

気に入っている洋服に似ているものを
大方、リサイクルショップで買っています。

うちの息子の場合、体を締め付けないものを好みます。
色もちょっとにごった色が好きなので
お下がりや古着の方が馴染むみたいですね。

初めての服は
機嫌の良いお休みの朝に何気なく着せるのがコツでしょうか。
一回着用したら、気に入ることもあるので。

だんだんこだわりが減っていくといいんですけどね。
お互いに頑張りましょうね。

ユーザーID:5902155964
もっと息子の話を聞いて!
おにぎり
2018年1月9日 14:41

なんだか、頭でっかちというか応用力の無い方なんだな。と思いました。
お子さんをもっとしっかり見守ってあげて欲しいです。
声をかけるだけでなく手をかけて一緒にやってあげましょう。って医者から言われてませんか?


>拝見して、そういえば夏用のツルンすべっとした速乾スポーツ服が大好きでそればっかり着ていたこと、
>秋になっても冬になってもいつまでもそれらを着たがって、
>冬服に変えていきたい私と抵抗が大きかったのだと

小2になるまでしかも、皆さんのレスを読むまで、
そんなことにも気付いて無かったなんてビックリなんですけど。
そんな親に、文句言われるなんて息子さん可哀想だわ。

子供の話をちゃんと聞いてたら3歳頃には、タグや縫い目が駄目とかこの素材はNG.この素材が好き。
とか判るのが普通だと思いますけどね。

試着は凄く疲れるんですよ。
肌に合わない物だったりもするから。

気に入りそうな素材の物をまず手でしっかり触らせ、頬にあてさせ
大丈夫そうなら試着。
試着まで行き着くのに1時間ぐらいは覚悟しないと。

うちの子は、20歳ですが、洋服は友達と買いに行ったことはありません。

>人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。
>ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい

これもおかしいです。
履き方に拘りがあるのが解っているのだから
「そろそろ、靴下履く時間だよ。」って靴下渡してあげましょう。

時間の管理は親がやるのです。
声かけるだけじゃだめです。隣に座ってるくらいじゃないと。

感覚過敏は着るものだけですか?
音にもあるんじゃないかな〜。
電車が停まる時の音・プラスチックの擦れる音・アルミホイルの音・充電の音
いっぱいありますよ。
そんな時は、沢山試着させて、耳あたりの良いイヤホン探してあげてください。

ユーザーID:1937543390
分かります。。。
すべすべ
2018年1月9日 2:54

感覚過敏のある子を育てています。イライラするお気持ち分かりますよ。私も今まで何枚の服を無駄にしてきたか...。
「また服を無駄にして!もう買ってあげないから!」と、怒ってしまったことも。

でもある時、感覚過敏で食べ物の好き嫌いが多い子供のことを記事で読みました。
「あなたはお茶碗に盛った砂利を食べろ」と言われて我慢して食べられますか?という問いかけを見て、目から鱗が落ち、考えを改めました。
それまでは子供に対して、我慢すれば食べられる(着られる)だろうと、どこかで思っていたんですよね。可哀そうなことをしました。

かわいくても着られない服、これなら着られるだろうと思って買っても着られない服もあり、内心がっかりはするものの、子供に対してイライラすることはなくなりました。

他の方のレスにもありましたが、うちもモンベルのツルスベのTシャツは気に入っています。パタゴニアの吸湿速乾ツルスベ素材のもの、ユニクロのヒートテックも大丈夫です。
下着は無印良品の縫い目が外側になっているものを着ています。ズボンはスウェット素材のサイズの大きいものを買い、ウエスト部分と丈だけ手縫いで詰めてダボダボのものをはいています。

服以外のアドバイスとしては、乾燥機の購入を検討されてはどうでしょうか。
うちはガス式乾燥機を使用しており、30分ほどで乾きます。汚すことを考慮しても、計算上は最低2着でやりくりできますよね。
着られる服が30分でスタンバイできる、と思うだけでも気が楽になるのではないでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

余談ですが、うちの子は食感にも過敏があり、だんだん食べられない物が増えてきています。
私としてはこちらのほうが余程心配で、服は洗濯できていなくても見た目に奇妙でも大したことではない、と気楽に考えています。
トピ主さんも、気を抜いて気長に試行錯誤してくださいね。

ユーザーID:5315889710
あと靴下に関して
ええと
2018年1月8日 23:41

 うちも靴下にこだわりがありますが、基本的には同じスポーツメーカーの同じデザインのものを買うようにしています。低学年時でモデルチェンジしたときは大変でしたが、最近だと、モデルチェンジしてもさわり心地は変わらないという事実を発見したらしく、普通にはいています。

 そんな彼ですが、靴下をはくことそれ自体は本来は嫌いなので、休日や近所のお出かけのときはスニーカーで素足、基本靴下をはきません(笑)冬場で昼間の気温が氷点下をきる場所でもないので、靴下をはかせることにはこだわっていません。学校には上記のスポーツメーカーの靴下をはいていきます(←これもはいていないと学校の場合は寒いことに気づいたのと、以前先生に声をかけられたため)が、教室内でぬぐことがあるようです(定型の子でも靴下をはいていないケースはたまに見かける)。
 なお、スニーカーは近所の小さな靴専門店のシューフィッターに(かなりご親切に)見てもらい、本人がいろいろ説明を受けた上で購入しています。

 親の言うこと聞かないなら家族以外の人に説明してもらうのも効果的です。


 なお、そこまで登校班にこだわるのはなぜ?うちのかかりつけの児童精神科の医者なら、多分そこに親がこだわっていたら普通に親のほうが怒られますよ(笑)
 登校班をはずれてトピ主さんとお子さんだけで、具体的に「○時△分までに支度します」と時計を見せたり、タイマーをかけたりしたほうがよほど成功体験を積み上げ、それにより時間を守る習慣が身に付き、将来的に自分のこだわりとつきあいつつも時間を守れます。
 学校内で適応できているということはそっちで集団生活上のルールはある程度守れているということですから、登校班に拘らなくても集団生活上のルールは十分身につきます。


 トピ主さんのつまらぬこだわりがお子さんの成長を阻害していると思います。

ユーザーID:3777270452
いろいろ優先順位を間違えていると思う
ええと
2018年1月8日 22:58

 どっちかというと食生活と規則的な睡眠・運動のほうに問題を抱えている場合が多いです。あとは、不特定多数の集まる場所にお出かけする場合もです。優先順位的にはソッチが高いくらいです。服の温度調整はその次くらいです。発達障害系の子は確かに温度の変化に鈍感な場合もあるけど、それを差し引いてもです。

 うちの発達障害の子…吹雪の中で薄手の長袖2枚で震えながらも遊んだツワモノですが、寝る時間と食事(偏食で出せるものは少なかったけど蛋白源と炭水化物とビタミン系ができるだけ取れるように)だけは徹底していたためか、そのときは風邪は引かず。むしろ、不特定多数が集まるショッピングモールやテーマパーク等でインフルやプール熱をもらうことが多かったです。

 店舗に行って選んでくること自体が間違いという話もあります。うちの子も言ってましたが、大きなショッピングモールや洋服店での買い物は入ってくる情報量が多すぎて大変苦痛で、服を選ぶどころではないという話でした。なので、基本的には近所の子のお下がり(着古しているので生地がやわらかくなっている)をもらったり、中古品を売っているようなところで買ってきたり、自分の子のが着てくれそうな手触り感の服を私だけで買いに行ったりして、選ばせています(万が一着なくても売ったり、お下がりにすればいいので)。
 なお、夏用のTシャツは冬のインナーとするのはうちではもはや常識です。着るものは前日に準備しています。

 登校班がある学校の子での知り合いの同障害の子では、学校と相談して最終的には登校班をはずれて親御さんが登下校に付きあったケースも多数です。そこにこだわって獲得するものなどありません。親子で苦痛、他の子に迷惑をかけるならば登校班をはずれればよろしい。集団生活のルールを守るのは何もそこだけで学ぶわけではありません。色々優先順位のつけ方を間違えています。

ユーザーID:3777270452
お疲れですね。携帯からの書き込み
月あかり
2018年1月8日 22:39

イライラするお気持ち、理解できます。
うちにも着るものにこだわりのある人がおります。冬場は、洗っても乾きませんよね。
乾燥機の購入は、考えていないのでしょうか?
我が家も欲しいのですが、置く場所がないため、近所のコインランドリー で乾燥させることが多いです。甘やかしているかもしれませんが、自分がどうしても着たいなら、手間をかけて着られるようにしなくちゃいけないと言ってきました。がアトピーで皮膚が弱いです。
ユニクロのツルツルした化繊のものと綿のTシャツが定番です。
トピ主さんは、かなりストレスを感じておられるようなので、乾燥機を使うことをお勧めしたい。お母さんのイライラは、子どもさんの情緒を不安定にするかもしれないから。
少しでも心が休まりますように。

ユーザーID:3818506351
登校班を抜ける
かおる
2018年1月8日 20:48

>登校班に遅れ、班仲間の皆さんをお待たせするのが申し訳なくて、「人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい。この時間に履くなら急がなくてはならないから、ちょうどいいサイズの靴下を履きなさい。みんなを待たせて平気なの?」と毎朝のように言わなくてはならなくて、

他の児童や保護者から苦情が出ませんか?登校班は抜けさせてもらい、児童1人での登下校が御心配なら、まり様が付き添われては。

ユーザーID:9954087128
時間管理・逆算も少し工夫が必要なのだと思います。
少しだけ関係者
2018年1月8日 19:16

前は主様がお困り相当お疲れの様子だったので、更なるレスで主様が
>希望がもてました
と感じたなら嬉しく思います。

>外出先で冷えて腹痛とか、具合が悪くるとか、風邪をひく
感覚受容器も体内の機能も、体温36〜37度位が一番活性化されます。
ご子息の場合は、その温度だと感覚は過敏で薄着にしたいけど、内蔵は低温→機能低下で体調を崩している可能性があると思います。成長と共に体が丈夫になる子が多いですが…体調不良を繰り返し体力・免疫低下、薬を繰り返し服用し効果が薄れ、毎年冬中辛いと言う子もいます。ご子息が受け入れてくれるなら冷やすのは腕・足限定、気に入った素材で頭・胴体や首回り等を覆い内臓温度は維持できると良いのですが…。

>班のみんなを待たせるような遅刻してでも時間かけて着る
外出前に混乱しないよう、前日に翌日着る服を準備する方もいます。
当日それを着るのに大体何分くらいかかるか逆算し、起きる・着替え開始時間等を決め(ご子息に最適か分かりませんが)、電子機器が好きな方はアラーム・リマインダー・特性に合ったタイマー等を駆使しています。これが出来ると、成長してからも役立つ事があると思います。また朝スムーズだと、学校・職場でも上手く行き易いと仰る方は多いです。

>自分で選んでほしい
>近々に息子連れてモンベル見に行きたい
沢山ある中から選ぶと言うのは、定型のお子様でも難しい作業です。ある程度、主様の方で選択肢を絞り、最終判断を任せる方がお互い楽かも知れません。

>発達障害の保護者が集まる機会
私の個人的な意見ですが…
情報交換、気持ち共有には効果的だと思いますが、何か特定の問題解決をしたい場合はそれに適した方に相談した方が答えを得やすいと思います。私が別の事で悩んだ時、同じ年齢の子を持つ親同士では堂々巡り、年上の子や専門的な知識や経験をお持ちの方にヒント・アイデアを頂きました。

ユーザーID:8862242480
あと 甥がアスペルガーですが
とおりすがり
2018年1月8日 19:04

厳しく接していましたね。

今も執着がありますが 趣味好み程度で そんなにひどくはありません。
今からやらないと もっと生きにくくなると思います。

ユーザーID:8590490290
診断下された医療機関で
とおりすがり
2018年1月8日 19:02

相談は出来ませんか?

友人のお子さんは自閉症で 凄く拘りがありました。
療育の一環として 執着が出たら即捨てると言ってました。


我が家に遊びに来た時もずっと同じものが欲しいと言い続けましたが
これ以上言ったら買わないよって言い聞かせ その後はその品物について何か言っても無視してました。

執着が出たらとりあげるっていうのが 療育の一環だったようですが
傍から見たら可哀想ではありました。

でも 親は子より先に死にます。
可哀想でも そういった訓練するしかなかったのだと思います。


今は成人しましたが 多少の執着はあるにしても
子供時代の執着より弱くなったみたいです。

ユーザーID:8590490290
大変ですよね携帯からの書き込み
つるまる
2018年1月8日 18:40

私の甥がちょっとそういう節があります。一年中、半ズボンしかはきません。長袖やパーカー、カーディガンなど嫌いなものは着ません。今はだいぶ改善して、寒い日は長ズボンの下に半ズボンを履いて、運動する時は半ズボンになる感じです。
小さいころはお気に入りのタオルが無いと眠れず、ボロボロになるまで保育園にも持っていってましたが、最終的についていたアップリケの部分だけを切り取り、新しいタオルに付けていました。
後は色へのこだわりが強かったので、服のサイズアップの時など、落ち着いてどこが譲れないポイントなのか研究してみても良いかも知れません。
今は自分でどんな物が気に入っているか、わかるようになったので必ず本人に確認します。
彼は家族以外の人に対してものすごく気を使う為、はじめのうち知らずに贈ったプレゼントなども、身につけてくれていました。でも本人にとってはとても苦痛だったと思います。気に入ったものはずっと大切に使ってくれています。
お母さん、大変だと思いますが、息子さんと一緒にポイントを見つけながら頑張って下さい。成長するにつれ、改善してくることもあります。

ユーザーID:5834411767
気長に
みか
2018年1月8日 12:08

うちの子は発達障害はないですが偏食がひどいので、トピ主さんの気持ち少し分かります。
お気に入りのメニューしか食べない。お気に入りでも気が向かないと食べない。同じ食材を使っても料理法が違うと食べない。切り方が変わると食べない。本当に毎日毎日面倒くさいです。

そんな私は放課後デイで働いてるんですが、同僚に「発達障害の子の嫌いは、単なるわがままではなくて気持ち悪いとか恐怖に基づいてる。嫌いなものを食べるのは、私たちがうようよ動く虫を食べさせられているのと同じくらい嫌なんだ」ということを聞いて、なるほどなと思ったんです。
音の感覚過敏だと、ずっと黒板を爪で引っ掛かれている感じとか言いますよね?
トピ主さんのお子さんで言えば、チクチクした服というのは待ち針が付いたままの服を着させられてるとか、プラスチックで出来た服を着ているみたいな感覚でしょうか?
そう考えるとお子さんの気持ち、ちょっと分かりませんか?

レスを読んだ感じだと、やはり固い服が嫌なんじゃないかと思ったんですけど、新しい服は3回位お湯で洗ってみたりしてみたらどうでしょうか?
あとは気に入った服はサイズ違いで150位まで買っておくとか。

それに小2くらいだとまだ、真冬なのにタンクトップとか毎日同じ服とか多少おかしな格好をしていてもあまり気にしません。

他の方も書いてますが、決まってしまえば後は楽ですから、一緒にお気に入りを探してあげて下さい。

ユーザーID:9489306058
トピ主です。みなさんのコメントとても参考になりました。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:53

>おばちゃんさま
おやつの好みが変わって毎日食べていたものがダメになったので、探すのに難儀しています。
……あぁ、こういう感じすごくわかります。この間まで好きって言ってたのにね‥‥大変ですよね。
一緒に頑張りましょう……

「自分にとって心地よい服が着たい」はわがままでないと思いますが、
なら、買いに行ったときに自分で選んでほしい(選ばず文句いうのはわがまま)、
自分で選ばないなら、親が(過去の本人の好みを参考に)選んだものを着る、
着るにしても、班のみんなを待たせるような遅刻してでも時間かけて着るとか、
洗濯のペースを乱してまで特定の物しか着ない、というのは、
あれもヤダこれもヤダで、じゃーどーしろというのじゃー!
せめてよそ様(登校班)には迷惑かからないように、なんとかしてって思います。
それって、私にとっては普通のことだと思ってるんですが、見る人が見ると、母親こだわり強い、なんですね(汗)

とりあえず近々に息子連れてモンベル見に行きたいと思います。
あとは裏返し作戦とか、夏物ツルスベ素材をインナーに着せるとか、いくつかいただいたご提案を試してみます。ありがとうございました。

ユーザーID:3716255850
トピ主です。続きです。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:50

本題からは少々外れるかもしれませんが、息子の親族には何人か、暑がりさんがいまして、冬でも半そででニコニコ元気です。各年代にいまして、みな総じて元気で健康です。血がつながっているので、息子にもその要素がないわけではないとは思うのですが、息子の場合は、その本物暑がりさんとはちがうな、という感じがあります。気候に適さない格好で出かけ、外出先で冷えて腹痛とか、具合が悪くるとか、風邪をひく、ということがしばしばあるので(そのせいで予定変更とか、外出の目的を達せられないとか)、本物暑がりさんについては「好きにしなさい」で本人の感覚の赴くままにさせているのですが(めったに風邪ひかない)、この息子に関しては「暑い寒い快適の感覚がしっかり把握できていないんだな」と解釈、服に口出さざるを得ません。私の趣味やこだわりではなくて、8年間の育児の積み重ねがありますので。

スキー合宿にも、ツルスベの夏向きスポーツウェアを持参し、帰ってから風邪の症状が出てました。毎年冬休みは体調崩しがちで、年始の親族集合に行けるかどうかヒヤヒヤなんです。

発達障害の保護者が集まる機会は月に2〜3回あるのですが、意外とあまり皆さん状況が違うので参考になるほどの情報量があつまらないといいますか。例えばどなたかが「兄弟げんかに困ってて…」と相談しても「うちは兄弟仲良くて優しく面倒見ています」「うちは一人っ子なので」「うちも一人っ子」「赤ちゃんが生まれたばかりなので、まだ兄弟げんかはないですね」というような。トピックが違っても、似たような展開です。

こちらで、スポーツブランドやアウトドアブランドのものが、肌触りも機能性もよく、息子も気に入るんじゃないかと希望がもてました。それと、秋冬に苦しんでも、春夏ツルっとすべっと素材が増えるころには楽になりそうだという希望も見えました。

つづきます

ユーザーID:3716255850
トピ主です。書き込みありがとうございます。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:45

さらなるアドバイスをありがとうございます。もったいない母さんまで拝見しています。
二度目の書きこみのコットンさんはじめ、皆さまのコメント感謝しながら拝見しています。

誤解を招いたようですみません、発達やアスペ関連の本は二ケタ冊ほどは読んでおりますが、「感覚過敏な子が多い」「着るものに過敏な場合もある」と書いてあっても、だからどうしたら良い、という実用的な対応方法が私にはわからず、あれこれ試してみてみても限界で、こちらで伺った方が生活の中で実践的な方法がうかがえるかな?と思った次第です。

拝見して、そうそう、そういえば夏用のツルンすべっとした速乾スポーツ服が大好きでそればっかり着ていたこと、秋になっても冬になってもいつまでもそれらを着たがって、冬服に変えていきたい私と抵抗が大きかったのだと。

締め付けがきついのが好きというのも、たぶん、靴下がそれで。サイズアウトしたキツキツのぼろぼろの靴下を、時間をかけて引き伸ばしながら履くので、登校班に遅れ、班仲間の皆さんをお待たせするのが申し訳なくて、「人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい。この時間に履くなら急がなくてはならないから、ちょうどいいサイズの靴下を履きなさい。みんなを待たせて平気なの?」と毎朝のように言わなくてはならなくて、
「きつい靴下を履く」のがわがままだというよりも「人を待たせてでも、自分の心地よい履き方にこだわる」のがわがままだと感じてしまいます。
(発達障害だから服にこだわりがある、のは認められますが、発達障害だから待ち合わせに遅れてもいいとか、発達障害だから人を待たせても平気、とかになってほしくなく、そこは躾で意識や生活習慣を変えていく必要があると思います。きつい靴下をゆっくり履きたいなら、早く履き始めなくちゃいけない、と思うのですが。)

続きます

ユーザーID:3716255850
 
現在位置は
です