現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

寂しさを克服したい

くるみ
2017年12月25日 13:40

米国在住のアラサー女です。
今ビザの関係で仕事を一時退職中ですでに3ヶ月無職の状態です。
初めのうちは新しいことを初めてみたり、たとえばヨガや裁縫など、
また普段平日に行けなかった場所に行ったりなどしていたのですが、
最近どうにも落ち込みやすく、
物理的に出来ることでも精神的にやる気が起きないという日が増えてきています。

彼氏とは他州で遠距離交際中なので1ヶ月に1回しか会えませんし、
そんな中ひとり暮らしなので、誰かの為に家事や料理をという気にもならず、モチベーションが出ないのです。

甘えられる人を正直欲していますが、同時に恋人に依存しきった弱い自分はかっこ悪いと思うし彼にも変なプレッシャーを与えたくない。
そんな思いから普段よりも連絡をせずにいて、それも普通の自分とは違うと感じています。

孤独と向き合い、一人で生活を出来る人が初めて人を愛する権利がある、
という格言のようなものも読み、
そうだよな、と納得はするものの
やはり落ち込みがちで、一日の始まりに、よしやるか。という気持ちになれない日が続いています。

経験上、兄弟で兄姉に当たるような人には、(落ち込んでいるかは別として)新しいことを見つけてきたりそれに挑戦したりを抵抗なく行ったり、
落ち込んだ時も、だってどうしていいかわからないんだもの、とだだを捏ねるのではなく
腹をくくって気持ちを切り替えるのが上手な人が多いように思います。

私は妹なので、きっと誰かに助けてもらえるのを無意識に待っているだけで、
本当はこの孤独を克服できる能力はあるのではないかと思ったりもしています。

活を入れてほしいのかもしれませんし、
慰めてほしいのかもしれません、
具体的な克服法や、経験談がほしいのかもしれません。

なんでもいいのです。
前に進むきっかけが欲しいです。

ユーザーID:2272658667  


お気に入り登録数:6
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本

タイトル 投稿者 更新時間
すごく似た状況でした!
ひとり好き
2017年12月25日 15:05


つい数ヶ月前に、すごく似た状況でした。

夫が単身で数ヶ月長期出張でした。
夫も忙しいのに、自分は時間があり、話したいけど…迷惑かけたくない。
私もちょうど仕事を辞めて、時間がありました。
ひとりの時間をどう過ごすか、トピ主さんと同じようなことを考えてました。

空いた時間はラインを夫にしたりしてましたが、
スタンプを送り会うのが気分転換になりましたよ。写真とか。
あと、1人の時間のため、日記を書いてこれからについて色々と考えを
まとめたり、目標や日々思ったことを書いてました。PCで。
自分を見つめ直し、1人の時間を乗り切るためです。

他には、この機会を有効に使いたいので、友人とプチ旅行に行ったり、
少し遠方の友人に会いに行たり、以前から行きたかったけど
機会がなかった場所に1泊2日の一人旅をしてみました。すごく楽しかった
ですし、気分が変わり自信もつきました。

彼と、曜日を決めてスカイプで話したり、
1人で寂しいなら、語学をスカイプで習うなどもオススメです。
誰かと話せるし、他の国の方と交流できますので。トピ主さんには
必要ないかな。

がんばって下さい!

ユーザーID:5713751309
アメリカは広い…カッコつけんな。
伊良内
2017年12月25日 20:24

三ヶ月もあれば彼氏の所に行けますね。
同棲でもなされば良いかと思うのですが仕事があるので難しいのでしょう。
後半の文はただの痩せ我慢でしょうか…「カッコつけんな…。」と私は思います。

ユーザーID:4920928148
ありがとうございます
くるみ(トピ主)
2017年12月27日 6:10

ひとり好きさん

節約したいのでお金を掛けることはあまり出来ないのもあり、
語学をスカイプで学ぶのはいいアイディアだと思いました。
自分を見つめ直すのは、今書くと社会に何も貢献出来てない自分を
自分でえぐることになりそうなので、もう少し自信と元気が出来たらやってみようかなと思います。

伊良内さん

彼のところにはThanksgivingで長期滞在したりもしましたが、あちらも仕事がありずっと一緒にいるのは無理なのと、おっしゃるとおり、いつVisaがapprovalされて勤務開始出来るかわからないので基本自宅で一人です。。。
カッコつけんな、の裏側に優しさを感じました。
もう少し考えてみます。

お二人ともありがとうございます。

ユーザーID:2272658667
なんとなくわかるような気がします
トクメーキボウ
2018年1月2日 4:49

もうとっくにベテランのおばさんになりましたが
私にもトピ主さんのような若い頃があって、
そんなことあったわって思い出しました。
いくつか思いついたので箇条書きで挙げてみます。

・気持ちの浮き沈み(環境の変化・年齢的なもの・ホルモンバランス・人生の山と谷)
・本当の意味での大人になる前の試練
・病気(メンタル)

誰にでもあることだと思いますよ。
ちょっとした谷の状態。
こういう時は心身に負担をかけてしまうから、
新しいことをはじめるのは最も逆効果です。
ひたすらダラダラする。
人生に必要です。
もうね、あっぱれ!っていうくらい休みなさい。
おばさんはそれを奨めます。
疲れてるのよ、きっと。疲れてるからやる気がわいてこないの。
それをムリしたら本物の病気になります。
疲れたら、立ち止まる、休む。
おばさん、嘘つかない。

また仕事は再開するんでしょ?それまで自分を甘やかす。
甘えたいのなら誰でもいいから電話しなさい。
それで元気になったら儲けもの。その後何かはじめればいい。

孤独は確かに人生に必要なものだし、大切だと思うけど
疲れきっている時に誰かを欲することは決して恥ずべきことじゃない。
これが出来ないと人生の危機的状況の時に声をあげられない人になってしまうから、困った時は声をあげなさい。
いつか誰かが困っている時に手を差し出せる大人になればいい。

弱っている時に自分を責めないこと。
あと、泣きたい時は泣くのがいいよ。スッキリするから。

ユーザーID:5983768613
ありがとうございます
くるみ(トピ主)
2018年1月11日 6:52

とくめーきぼうさん

コメントありがとうございました。
とくめーきぼうさんのコメントを見ていて、思い出したことがありました。

何かの番組で、最近は"そうかいおばさん"が減ってきているけど、
昔はその人間関係は一般的でとても助けになっていたと聞いたことがあります。

そうかいおばさん、とは、多くを経験してきた先人ゆえの、懐の厚さや余裕で、
いろんな悩みや不安を"そうかい、そうかい" 肯定してくれる、
巷のカウンセラー替わりの女性、とのことで。

とくめーきぼうさんを、おばさんとよんでしまうのに気を悪くされたら、
申し訳ないのですが、
私はその話を聞いた時、本当に、例えばこんな存在の人がいたらいいな、
と思ったので、
コメントをみてとても嬉しかったのです。

ありがとうございます。

まだ落ちてるな、と思う日々は続いていますが、
きっと私も将来に過去を振り返ったら、
とくめーきぼうさんの様に、声をかけられる人でいたいなと思いました。

ユーザーID:2272658667
 
現在位置は
です