現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

年の差夫婦、体力差はいつか縮まるのでしょうか

さくら
2018年1月5日 13:00

私は47歳、夫は38歳の年の差夫婦です。7年前に結婚しました。
私が45歳を過ぎた頃から、だんだん体力・人生の立ち位置みたいな物がズレてきて困っています。
例えば仕事について。夫は今一番脂が乗っていて、職場での最高ポジションへの出世を目指して頑張っています。
一方私は、既にある程度のキャリアを構築し終え、今後は定年まで無理なく働けるような、時間的・体力的に余裕のあるポジションに移りたいと画策しています。
また、二人で旅行の計画を立てると、夫は時間の許す限りあちこちと回り、自然散策や様々なアクティビティを体験したい。ホテルは寝に帰るだけで、安くて清潔であればいいという感じ。
一方私は、観光もトレッキングも楽しみたいけど時間に余裕を持って、ホテルはある程度の快適さを求めたい。数日に渡る旅行なら、中一日は温泉にでも浸かってゆっくりしたい。こんな感じです。
結婚してからしばらくは、若い夫に合わせようと体力を付け、新しく趣味も始め気分も若々しく、自分にとって良い事だと思っていたのですが、だんだん努力するのに疲れてきました…

この気力差・体力差、いつまで経ってもズレたままでしょうか。
二人共もっとうんと歳をとれば、あまり変わらなくなるという話を聞いたことがあるのですが…?
…私が30代だった頃には、40代後半になって感じる健康の問題や体力の衰えは、想像すらしませんでした…

大きな年の差夫婦の方がおられましたら、ズレを感じたことはなかったか、どうやって乗り越えたのか、お話を聞きたいです。

ユーザーID:8017585037  


お気に入り登録数:92
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本

タイトル 投稿者 更新時間
ズレを感じないから結婚できた
姉さん女房
2018年1月5日 16:18

43歳妻と33歳夫、結婚10年です。

トピの状況は体力差というより相性の問題ではないでしょうか。
うちは最初からのんびり温泉派で、夫婦そろって体力使うのは苦手です。
夫婦ともに一匹狼タイプで普段は1人で行動したいほうですが、お互いやりたいことが一致したり、同伴者への気の使い方が似ているので夫婦で行動するのはとても楽です。

仕事も私がバリバリやっていた時代は夫が『妻凄い!』と言ってましたが、今は私が『夫凄い!』と言っています。
お互い盛り上がる時期が違うのは分かっていますし、夫は『妻はそろそろゆっくりして、俺がこれから稼ぐから』と言っています。
結婚当初は夫が稼げなく(年収240)て『私が稼ぐから大丈夫だよ』と言ってました。

お互いが相手をちゃんと見ていたらどちらかだけが相手に合わせるとはならないと思います。
トピの状態でしたらお互い自分のやりたいことだけをするのではなくて、夫は妻に合わせゆっくりできる時間も作りつつ『これは1人で行ってくるね、戻ったら2人でゆっくりしよう』、妻は夫に合わせてアクティビティへ頑張って参加しつつ『これは無理だから1人で行ってきて〜ホテルでのんびり待ってるね』と出来るはず。
お互いがそうすることで丁度いいバランスを取れるはずです。

ユーザーID:2293040886
逆の立場ですが
匿名妻
2018年1月5日 17:52

夫がトピ主さんと同い年、私は夫より15歳ほど下です。結婚は4年前です。残念ですが差は広がる一方だと感じます…。
付き合い始めた42歳の時は友人に何か言われても「彼は力仕事をしていて体力があるし、どこか遊びに行ってもいつも私の方が先に疲れたーって言ってるんだよ(笑)」なんて返してたんですが、最近はその力仕事もついていけず夏になると「俺、今の現場こうでああで、体がこうなってて、今日行ったら死ぬかもぉ」なんて言って無償の有給休暇をとりだす始末。(友人の所なのでそういう融通が利くんですね…)これからは私が支えていく番だと思っています。
とにかく夫には長生きしてもらいたい、(寂しい老後は過ごしたくない)ので体力を使う事は率先して私が、夫には体力を温存してもらってせえので…なんて事をよく考えるようになりました…。

ユーザーID:0262174214
それって
ももこ
2018年1月5日 18:25

年齢の差のせいですか?
うちは同い年ですが 夫は時間いっぱい
動き回りたい派
私はのんびりしたい派です
50代です

年齢のせいにせず
私は 温泉メインの旅がしたいの!って
主張すれば良いのになぁ
いろんなパターンの旅を提案して
さくらさんが企画提案してみたらどうでしょう?

ユーザーID:6182837000
乗り越えられない携帯からの書き込み
あやな
2018年1月5日 18:53

15近く夫が上です。
籍を入れて2、3年で夫がアップアップ。
若い嫁さんゲット♪と浮かれた夢は現実生活ではむなしく、早々に世代の違いに夫は現実逃避を始めましたよ。
同性異性関係なく、マイナス5くらいの年代には嬉々として昔話をしたがり。しかも正直実年齢のプラス20歳くらい趣味思考が年寄り臭い。
対して私はアラフォーでありながら、若者文化大好きで、趣味芸能人等もかなり若い。

カラオケ行ったら年の差50くらい…。
夫と合うのは実年齢プラス20くらいでしょう。

セーターいちまい30年くらい前のを着て淡々としてますが、加齢臭染み付いて恐ろしいです。クリーニングなんて出しません。

話はそれましたが、トピ文にあること、それが年の差結婚の現実です。

体力のないほうは、あるほうに合わせるのはひたすら苦痛です。あるほうも然り。
そして話題も合わなくなります。
今の私は職場で同年代が多く、生き返ってます。職場が居場所です。

だから年の差はあまり賛成されない、離婚率が高いのですよ

ユーザーID:7796293951
男性の方が体力ありますね携帯からの書き込み
パンダの子
2018年1月5日 19:46

うちは夫婦共に40代。
夫の方が年上ですが、体力についていけません。
毎年海外旅行に行きますが、トピ主さんの家庭のよう。
なので、女性の方が10才ぐらい若い、年の差婚がベストなのかもしれませんね。

ユーザーID:7327622493
9歳差ですか・・・
雨宿りと傘
2018年1月5日 20:59

私と夫の年齢差は4歳です。
私が47歳(まもなく48歳)、夫が44歳(になったばかり)。
私達が結婚した8年前は体力の差は感じませんでしたが、
その差は徐々に見えてきました。
夫は今でも自宅(関東)から東北や北陸に青春18きっぷで行きたそうですが、
2、3年前から新幹線にしてもらいました。
2、3年前というのは私が更年期に入った頃かと想像します。

年末も南国の旅行に行き、滞在中の終日ずっと夫に合わせて
何かしらのアクティビティに参加し具合が悪くなった日もありました。
私も南国の雰囲気で調子に乗ってしまいましたが…。

4歳差の我が家でも体力気力差は縮まりません。
個体差があると思いますが、9歳差なら縮まることはないと思います。

ユーザーID:0698020408
しばらくは差が開く一方
同年代既婚女性
2018年1月5日 23:06

閉経すると骨密度が急激に低下するらしいので、50代前半くらいまでは差が開く一方ではないかと思います。或る程度は努力で補えるのかもしれませんが。

日本人の健康寿命は男性71歳・女性74歳だそうなので、40年待てば差が縮まるでしょう。

ユーザーID:6295849594
年の差より性格の不一致
けちゃっぷ
2018年1月6日 6:13

 元々静かな事が好きな貴女がここまでムリしてきただけでしょう。男性など大病さえしなければ、古希を過ぎてもバリバリの人も居ますよ。

 夫婦一緒でなくても居られる雰囲気づくりだと思いますが、相手が若い分独りで飛び回るようになれば、又新たに心配も起きるかな?

 乗り越えるとすればそういった時の心境の変化かも知れませんね。

ユーザーID:9647952237
年の差は関係ない様な・・・
2018年1月6日 7:54

ホルモンバランスの変化、育った環境、仕事内容、病気や怪我・・・等によって、夫婦間に体力や気力の差が出るのは普通だと思います。

仕事に対する意欲の差については、互いに好きにすればよいと思います。

旅の計画は、まず動けない方に合わせます。移動手段を飛行機に変更するとか、荷物を宅配便で送る等、お金で解決する手もありますね。
動ける方は伴侶が休んでいる(見学している)間に、体験型のオプションに参加したりします。

休日の過ごし方も一緒です。
夫がスポーツしたいと言えば、妻は観戦したり自転車でジョギングの伴走したり。
お弁当を作って現場に差し入れしたり、夜はマッサージしたりと、別の形で参加します。
同じテニススクールに入会して、妻は初級クラス、夫は上級クラスでレッスンを受けても良いですね。

夜の生活に付き合いきれないと言うなら、互いに妥協できるペースを探ります。
ビデオを借りたりしてもいいですね。

単に工夫すればよいだけの話なので、互いに愛(思いやり)があれば、普通に乗り越えられる事だと思います。
違和感を感じたら、すぐ話し合いして、妥協点を探りましょう。

問題が生じるとしたら「その話し合い自体が成立しない時」ですかね。
その時は、又改めて小町で相談したらどうでしょうか。

ユーザーID:2316780737
なんでも一緒
tommy036
2018年1月6日 8:26

独自に趣味をもてばいい。

なんでも同じことをしようとするから

無理があるんですよ。

家では、一緒にいるんだから・・・

ユーザーID:1642699551
縮まらないと思う、、、
ping
2018年1月6日 10:52

11歳差(夫52 妻41)の夫婦です。
女性の方が年齢が上だと、体力差はもっと顕著なのかもしれないですね。

我々が一回り近く違うということは、我々の両親も同じくらい違うということなんですよね。おおよそ、70歳の妻親と80歳の夫親。このお正月、どちらにも会いましたが、やはりその体力・気力の差は如実です。。。

本当に若い頃にはそんなの関係ないと思ったけど、やっぱり現実には色々問題はありますね。
できるだけ定期的に運動をして、健康に気を遣ってやっていくくらいしかできないかもしれないですね。

お互い頑張りましょう。

ユーザーID:1757598044
差はもっともっと開くだろう
紫蘭
2018年1月6日 15:56

>この気力差・体力差、いつまで経ってもズレたままでしょうか。
>二人共もっとうんと歳をとれば、あまり変わらなくなるという話を聞いたことがあるのですが…?

ズレたままということは無いですね。ズレが拡大することだってありますよ。

ちなみに、私共は僅か1歳の差ですが、妻の体力はどんどん落ちていって、差が開く一方です。
そのため、妻に合わせての旅行だと行ける範囲が限られるので、どうしても一人参加旅行が増えてしまいます。

トピ主家ではその差が大き過ぎるようなので、そのうち夫君には異性の友達ができることもあるでしょう。そうならないように、夫君の行動に合わせていけるよう、鍛錬に励んでください!
それくらいのことは、結婚時に想定の範囲だったのではないですか??

ユーザーID:4587103690
そのくらいは・・・
はる
2018年1月6日 18:44

そのくらいの考え方や生活態度の差は、どのような年齢差でも、同い年でもあります。全く同じなんてありません。
だいたい、夫婦なんて、少しくらい愛し合ったって、付き合ったって、合わないなあって感じるものです。
だから、お互い無理して合わせるんですよ。お互い合わせるように努力しなくても平気、空気みたいなんて言うのはあり得ないと思っています。
みんな、相手に合わせるように努力してるだけです。

ユーザーID:7861884219
体力ではないと思います
歳の差妻
2018年1月6日 19:20

結婚20年でトピ主さんと同じく夫が9つ下です。わたしはトピ主さんより少々上の年齢で、体力の衰えを切実に感じています。

ですが。
トピ主さんは根本的な勘違いをしていると思います。確かに体力は衰えますが、トピ主さんがいう「人生の立ち位置」は年齢より考え方や趣味・嗜好の違いが大きいと思います。

我が家の例を紹介します。仕事に関しては夫はトピ主さんのご主人と同じくバリバリの上昇志向です。これは20代から現在まで一貫しています。わたしは自営が今のところうまくいって、仕事がどんどん忙しくなっている状態です。自営はいつどうなるかわからないので、無理なく、とか余裕を持って仕事するとか、考えられません。

旅行の嗜好はウチと真逆ですね。わたしはご主人派で、夫がトピ主さんのタイプです。年齢じゃないですよ。夫は、ついて来れない、と言うよりそこまで頑張りたくない、です。なので、山歩きなどは嗜好の同じ友人と行き、夫とは、ゴージャスなホテルとゆるゆるの日程を組みます。わたしも昔みたいなハードなスケジュールでの移動はできなくなりましたが今でもかなり動きます。

老後の設計などは、夫はまだまだ考えていないと思いますが、わたしはガッチリやっています。これは年齢ではなく性分です。

実家の母は父より7歳下で専業主婦でしたが、やりくりをしっかりして、老後の備えを盤石なものにしました。父はお金には無頓着な性格だったので、母には大変感謝しています。わたしはその母の娘だなーとしみじみ思います。

トピ主さんの言う「ズレ」は感じたことがありますが、多くの場合、年齢ではなく、考え方や嗜好の違いだと思いました。両方とも年齢によって変化していくものですが。

現在の一番の悩みは自分の体力の低下ですね。50代になったらもっと低下しますよ。アクティブなご主人の趣味に合わせようと努力しなくてよいと思います。

末永くお幸せに。

ユーザーID:1104619007
皆様、レスありがとうございます
さくら(トピ主)
2018年1月8日 6:50

あんまりレスが付かないみたですね。やはりこれだけ歳の差(しかも女性が上)って珍しいのでしょうか。

姉さん女房さま、私達も可能な範囲で別行動にしています。特にトレッキングでは、私は連日の長時間トレッキングは辛いので、1日目と最終日は夫に合わせて、他の日は夫だけでとか、半日だけ一緒に歩くとかしています。
しかし元々の体力差がかなりある(夫は山国出身で長身がっしりタイプ、私は結婚前までインドア派ひょろ痩せタイプ)ので、努力で差を縮めたもののそれでもツラいものがあります。
仕事については、夫の方は姉さん女房さまの旦那さんと同じで気にしてないようですが、私が一人で勝手に気を揉んでいるのです…

匿名妻さま、「夫には長生きしてもらいたい」愛がありますねー。
旦那さまについて、退屈だとかつまらないとかいう気持ちにはなりませんか?

ももこさま、それって歳の差のせい?にはハッといたしました。そういえば元々彼は健康頑丈で(でもオタクですが)、私は室内オンリー派だったのです。付き合って努力したせいで前よりだいぶ健康になったので(私が)それは良かったと思ってるんですが…

あやなさま、そちらでは年上の旦那さんの方が先にギブアップしちゃったんですね。うちは幸い、趣味嗜好については二人共かなーり似通っているので、話は弾んでいます。世代の違いによる情報差はあるものの、オタク趣味の思考回路は基本的に変わらないので、それぞれの友人同士でも結構話せます。
問題はやっぱり体力差かな。あと健康に問題が出てきた時、(例えば、私は最近四十肩です…)ツラさをなかなか理解してもらえないことでしょうか。

ユーザーID:8017585037
お礼 続き
さくら(トピ主)
2018年1月8日 7:08

パンダの子さま、男性の方が元々体力があるんですね。歳の差だけが原因とは限らないですね…
ある意味ホッとしました。(世の中の同年代夫婦の多くも同じ問題を抱えてると考えたら)

雨宿りと傘さま、やはり45歳位の時に、旅行を新幹線にするなど変化があったのですね。
旦那さんの方は44歳でもまだ青春切符ですか…うちもそんな感じかなあ。
週末数日に渡るイベントで、友人達とテント泊したりしてますし…(私は、他の参加者の奥さんで家に帰る人があったので一緒に帰って家で寝た)
こういう男性が、高級温泉旅館やデラックスリゾートホテルなどに泊まりたいと思う日はいつか来るのでしょうか…?

私はトレッキングの時、よく夫に「私は3重にハンディキャップがあるんだから、考慮してね」と言ってます。
3重のギャップとは、男女の差、身長差(20cm違う)=脚の長さの差、年齢差、です。
そこに、山国生まれと海辺生まれの差も入れて、4重を考慮してもらおう…
まあ幸いというか、夫にとって私は「ちっちゃくてかわいい」というイメージのようで、今はまだ「体力の落ちたババア」とまでは行っていないようです。
いつまでも「守ってあげたい」と思わせる為に、できることはないかなー?

ユーザーID:8017585037
違っていて当たり前携帯からの書き込み
みどり
2018年1月8日 12:35

私の夫は9歳上なので、トピ主さんご夫婦と反対です。

20代半ばと30代半ばで結婚したとき、夫の方が体力があり、私は付いていくのが大変でした。
私は元々体力がない方なので。
でも夫はそれに気付かなかったですね…。


今30代半ばと40代半ばで、私の方が気力はあるかな?
体力は夫の方がまだありますね。

私は主婦なので、夫の仕事の忙しさによって休日の過ごし方を調整したり、子どもと外出し夫が休息できるようにしたりと、夫に合わせた生活をしています。

乗り越えたというより、私(年下側)が夫の体調を見て合わせてますね。不満はないです。


仕事に関しては、夫婦だからといって一緒でなくても良いのでは?と思いました。

同い年の夫婦でも、仕事への意欲やスタンスは違うと思いますよ。
偉そうにすみません。


旅行は、私もトピ主さんの過ごし方の方が好きです。
これは年の差というより、個人の好みの違いなのでは?と思いました。

他の方のレスにもあるように、内容によっては一緒に過ごしたり別行動したりしたら良いのではないでしょうか?

我が家は近所のショッピングモールでも旅行先でもそのような感じです。


それを提案できない、提案してもご主人が不機嫌になる、ご主人が単独行動を取るようになると女性関係が心配などがあるのでしたら、気力・体力の問題ではなく、話し合いができない関係であることや信用できない関係であることが問題なのではないかと思います。

ユーザーID:2379146383
追加で
2018年1月8日 14:49

>ホテルはある程度の快適さを求めたい。

これは、年の差と言うより、価値観の違いですよね。

うちは逆で、私は禁煙ルーム限定で、料理さえ美味しければ、温泉やラグジュアリーな室内に興味ないのですが、主人は、高級旅館と大浴場と豪華な食事にこだわります。
主人の気持ちも分かりますし、年に数回ですので、うちは主人の方に合わせます。

どうしても安宿しかないという場合は、ちょっと足を伸ばしてスーパー温泉を利用したり、安宿近くにある高級旅館で入浴だけ利用したりもします。

もし夫が「どうしても豪華な宿に泊まりたい」とごねる場合は、移動して最後の一泊だけは高級旅館を予約し、その落差の組み合わせを楽しみます。

ずれにせよ、どのすれ違い案件も、話し合いしたり工夫したら、解決します。

ユーザーID:2316780737
うちは縮まってきたような気がします
abc
2018年1月9日 16:59

私達夫婦は誕生日が一か月違いの同い年。今年50になります。

以前は体力差というか気力に大きな違いがあり、一緒に旅行に出かけると・・・
夫は朝ホテルを出ると、一日中10時間以上ぶっ続けで歩き回って、とにかく少しでも多くの物を見て、体験したいという人でした。おかげで、私は旅行中も全然楽しくないし、しんどくって、夕食の頃には口もきけない程疲弊しきっておりました。特にヨーロッパ3週間なんて時には、毎日毎日足が棒になって、感覚もなくなっていました。

それが、ここ数年は体力差が縮まってきたなと感じております。
まず、私がこのままではいけない、と2年前から早朝ウォーキングを始めました。夫はもっとずっと前から何年も歩いていますが、いかんせん距離が短い。私は夫の2倍以上の距離を毎日せっせと歩いています。
そうして、私に体力がついてきたことに加えて、夫が年をとって体力がなくなってきています。

今では旅先でも、以前のように一日中出歩こうとはしなくなりました。
午前中に観光して、一旦ホテルで休憩してから夜に又出かけたり、以前のように朝早くからの行動ではなくて、朝食後少しゆっくりしてから観光に出発等々。

子供が生まれてからも、長年夫は自分中心の行動を抑えられなかったのですが、
・子供が文句を言うようになったこと
・実際小さい子供が大の男の体力に合わせられずついて来られないこと
・子供の世話をしながらの私が夫の一日中目いっぱいの予定にはついていけないこと、に加えて、
・夫自身が年齢的に衰えてきたこと
が重なり、今では体力差が縮まってきたと感じています。

ざまぁみろ!と思います(爆笑)
残りの人生は、私と子供が中心の旅行になると思います。

ユーザーID:6242926723
皆さん、レスありがとうございます
さくら(トピ主)
2018年1月13日 4:51

トピ主です。
歳の差だけが原因というより、元々の価値観や趣味嗜好の違いによるものという意見と、男性の方が体力があるのは当たり前という意見もあり、ちょっとホッとしています。
差が縮まる事は期待しない方が良さそうですが…話し合い・譲り合いは問題なくできる夫婦なので、妥協点を探っていきたいと思います。

私の両親は同い年なのですが、私が子供〜思春期だった頃は、よく母が「疲れた、疲れた」と言っているのを聞きました。一方父は元気満々、商売が大成功してかなり調子に乗ってる所がありました。しょっちゅうゴルフに行っていました。
ところが、60歳を過ぎた頃、父が脳内出血を起こし、早期手当てとリハビリでかなり回復したもののそこからすっかり老けてしまって、今では近所まで歩くのもしんどい様子。一方母は、社交ダンスサークルにボランティア活動にと元気に飛び回っています。
…あんまり年齢は関係ないですね。仕事や家事の忙しさ具合、ストレス、大病や事故に遭ったかどうか(父は交通事故で2回大怪我をしています)が、普段の体力・気力の強さを決めるのかな。

ユーザーID:8017585037
 
現在位置は
です