現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

イギリスでコタツ

きりん
2018年1月8日 1:46

イギリス在住の方で、コタツを利用されている方いらっしゃいますか?
イギリスのぜひ自宅でコタツにあたりたいのですが、イギリスでは売っているのかいないのか、よく分かりません。日本から送ったという話を聞いたことはあるのですが。

ユーザーID:2701682985  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本


タイトル 投稿者 更新時間
イギリスに売ってるとはとうてい思えません。
匿名
2018年1月8日 13:06

海外転勤の経験があるものですが、海外でこたつが手に入るという発想がありません。
海外転勤の時にみなさん船便で送ってます。
私もこたつを送って、冬場使ってました。

もう既に住んでいて、送ってもらうことが困難であれば、帰国する駐在の方にゆずてもらうといいですよ。
わざわざ持って帰る方は少ないと思います。
私も帰国の際に欲しいという人にあげました。

ユーザーID:4936233537
コタツいります…?
美ママ
2018年1月8日 21:00

私もイギリス在住ですが、ご存じの様に、セントラルヒーティングで家全体を温められるので、日本みたいに家の中で寒いと言う経験をした事がないです。

イギリスと日本は電圧も違いますし、難しいんじゃないかな〜と思うのですが。

ユーザーID:2530827656
DIYで自家製作が可能です
瓜の介
2018年1月8日 21:28

横ですが、ご自分で簡単に造ることができますょ。
電気の「発熱部」は、日本で販売しています。
適当なテーブルの裏側にネジで止めつければ完成
です。

別にテーブルでなくても適当な木箱に取り付けて、
天板を乗せればOKです。
天板についても、合板にビニールクロスを貼り付
ければ、立派なテーブルになります。少し厚めな
物にすると安定します。

「発熱部品」は小さな物ですから送り賃も少なく
て済むのではありませんか。

ユーザーID:9497809575
電気ブランケット
コーン
2018年1月9日 3:17

こちらはイギリスではなくアメリカで申し訳ないのですが、
同じくコタツでぬくぬくしたいと思いしばらく探していました。
Amaz◯nで売っていたのですが、日本で買うより高く、
土足の部屋に置いて使うのもなぁ…と。
日本で買って持ち込んでも電圧が違うので、変圧器が必要なんですよね。

結局電気ブランケットを購入しました。
ソファで使えばぬくぬくしながらお茶することも出来、
温度調節もできて想像以上に気に入ってます。

ユーザーID:9221854920
自作できます
在米20年
2018年1月9日 3:25

今ではAmazonなどでも購入できると思いますが手軽に自作もできます。コーヒーテーブルなどに布団をかけ、小型の温風器にアルミのダクト(直径8cmぐらいの乾燥機に使うもの)を取り付け布団の中に温風を送ります。温風器そのものを中に入れてはいけません。火災の原因となります。こうして使うと、温風器単体で使うより布団に蓄熱されるからか部屋全体も温まります。普通のディナーテーブルの下に毛布を垂らし、温風を送風しても暖かいですし効率がいいです。

ユーザーID:4058660405
アマゾン
Amazoness
2018年1月9日 12:52

イギリスのアマゾンでこたつ売ってますよ。

ユーザーID:2336537292
びっくり!!売ってるんだ!
OMG
2018年1月9日 18:55

気になってアマゾンUKで「Kotatsu」と入力したら売ってました。
300ポンドもしますけど・・・
でも匿名さんがおっしゃるように、ご帰国される駐在の方から譲ってもらうか売ってもらうのが一般的かと思います。
でもイギリスのお家の床は板張りかタイル張りなのでお尻が痛くなりそうだなぁ。

ユーザーID:9741856191
私も欲しい
マロ
2018年1月10日 6:29

私も欲しいなぁと思い、イギリスのAmazonで調べてみたことあります。一応売ってました。
こたつ本体もカバーも。ただ高いは高いですよね。270ポンドとかってありました。でも送料無料ってなってますけど、日本から発送なのかイギリス国内なのかはわかりません。変圧器いるのかもちょっとわからないけど、聞いてみるといいですよ。
欲しいなぁと思いつつ、ネットで眺めてるだけなんですけど。。。。

ユーザーID:0310393398
売っていますよ。
momoko
2018年1月10日 14:06

Amazon UKでも売られているようです。
私は、アメリカに住んでいますが、Amazonでも売られているようですが、近所の日系マーケット等でも、毎年冬が近くなるとコタツが売られています。
日本との電圧の違いなどがありますので、やはり現地で買ったほうがいいと思います。

ユーザーID:5657590871
日本から船便で送る
55歳女性
2018年1月10日 16:16

海外でコタツを売っているということは聞いたことありません。
アメリカの知人は日本からコタツを送ってアリゾナで使ってました。
日本から送るしかないのでは?

ユーザーID:5073452800
日本から。大容量変圧器も必須。
にゃんたろう
2018年1月10日 17:25

使っていたご家庭ありましたが、日本から持ち込んでいましたよ。
残念ながらイギリスではこたつは販売はないでしょう。日本人コミュでの中古売買とかで出回ってる可能性はあるかもしれませんね。

そしtて、ご存じでしょうけど、その場合は大型の変圧器仕様が必須です。2000W用で足りるかな?こたつより高額でしょうが、これがないと危険です。

ユーザーID:6128168162
240V→100Vの変圧器は必ず使ってね
素人
2018年1月10日 17:30

電圧2.2〜2.4倍ですから、変圧器なしで直接突っ込むと電力〜=発熱量約5倍で確実に燃えます。

ユーザーID:3671115786
イギリスのご自宅、床は冷たくないですか?
炬燵好きですが…
2018年1月11日 17:31

以前、日本から持って来た炬燵+変圧器+炬燵布団を頂いたので、使っていました。
本気で炬燵を手に入れようと思えば、入手方法はあります。

ただ、過去に炬燵を持っていた経験から…
主様のご自宅は分かりませんが、私は英国内で何箇所か引っ越ししましたが、イギリスの一般的な一軒家は床〜膝の高さ位までが冷たい・寒い家が結構多いです。

ソファーに座っていると、足をソファーに上げたくなりませんか?

冬、床が冷たいのが嫌で、一部床暖にしましたが…我が家は、床が温まるまで時間とエネルギーが結構必要です。
炬燵の為に床にラグ、お尻の下にクッション・座布団等を敷いたり…色々と工夫はしたのですが、手も炬燵の中に入れたくなり、一旦、炬燵に座ってしまうと何もしたくなくなると言う欠点がありました。
そして、お腹の大きな人・脚の悪い人・日本人以外の方は床に座る事や人の足が触れるかも知れない事に抵抗のある人は多く、炬燵の天板が動く事を知らないのでヒヤリとする事もあり…来客用にソファーや椅子等と炬燵に安全対策が必要で、その内に炬燵を日常的に使っているのは私だけになってしまい、場所や電気代の割にコスパが悪いと感じるようになりました。家電なので古くなったと感じた時に処分し、それ以来、炬燵を持っていません。

私は今でも炬燵好きで懐かしいですけど…家族はそうでもないみたいです。
購入前にデメリットも考える事を、お勧めします。

ユーザーID:1006789540
Amazon UK
騎士長
2018年1月12日 22:38

 UKのアマゾンで取り扱いがありますよ。
 300ポンドから600ポンドで本体が、300ポンドでコタツ布団が。
 プライムサービスではないので、送料がいくらかはわかりませんが。

 私も玄関がパキッと分かれている家構造でもないし、畳でもないので使う気は無いですが。
 手早く、湯たんぽを膝に乗せて、ひざ掛けをして、さらに暖炉のそばに座ると、なかなか快適ですよ。これで、ブランデーとか赤ワインとかあると、最高です。
 

ユーザーID:3859391804
暖炉や豆炭を使えば良いと思います。
山猫
2018年1月16日 4:35

こたつよりも家を借りる時にセントラルヒーティングが
最新機種のアパートメントか暖炉が使える家を借りれば良いと思います。

20年前に英国永住してて秋葉原で購入した大容量変圧器
と炊飯器使ってましたが両方壊れた経験あります。

大容量変圧器(すごい大きく重いです)も240Vから100Vに変換するので
本体も暑くなります。

なるべく、炊飯器、お湯沸かし器、ドライヤー、こたつ、電気ブランケット
テレビ、等を変圧器に接続する際は長時間は注意して下さい。

因みに私はお湯沸かし器は現地の製品、炊飯器はル・クルーゼ
(フランス製の煮込み用の鍋)を買って炊いてました。


現在米国永住ですが家が暑すぎるのでセントラルヒーティングは
温度下げてソファーの背中にベットに電気ブランケットを使っています。

どうしてもこたつが使いたいたいなら、日本から「豆炭こたつ」
を買えばいいと思います。

豆炭(coal briquette )はバーベキュー用「Supagrill Barbecue Briquettes 」
UKで売ってます。壊れる心配は無く電気代もかかりません。

ユーザーID:3623745436
1昨日1月18日TBS系列で放送していました。携帯からの書き込み
ひまわり
2018年1月20日 20:36

日本とイギリスのハーフの姉妹がイギリスに炬燵をって様な内容でした。

7歳と5歳の二人で関空からイギリスへ飛行機を乗り換えバスに乗りって。

炬燵は郵便で送ったみたいですが、椅子に座る脚が高い布団もその分長さがありました。

組み立ての模様に祖父母が炬燵にあたって暖かさに驚いてる様子等々。

変圧器の下りは無かったんですが。放送で説明が無かったです。

ユーザーID:1971483110
 


現在位置は
です