現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

時短VSフルタイム

30才子持ち
2017年12月30日 1:17

私が前働いていた会社でのことです。
(一応東証一部上場の会社です。)

別の部署のヘルプをお願いされ3ヵ月ほどその部署で仕事をしました。(私はその時点で既婚です。)
独身Aさんと時短のBさんの女性事務2名でした。
ヘルプ理由はAさんの3日後の退職に伴い採用中なのがなかなか決まらないので、という理由でした。
後々Aさんに退職理由を聞くと、Bさんは良い人だけど時短で帰ってしまい、いつも責任は私に押し付けられて毎日11時くらいまで残業して疲れた、とのこと。

Aさんから急ピッチで仕事を引き継ぎ私とBさんと仕事をしていましたが、Bさんが子供の熱や病気でいきなり2週間会社に来れない、と連絡があり、私も完全に業務をわかっている分ではないのに電話で指示されて分からない中仕事をし、毎日11時残業生活がスタートしました。

Bさんも良い人なので「ごめんなさい、申し訳ないです」と毎日頭を下げていたのですが、上司も「お子さんの熱だからしょうがないんだけどねぇ、」といいながらやはり困っていました。

後々私もAさんと同じように業務歴はかなり短いのに責任者のような扱いになり、他部署からの追及されることに疲れてしまいその会社を辞めました。
私が引き継ぎをした中途入社の方もそう長くは続かなかったそうです。

私は現在0才の子供がいるので、子持ちの大変さは十分に分かっています。
しかし、だからといって子持ちじゃない人への比重は半端ないことも両方経験しています。

この時短のシステムを辞めて、
出産→小学生以下の子持ちは一旦退職、その後子供が小学生になってからフルタイムで働くシステムに変えた方が良いと思うのです。

その為には日本も子持ち女性の再就職を容易にしたり、新卒から定年まで一社神話をやめ、転職回数が多いと採用しない、という風潮をやめれば良いと思うのです。

皆様はいかがお考えになられますか?

ユーザーID:6524538662  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:23本

タイトル 投稿者 更新時間
そのうちその人のことが理解できますよ
ひびべんきょう
2017年12月30日 12:42

まだ0歳児だとまた小学生の時のお子さんとは違うと思います。幼稚園生からだんだんと病気もしやすくなります。あかちゃんだと免疫がまだあるのですが、幼稚園くらいから集団生活が始まり、友達との接触も多くなるし、病気もでてくると一気に広まります。どんなに気を付けていても子供だから自分から防ぐことができません。
私も子供を持ちながら働いていますが風邪をひいたりするととても申し訳なくて休みたくなくても休むことになります。パート先の年下の上司の機嫌もいつもどうなるのかわからなくびくびくしながら働いています。

不満に思うなら働いている上司に今後時短はやめましょうって話してみては?
パートで働く側としても応募していたから面接して働けることになったわけで、好きで子供が病気になって休んでいるわけでもないのですから。
一緒に働いている時短の人に不満をもたれても困りますね。。

ユーザーID:8212887557
子育てしたくないから働きに出る
たま
2017年12月30日 14:26

まず断っておきます。
私自身は時短勤務も、時短の方のヘルプもした事はありません。
なぜなら私は「子供が小さい頃はそばに居たかった」から退職し、下の子が小学生で事務パートになっているからです。
だから本来なら、主様の主張する、子供ができたら一旦退職小学生で仕事復帰、という意見に賛成する立場なのかもしれません。
しかし、私は主様の意見には賛成できません。

もし、「妊娠した社員は退職」という制度が成立した場合、子育てをするのは完全に女性だけの役割に固定されます。
また、実家のサポートなどもあり、無理なく働く事が可能な人でも強制的に退職させられる事になります。
男性が主夫になり、女性が大黒柱で働く家庭も否定されます。
中には男性(父)が病気などで女性が大黒柱で働く必要のある家庭だってあるでしょう。
そういう家庭はどうなりますか?
また、現代の自由に育ってきた若いお母さんは仕事に行き、自分の時間を持ち、保母さんからサポートしてもらって子育てを煮詰らずにこなせているという意見も多いですよ。
専業主婦で子育てだけをするのにも向き不向きがあります。
だいたい、シングルマザーさんはどうしましょうか?
下手をしたら職業の自由、自分の自由になるお金を奪われ、ジェンダーで役割を押し付けられた結果、虐待が増えるかもしれませんね。

この問題は妊娠したら、出産したら強制退職では何も変わりません。
出産や子育ては社会人としての罰ゲームなのでしょうか?
社会人としての自由を奪われるほど悪いことをしたのでしょうか?

単に主さんの会社は、事務員さんが23時まで毎日残業するなら、もう1人そこに人員を配置する余裕がないのが問題なのではありませんか?
単にその会社の体制の問題であり、主さんの会社で時短の人がいて迷惑だからと
日本中の会社から子持ちを排除する理由にはなりません。

ユーザーID:8692848501
可能かは会社次第だが
cloud
2017年12月30日 14:45

 業務の多能工化と外部委託もあると思います。自分が入社したころは、仕事は人について廻る状況で、今も多くはそうですがある程度は業務をローテーションすることで、一人の負荷が小さくなってきました。

 又、外部への業務委託もかなり進んできたと思います。ライフステージが変わっても、本人に意思があれば出来るだけ仕事が続けられる環境整備は現実的だと思います。

 

ユーザーID:5137330481
基本的には賛成
do
2017年12月30日 15:02

新卒一括採用のみ 等はいい加減辞めたらいいと
私も思います。
入りやすくなる代わりに、解雇しやすくなることも
セットになると思いますが。


ただ、働けないということは、
小学校に上がるまでの生活費を国から援助する(税金)必要性が
出てくると思います。
結局 フォローする側への経済的負担が大きすぎます。
(6年間の援助って、相当な金額になるのでは…)

もし、小学校に上がるまでに離婚したら、どうなるんだろう。

時短を選択するのも圧倒的に女性が多いから、
フォローする人材も自然と女性が多くなる。
それも正直言って、どうかと思っています。

ユーザーID:9292281954
利用できる制度は多い方がいい携帯からの書き込み
熊猫
2017年12月30日 16:12

出産したら時短じゃなく一旦退職というのは、女性だけとの案ですか? うーん、どうなんでしょう。シングルで出産とか、出産後にシングルになったら困りますね。片働きでも困らないような配偶者を保持するのも自己責任ってことでしょうか?

フルで働くのは小学生になってからの方が難しいです。なので、私は時短はしませんでしたが通勤に時間がかかる人などは、そういう働き方もありだと思います。

他の人にしわ寄せがいくのは出産だけでなく介護や本人の病気の場合も同じですから、職場の人員配置や協力体制がどれだけ築けるかの問題だと思います。

ユーザーID:2933507491
普通は休んでもいいように人員配置する携帯からの書き込み
マリー
2017年12月30日 16:21

いやいや、東証一部上場とかいって、300人規模のうちの中小企業よりひどいですね。
普通は妊娠した時点で、復帰しても時短だし早退やお休みが多くなることはわかりきってるんだから、1人の人数としてカウントしませんよ。0.5人前。
時短職員が早退したくらいで23時になるにも拘らず、人員要求しないその上司がダメすぎます。

病気早退は3歳くらいになるとぐっと減り、4歳からはほとんどありませんよ。職場もそれまで職員を増やせばいいだけの話です。

転職はまた仕事を得られる機会があるとは限らないのですが、公務員など一部の恵まれた職場では育休が2歳3歳となっているようですね。羨ましい。でも、保育園に入れないからみんな0歳のうちに保育園に入れちゃうのが現状でしょう。

「産後子供が小学生になったら働くシステム」は無理でしょうね。
例えば子供が乳幼児の35歳と、子供が小1の41歳なら、若い方を採用します。
それに小学生の方が学童が早いから毎日早く帰らなければいけないわけで、融通がききませんよ。

やはり子育て中社員がいる職場にはゆとりを持った人員がないといけませんね。

ユーザーID:0641089202
Bさんの旦那さんは何してたのかな
2017年12月30日 17:49

こういう問題のとき、Bさんの旦那さんの話は全く出てこないけど、
Bさんの旦那さんは何してたのかな?

子供のことになるとまるで母親が
時短を取り、病気の時は休んで看病して
まるですべての責任を負うのが当たり前みたいにみんな思うけど、
旦那さんだって父親なんだから、
子供の病気の時は半分休んで面倒見る、とかすれば
Bさんが休む日にちは半分で済むのに。

逆に言えば、小さな子供がいて共働きの男性が
毎月仕事に皆勤で出勤し、残業もバリバリするのも
本来なら変な話だよね。
だって子供のことは奥さんに丸投げなんだから。

時短や子供のことはまるで女性同士の問題みたいになってるけど
本来は父親である男性の話でもあるのに、
まるで男性は他人ごと。
他人事だから男性上司はフォローの人材を本気で集めないし、
女同士で潰しあいになる。

子供が小さいうちは仕事辞めないといけないなら
仕事が好きな女性は子供を産まない選択をするかもしれないし、
女性の収入が一定期間途絶えるなら
収入の低い男性は子供を持たない選択をせざるを得ない。
皆が皆、主さんのように稼ぎのよい男性と結婚出来る訳じゃないんですよ。
ますます子供が減るだけでしょうね。

この問題の解決策は、男性を巻き込んで
男性にも子供関係の休みなどを半分負担してもらうことで
今一部の女性に偏ってる負担を減らす事だと思う。
今以上に女性にだけ負担を押し付けるなら
子供を持てる人が減って子供の数が減るだけ。

ユーザーID:6925303882
その会社の問題です携帯からの書き込み
匿名
2017年12月30日 19:18

どうして、そんなややこしい話にするんですか?
VSなんてタイトルからして、悪意を感じます。
そもそも、独身者に皺寄せが行くような会社の対応に問題があるとは思わないのですか?

上司も困っているだけで、23時まで残業させているのも変ですから。

それを時短勤務というシステムの問題にシフトして、一時退職を奨励するとか時代に逆行してます。
ブランクのある人を率先して雇用する会社なんてありません。
会社は利益をあげる所で、ボランティア団体じゃないんです。

ユーザーID:4044486781
今どき携帯からの書き込み
かな
2017年12月30日 21:11

一部上場企業でも職種によっては旦那1人の収入じゃ生活できませんよ。
子育てどころじゃなくなり少子化に拍車がかかるんじゃないですか?

ユーザーID:4707695271
リスク管理として
2017年12月30日 21:28

2度目です。

今、ネットで
年越しを路上で過ごす方とそれを支援する人たちの記事を読みました。
男性も女性も、若い方も高齢の方もいるようです。
中には正社員として長年働いていたのに、
職場が閉鎖されるのと同時に寮を出ざるを得なくなり、
貯金がなくなってそのまま路上へ・・。という方もいるとか。
あるいは病気になって働けなくなって路上生活になったり。

大変お気の毒な話です。
ですがこのご時世、定年まで絶対安泰な会社なんてないですよね。
そして、結婚して夫が定年まで病気をせずにずっと働ける保証も
夫が永遠に優しく妻と子供を大切にしてくれる保証もない。
永遠どころか子供ができてから小学校に上がるまでの
6−7年だってわからない。
それなのに、そんな不確かなものを頼りに子供なんて産めません。
夫に何かあったら自分も、大事な子供も
皆倒れてしまうなんて、そんなリスクは取れない。

結婚や出産で家事や育児に専念する方を否定してる訳じゃないですよ。
そういうリスクを取ったうえでなお、
大事にしたいものがある(家庭とか、同僚に迷惑はかけられないとか)
人は、そうすればいいです。
ただ、夫や夫の会社という不確かなものに
自分と子供の人生を委ねるより、
夫に何かあっても自分と子供と夫を支えられる収入を
手放したくない、
そうでなければ子供を持つのはリスクが高すぎると考える
私のような人間もたくさんいるんじゃないですかね?

それに家族を少なくとも6−7年の間、ずっと支えられる収入があって
ずっと病気をせず
人間的にも問題がなく離婚など持ち出さず、義家族問題もない男性って、
実際どのくらいいるんでしょうね?
そういう男性でないと子供が持てないというなら、
日本から子供が消える日は遠くないと思いますが。

ユーザーID:7953720831
小1の壁はどうするの?携帯からの書き込み
ぼん
2017年12月31日 9:56

時短で帰らないといけないのは、保育園よりむしろ小学生になってからでは?
保育園より学童の方が終わる時間早くないですか?
学童、6年生までやってくれるところもあるけど、大抵は小3まで。

いくら高学年でも、残業できるほど遅い時間までは留守番させられないのでは?

お友達のママは、上の子が小学生になって時短やめたけど、来年4年になって学童なくなるからまた時短に戻すらしいです。(下の子がまだ保育園のうちは時短に出来るらしい)

育休や時短取ってる間の手当てが厚すぎると思うんです。フルタイムじゃない場合はバイト並みの時給にすればいい。
そしたら、会社もその部署の人数増やせて、残った人にしわ寄せがいかないと思います。

ユーザーID:7185627011
男性もそうすれば納得
もみじ
2017年12月31日 17:13

女性だけがキャリアを分断されるのはなぜ?
だから職場での女性の地位は上がらないし、女性は出産したら辞めて再就職(今はパートしか再就職できないけどもう少し好待遇に)というのと変わらないでしょ?

制度をいくら作っても結局は女性だけが取ることになるから(育休・時短をみても明らか)、賛成できない。
男性もこの制度を強制的に使うようにするなら納得だけどね。
自分の夫が抵抗なく取れる制度かどうかよーく考えてください。

ユーザーID:6341827464
問題は別ですよね
カカオ
2017年12月31日 20:13

私はどちらの立場にもなっています。
でも、問題は「時短VSフルタイム」ではなく
フルタイムの「長時間残業」ではないでしょうか?

「残業有りき」の人員体制しか組めないから、時短であったり
急な病気(インフルエンザなどの伝染病)で
週単位で休業者が出たら回らない、このことが問題。

本来なら、基本的に男女共に定時で終業できるようにし
繁忙期のみなど、特別な時期は残業をお願いというふうに
なってるべきだと思います。

うちの会社もそうですが、欠員中です。基本業務を完了させるだけで
定時をオーバーします。(休憩が取れていない者もいます)
その上で月1回程度、勉強会だの研修だのと30分〜1時間残されます。
この年末も、36協定をオーバーするものが多く出そうになり
調整休を無理やり入れて、有給希望は全て蹴られて代わりに出てました。

時短取得者もいるのですが、急遽予定を変更させられて
あちこちの伝手を頼って、泣き泣き出勤残業してました。
こんな職場もあるんですよ。

今現在は「人手不足」ですが、不景気で人件費削減の折には
産休切り・育休切りという事もありました。
復帰時に圧迫面接を受け、体力的精神的にきつい部署
1時間以上も通勤時間が掛かる部署にわざと配置したりして
「自主退職」に追い込まれる人が多くいました。

何故? 働かざるを得ない女性や働きたい女性は
妊娠・出産・育児をすることでこんな思いをするのでしょう。

そして実は、小学生の方がフルタイムで働くには大変です。
11時まで残業のある会社で、小学生の子どもを誰が見るのでしょう?
学童は11時まで見てくれません。
実際の所、保育所より短いんです。

小1の壁、小4の壁というのがそれです。
ですから「VS]という問題ではなく
職場の人員体制の問題です。
それだけは間違えないでください。

ユーザーID:2283122069
マリーさんは社会人経験が無いのでしょうね。
男です
2018年1月1日 12:55

>時短職員が早退したくらいで23時になるにも拘らず、人員要求しないその上司がダメすぎます。

人員要求をしたら必ず人員が補充されるなんて夢みたいな会社は民間では中々無いでしょうね。何処の会社でも平常時ですら人員が足らない中で仕事をしているのですから。
当たり前の話ですが人員を要求するならそれに見合う増収が必要です。人を増やすという事はその人に給料を払わなければならないという事ですから。従業員の働きが0.5人前になるから人員を増やすという事ですから、増収があっての増員ではないわけです。では新しく雇う人の給料は何処から捻出するのでしょうか?他の部署から1人回すから人員は変わらないというのであれば、その1人抜けた部署では同じ様に人員不足が生じるわけですから、結局は何処かの部署が23時まで残業を余儀なくされるわけで、つまりはたらい回しにしているに過ぎません。

人員を確保するためには日本も子持ち女性の再就職を容易にしたり、新卒から定年まで一社神話をやめ、転職回数が多いと採用しない、という風潮をやめれば良いと言いますが、それに加え企業側が企業側だけの一方的な都合のみでいつでも人員を切る事ができる様にするか、一旦辞めた人の再就職は企業側の一方的な都合のみで認める認めないを任意に決める事ができる様にするという矛盾した事を肯定しないと成り立ちません。

>やはり子育て中社員がいる職場にはゆとりを持った人員がないといけませんね。

その余剰人員に掛かる経費を女性社員が自腹で維持する覚悟があるのですか?

ユーザーID:4790401581
よくある話だけど、諸悪の根源は職場風土
とむやむ君
2018年1月1日 17:14

こういう話になるとすぐ時短の側が悪者にされる。
果たしてそうなのか。雇用者側に犠牲をしいて改善しなければいけないことなのか。
フォローの側を11時まで残業させて良しとしている会社の体制、管理職が悪いのではないか。
変な使命感を持ち、やってしまう人がいるから、歪んだ体制に胡座を切れてしまう。
そりゃ、雇う側は人材難だ、費用が、と言い訳するでしょう。
でもその結果、何年もかけて育てた有能な人材が外に流れたのです。何という損失。
組織の体をなしていないのだから、機能するように定期的な配置転換や業務の標準化、マニュアル整備をさせればやい。

ユーザーID:4053040009
ひどい会社
通りすがり
2018年1月1日 18:02

そんなにひどい会社を例に出されても、というのが正直なところです。
皆さん冷静にコメントされてますが、
同じことが繰り返すのは、マネージャーの方が無責任だからでは?

とは言っても、実際ひどい目にあってしまう人がいるのが、日本の会社の現状なわけで。
ちゃんと定期的に人事と面談できる制度があれば、とよく思います。
直接上司に言いにくい場合も、定期的にそういう場があれば牽制になりますから。

その上司は、報酬分働いてませんよね?
マネージャーとしての役割をはたしてない。
時短の人も、引き継いだ人も気の毒です。

戦う相手は上司(または会社)のはずなんですけどね。

ユーザーID:6143166709
いいと思います
まみこ
2018年1月2日 20:24

私も再就職組です。
大手企業に派遣で入り、直接雇用になって今に至ります。
昔より再就職が容易になってきていると感じます。

私は専業主婦で下の子が3歳まで育てました。
三歳児神話というものがあるかは分かりませんが、我が子に関しては、それぞれの子に、毎日オーダーメイドの毎日を与えられたという点で、私自身が満足できる日々でした。

うちの子たちは特に1歳半までは同世代を泣いてかなり苦手がり、集団保育は難しかったと思います。

上の子は幼稚園入園後半年は休んでばかりということもあったので、その点でも両立の悩みを抱えずにすみました。

再就職が簡単になってきた一方で、まだまだ辞めると難しいのも分かるので、一概に勧められないのですが、私みたいな考えを持つ方には、専業主婦での子育て後、再就職という生き方は良いと思います。

ユーザーID:1389141512
レスします。
のり
2018年1月2日 23:40

私はトピ主さんのお気持ちわかります!
私も時短の方と働いているので…
私の職場の時短勤務の方も、お子さんの熱で8日間くらい欠勤の時ありましたし、月の半分くらいしか出勤しない月もありました。
仕方ないとはわかっていても、また?とやっぱり思ってしまいましたね…
なんで、こういう問題が起こるのかなと考えてみましたが、フルタイム社員と時短社員の明確な差がないからなのかな?と思いました。
社員で月給制でボーナスあり。残業なし。有休あり。福利厚生も同じ。そして勤務時間は短い。これだけで見たら時短の方が得してるなって思うような気がします。
じゃ、フルタイム社員は何を得してるんだろう?って。
実際はお給料に差があるとは思いますが、それは言わなきゃどれだけの金額の差があるかわからないじゃないですか。自分からお給料の金額をいう人なんていないと思うし…
なので、フルタイム社員と時短社員に明確な差をつけてもらえれば、フルタイム社員も割り切って時短の方と働けるような気がします。
例えばボーナスなしとか、給料半額とか…
だって、パートさんと社員を比べて不満に思ったりしますか?きっと思わないと思います。
パートは勤務時間は短いけど、時給で、ボーナスはなしかあっても少額。有休も少ない。社員とは全く条件違いますよね。でも、時短社員とフルタイム社員は表面的には勤務時間の違いしか明確な差がないんですよね…そこが、やっぱりモヤモヤを作る原因かなと思います。

ユーザーID:4461952473
本人の希望が通るならいいけど
そりわ
2018年1月3日 0:30

トピ主さんの案、
「本人の希望」なら、
産後、一旦退職して、
何年後かにフルタイムで復職、でも良いと思います。
(この復職というのは、もとの職場で、ということですよね?
自分で就職先をあらためて探せ、ということではないですよね?)

でも、それが可能な人ばかりではない、
ということはおわかりいただけますか?
世の中には、子供が小学校に入学するまで妻が無収入では
経済的に破綻してしまう家庭というのも、
少なからず存在するのです。
うちもそうです。
世帯収入の70%以上が私の収入なので、
子供が生まれても私が一旦退職して無収入になるということは
考えられませんでした。
子供が1歳になる2週間前まで育休をとり、
その後フルタイムで職場復帰しました。
(当時は時短という制度がなかったので。)
一旦退職したい人は復帰確約で退職、
退職したくない人は育休後復帰、なら良いのですけどね。
(まさか、母親が一旦退職したらやっていけないような貧乏な家庭は
子供を産むな、なんて言いませんよね?)
出産したら母親は全員強制的に一旦退職、は怖いです。

それと、子供が小学校入学まで、とした理由は何ですか?
保育園は延長保育もあるけど、
学童保育はたいてい延長はありません。
保育園の時よりも
小学校低学年の時の方が、
親が早く迎えに行かなければならないという
プレッシャーは大きいのですが。
「小1の壁」という言葉もあるくらいです。
私は、働くことが必要な母親は、
法律で定められた育休期間内で、必要な時期に職場復帰すれば良いと思います。

もしも、小学校入学後だったら職場に迷惑をかけないはずだ、
と思っているのなら、それは大きな間違いです。
PTA役員だって、仕事は免除の理由になりませんし。

ユーザーID:1140272570
トピ主です
30才子持ち(トピ主)
2018年1月3日 2:15

コメント下さった皆様、ありがとうございます。

様々なご意見、勉強になります。
シングルマザーの方、働きたい方、小学校の方が学童の時間が短い、主夫もいる考えが及んでいなかったので様々な見解を伺えました、まだまだ未熟でした。

「その人員を補填できない会社、上司が悪い」とのコメントが多くありますが、
なんと本来私の仕事部署は中途採用をする部門だったのです。

ヘルプで行った部署の上司も何度も何度も新規採用をお願いされていましたが、
採用しては辞退されなかなか社員を採用できず私がヘルプでいくようになった、という経緯でした。

また、人を補充することは簡単ではありません。
会社の組織にもよりますが、人員補填要請があっても現場と社長などの意識には隔たりがあります。
現場に人員不足は深刻なので訴えているのに、管理職はじめ社長は人員補填予算をどうするのか資料を出せ、とばかり要求しなかなか採用は進みません。

男です様
おっしゃる通り、私がヘルプに行ったことで本来私がいた部署の人数は減り、彼らもまた残業の日々でした。
制度としてあるこの時短で勤務すが、全員が納得できる活用は難しいですね。

母様
ちなみにBさんのご主人が代わりに保育園のお迎えに行き、時短のBさんが夜遅くまで勤務あいた日もありました。

カカオ様
会社の上層部に子持ちがいないので保育園のシステムを理解していない上、言っても無駄でした。
結局は会社の締め日に間に合わせる事しか考えていないのです。
同じように時短でも私が元々設定していた有給の日、Bさんは時短なのに11時まで居たそうです。

ユーザーID:6524538662
 
現在位置は
です