現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

いじめの被害にあっている子供の手助けをしたいが

5
2017年12月20日 1:11

アジア系の男性と結婚し、日本に移住してきたWМです。
日本に移住する前、「日本に行ったら、子供が虐められるよ」と周囲の日本人から脅かされました。
そのことで、本当に日本に移住していいのだろうか、と悩みに悩みました。
だから、もし虐められたら、捨て身で息子を守ろうと心に決めました。

しかし、幸いなことに、息子は小学校・中学校と何の問題もなく、楽しく通学し、来年の3月に中学を卒業します。
本当に、ありがたいことです。

今、いじめの問題が毎年、あちこちで新聞に載りますが、心を痛めています。
いじめにあっている子供の力になりたいです。

でも、どうしたらいいのだろうか?

どこか(東京近郊)で、いじめにあっている子供を助ける活動をしているところとかないでしょうか。
また、私は結婚してカトリックになったのですが、カトリック以外で、プロテスタント教会でもいいので、そういった活動をしているところはないでしょうか。

ユーザーID:3656091736  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本


タイトル 投稿者 更新時間
現場で
いじめはいけない
2017年12月20日 14:14

現場を見ているものです。
非難されることを覚悟で本当のことを言います。

本当に普通の子どもがいじめに追い込まれることは本当に稀なのです。

多くのいじめとは、認知の歪みという障がいとの戦いです。

いじめられる側にも、いじめる側にも障がいがあります。
そして、親にも本人にも自覚はありません。自分たちは常に正義だと信じています。
だから、引き離そうにも引きはなせない。

認知に歪みのある子どもがたくさん居ます。
彼らにとっては、自分はいつも正しく、自分と違うものは、自分を迫害するもの。なのです。

だから、かれらは、
「じぶんはいじめていない。いじめられている。」
と主張します。

いじめはあります。
なくせません。
ただ、いじめはいけないと伝え続けることしか我々にはできません。
いじめる子も、いじめられる子も守りたい。

断罪しません。
それぞれに自分の正義はあっていい。
何度でも、
「お互いの正義が違っているからと言って、相手が間違っているのではない」
と言い続けるだけです。何度でも言い続ける。

いじめられる子どもも多様な場所にいます。
集団で居られる子、他の子どもの存在に耐えられない子。それぞれ違います。
それでも、
今を生きている子ども達に、多様に生きることは良い事だといい続けられる場所はあります。

保育園や児童館や小学校の図書館にボランティアに行ってもいい。
個人塾の先生になる方法もあります。
小中学校の学校カウンセラーと言う方法もあります。小学校の情緒学級のサポーターという方法もあります。

いじめられている子どもだけを助けられる都合のいい場所はありません。
遠回りに、全ての子どもと関ることで、いじめの軽減ができるよう祈るだけです。

ユーザーID:9894272028
いじめらっれ子支援より
Yulia
2017年12月20日 18:55

ぜひこの日本がもっと多様性に開かれた社会になるように活動しませんか。
それには、ひとりひとりが、周りと同じにしたり、自分を我慢して周囲に合わせたりといった人目を気にした行動をせず、真に自分の意見を普通に述べ、自分の人生を生きることだと思います。
私は日本人ですが、小中といじめられました。現在、外国つながりをはじめとする、多様な子供たちとかかわる活動をしていますが、いじめっ子もいじめられっ子も同じ枠組みの中で苦しんでいると感じています。元いじめられっ子なので、心情的にはいじめられっ子の味方したい気持ちですが、現状を見ると、いじめっ子も苦しんでいます。
もっと多様な価値観を認められる雰囲気ができれば、そして、みんなが無理せず自然に、楽に、暮らせる社会になればよいなと思っています。

ユーザーID:0871503254
 


現在位置は
です