現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

着るものにこだわりの強い子への対応

まり
2017年12月19日 22:21

発達障害アスペルガーの小2息子の着るもので困っています。似たご経験をお持ちの方はどのように対応したか、教えてください。

靴下、パンツ、肌着、Tシャツ、ズボンなど、
肌触りや締付け感や縫い目などに敏感で、気に入ったものしか着ませんが、
成長期なので、季節の変わり目とかサイズアップとかで、どうしても同じものをずっと着るわけにいかず、買い替えが必要。

しかし。
親が買って来たものは気に入らなくて着ない。
去年気に入っていたものでも今年は着ない。
買いに連れて行っても「要らない」とか言って選ばない。
パンツに至っては気に入っていたのが廃番になったので、今後彼が履けるものを購入できる見込みがない。
新しい靴下を買っても古い擦り切れたのしか履かない。

など、
買っても着ないで無駄になるのも腹立たしく、
なぜ、何が何枚必要か、丁寧に理由を説明しても、聞く耳持たず。

少ない枚数で洗濯を急かされ、生乾きでも干してあるものを着たり。

特にいまは、冬休みの旅行の荷造りをしたせいで更に着るものが回らず
買い出し時に買うことを拒み、荷造りは直前にするように言っても言うことを聞かず早めに詰めた)、
着るものがないと泣いたり暴れたり、
荷造りした中から引っ張り出したり、
生乾きのものを着ようとしたり、
朝晩大騒ぎして疲れてしまいます。

季節と身長にあった、着心地の良い服を、洗濯に困らないだけ用意して暮らしたい。

あれは着ない、これは着ない、のわがままにこれ以上振り回されたくない。

健常な子なら
「そんなわがまま許さない」
「甘やかしすぎ、あるものを着るように言う」
で解決することだと思います。

発達障害なので、感覚の過敏性やこだわりの強さが、健常児とは違う、ということを踏まえて、アドバイスいただけたら助かります。

ユーザーID:3716255850  


お気に入り登録数:44
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:5本
トピ主のみ(5)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
レスありがとうございます。
まり(トピ主)
2017年12月30日 21:17

雪さま・コットンさまのお返事を拝見しています。レスありがとうございます。

雪さまは、発達障害児の育児に精通していらっしゃるということでよろしいでしょうか。
>過ぎたわがままは通らない事を覚えさせた方がお子さんのため
というのは全くその通りと存じますが、どうやったら「覚えさせる」ことができますか。
それをぜひ教えていただけますか?
言い聞かせ、絵にかいて示し、文字で注意喚起し、もっと幼いころにはパペットなど利用して躾けてきましたが、
そのような方法で身につけさせることができず現在に至っています。

>自身のポリシーに基づいたやり方で行き詰っている
いやいや、私自身のポリシーなど、とっくの昔に木っ端微塵、かけらも残っておりません。
彼にあった対応を試行錯誤・右往左往の毎日です。

例えば、「座って食事をする」ということですら、彼はまだ習得できていません。
歩き始めた1歳のころから、食事のたびに何十回も言い聞かせ(イラスト・文字・パペット・ビデオ教材等)、
それでも8歳の今でも、食事のたびに立ち歩くので、参っています。

健常の子も育てていますが、言えばわかるし、言わなくても周りの様子を見て学んでいるというか、本当に育てるのが楽です。
着るものについても好みは言いますが、わがままは言いません。
通常のやり方では、発達児は対応できないので、試行錯誤していますし、具体的な対応策を教えていただきたいです。



コットンさまは、お父様がこだわりが強いとのことで、大人になって客観視できる今ならまだしも、幼いころは生活の上でもさまざまな大変な思いがあったことと推察いたします。

本人が困るだけなら「好きにしなさい」で放置したいところです、まったくそうすると思います。

つづきます。

ユーザーID:3716255850
つづきです。
まり(トピ主)
2017年12月30日 21:21

彼が濡れた服を着たり、季節に合わない服をきていると、かなり高い確率で体調を崩します。
看病するのも、病院の予約を取って連れて行くのも、連絡帳に欠席を記して届けるのも、病児食を作るのも、習い事の欠席連絡や振り替え受講の手配をするのも、予定変更でお詫びの連絡を入れるのも、みんな私なんです。もう、あんたのわがままで振り回さないで、いい加減にして!と思います。

また、毎日複数回洗濯機を回してますが、彼の希望のペースで乾いていない、引き出しに戻っていない、という理由で泣いて暴れて怒って癇癪をぶつけられるのもうんざりです。気に入らないのをイヤイヤ着たとしたら、ほんの数時間後に、気に入っているものが乾いたら即着替えます。ただでさえ毎日たくさんの洗濯物に追われているのに、彼のわがままのせいで、こんなくだらない理由で、洗濯物を増やさないで。入浴までそのまま着ててほしい。

パンツ一枚洗濯物が増えたくらい、気にしないでほほ笑んで見守ってやればいいのかもしれません。
でも、本当に余裕がないんです。一事が万事こういう調子で生活しているので。

サマーキャンプとか、スキー旅行とか、機会があれば行ってもらいますが、必ず帰ってくるので。帰ってきた後のがっかり感が大きいです。いない間は平和に暮らせるので。

ネグレクトで犯罪者になりたくない、という思いだけで暮らしてます。

着るものへのこだわりに振り回されないで生活する方法、どうしたらよいのでしょうか。


衣服の与える刺激や感触が、彼にどれほど苦痛を与えているのか、理解することも、解放してあげることもできない。
とにかくこれ以上振り回されたくない、穏やかに平穏に暮らしたい……。

ユーザーID:3716255850
トピ主です。書き込みありがとうございます。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:45

さらなるアドバイスをありがとうございます。もったいない母さんまで拝見しています。
二度目の書きこみのコットンさんはじめ、皆さまのコメント感謝しながら拝見しています。

誤解を招いたようですみません、発達やアスペ関連の本は二ケタ冊ほどは読んでおりますが、「感覚過敏な子が多い」「着るものに過敏な場合もある」と書いてあっても、だからどうしたら良い、という実用的な対応方法が私にはわからず、あれこれ試してみてみても限界で、こちらで伺った方が生活の中で実践的な方法がうかがえるかな?と思った次第です。

拝見して、そうそう、そういえば夏用のツルンすべっとした速乾スポーツ服が大好きでそればっかり着ていたこと、秋になっても冬になってもいつまでもそれらを着たがって、冬服に変えていきたい私と抵抗が大きかったのだと。

締め付けがきついのが好きというのも、たぶん、靴下がそれで。サイズアウトしたキツキツのぼろぼろの靴下を、時間をかけて引き伸ばしながら履くので、登校班に遅れ、班仲間の皆さんをお待たせするのが申し訳なくて、「人を待たせてまでそんな履き方はおかしいよ。ゆっくり履きたいなら、もっと早く支度をはじめなさい。この時間に履くなら急がなくてはならないから、ちょうどいいサイズの靴下を履きなさい。みんなを待たせて平気なの?」と毎朝のように言わなくてはならなくて、
「きつい靴下を履く」のがわがままだというよりも「人を待たせてでも、自分の心地よい履き方にこだわる」のがわがままだと感じてしまいます。
(発達障害だから服にこだわりがある、のは認められますが、発達障害だから待ち合わせに遅れてもいいとか、発達障害だから人を待たせても平気、とかになってほしくなく、そこは躾で意識や生活習慣を変えていく必要があると思います。きつい靴下をゆっくり履きたいなら、早く履き始めなくちゃいけない、と思うのですが。)

続きます

ユーザーID:3716255850
トピ主です。続きです。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:50

本題からは少々外れるかもしれませんが、息子の親族には何人か、暑がりさんがいまして、冬でも半そででニコニコ元気です。各年代にいまして、みな総じて元気で健康です。血がつながっているので、息子にもその要素がないわけではないとは思うのですが、息子の場合は、その本物暑がりさんとはちがうな、という感じがあります。気候に適さない格好で出かけ、外出先で冷えて腹痛とか、具合が悪くるとか、風邪をひく、ということがしばしばあるので(そのせいで予定変更とか、外出の目的を達せられないとか)、本物暑がりさんについては「好きにしなさい」で本人の感覚の赴くままにさせているのですが(めったに風邪ひかない)、この息子に関しては「暑い寒い快適の感覚がしっかり把握できていないんだな」と解釈、服に口出さざるを得ません。私の趣味やこだわりではなくて、8年間の育児の積み重ねがありますので。

スキー合宿にも、ツルスベの夏向きスポーツウェアを持参し、帰ってから風邪の症状が出てました。毎年冬休みは体調崩しがちで、年始の親族集合に行けるかどうかヒヤヒヤなんです。

発達障害の保護者が集まる機会は月に2〜3回あるのですが、意外とあまり皆さん状況が違うので参考になるほどの情報量があつまらないといいますか。例えばどなたかが「兄弟げんかに困ってて…」と相談しても「うちは兄弟仲良くて優しく面倒見ています」「うちは一人っ子なので」「うちも一人っ子」「赤ちゃんが生まれたばかりなので、まだ兄弟げんかはないですね」というような。トピックが違っても、似たような展開です。

こちらで、スポーツブランドやアウトドアブランドのものが、肌触りも機能性もよく、息子も気に入るんじゃないかと希望がもてました。それと、秋冬に苦しんでも、春夏ツルっとすべっと素材が増えるころには楽になりそうだという希望も見えました。

つづきます

ユーザーID:3716255850
トピ主です。みなさんのコメントとても参考になりました。
まり(トピ主)
2018年1月6日 22:53

>おばちゃんさま
おやつの好みが変わって毎日食べていたものがダメになったので、探すのに難儀しています。
……あぁ、こういう感じすごくわかります。この間まで好きって言ってたのにね‥‥大変ですよね。
一緒に頑張りましょう……

「自分にとって心地よい服が着たい」はわがままでないと思いますが、
なら、買いに行ったときに自分で選んでほしい(選ばず文句いうのはわがまま)、
自分で選ばないなら、親が(過去の本人の好みを参考に)選んだものを着る、
着るにしても、班のみんなを待たせるような遅刻してでも時間かけて着るとか、
洗濯のペースを乱してまで特定の物しか着ない、というのは、
あれもヤダこれもヤダで、じゃーどーしろというのじゃー!
せめてよそ様(登校班)には迷惑かからないように、なんとかしてって思います。
それって、私にとっては普通のことだと思ってるんですが、見る人が見ると、母親こだわり強い、なんですね(汗)

とりあえず近々に息子連れてモンベル見に行きたいと思います。
あとは裏返し作戦とか、夏物ツルスベ素材をインナーに着せるとか、いくつかいただいたご提案を試してみます。ありがとうございました。

ユーザーID:3716255850
 
トピ主のみ(5)ほかのレスも表示

現在位置は
です