現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お正月は『男はつらいよ』でしたね

おばさんはつらいよ
2017年12月31日 10:32

50代女性です。

現在病気療養中でして、無聊を囲っております。で、

たまたまケーブルテレビで『男はつらいよ ハイビスカスの花』を観ました。

途中から病で心細いリリーにすっかり感情移入してしまって、涙腺決壊。寅さんの優しさに涙がボロボロこぼれて止まりませんでした。

子供の頃、年末になると銭湯にでっかいポスターが貼られていたもの懐かしいです。

来週はお正月。まだ観ていない寅さんシリーズがたくさんあります。ゆっくり鑑賞したいと思います。

小町の皆さんのお薦め作品やエピソードなど語り合いませんか?

ユーザーID:9537750455  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主さんはさしずめインテリですね。
ルバーブ
2017年12月31日 12:52

お見舞い申し上げます。
ゆっくりと休んで、
早く良くなってください。

小町の空から。

寅さんの映画は、
やはり、
17作「太地喜和子」さん、
29作「いしだあゆみ」さん、
が好きです。

優しい芸者の太地喜和子さんに、
優しさ心だけでプロポーズをする寅さん、

不幸ないしだあゆみさんに対し、
不器用な様子の寅さん、

寅さんの、
人間味あふれるそういう感じが良いです。

ユーザーID:0719263375
食卓携帯からの書き込み
私もおばさん
2017年12月31日 13:43

私は全編を通して、車家の食卓が好きです。
おばちゃんやさくらの手作りのお惣菜が並んで美味しそう。
決してご馳走ではなく、庶民のおかずがいいですね。
まさに「昭和のご飯」って感じ。

あの食卓にマドンナがいたり、寅さんとタコ社長の「お約束」のケンカが始まったりします。

あと本編の前にある、寅さんの「夢の中」も好きです。
時代劇だったり皆さんが役に成りきってておもしろいですね。

ああいう映画って、今の時代は作れないし、需要がないんだろうな…

ユーザーID:8313605517
同じく
女もつらいよね
2017年12月31日 14:06

一人暮らしの50代です。
先日突然の短期間入院生活を経てからの自宅療養しております。
治療薬の限度量に達して後は自然治癒を待つばかりの日々ですが、症状は相変わらずでいつになったら本当に治るのやら…。
3年前先に天国へ逝ってしまった
夫が大好きな映画が男はつらいよです。
私は子供の頃毎年末シリーズのテレビCMでいい大人が取っ組み合いのケンカ場面が流れると良い大人がナーニやってんだか!と思っていましたが夫とシリーズを見るようになってからはこの人情味溢れる作品がすっかり好きになりました。
今は寅さん映画(や、思い出の旅行先の映像)は見かけるだけで涙が溢れてきてしまうので遠ざかってはいますが。。。
けれどいつも泣いてばかりじゃあありません。
寅さんのように夫にも「いつまでもシケた面してるんじゃないよ」と言われちゃいますからね。
ですので
ちょっと良い話を耳にした時や、外出先で可愛い子供や赤ちゃんを目にすると目頭が熱くなってしまいまして
アタシャ泣けてきちゃったよ〜の『オバチャン』そのものです
アラっ、結局泣いてますね(笑)
自分語りになってしまってごめんなさい。
どうかトピ主さんが一日も早く快復なさいますように。

ユーザーID:9293247799
お身体ご自愛を
焼き豚
2017年12月31日 14:15

寅さん、よく見ました。
昔はお正月と夏と年二回、やってましたね。

ある年の正月、急に寅さんが観たくなりました。
それが紅の花、最後の寅さんでした。

最後の頃の本は光男と泉が中心になってましたね。

大竹しのぶ、中村雅俊、竹下景子、長渕剛、沢田研二の出演が印象的です。

ユーザーID:3965442979
第1話 、第2話、第3話
コラット
2017年12月31日 17:22

米国在住50代

明けましておめでとうございます。

私も先週インフルエンザになり寝込みまして今年の新年は
家でのんびり日本のテレビを生で見て過ごしています。

さて、私の主人は米国人ですが寅さんの英語字幕版を持っていて
私も初めて第1話から第3話迄をDVDで見ました。

さくらさんの結婚する迄のエピソード、寅さんの実母等のエピソードが
合って是非必見の価値です。

私の実家が東京なので1度車で主人と寅さんミュージアムに行きました。

主人は大変喜んでました。昔の実際のセットが展示されていていたり、
帝釈天や団子屋周辺とかが今もあって懐かしい感じがしました。

関東圏にお住いならば退院なさったら是非行ってみて下さい。

お身体ご自愛ください。

ユーザーID:7743148154
ミヤコ蝶々さん登場の回
一般人
2018年1月1日 9:35

このキャスティングには、うなりました。

寅さんって戦後の匂いがするんですよね。
寛容で、どんな人間にもそれなりに居場所があって。
泣いて笑って。みっともなくて。

きれいで型にはまったものが評価されがちですが、人間臭ーい寅さんが好き。

今もこういう匂いのするものに惹かれます。

トピ主さまとは同世代と思われます。
養生くださいませ。

ユーザーID:8300909894
寅さん好きです
さくらさく
2018年1月1日 10:51

タイムリーではみてませんが、一度テレビの映画でみてはまってしまい全部みました!

色々あっても最後にいつも寅さんがいつものスタイルで縁日で商売するシーンがでてきてそこで例のあのテーマソングが流れてきて終とでると「お正月だなあ」と感じたものです。

親曰くは「寅さんで初笑いしていい年にしよう!が日本人のスタイルよ」とのことでした。

しみじみわかるなあという年齢になりました。

今はそういう映画ないでずよね。

私のおすすめは「夕焼け小焼けの寅次郎(太地喜和子マドンナ)」「虎次郎心の旅路(竹下景子マドンナ)」「虎次郎 夢枕(八千草薫マドンナ)」です。

とりあえずで3つだしましたが、今書いていてもどんどん作品の思い出がよみがえるほど名作揃いですね。

とにかく女優が美しい人が多いですね。
上にだしてはいませんが、若尾文子さん、そして芸者の役をした松阪慶子さんなどはうっとりするほど綺麗だったなあと覚えています。

ユーザーID:6785151520
コミック版
でぶいぬ
2018年1月1日 16:54

「男はつらいよ」なんてのもあるみたいです。
但し、期間限定販売だったので、すでに絶版かも
しれませんがね・・・。

ユーザーID:5400404149
ハイビスカスの花、最高です
イモッチ
2018年1月2日 9:30

病気療養中とのこと、お見舞い申し上げます。
男はつらいよ、実は40歳を過ぎるまで大嫌いでした。でも人から勧められて見はじめたら人生変わりました。人の本当の優しさ、人生の機微など学ぶことが一杯で、もっと早くみていたら離婚することもなかったかもなんて思ってます。
男はつらいよの中で、一番好きなのはハイビスカスの花です。
何よりラストシーンが最高です。
あとタイトルは思い出せませんが、樋口可南子さん、いしだあゆみさんがマドンナ役のものも好きです。
大晦日の日に最終話を初めて観ました。いつでも観る機会はあったのですが
何となく最終話を観てしまうのがおしいような気がして先延ばしにしていたのですが…。日本国内の美しい景色、マドンナ役の女優さんとの淡い恋、人生にちょっと疲れたときに観ると少し元気になるし、人に少し優しくなれる気がして、男はつらいよが多くの人に愛されたのがよくわかります。

ユーザーID:6590656008
トピ主です
おばさんはつらいよ(トピ主)
2018年1月2日 20:05

よくやり方がわからず、トピ主表示が出るのか不安ですが。

見ず知らずのわたしの病状を気遣ってくださったレス、本当にありがとうございます。

年のせいでしょうか、涙腺がゆるみます。

レスの中の柴又の寅さん記念館へ20年ほど前に田舎の両親を案内して行ったことがあります。

意外に神奈川からは遠く、亡き父がブツブツ言っていたことを思い出します。

わたしはあの『チャーチャララララララー』の曲が始まると胸に旅情というか、旅愁が湧くとともに

望郷の念も同時に感じるのです。

思ってもいなかった病を得て、里心がついたのかもしれませんね。故郷はなんとやら、と申しますが、、、

そんなことを考えるお正月を過ごしております。

ユーザーID:9537750455
寅ちゃんとはなこ
ぶーこ
2018年1月3日 0:49

とぴ主さん、お体は大丈夫ですか?
ご無理なさらぬ様に。

私も「寅さん」大好きです。
40代ですが、20代の頃は、父親が観ていて
「定職にも就かずフラフラダラシナイおじさん」と
思い映画に興味を示さなかったのですが→寅さん、御免!!

年をとってから人情味のある寅ちゃんが大好きになりました。

一番好きなエピソードは、

東北の田舎から集団就職で東京へ出てきた「はなこちゃん」
のお話です。 はなこちゃんは知的障害があり、勤めていた
工場を首になり? 故郷に戻れず、交番で保護されたところ
を寅ちゃんに助けられる? お話です。その時の寅ちゃんの
はなこをちゃんを心配している様子が忘れられません! 

故郷に戻るために、交番の警察官とお金を出し合い、電車賃
を出してあげた場面。 

電車に乗り込むホームへ向かう、はなこちゃんをいつまでも
心配そうに見送る寅ちゃんの顔。

「変な男に声をかけられても答えるんじゃないぞ!」とか
言って、「本当に大丈夫なのかな?」とはなこちゃんが見えなく
なるまで見ていてくれた寅ちゃん。

人間って良いなって思えた場面でした。

ユーザーID:4852263460
第28作 マドンナ音無美紀子さん
にこ
2018年1月3日 21:25

マドンナもゲストも超一流の方ばかり。とても素敵です。もうあんなシリーズは無理でしょうね。

マドンナではありませんが、第28作のゲスト、岸本加世子さん(妹役)と地井武男さん(兄役)の怒鳴りあう喧嘩シーンが胸にグッと来て好きでした。音無美紀子さんの苦労人系マドンナも寅さんとのやり取りが良かったです。

マドンナにも3パターンくらいありますよね。「奥様系」「お嬢さん系」「苦労人系」

ユーザーID:6196520076
生母との再会
2018年1月6日 22:41

寅さんの生みの母(ミヤコ蝶々さん)と出会うシーンです。(第2作)

生まれてすぐに生き別れになり、母親の顔を知らない寅さんが訪ねていった場所で
上品な老婦人(風見章子さん)を母親と勘違いしますが、実はそこの経営者のちょっと品の悪い
おばちゃんが実母だったということ。
寅さんの中には、やさしそうで品のある人が自分の母親であってほしかったのでしょう。

生みの母はやむなく子どもと離れたのですが、親子の再会がジーンときたり笑えたりでした。

今日はテレビで見たのですが、マドンナは竹下景子さんでした。
三船敏郎さんの獣医師と淡路恵子さんのスナックママの熟年の恋が、寅さんの力で実ったのがよかったです。

ユーザーID:2769760892
 
現在位置は
です