現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

やっぱり子供が欲しかった

うみの風
2018年1月5日 19:35

40代後半、来年銀婚式を迎えます。結婚して数年は二人の生活を楽しみ、子供を持とうとしましたが、うまくいかず。
体外受精に進む前にどうしても心がついていかず、自然に任せたところ、不妊治療中に心を病んだ母の介護が始まりました。

介護の忙しさからいつしか子供を積極的に持つ事が頭から離れて行きました。子供がいないからこそ、母の介護に時間をさき、家族を助けられた、と思っています。
その事は後悔していません。
去年20年に渡る介護が終わり、穏やかに母を見送りました。

やり遂げた、とほっとする反面、少し若い友達の赤ちゃんに会って何とも言えないキューっとした感情が湧き上がりました。
何て可愛い、プニプニの手足、もう私はどんなに望んでもこんな経験は出来ないんだ、と思うと今までそれなりに頑張った自分の価値観がグラグラしてしまいました。
私には子供は縁がなかったと押さえ込んでいた気持ちが一気に押し寄せてきた感じでした。

介護も大事だったけど、もっともっと、自分に向き合って真剣に子供を設ける事を考えれば良かった、険しい道だったかもしれないけどもし子供がいたら
どんな生活が待っていたのだろう、と考えてしまう毎日です。

子供には恵まれなかったけど、夫婦仲良く、可愛いペットもいて幸せだと思っています。それが今になってやっぱり切ない気持ちに襲われます。

だからと言って今更どうしようもありません。与えられた人生のなかで幸せを見出していこうと言い聞かせるのですが、心がついていきません。
同年代の様々な理由で子供を持たなかった方、持てなかった方、どうやって自分の気持ちと折り合いをつけていますか。お聞かせいただければと思います。

申し訳ありませんが、自業自得、子供はやっぱりいいよ、等のご意見はご遠慮ください。本人が一番わかっていますので。

ユーザーID:6995144984  


お気に入り登録数:277
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:29本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
ボランティア
パスタ
2018年1月6日 11:18

50代です。私の世代にしては少数派ですが、日本の大学を卒業後に海外の大学院へ進学し、海外企業に勤務後帰国して、国内の会社に転職しました。
そんな関係で結婚したのは40歳の時。相手は日本の大学時代のサークル仲間で帰国子女です。

海外生活が長かったので、血を分けた子供に固執することもなく、どうしても子育てをしたければ養子でもいいと思って、子供より仕事を優先していました。

お互いの両親を見送ってから、私も会社を辞め自由な時間を作れるようにフリーとして働いています。

周囲は孫もでき始めました。
子供がいたらどんな生活をしていたのかな?と思うことはありますが、両方経験して比べられないのが人生の良いところでもあります。(洋服の試着とは違いますからね)

次世代に自分の気持ちを繋ぎたいという思いはあるので、最近は若い人に勉強を教えたり援助したりとボランティアをしています。

人生の中で私と関わった人が増えて、良い思い出を作るお手伝いができれば良いと思っています。

ユーザーID:6584218404
慰めになりませんが
ヨネ
2018年1月6日 11:27

70歳も過ぎた、老婆からです。
私も子供のいない人生を送ってきました。
正直年も取れば、子供の有無なんかどうでもよくなると考えていました。
でも残念ですが、この年になっても未だに子供がいれば孫に会えたのにとか思いますよ。
主さんは介護が大変だったようで、おそらく仕事はしてなさそうですね。
私の救いは、仕事でした。
当時はまだ女が仕事に生きるのは奇行な目もありましたが、逆に重宝され普通の人は経験できないような現場に沢山行けました。
多くのコネが出来たのも、仕事に邁進してきたおかげです。
海外旅行も数えきれないくらい行きました。
まだまだやりたいことも沢山あります。
金銭的な余裕もあるので、いろいろなことに挑戦できます。
トピ主さんは、もっと自分へ投資すべきです。
それか、豪華客船で世界一周したいとかなにか夢を見た方がいいでしょう。
私は子供がいなかったから、我慢せず様々なことに挑戦できましたけどね。

ユーザーID:2310753988
子供持てます
orange
2018年1月6日 12:04

同じような立場ですが、トピさんのように数十年に渡る介護は経験していません。
頭の下がる思いですし、それをやり遂げられて本当にご立派だなと思いました。

どちらにお住まいかが分かりませんが、特別養子縁組で親の育てられない子供を養子として迎えるという手段があります。ただ、倍率が高く私の住んでいる地域では夫婦共に50歳未満であることが要件になっており、30倍くらいの倍率のようです。うちはもうその要件に外れているので最初から考えていません。

他にも里親制度というものがあります。親が育てられない子供をやはり引き取って育てるのですが、上記と違う点は戸籍上の親子関係はないということです。

実は私たち夫婦はこの里親制度の登録をしています。
その為に自治体の研修や家庭訪問等を受けてきました。まだ実際の受託には至っていません。
親が育てられない子供というのは思いの外多く、児童養護施設もいっぱいいっぱいで国としても里親への子供の委託を積極的に推進するよう法律改正がされ、今後更に増やしていく方向にあるそうです。
ニーズは高いのですが、カルチャーなのか日本では知名度も低く浸透していません。

もし、興味があればお住まいの自治体で里親制度についてお調べになって下さい。
体験発表会等が開かれていますので、まずはそこに参加されると実態や内実が分かると思います。

あと、子どものいない夫婦のための里親ガイドという本もお勧めです。実際に里親で子供を迎えた著者の体験が書かれていますが、制度についても詳しく説明されています。
よろしければ一読下さい。

人生、まだまだどんな出会いがあるか分からないですよ。
ご主人とも焦らずゆっくり話し合って下さいませ。

ユーザーID:5578839001
段階を経ていく。
ポジ子
2018年1月6日 12:51

うみの風さん、お母様の介護 お疲れさまでした。
お母様はお幸せでしたね。

私は貴女より10歳くらい上です。既婚で子供はおらず、フルタイム勤務です。
私も丁度貴女ぐらいの年齢の時、子供を持たなかったについて
『私の女性としての人生は本当にこれで良かったのか?』と考えました。

うみの風さんはお母様を見送ったことで一段落し、
我が身のことを考える余裕ができのですね。
そしてそのタイミングが子供を持つには少し遅かった・・・
というところでしょうか。お察しします。

確かにお母様の介護を精一杯するには、お子さんがいたらいろいろな制約があったと思います。
でも、本当に子供を設けたいのならば、両立できるように努力したとも思います。
イヤな書き方でごめんなさい。

私の母は現在施設に入っていますが、兄弟がアテにならないので、ほぼ一人でみています。
そして『子供がいたらここまでできなかった。(だから良かった)』
『ずっと働いてきたからこそ金銭面の援助もできる(だから良かった)』
と、母のためには良かった・・と、自分の問題をすり替えていました。

うみの風さん、今の貴女の年齢は女性としての機能が終息に向かっていくことで
女性として生すべきことが出来ない人生を本能的に感じているのでは
ないかと思います。 だから余計に切ない。

私も当時は胸がキューッと苦しくなったりしました。
現在はというと、心の中は赤ちゃんや純真な子供に対する「愛」で一杯です。
何があっても守るべき存在なのだという使命感があります。
ヘンですよね、自分の子供でもないのに(笑)
でも今は母親の気持ちというよりおばあちゃんの気持ちですね。

纏まりのない文章でごめんなさい。
でもね、何事も段階を経ていきながら、自分が幸せだと思うことが大事!
うちは猫5匹!(笑)

ユーザーID:5035082162
同年代です携帯からの書き込み
トモコ☆デラックス
2018年1月6日 14:50

我が家は昨年銀婚式を迎えた同年代です。

最近は更年期に突入し婦人科に通っています。
今の若いご夫婦は、ご主人も協力的で一緒に不妊治療に通っています。
我が家の場合、私に原因が有り二度の稽留流産の体験で懲りてしまい、また主人の両親の心無い言葉に心が折れ
子供を授からずにこの歳になりました。
25年の間には、色々と有り
私自身は子供が欲しい時期も、
また居ない事で卑屈になった事も有りましたが、これで良かったといます。

残された人生
自分の好きなように生きる事も可能です。
主さん
お互い頑張りましょう!

ユーザーID:1089603342
覆水盆に返らず
2児の母
2018年1月6日 15:19

子供を持たないことが夫婦の決断なら、他に生きがいを探すしかないです。
まだ40代、若くて体が自由に動くうちは大丈夫ですよ。
本当に寂しいのは、70歳からだと思います。それまでにお金を貯めておけば何とかなるのでは?
私達も、子供に頼らなくても良いように、60歳までには1億円目標に頑張ります!

ユーザーID:5902594829
今の幸せを大事にしてください!
まる
2018年1月6日 16:18

現在44歳の女性です。
私の場合ですが、28歳で結婚し、子供がなかなかできないので30歳の時に検査をすると元夫の無精子症(手術してもダメ)が発覚。
子供を欲しかったけどあきらめ、
夫婦二人で旅行に行ったりの生活をしていましたが、元夫の浮気が発覚して37歳の時に離婚をしました。
40歳で再婚をし、すぐに自然妊娠しましたが流産。
そんな矢先夫の末期の胃がんが見つかり、すぐに抗がん剤等の治療をしないといけなくなり、
不妊治療どころではなくなり、子供をあきらめ、夫の介護等に専念しました。
昨年夫が亡くなり、独り身で、心の整理もつかず寂しい毎日です。
子供もあきらめ、夫の死、両方とも失うのは本当に辛いです。

私からしてみれば、主さんは子供はいないけど、旦那様、ワンちゃんがいて幸せで羨ましいです。
子供がいなくても、パートナーのいる幸せ、健康でいられる事、今ある幸せを大事にしてください!!

ユーザーID:3508561979
更年期、かな?
うさ飼い
2018年1月6日 17:45

47才です。
私も子供には恵まれませんでした。

子を産める年齢は焦りと妬みでおかしくなりそうでしたが、
40を過ぎた頃から少しずつ受け入れられるようになり、
45を過ぎたらかすかな希望さえも無くなりスッキリしました。

したつもりでした。

しかしまた最近絶望感に襲われたりします。
夫婦関係・友人・仕事・ペットに恵まれ、金銭的にも不自由なく、
何故、今また・・・状態です。

たぶん、更年期です。
不安に押しつぶされそうになったりします。子供がいないと将来不安ですしね。もの悲しくなったり、訳もなく焦ったりすることも多いです。それってよく聞く更年期の症状ではないですか。
私の場合、長年心のそこで沈殿している「こども」というワードに結びついて不安や焦りが表れるんだろう、と自己分析しています。

悲しくなったときは(今は更年期。いつかは終わる)と呪文のように繰り返しています。
先は長そうですが、乗り越えるしかありません。

ユーザーID:7893806195
産めない年齢になってほっとした
とおりすがり
2018年1月6日 17:58

不妊治療は手術二度も含め 5年ほどやっていました。
体外受精も何度も。

流産や着床しないなどの理由と 転勤先にそういった病院が当時は無かったことなどで
夫の強い希望で撤退したのが 40くらいだったでしょうか。

待合室仲間では44で初産した人とか 自分にはまだまだチャンスがあるんじゃないか?
撤退は早すぎたんじゃないかと 随分悩みましたね。


子供がいないというだけで身内からはいいように 利用され続けました。
(子供がいないから経済的に余裕があるだろう?とか 労力もいいように使われた)


でも40後半になって ほっとした自分がいるんです。
だってもがいたところで もう無理ですもん(卵巣を一部切除しているため更年期も早かったし)

後悔しても、いくらもがいても無理なものは無理。そう思うと楽になれました。


選択肢が諦めるしか 答えが無いんだもの。

虚しさは消えないかもしれないけれど 私は友人たちの子らと交流しているので
寂しくはないです。

ユーザーID:7473396435
今の幸せを大切にしています。
わたしもいませんよ
2018年1月6日 18:50

こどもがいることが、幸せな人生とは限りません。
まったく違う、大変な状況になる場合もあります。

それに、苦労して不妊治療を続けても、成功したかどうかはわかりませんよ?
やはり、赤ちゃんには縁がなかったのだと思うのが良いと思われます。

それよりも、お母様の介護を十分にしてあげて、見送ることができたこと、ほんとによかったと思った方がいいです。

私もこどもはいません。
若いころは、幸せそうに乳母車に赤ちゃんを乗せて夫婦仲良く歩いている友達に会うと、うらやましくて悲しかったですが
今はもう、なんとも思いません。

幸せな家族で、よかったねと、心から思えます。

子供のいない自分の人生を、愛してあげようと思っています。
いないからこそ、いない人の気持ちがわかります。
きっとそういう人も、世の中には必要なのです。

ペットを可愛がったりできるし、ご主人と仲良しなら、いうことないです。

私は流産のあと、子宮の調子が悪くて子供はむずかしくなったのです。
その後、主人とは離婚しましたが、浮気相手の女性との間に子供が生まれました。
離婚した時、これ以上赤ちゃんの心配はしなく手も良いと思うと、少しほっとしました。

また、いい子ちゃんぶってると思われるかも知れませんが、主人にちゃんと子供ができたので、そちらの方とご縁があった(深かった)のだと思っています。

複雑な気持ちですが、だからといって、どうということはないです。
全て、赤ちゃんは授かりもの。人智の及ぶところではないですから。

どうか、今の幸せを大切になさってくださいね。

ないものを望んでも仕方ないし、それを寂しいと思っても何も変わりません。
ならば、そんな風に思うのはなるべく避けて、今の幸せ、これからのことを考えましょうね。

ユーザーID:3413686684
ごく自然な感情です。
細雪
2018年1月6日 22:17

20年もの介護をよくやり遂げられましたね。
お母様は病に苦しんだでしょうけど、同時に娘に最期まで寄り添ってもらえる幸せも味わえたと思います。

本当に人生って、望んだ通りにはいかないものですよね。
子供がいない悲しみ、子供がいる故の苦しみ、経済苦、家庭不和、病気、
程度に差はあっても、皆様々な悲しみ苦しみを抱えて生きているのだと思います。

自分が望んで得られなかったものを見るのは辛いですよね。
そんな時は、心のままに泣いたり落ち込んだりしてもいいんじゃないでしょうか。
そのうち、ふと「ああ、これが私に与えられた人生なんだな」と思える時が来ます。
優しいご主人でも可愛いペットでも埋められない寂しさかもしれませんが、「もしあの時」といつまでも過去を悔やみ続けるのだけはやめましょうね。

ユーザーID:0849146965
切り替えましょう!
あら
2018年1月7日 0:26

私は病気から子供を産みにくいからだになり、海外生活ですし、
保育がやたらと高いので35歳のときに心に決着つけました。

>何て可愛い、プニプニの手足

なんていいますけど。これを楽しめるのはせいぜい1年です。
年をとればとるほど子供は自我を持ち、生意気になります。

大事な時に子供にしっかり向き合わなければ、
ちゃんと育たないばかりか、ニートになる可能性もありますし
反抗ばかりで暴力をふるい、
自分の不幸を親の責任にするような子になる可能性もある。
もちろん逆の可能性もありますがね。
つまり、おおきな賭けです。

当時は両立する自信なかったのでしょう?

あなたの旦那さんは子供欲しかったのですか?
だったらあなたのその考えは旦那さんに対してあまりに「今更」です。

あなたに両立する自信がなかったから、
旦那さんもあなたの「わがまま」を尊重するしかなかったのですから。

もしそれでも子供がほしかった、というなら
児童養護施設とか、DVシェルターとかでボランティアしたらどうですか?

日本にフォスターペアレントって考えがあるかわからないけど
あるならそれをやってもいいんじゃないかな。

ユーザーID:9009997365
子供に関わるボランティアはどうですか?
midori
2018年1月7日 0:59

いたかもしれないわが子にそそぐはずだった無償の愛を、他の子供たちにむけるのはどうですか?
文面から察するに、穏やかで愛情深い方のように思います。
是非、その愛情ややさしさをよそのお子さんへ向けてあげてください。

地域の見守りボランティアや、児童施設のボランティア、
子供食堂の運営のお手伝いなど、探すと意外と色々あると思います。
実子がある方は、自分の子供や孫のお世話で忙しく意外と参加できないものです。

私は、時間があまりとれないので、上記のようなボランティアはできていませんが、海外の恵まれない子供たちへのボランティアをやっています。
といっても月々数千円の寄付と、年に数回の文通です。
それだけでも、文通での海外の子供との交流はやっぱりうれしいですし、私でも少しは子供たちの役にたっていると思うと、切ない気持ちは減りますよ。

ユーザーID:1921499479
大変でしたね携帯からの書き込み
ポエモ
2018年1月7日 7:51

介護お疲れ様でした。
大変でしたね…

子供がいる人生が全てだとは思いません。
色々な状況や条件が重なり、子供を持つ事が困難な事だってあると思いますし、だからと言って貴女の人生の価値が下がるという事はないと思います。

ただ1つ気になった事は、お母様の介護も1つの要因となって不妊治療等などが積極的に受ける事が難しかった。と、いう事を旦那様はしっかり納得されていたのか・否かという事です。

ユーザーID:1822214173
養子を考えては?
さき
2018年1月7日 9:01

養子をぜひ考えてください。
親に恵まれなかった子供たちの力になってほしい。

ユーザーID:9264944642
介護大変でしたね
amari
2018年1月7日 11:33

人はそれぞれ、かなえられないことを抱えながらも、自分自身に折り合いをつけて
辛さを抱えながら歩んでいます。

トピ主さんが当たり前のように書かれて、別に感謝もされていない親が長生きしてくれたことも
かなえられない人も大勢います。

小学生や中学生で母親をなくすひともいらっしゃいますから。

その人だって、60代の母親とゆっくり旅行したいな、一緒に話したいな、お茶を飲みたいなと思っても
一度もかなえられることもないのですから。

トピ主さんが他の人の赤ちゃんをごらんになって、辛い思いをされるように。
親とはやくのお別れした人も、電車で、母娘を見るたびに辛い思いをされていると思います。

不妊や子供のいない人への配慮は過分なくらいにされる世の中ですが。

親のいない人に対しての配慮は全くないですね。

ユーザーID:2070891624
子育てって大変ですよ…携帯からの書き込み
まかろん
2018年1月7日 12:31

私は介護の経験がないのでなんともわかりませんが、

子育てってお金も体力も消耗します。
もちろん我が子は可愛いんですけど、よその赤ちゃん見ても「これから大変だな〜」としか思いません。

「赤ちゃんは」人形見てる感覚で可愛いんですけど、うんちもしますし、泣きますし、睡眠も脅かされますヨ。

介護で親孝行出来たのでは?

向き合えない親子も多い中で、介護が充実していたのなら、親孝行が出来てよかったのでは?と思います。

子供が好きなら、子供が居る家庭をサポートするファミサポとか、思春期の子供の話を聞いてやれる仕事とかボランティアで、実の親よりよほど信頼を得る仕事があると思うんですよね、
里親とか、ホームステイの受け入れとか。

私には出来ませんが…
(そこまで子供に思い入れがない…)

将来だって、巣だって幸せに暮らしてくれたら御の字で、何かしてもらいたいとは思いませんしね。
自分の人生どう始末するか真剣に考えないと(子に迷惑がかかる)

子供と居られる時間て短いと…思います。

ユーザーID:5346792965
私もその最中です
クリスタル
2018年1月7日 13:50

人にはそれぞれの事情があります。

私は現在36歳ですが、これから妊娠出産の機会がもしかしたらあるかもしれません。
ですが、パートナーとの事情で子供は諦めようとしている最中です。
物理的に諦めざるを得なくなる時期が来てしまえば、割り切れるのでしょうけど
今はどうしても諦めることができずに苦しんでいます。

小さな子供を抱く同級生や、学校行事に参加する若いママさん達を見ると
抑えきれない感情の波に飲み込まれてしまい、泣いてしまうこともあります。

子供のいない生活で得るものや感じるものはたくさんあると思います。
ですが、時間やお金を惜しみなく自分につぎ込み、他の家族には無いものを得られているとの自負もあります。
それと同時に、同じように子供のいる家族にしか得られないものは、どうあがいても手に入れることができません。
羨ましく思う時もありますし、負け惜しみのように思うことも多々あります。

トピ主様が歩んできた人生は、素晴らしいものだったと思います。
子供を産むことが女性としてのすべてではありません。
同世代の女性たちが育児子育てや家事炊事にに奔走しているのを横目に見ながら
自分磨きをしたり、旦那様と旅行をしてみたり、習い事をしてみるのも良いかもしれません。

実際、私は同世代の女性たちより自由な時間を過ごしております。
いろいろな考えや思いが巡るなか、悩んでばかりもいられないと思い
仕事もそうですが、仕事終わりや休日はギュウギュウに予定を詰め込み
眩暈がするくらい忙しくしておりますよ。

人生は一度きりなのです。
夫婦には夫婦の、個人には個人の事情があります。
どうか、後悔や自責の念にとらわれないでください。
もっともっと大切な何かが、きっとあると思います。

乱筆乱文、ご容赦くださいませ。

ユーザーID:1638338783
プラスマイナスゼロ携帯からの書き込み
まる
2018年1月7日 14:24

子供がいる者です。

つくづく、子供の有無での幸せはプラスマイナスゼロだと思います。

いると大変、自分の時間がない、お金がかかる
でもいると幸せ

いないと楽、自分の時間がある、貯金できる
でも寂しい時がある

全部プラスマイナスゼロだと思いますよ。

ユーザーID:0185254825
同年代の子なしです。
marin
2018年1月7日 18:44

私の場合は、子供が居ない事で救われました。
一人授かりましたが、産まれる直前に亡くなりました。
その後も、病気の繰り返しで子供が居たら寂しい思いをさせた事だと
思います。そういう別れの辛さから、ペットも飼ってません。
(以前、金魚が居ましたが留守中に亡くなってて…辛い思いをしました)

今は仕事もあり、今後は介護もしなくちゃいけないでしょう。
然しながら、老後を考えるとこのままじゃダメかなぁ…と思ってます。
なにより出不精の主人が心配です。
なので、今年は二人とも今後の人生で楽しめる趣味を持とうと考え中
です。お互いに仕事を辞めたら何もなく、人と触れ合う事もなくなる
かも…と思うと、怖くなりました。

>どうやって自分の気持ちと折り合いをつけていますか

そもそも、居なくて寂しいと言うよりも、良かったかも…と思う位な
ので。突然、病気の為に不妊治療が出来なくなった時に、何だかホッと
した位、追い詰められてたので、却って気持ちが軽くなったので。
子供は居ても居なくても、授かりものですから、そういう人生なのだと。
居ない事を否定したら、自分その物がなくなっちゃいます。
居ないんだから…たらればでは語れません。それが私自身ですから。

ユーザーID:2714300823
 
現在位置は
です