現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

たてまい 投げ餅の思い出 携帯からの書き込み

紅白餅
2018年1月8日 13:31

都内在住です。
私が小学生の、昭和四十年代では上棟式の時に「たてまい」と呼ばれる、建築主が餅を投げる祝の儀式がありました。

自分の住んでいた下町で数回、親戚の住んでいた現在の南房総市で1回、餅を拾いに行った経験があります。
都内では、すっかり見なくなった上棟式での投げ餅。地方では現在でも行われているのでしょうか?。

ちなみに当時、紅白の餅はセロハン等で包装されてなく、そのまま人々に向かって投げられていたのを憶えています。

ユーザーID:4163301731  


お気に入り登録数:34
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:21本

タイトル 投稿者 更新時間
懐かしい携帯からの書き込み
ん?
2018年1月8日 18:33

新築を近頃見ないので、なんとも言えませんが昭和60年代にはやってましたよ。私の所では「たてまえ」と呼んでいました。

丸餅(当たると危険)硬貨 袋入り駄菓子が撒かれていましたね。


懐かしいです。

ユーザーID:2268682123
「たてまい」って言うのですか
はるか
2018年1月8日 19:41

昭和40年代生まれです。
私は、ずっと家を完成させる前に巻くから「建て前」と思っていました(笑)

なつかしいですね。

私の実家でも、とんと見なくなりましたね。

子供の時、これが楽しみでした。

高度経済成長も重なってか、あちこちで新築ができて、そのたびに、餅もそうですが、5円玉が降ってきまして、子供にとって、それが宝物で、今でも机の中にあります(笑)

新築や餅、そして餅のにおいのついた5円玉、今でも覚えていますよ。

ユーザーID:6552244379
私の小さい頃にも
2018年1月8日 20:49

ありました、そんな風習。
私の場合は10代前半の頃なので、30ん年前の
話になるのですが、棟上げ式の時の餅まきは
楽しみでした。
でも、今住んでいる場所は都会と田舎の中間
位の所ですが、見かけません。
隣近所にご挨拶すればOKと思っているからだと
思います。
かく言う私達夫婦もしなかったです。
最近、皆さんしません。とハウスメーカーさんも
言っていました。

ユーザーID:6776107358
懐かしい?携帯からの書き込み
しましまねこ
2018年1月8日 20:51

私の地元は茨城ですが、ここ数年?は全く見なくなりました。建て売り住宅が多いからですかね?

上棟式に参加して餅やお金、お菓子や袋麺なんて良くまいてましたよ??
最後にまく大きな餅を叔父がとったときはちょっぴり自慢しました!
懐かしい!今では危ないとか言われちゃうのかな?

う〜ん?最後に参加したのは5年前くらいです。

ユーザーID:3505785601
雪国の秘境です。やってます。携帯からの書き込み
大福餅
2018年1月8日 20:56

さすがにビニール袋に入った紅白餅でした。

五円玉、五十円玉も水引紐をむすんで撒かれます。

神様にお供えしたどでかい鏡餅、大根、カボチャ、ブロッコリー等も見事な放物線を描いて落ちて来ます。

ユーザーID:3178796775
良い思い出です
懐かしい
2018年1月8日 23:09

子供のころ、お餅やお金(小銭でしたが)を拾うのが楽しみでした、どんくさい私は取れませんでしたが。一度だけバウンドしたお餅が手のなかに入ったことがありました。でも楽しい記憶です。今はほとんど見ませんね。
大人になって自分が施主になり、家を新築するときに絶対たてまえでお餅をまくと決めました。二階の屋根の上は怖かったけど良い思い出です。

ユーザーID:8211035874
わたしも!
もちこ
2018年1月9日 0:24

同年代です。私が子供のころ過ごしたのは、愛知県豊橋市です。
「餅投げ」、「建て前」と言っていた記憶があります。小学生の情報網を使ってどこそこで、いつ建て前があるのかみんなで共有していました。ときには建築中の大工さんに聞いたりして。
私の住んでいた地域では、紅白のお餅はビニールに包んであり、お菓子やお金も投げていました。
いい思い出です。今でも残っているのかな?

ユーザーID:1174298437
行われています
元同居中次男嫁
2018年1月9日 6:32

静岡県西部在住です。
昨年建前(たてまえ)/上棟式を行いました。
紅白餅、小銭、駄菓子を2階部分から投げました。

私の生まれ育った福岡県でも私が子供の頃は投げられていました。
恐らく今も投げられていることと思います。

ユーザーID:2128398952
やってます
人それぞれ
2018年1月9日 9:52

去年も近所で行われていました。
こちらでは「建前」「餅まき」と言います。
小さな丸餅の他、チョコレートやキャンディーなどを小袋に入れて投げます。

ユーザーID:5112774255
「たてまえ」では?
昭和っ子
2018年1月9日 10:07

昭和50年代に神奈川の新興住宅地で建前をやりましたが、大工さん達に振る舞うだけで、持何かを投げたり配ったりはしませんでした。ご近所との関係があってのことかもしれませんね。

ユーザーID:5885075377
ありました、ありました・・
ねこだ
2018年1月9日 10:48

  四国生まれの、団塊1号です。

  「たてまえ、建て前」と呼びましたね。小中学生の頃は
  この情報が入ると誘い合わせて行ったものでした。
  必需品は・・
  1袋 2軍手   大人は 網 でしたね。
  
  投げるのは 1餅 2飴菓子・・・
  
  「天の餅」という直径が1尺くらいが 1個
  そして 隅(角)の餅(天の餅の半分くらい)を四方角へ4個。

  「おい棟梁、こっちへ投げろ!」と声掛けをよくしました。
  老若男女、入り乱れるので転んだりしましたよ。

  親から教えられました、「この餅は焼いて食うな!」と・・。
  なるほどねと納得しました。

  今は西中国に住んでいますが、時折あります。
  投げるのは「餅」よりも「菓子袋」が多いみたいです。

  「たてまい・たてまえ」残したい風習ですね、紅白餅様
  懐かしいトピをありがとうございました。ちなみに我が家は
  建売住宅だったんでやりませんでした、トホホ・・。

ユーザーID:8152994719
あった!あった!
ブルートパーズ
2018年1月9日 16:48

実家が東北の田舎ですが、私の子供の頃も餅を撒く風習がありました。勿論、私のうちでもやりました。懐かしいな〜と思ってついつい出てきてしまいました。

確かあの頃は何の包装もされてない餅をそのままばら撒いてましたね。多少の汚れでも気にせず持ち帰ってましたが、今思うと衛生的はどうだったんだろ・・・って感じですね。でも子供にとっては凄く楽しい出来事でした。

田舎を離れて数十年経っているので今でもあの風習があるのかわかりませんが、なんとなくもうやってないような気がします。

ユーザーID:6723146787
最近はあまり見かけないですね
どさんこ
2018年1月10日 15:10

私の実家の地域では「建前(たてまえ)」と言っていました。
今なら「上棟式」でしょうか。

うちが家を建てた10年前もご近所ではやっているお宅がないとのことで餅やお菓子をまくのはしませんでした。
遠くから車で来ている大工さんたちにお弁当とお酒と寸志を渡して簡易的に終えました。

その後、一軒だけ建前をするお宅がありましたが、それっきりです。
(前もってご近所に呼びかけがあったので子どもが餅をいただいてきました。)

実家近辺での昔の建前はお餅は身内でついて、紅白一組にしたものと半紙に包んだお金(5円・10円・50円・100円と色々)を小さなナイロン袋に入れて二階に当たる高い所からまいていました。
100円が出ると「当たり」で喜びましたよ。
たまにキレイな5円玉(銀行に行って頼むらしい)にリボンのついたものが入っているお宅もありました。
建物に紅白の幕をかけていたような記憶があります。

大工さんと親族はそのまま夜までそこでお酒を飲んで食べて・・・という感じでした。

懐かしいです。

ユーザーID:2131847415
たてまえ と呼んでいます。
キュウ
2018年1月10日 17:02

夫の田舎では現在もやっていますよ。
秋祭りの時もしています。
結婚して初めて見たとき「お餅をそのまま投げるなんて…」とびっくりしました。
今でも土のついたお餅は、何だかもったいないなぁと抵抗ありますがきれいにして有難く頂いています。

ユーザーID:0010277708
トピ主です携帯からの書き込み
紅白餅(トピ主)
2018年1月11日 14:21

レスをくれた皆様、ありがとうございます。

何人かの方からご指摘があったように、
「たてまえ」だったかもしれません。
なにせ45年以上前の記憶です…。親戚、いとこ達と行った時に、持ちきれない位お餅を拾って袋のようにシャツをたくし上げた中に入れ、大喜びした記憶が残っています。

家は…世の中も、お貧乏な時代だったと思います。けれど、皆が明るい明日を夢見る高度成長期でした。その頃、大阪万博が開催され親戚から、お土産でもらった万博公式ガイドを目を輝かせながら読んだ記憶があります。

拾いに行くといえば時節柄、節分です。
なにせ、お貧乏だったので(笑)学校の友人たちと近所の、お不動様に気合を入れて出かけたものです。境内では1000人以上が、宙を舞う豆や、お菓子、お金に合わせて大波の様に揺れるのが恐ろしいくらいでした。

何名様かのレスによりますと、今でも地方では建て前の行事があるようですね。都内では、とんと見られなくなりました。
ちなみに、我が家も建売住宅でしたので建て前はありませんでした。

昭和が終わり、今まさに平成も終わろうとしています。私自身、長く生きてこれたんだなぁ…と思うと同時に、亡くなった両親、早くに逝ってしまった友人を想い、少しセンチメンタルな気分の初春であります。

ユーザーID:4163301731
懐かしいです。携帯からの書き込み
菖蒲
2018年1月11日 20:34

栃木県県央部に住んでます。
昔は建前はあちこちでありましたね。
今はめったにありませんね。

投げられたのは餅やおひねりに入った小銭、小袋のお菓子等ですね。

まぁ、建前と職人さん達に宴席をもうけるのが一緒ですからね。どうしても、大枚はたく必要性ありますもんね。

ユーザーID:7219006077
横ですが
maru1101
2018年1月12日 14:23

出身が富山です。

富山では、上棟式の事を【たちまい】と言っていました。
叔父が子供のいない大工の棟梁だったので、小さい頃に連れて行って貰ったことがあります。

文字にすると、【建前】なので、たてまえが正しいのでしょうが、
地方によって、たてまえ,たてまい,たちまい等色々あるのでしょうね。

ユーザーID:1134150980
懐かしいですね
田舎のばば
2018年1月12日 23:09

実家が工務店でした。
私の地方では「建前(たてまえ)」と呼んでいました。
最近は見ないですね。昔は着工前には必ずあった地鎮祭の御幣も見当たりません。
お餅やお菓子を投げているのも見なくなりました。
時代の流れでしょうか…

ユーザーID:4412324822
色々な呼び方がありますね、投げ餅は初めて
鯛焼き
2018年1月13日 11:39

実家周辺では、餅まき。
転勤で住んだ所は、餅投げ。
新築以外で漁船の完成祝い、船おろしの餅まきは現金が入っていて盛大でした。

角の大きな紅白餅の赤なら女の子、白なら男の子が生まれると言われていて、施主さんもご近所さんも女の子3人の夫婦が取れるように気を使ってましたね。
地元の放送局に、餅まきイベントの案内をするくらい餅まきが好きな県民です。

小さな紅白餅を取るだけですが楽しいですね。お裾分けでいただいても嬉しいです。

ユーザーID:5679144186
昔はよく見ましたね
タルタル
2018年1月13日 18:23

確かに最近は見ませんね。
大工さんに米や餅を振舞ったり、振る舞い酒をしたりして祝うから建舞(たてまい)って言うんだって聞きました。
茨城のある地方では葬式でも同じようにお金などをまくのでびっくりしました。

ユーザーID:5696475941
 
現在位置は
です