現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

肺がん ステージ4 高齢者 携帯からの書き込み

ゆき
2017年12月30日 22:23

肺がん ステージ4 の78才の知人がいます。
すごくお世話になった方で心配です。

この方は透析治療をしてて、高齢者で、ステージ4 なので、抗がん剤をする事かしない事かしか、選択はないと主治医から言われました。

抗がん剤をしても、よくなるのは、そのうちの4割以下の確率で、あとの6割はキツイ思いをして、何の効果もない、むしろ無理して悪くなる確率もあると言われて、どうするか、すごく迷ってます。

本人が決める事しかないのですが、高齢者の抗がん剤や、肺がんについて、詳しい方いたら、ご意見お願いします。

ユーザーID:1261087528  


お気に入り登録数:22
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
レスします
網干左母次郎
2017年12月31日 11:58

詳しい資料をもって他の専門医にセカンドオピニオン求めるのが現実的な解決かと思われます。

ユーザーID:8078357046
知ってどうなるのですか
カレンダー
2017年12月31日 14:43

家族でもないのですから、一般知識で十分。ネットで検索すればわかる程度でよいのでは。
肺がんステージ4というのは手の施しようがないということです。もっと若くてもオペが出来る状態ではない。
おそらく多臓器などにも転移があり、ご家族は余命宣告されているかもしれません。

本人が迷っていても、あなたがどんなに恩を感じても口を出すことではないですし、せいぜいご本人の体力があるうちに顔を見せてあげるくらいしか出来ません。
年齢を考えても寿命が先か癌が先かでしょう。
私の親は肺がんで亡くなりましたが大変苦しみました。しかし、痛みのコントロールがうまく出来て、あまり苦しまないで眠るようにという話も聞いたことがあります。
癌治療に正しい答えはありません。どういう道を選んでもそれがその人の人生です。気持ちだけでもそっと寄り添う、そんなことしか他人には出来ません。

ユーザーID:1279895087
我が家の場合
かっちゃん
2017年12月31日 18:31

父が86歳食道がんステージ4で、末期も末期、オペ無理、抗がん剤は万が一にきく可能性はあるかもしれないと夏に言われました。

その頃、同級生の親が三人がんステージ4といわれました。
我が家だけ、積極的な治療はやめ、現在、実家で療養しています。

三人は、抗がん剤の結果、肺炎になったり、脳梗塞を起こしたりして、亡くなりました。80代前後の積極的な治療は大変難しいことを改めて理解しました。

我が家も、年は越せましたが、春までは持たないでしょうけどね。

ユーザーID:4740545354
ご高齢ゆえに間質性肺炎が心配ですね
めろうま
2018年1月1日 1:23

60代の母がステージ3から手術、抗がん剤を経験し、現在10年経ちました。
腺癌でしたので手術という選択肢がありました。執刀下さった先生が、当時は無名の名医でして見事な手術で第一段階はクリアし、一時帰宅時はとても元気でしたが、抗がん剤が始まってから、体重は30キロ代まで落ち、戦いの日々が3クール続きました。
ケモブレインをご存知ですか?抗がん剤は正常な細胞も傷つけてしまいますので、文字どおり満身創痍の状態の中、人格が変容してしまい、記憶も混濁し、酷い暴言を浴びせられることが多く、家族にとってはその副作用こそが一番辛いこどてした。
それほどまでに負担の大きい治療であるということです。
体重から緻密な計算をして抗がん剤の量を決め、慎重に投与されても、間質性肺炎で命を落としかけました。
1年半の治療の後、ボチボチと元気になったのが更にその1年後。8年元気にしています。
4年前に新たな原発ガンが見つかり、半年毎のCTで検査をしています。主治医からは、『呼吸が苦しく日常生活が送れなくなったら治療の希望を尋ねるが、今は治療しないでそっと暮らし、現在の生活を楽しんだほうが良いのではないか』と助言をいただきました。
放射線も抗がん剤も、年齢を考えるとリスクが高いからです。
感染症だけにはかからぬように、本人も家族もマスクを着用し、手洗い、うがい等も含め細心の注意をはらっています。感染症にかかれば、あっという間に肺炎になり命を落とすからです。
この4年、微小なガンが増えつつも、毎日をのんびり暮らせています。
見守る方はご心配でしょうが、ご高齢で、腎臓がお悪いのであれば、抗がん剤などの治療は相当なリスクと苦痛を伴うことでしょう。
ご本人のご希望に沿う残り時間の使い方が一番優先されるべきだと思います。

ユーザーID:8692956176
ご本人が決めることでしょうが
ゆるこ
2018年1月2日 15:40

私は、たくさんのがん患者を看取られた医師の中村仁一さんという方の書籍を読んで
いろいろ考えるところが多くありました。トピ主さんも読まれてはいかがでしょうか。
今回のことをきっかけに生老病死について考える良い機会だと思います。

ユーザーID:0803591270
 


現在位置は
です