現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

育休や時短のフォロー側への改善案

あかふじ
2017年12月27日 10:58

トピ開いて頂きありがとうございます。

最近、育休や時短のワーママさんをフォローする側の方々の大変さが、小町でも多々見かけます。

少子化問題、分かります。女性の活躍、分かります。育休時短は権利、分かります。

でも時短期間を含めたら数年の間、ずっと同僚(多くは女性)に負担が掛るのって、どうなんでしょう?小町を見ていても、フォローを頑張っていらっしゃる方々からの、愚痴や疲れのトピが目立っているように感じます。

ただこの問題、ワーママさんもフォローする方々もどちらも悪くはないから余計に根深いと言うか、ややこしいと言うか、解決策が見つかりづらいと思います。

私は地域でワーママバンクみたい組織を作って、産休さんは一度<その会社>は辞める。でも子育てがひと段落したら<地域の別の会社>の産休に入る人の後任(穴埋めではなく)として入社できる。地域がワーママさん達にとって一つの大きな会社みたいな。

そんな制度って良いのではないかと思うんです。
一つの会社の中で解決しようとするから無理が出る。

もちろん、色々な方達の色々な事情が絡むのは分かっています。
でもそんな事を言っていても、今現在フォローに追われている方々の大変さは変わらない。

突飛なアイデアでも良いので、皆で改善策を考えて行きませんか?

ユーザーID:3558920495  


お気に入り登録数:43
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:58本

タイトル 投稿者 更新時間
勤務時間ではなく、成果主義にする
とおりすがり
2017年12月27日 14:42

うちの会社には、時短の方が多くいますが、時短の方をフォローしているという感覚はありません。
理由は、会社の評価制度が、勤務時間や雇用年数ではなく、成果主義だからです。
これは、時短に限らず、どの社員も勤務時間に決まりはなく、結果を出しているかどうか?を見ます。
時短の方ができなかった事を、他の人がやればそれはフォローではなくやった人の成果です。
年功序列を廃止し、成果主義になると、時短の方への不満は減るかと思います。
ただし、時短に限らず、勤務年数は長いが能力が低い人は、評価は下がり収入は減ります。
40代50代だからといって管理職になれるわけではなく、年下の上司なんてのも当たり前に存在します。

ちなみに、トピ主さんの案については、地域と言っても地元以外で働いているケースは難しいのでは?と。
私の感覚では、地元で働いている人の方が少ないイメージです。
だいたい、通勤時間30分〜1時間くらいの人が多い感覚です。
また、出産後に0から新しい会社で働くには、学習コストが高いように思います。
私も子持ちですが、産後に地域の会社に就職できるとしても、今の会社を退職する決断はできないと思います。
再就職先の会社が、同レベルの企業であるかどうかも重要になってきますし、同レベルという事だと間口も狭まり、企業も無限に人件費があるわけではないのでマッチングが難しそうです。

ユーザーID:5847088661
アイデアだけなら、いくらでも
万年フォロワー
2017年12月27日 14:52

現行法などを全て無視した夢物語的なアイデア、ということでのトピ立てですよね?

トピ主さんの提案するワーママバンク、社内に作って欲しいです。
「今の会社を辞めたくない」これが根強いですから、一旦退職してのワーママバンク入社はワーママの心情として厳しいため。
社内組織で、人事部預かりの「ワーママ部署」を希望します。

勿論、労使双方の合意の下で、です。
悪阻や諸々でしんどい人から、復帰はしたけれど育児があるため時短希望の人、イクメンの人、
介護で離職はしたくない人から、通院中の人や病み上がりで復帰する人、
男女年齢問わず、今まで通りバリバリに業績を上げるのが厳しい人が希望して所属できるような。
いわゆるドロップアウトしても低空飛行で敗者復活できる組織。
新卒神話、一度辞めたら途端に就労条件が悪くなる日本においては必要だと思います。

マミートラックに入るのがイヤならフォローを受けずに現配置でバリバリ働いたって良いのです。
完全ミルクで父親が育児したって良いどころか父親が育児参加すべきですし、
残業や出張や熱発時に祖父母が育児看病するからフォロー不要、というご家庭もあるでしょう。
妊娠したらワーママバンク、ではひどすぎますし、
マミートラックひどい、と仕事もせずにしがみつくワーママは許せません。

内部留保を膨らませているような今の日本の企業には実現可能な力を隠し持っている筈です。

ユーザーID:6569684624
企業側の体力と、職種携帯からの書き込み
けちゃっぷ
2017年12月27日 15:13

単純に育児だけの事なら、企業側に体力があれば、保育所とセットで、極力復帰後からフルにしてもらう。

又は職種によって、可能ならばテレワークを導入する。

いずれにしても、組織的な対応力が無い処は、厳しいでしょうが。個人頼みの会社は、淘汰されるかも知れませんね。

ユーザーID:5079812009
なんで子持ち制限なの?
もか
2017年12月27日 15:37

そんなの長期療養の人にだって適用していいでしょ。

子持ちだけが大変という考えを変えなきゃ意味ありません。

ユーザーID:8574790638
兼業主夫、働く父親を増やす事の方が重要です。
青竹
2017年12月27日 15:50

トピ主さんの案は時代錯誤です。
あくまでも家事育児は女性、母親の仕事として、男性や父親の出番を拒絶しています。
それではいつまで経っても根本的な解決にはなりません。

それよりも現状で「働く父親」を増やす事の方が緊急案件だと思います。
現在は従来の「家事育児は女、男は仕事」のスタイルのまま女性の社会進出が拡大した結果
兼業主婦や働く母親が増え、その苦労を見た若い女性達が結婚や出産に二の足を踏み少子化になっています。
つまり男女雇用機会均等ではなく、女性の男性化が進んだに過ぎないのです。
働く女性が増えたわけではありません。男性が子供を産むわけがありません。
その男性と同じ働き方をしたら子供を産めない女性が増えるのは当たり前の事です。
そうではなく男性が兼業主夫になり働く父親になるべく社会全体の意識を変える必要があると思います。
そのためには独身女性も既婚女性も、全女性が立ち上がって男性達の「家庭進出」を求める事です。
企業に対して、社会に対して、そして政府に対して…です。
身近なところでは家庭の中で息子に、夫に、家事育児の訓練をする事でしょう。
家庭における即戦力を夫や息子に身につけさせるのです。
家事育児現場から男性を排除する限り未来はありません。

ユーザーID:9844539401
うーん・・・
ぴちこ
2017年12月27日 15:53

仕事が単なる時間売りの人なら、そのシステムもいいかもしれません。
でも、仕事って、給料をもらえるならなんでもいい、って考える人の方が少ないんじゃないでしょうか?
それぞれ、この仕事が好き、やりがいがある、自分に合っている、などの理由で
辞めずに復帰して頑張りたいのでは?私はそうです。

時短を選ぶ人と、そのために負担を負う人、思い切って時給にして2倍くらいの給与差を設けるのも一案かと思います。
もちろん、自分は給与倍でも負担を負うのはイヤ、って人は時短者と同じ給与で。

ユーザーID:8152956589
とりあえず私の会社なら
バディガイ
2017年12月27日 15:54

なんの実績もない、ただの主婦の集まりみたいな組織を利用しようとは思いません。

一体何人の主婦が常時登録されていて、一体何社が契約してくれるんでしょうね。

雇用保険の問題等、何も考えていないとしか思えません。

ユーザーID:8857176373
そうねぇ
そりわ
2017年12月27日 18:14

>産休さんは一度<その会社>は辞める。
>でも子育てがひと段落したら<地域の別の会社>の産休に入る人の後任
>(穴埋めではなく)として入社できる。

良い案、なのかな。
でも、子育てがいち段落(ひと段落、ではない)って、いつ頃?
子供関係でまったく休まなくても良くなる頃って、
高校卒業くらいまでですよ。
(高校でも、三者面談は年に2〜3回あります。)
そこまでじゃなくても、
一人で留守番できるまで、と考えても小学校高学年?
それまで片方の親が働かなくてもやっていける家庭なら良いのですが。
私は、たとえ1年でも自分が退職したらやっていけない家庭なので、
育休(1年弱)が終わったらフルタイムで職場復帰しました。
産休・育休中は職場に迷惑をかけたと思いますが、
その分、復帰後は他の妊婦さんや
産休・育休の方のフォローを頑張ってます。
ピンチヒッターを申しつけられて断ったことは1度もありません。
お互い様というか
持ちつ持たれつというか、
順送りです。
定年までの30〜40年の長い年月、
フォローされる時期もフォローする時期もあって良いと思います。
これじゃダメですかね?

トピ主さんの意見も良いとは思いますが、
全員には適用できない、
一時的にでも退職するわけにはいかない人もいる、
ということもわかってほしいです。

それと、業種、職種の違い、
という問題もあるし。
違う会社でも同じ職種で再就職できれば良いのですが、
そうでなかったら?
たとえば私(専門職)が子育てのために一旦退職したあと、
事務職などまったく違う職種でなら再就職できますよ、
と言われても無理です。
そんな能力はありません。

ユーザーID:9938226748
トピ主です。
あかふじ(トピ主)
2017年12月27日 19:12

補足ですが、

このトピの主旨は私が感じた制度のゆがみに対する一つの問題提起です。
前向きなご意見をして頂けると嬉しいです。

私が書いたのは、一つの「案」です。
他人の意見をただ否定するだけのレスは控えて頂けますようお願いします。

以前ある方の小さなつぶやき「保育所落ちた、日本死ね」が、社会問題となり
少なからず子育て支援対策に影響を及ぼしたように思います。

現場の人達が意見を出し合うことによって、少しでもお互いにとって良い方向へ進むかもしれません。

ユーザーID:3558920495
質問します
通りすがり
2017年12月28日 7:55

>地域でワーママバンクみたい組織を作って、産休さんは一度<その会社>は辞める。でも子育てがひと段落したら<地域の別の会社>の産休に入る人の後任(穴埋めではなく)として入社できる。

子育てがひと段落した人が別の会社に入った場合、前にしていた仕事と同じ仕事がやれるのか?別の会社で別の職種になる事はないのか?
前職からブランクがあるから一概には言えないが、別の会社で前職と給料が大幅に下がる場合はどうするのか?
産休に入る人と子育てがひと段落した人との供給バランスはどうなのか?

産休で人が空いたからって別の人を入れるにしてもちゃんと選考しないと採用にはならないのでは?

ユーザーID:1289907567
エールを押しました
マカロン
2017年12月28日 13:32

トピ主さんの案には無理がありそうですが、こういったトピを立ち上げることは非常に意味があることだと思います。
私は育休、時短の同僚のフォローで身体を壊して辞職後、奇しくも育休代替を経験して踏んだり蹴ったりでした。

完全に夫婦折半の兼業で、育休も時短も半々で取るか、専業主婦もしくは同僚に迷惑をかけない程度の週に数時間のパートのどちらかに2分するべきですよね。
夫には大黒柱として出世街道を歩んでもらって、自分も正社員として働くけど一人で全部出来るわけないから同僚にフォローしてもらうっていうのが一番図々しいです。

各家庭の収入の格差、育児、家事の分担は各々の勝手だけど、一方が多く育児を負担しながら働くのなら、もう一方の多く稼いだお金でシッターを雇う等して、一方の同僚にばかり負担をかけないようにすればいいのですよ。

やはり、フルで働けない人はパート扱いで、そのポジションには代替ではなく普通に正社員を異動か採用して、一人前に働けるようになって、空きのある部署に正社員として異動すればいいと思う。
育休明けに降格、異動はダメって法律がおかしいんだって思います。
クビにならずにパートでいさせてもらって再度正社員に戻れるチャンスがあるだけでも充分恵まれていると思いますけど。

ユーザーID:9989720906
トピ主です。
あかふじ(トピ主)
2017年12月28日 13:54

レス頂きました皆様ありがとうございます。

誤解させるような書き方で申し訳なかったのですが、私が書いたのは<一つの案>です。
それに対してどうこうではなく、皆さんの新しい考えをお聞きしたくてトピを立てました。

小さな意見でも、世論をそして政治を動かす事って今の時代あると思うのです。
<保育所落ちた。。。>しかり

もちろん介護や体の不自由な方の休職や時短などもあるとは思いますが、
あまり話を広げても複雑化してしまうので、今回は私としては<産休育休時短>へのフォロー体制の改善の話に絞って考えていました。

もちろん、それぞれにお考えもあるとは思うので、色々なお考えをレス頂けることは歓迎します。
宜しくお願いします。

ユーザーID:3558920495
ワーママだけで構成される組織を作る
セイウチ
2017年12月28日 15:21

ワーママをフォローするのもワーママという状況を作り出せば良いんですよ。

例えば、1つの課をまるごと「ワーママだけ」で構成する。
そうすると、ワーママを理由に他の人に一方的に仕事を振ることはできなくなるし、
自分がフォローしてもらったならば他人のフォローもしなければならなくなります。

真の意味での「困ったときはお互い様」が実現しますよ。

ワーママだから、という伝家の宝刀が通用しなくなったときに、
どれだけ頑張れるのかが浮き彫りにされる制度だと思います。

恐らくですが、こういう制度にすると
助けてもらうばかりの人は居づらくなって辞めていくと思います。

でもそういう人って、たとえワーママでなくなっても
給料以上の成果を出せない人なのではないでしょうか?


もし、互いにフォローせず課としての業務が滞るようであれば、
課の連帯責任として、課員全員の査定に反映させれば良いのです。

ユーザーID:9354275585
それがおかしいということに気づいて
ノース
2017年12月28日 16:32

そもそも,育休や時短のために同僚の負担が増えるということ自体がおかしいのだと気づくべきだと思います。

育休や時短があれば労働力が減るのですから,その分が補充されるかあるいは労働力の減少に応じて全体の生産量が減るのが当たり前です。そうせずに全員フル出勤の時の生産量を維持しようとするからおかしなことになるのです。

改善策としては,ひとりひとりの作業内容や作業量,責任の限度を明文化し,それを超える労働は誰もが行わない。これに尽きます。もしそのために業務が滞るのであれば,増員やアウトソーシング,機械化他の対応を上長に要求することです。

とにかく労働力の減少を残った人でまかなおうとしない,それだけです。日本以外であれば当たり前のことだと思います。

ユーザーID:2523115205
選択制40歳新卒就職制度
きなこ
2017年12月28日 18:07

突飛な案でいいということなので。

結局、子育てが大変な時期と、仕事に全力投球してキャリアの土台をつくる時期が
ばっちり重なってしまうから大変なわけですよね。

「人生100年時代」と言われていることもあり、考えた案は「選択制40歳新卒就職制度」。
大卒前提で話します。

22歳の時点で、男性も女性も
Aコース→大学卒業後すぐ働き独身で子どものいない人生
Bコース→大学卒業後すぐ結婚して子供を育てる人生
いずれかを選択します。

Aを選んだ人は、すぐ就職して働き、65歳定年でそのあとは年金暮らし。

Bを選んだ人は、すぐ結婚し、22歳から40歳までの18年間、年金を先取りして受け取りながら、
仕事をせずに子育てに専念する(男女とも)。
(子どもができなかった場合は里親などになることもできる)
子どもが18歳になり、親の手がかからなくなったら、新卒として就職。
40歳から働き始め80歳定年でそのあとは年金暮らし。

そうしたら、育児をしながら働く人は皆無になるので、
トピ主さんが困っている、時短の方のフォロー問題は解決しますよ。
どうですか?この案。

ちなみにうちの職場にもたくさんワーママいますし、上司もワーママですが、
フォローさせられてつらいとか、困っていると思ったことは一度もありません。
むしろ、ワーママに刺激されて周りも効率的な働き方にシフトできています。

ですので、いずれにしても、わたしや、わたしの職場では
こういう制度は不要ですが、ひまだったので考えてみました。

ユーザーID:8961474036
面白い
ran
2017年12月28日 22:46

そういう案、面白いですね!

私は育休等に限らず、
「正社員の解雇のハードルを下げる」
「(代わりに)入社のハードルを下げる」(新卒一括採用のみなど)
を実現できないものかと思っています。

転職のハードルが下がれば、
もっと選択肢が増えると思うんですけどね…。

「退職金」制度も要らないと思っています。
退職金ではなく、給与に上乗せする。
浪費してしまう…とかは知ったことではないです。

「正社員」にあぐらをかいている人って
どこの会社にもいる気がします。
年齢による衰えとかいうレベルを超えた人たち。

そういう人たちの人件費をフォロー人員の
臨時ボーナスにあてるとか…

ユーザーID:2300647350
夫は何をしてるのよ
りんご
2017年12月29日 0:52

子供のことは妻がするから自分は何も変わらない
っていう父親が多い
そしてそれを当然と思う女性も同罪

子育ての悩みは女性とその女性の職場の人たちでもめる話ではなく
夫と夫の職場の人たちも巻き込んで当たり前
それなのに
女性も男性も
育児は女性が担うものという意識が高く
その結果、女性側の職場の人が迷惑をこうむる

父親である男性の意識改革が必要
なので、
妻が時短をとる期間を限定し、
妻が時短を利用する時間と同時間を夫も取らなければならない
とする


妻の職場だけに負担がかかるのは迷惑です

ユーザーID:9232332185
AIに活躍してもらう
共稼ぎ妻
2017年12月29日 23:29

男性の意識改革については、青竹さんやりんごさんに全面同意です。
日本の女性はもっと家庭内で闘わなくては(諦めるとか、褒めて育てるとか、もういい加減やめようよ)。

まあ上記のようなことはいろんなトピで言ってるので、せっかくの企画トピに乗って一案。

このところAI絡みの話題が多く、職場では「AIに仕事が奪われる」と思われがちですが、これからの人手不足時代、かつ(時短など)時間的制約のある人を補助する意味でも、もっとAIに活躍して欲しいものです。
フォローする側の大変さって、結局のところ会社が人を補充してくれないからでしょ?部署内のお互い様精神に期待するのはもう限界なんですよ。余裕のある職場であれば、「ワーママのしわ寄せで…」とか「休みも取れなくて…」という問題も起きにくいと思うんですよね。
働き方改革も「女性の活躍」ばかりに頼ってないで、非効率な仕事のやり方を改めて、切り出せるところはどんどんAIにやってもらえばいいのに…。

ちょっとトピずれですが、AI絡みで声を大にして言いたいのが、受付ロボットより家事ロボットをもっと本気で作って欲しいということ。お掃除ロボットではなくお片付けロボットが欲しいし、食事も全自動で作ってもらいたいなあ(← 共働きの心の叫び!)。それから介護ロボットもね。「1人1台介護ロボット」が私の理想。ロボットに介護される方が気が楽だし。

ユーザーID:9695349754
海外のような個人主義にする
サラリーマン
2017年12月30日 0:02

日本の企業で、海外と関わる仕事をしていました。外国人スタッフと働き、海外企業と取引もありました。驚いたのは、海外の方は「同僚のフォローを一切しない」んです。だから、バカンスも遠慮なく楽しめるし、育児と仕事の両立ができるんですよ!

仕事は個人個人分担が決まっていて、同僚が病気で休もうが、社用で出張に行こうが、一切フォローしない。外国人スタッフは、「フォロー?ボーナスをアップしてくるなら、かんがえてもいいよ」、です。

日本の場合、会社は家族みたいなんですよね。同僚がいないときは、他の同僚がカバーする。カバーされてばかりだと、不平等だから、弱いものは働けない。日本は日本のよさがあるけれど、育児と仕事の両立には、向かないと思います。

育児と仕事の両立を勧めるなら、個人主義で、その不便さを社会が許容すべきだと思います。時短の方が帰宅がしたので、今日中には解答できません、みたいな・・・

ユーザーID:2577693197
休みやすい雰囲気づくり
30歳年収500万
2017年12月30日 1:40

子持だけでなくみんな有給を使い切れるような社会、体制になれば
不満も少しは減る気が。
うちの会社は独身や男性は一日も消化しないのが当たり前ですし
子持ち人でも半分使うくらいです。
休みたいのですが毎日必ず仕事を振られて
休むと他の人にそれをしてもらわないといけないので休めません。

ユーザーID:6834551324
 
現在位置は
です