現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

長年連れ添った愛猫の死 携帯からの書き込み

やま
2017年12月20日 22:01

閲覧ありがとうございます。

早速なのですが、今日18年連れ添った飼い猫が天国に旅立ちました。死因は老衰です。最後の1ヶ月は老化と体力の消耗が著しく、そして年齢も考慮し「そろそろかな。」と思っていた矢先の事でした。私自身、家族もとても悲しんで亡骸を前にして泣いて、泣いて泣きまくりました。しかし、私の中にあるのは「悲しい」という気持ちが心の隅にある程度です。飼猫に対して目一杯愛情をささげたつもりだし、最後も大好きな祖母の膝の上で亡くなったものですから、穏やかな気持ちの割合が高いです…。今は私もケロッとしており「こんなに長生きして、しかも私たちを癒してくれてありがとう!」という想いが強いです。

もし愛しい家族を亡くされ、しかしペットロスというペットロスをあまり経験せず、穏やかに過ごされた方などいたら是非お話を聞きたいです。

ユーザーID:1079750925  


お気に入り登録数:25
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
ガンの愛猫を看取りました
ねこまみれ
2017年12月21日 14:35

先天性の遺伝子異常があったことが譲り受けてから判明し、子ネコの頃から長い間、次から次へとやってくる病魔と闘い10年、最後はガンでした。
大型種でも子ネコの頃から何かと患っていたので、体重は多い時で7キロにやっと届いたのがほんの一時だけ、最後にガンと診断されてからは半年がんばってくれました。
亡くなる直前は体重3キロ台まで落ち、段も上れなくなり、今夜は越せないだろうことがわかったので、元気なころは駆け回ることができた家の隅々まで抱いて声をかけながら見せてまわり、体を拭いてブラシをしてさっぱりさせてやり、その数時間後に膝の上で看取るることができました。
あまりに闘病の連続だったので、10年よくがんばったね、もうがんばらなくていいよ、と、すごく泣きましたけど、病気から本ネコが解放されて本当に良かった、と思って送ってやれました。
今度は病気のない体で生まれてきて、またうちの子になってほしいです。

ユーザーID:1912489975
うーん・・・
エリッサ
2017年12月21日 16:13

ご愁傷さまです。

私のうちのこも、2X歳で亡くなりました。
ここまで生きたら、かなりの年令だったので、よく頑張った!ずっと一緒にいてくれてありがとうという気持ちのほうが大きかったです。
甲状腺が悪かったらしく、最後の一年はやせ細ってしまいましたが、それでも亡くなる1週間前くらいまでは、自分で歩いて食事して、排泄も面倒かけることなく、すごしていました。
おいしいものもたくさん食べてもらいました。
最後は、暗いところのほうがネコは好むというので、ダンボールで暗い場所を作ってあげたら、そこに入って眠ったまま亡くなっていました。
たくさん泣きましたが、大往生だった、たくさん、いい思い出があった、そのほうが大きかったので悲しみに押しつぶされる事はありませんでした。
明日、その子がそこにいないのが悲しい、それだけです。

もう一匹のネコの話ですが、最初から病気を患っており、いつまで生きられ
るかわからない状態でもらってきた子でした。
一緒にすごして2ヶ月。
数日置きの病院通い、投薬。
一緒にいる時間も長かったです。
人間と一緒にいるのが好きで、そばにいつもいました。
甘えるのが好きで、亡くなるときもはいずって私のそばまではってきて、そのまま息を引き取りました。
そのこがなくなった事は未だに半年以上たった今でも引きずってます。
なぜこの子がこんな病気にならなければならないのか、なぜワクチンが無いのか、ずっと考えてしまいました。
ペットロスというほどではありませんが、頭の片隅にいつも引っかかっています。

トピ主様にそんなつもりは無いのでしょうが、どうしてわざわざ「ペットロスをあまり経験せず」とわざわざ書いたんですか?
私はペットロスでは無いですが、その言葉に心がざわつきました。

穏やかにすごしたいのであれば、自分がそうされたらいいのでは?
そこに何の意味があるのか、お聞きしたいです。

ユーザーID:4164472336
私もです!
みんみん
2017年12月21日 23:12

今年の夏に18年近く可愛がりに可愛がった愛猫を亡くしました。
もちろん悲しかったですし、一晩泣きましたが、半年近く介護して、大事に大事に暮らしたので
悔いはなく、こんなに長く一緒にいてくれてありがとうね、ご苦労様、といって見送りました。

周りの人たちは気をつかってくれてたのですが、自分でも意外なぐらいあっさり…ペットロスを恐れて色々本も読んだのに。
とはいえ、家にふわふわしたものがいないことに耐えられず、すぐに新たな保護猫ちゃんの里親になりました。
薄情だなぁ、って思う人もいるかもしれないけど、あまり気にしてません。
今度のにゃんを可愛がりながら、亡くなったにゃんを思い出してます。

ユーザーID:1179405669
 


現在位置は
です