現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

働き方改革、変わった?

働くマン
2018年1月8日 17:50

世間では働き方改革や人手不足など、言ってますが、あなたの周りでは何か変わりましたか?
私の会社では、残業が多い人が、少し少なくなっただけで、有給消化など何も変わらず、
離職率も変わりません。

働き方って、社会や会社というより、
直属の上司に依存する気がします。

また人手不足など、言われてますが、
子育てを終えた女性たちは再就職しやすくなりましたか?

代わりはいくらでもいるという時代は終わりますか?

ユーザーID:9578590328  


お気に入り登録数:22
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


タイトル 投稿者 更新時間
うちは変わりました
はーちゃん
2018年1月9日 0:09

政府が働き方改革と言い出す前から、社内にはそう言った風土があり、
残業時間は全社的に減り、有給休暇の消化率もかなり改善しました。
やはりトップがかなり本気で取り組まない限り、難しいと思います。
みんなサラリーマンなので、トップが本気で取り組めば従わすにはいられないので。
その代わり、その働き方の中で成果を出せない人間には厳しい会社です。
規模としては一部上場企業です。

子育て終わった女性と言うのが、どのぐらいブランクのある人のことかわかりませんが、
こちらはよくわかりません。

組織に属すると言う前提では、代わりはいくらでもいると言う状態でないと
むしろ働き方改革しにくいかと思います。

ユーザーID:9532518594
全く変化なし。
変化なし
2018年1月9日 10:31

大企業に勤めている友人達も全く変化ないですね。
一体どこが変わったのでしょうか?

求人倍率が上がったって言っても、内容は介護がほぼ占めていて、
あとは保育、清掃といったところ。
求人誌見ても先週の冊子か!?
というくらいブラックとして有名なトコロばかりが記載されている。

たまに「おっ!!」と思うものがあっても、よくよく見ると
「経験者で20代前半の体力のある男性を募集!!(パート)」
というふざけた内容だったりする。

やっとやっとブラック求人に罰則がつくようで、対応の遅さに
ため息です。

若かりし頃やっていたアルバイト、同じ会社で同じ内容なのに
15年前は時給1000円だったのに現在は850円。
物価が上がっているのに給料は下がっているという。

内部留保はあと20年は続くと言われているし、稼ぎたいなら起業が
一番だと思いますね。

ユーザーID:2712815762
表面的には変わってきたかな。
コーヒー豆
2018年1月9日 17:46

私の職場は、少なくとも制度は整っています。
出産や育児を機に退職する人は減り、復帰して働く人も多いです。
残業削減もずいぶん進みました。
5年ほど前に取り組みを始め、ようやく道半ばというところでしょうか。

でも、先は長いですね。

先日、管理職以上が参加する年始式があり、見渡すとざっと9割以上はオジサンであることに現実を改めて思い知らされました。
女性の活躍推進というお題目の中、女性管理職3割とか、女性の役員への登用とか言われていますが、まだまだ10年はかかりそうです。
そもそもの母集団に、管理職資格をもつ女性総合職が少ないから仕方ないことかもしれませんが、今は少し無理をしてでも早期に進めるべきことではないかと個人的には思います。

新卒採用では、恣意的に女子よりも男子の数が多くなっています。
これも私からすると全く意味不明ですが、上場企業の多くが同じような傾向にあるのではないでしょうか。

悲観ばかりしていても仕方がないので、自分達で変えていくしかないのかもしれません。
所詮オジサンばかりの会社経営者たちも、引退までのわずかの期間で何かを変えようという気は少ないでしょう。

一歩ずつ、前進前進!

ユーザーID:0638956706
劇的には変わらないかなぁ携帯からの書き込み
花火
2018年1月9日 19:16

つい最近離職した者です。

過度な残業(22時超)は確かになくなったし、有給を申請してもいいような空気は出来ましたけども、、、

元が22時退社のブラックが20時になっただけで、18時代に帰宅は出来ません。

目指す姿にはとてもとても。

子育てと両立なんて夢のまた夢でした。
(だから退職)

営業なので成果が出ないなら何時間働いても結局一緒って感じがします。

お客さん対応があれば朝も夜も出かけるし、数字が足りなければ有給申請している場合じゃない。

せめて残業していれば同情加点してもらえるけど、定時帰宅したあげく成績未達なんて人事評価下げられまくりです。

一方で事務の人はずいぶん働きやすくなった様子でした。

その分の尻拭いを営業がしていました。

世の中に過剰サービスが存在する限り、営業や接客の仕事を劇的に改革するのは難しそうです。

お客さまが神様すぎて、24時間体制で対応が求められますから。

主婦がやりたい仕事は事務職に集中していて、上記のような仕事は家事&子育てとの両立に向かないから人気がありません。

企業は人手不足と言っていますが、人件費を恐れて非正規雇用ばかり拡大していますから、これもどうでしょう。

中高年女性の働く場所は確かに増えましたが、中身は非正規ばかりです。
大卒女性も増えて来ている中、働きが正当に評価されているとは思いません。

ミスマッチばかりだから、労働力不足を補う原動力にはならないと思います。

個人的には同一労働同一賃金を導入すれば解決だと思ってます。

子育て女性や外国人など様々な力を活かすには従来の人事制度(終身雇用、新卒一括採用、正規非正規の括り)では限界があります。

結局、仕事内容や効率よりも企業への忠誠心が試される制度ですから。

こういう制度があるうちは、なぁなぁ残業はなくならないでしょう。

ユーザーID:2443425279
変わりましたよ。
みき
2018年1月10日 5:19

代わりはいくらでもいます。気にせず帰って下さい。
そういう働き方でないと、人手不足は補えないですよ。
この人がいないとダメ、だから休めないし、負担が減らないのです。
業務の見直しをして、簡略化、シンプルにして、きちんとやり方を分かりやすいところに提示しています。誰でも代わりが出来るようにしています。職種が違ってもサポート出来るようになっています。人がいても、自然とお互い大変出ないか確認して助け合うようになっています。
子供の病気など急な呼び出しに対応できるよう、人がいないときはやらない仕事を明確にしています。
母親も復帰しやすいし、こどもに病気や障害があってもまだ小さくても全然働けます。
現場で動いている人でないと、業務改善は出来ないので、みんなで小さな事から見直している職場です。
パートが多くなりますが、一生懸命働けるし、家庭のことも出来るし、とても働きやすいです。
私もパートです。

ユーザーID:7543180351
最近変わったこともあるような
のとてす
2018年1月12日 0:42

「働き方」も「改革」も一般的な名詞なので、
政府主導のプロジェクトのようなものか、単語から連想される
そのものの意味位なのかわからなかった25年位働いている人です。
(一応調べたのである程度わかりました)

この働き方改革と直接関係あるかわかりませんが、
働く時間は減っているように思います。

・始業時間が(9時より)遅いことが以前より一般的になった
 →10時始業だと21時まで働くと夜家に帰るのが
  おそろしく感じ、時間外労働の抑止になるなぁと

・男性の育児のための短時間欠勤が増えた
 →これも母親である女性が有給休暇を使い切ったら
  という前提ですが…子供の保育園等の送り迎え等

・女性の仕事と言われる仕事の男性率が上がった
 →携帯ショップの窓口やパンやさんのレジ等。
  女性ができる(語弊がありますが)仕事は待遇が悪い
  という相関性があると思いますが、では男性がそれらを
  楽にできるかというと、かなりイマイチ。
  このあたりで待遇の見直しがあればと思います。

・業務内容が直接お金を動かさないポストが増えた
 →ずっとIT関係にいるからかもしれませんが、
  ポストを作ってお金を動かしているだけで、
  実際の稼働は必要ないし要らないんじゃないかと。
  それでもお金が回っているから生計立てれるクチですが

働く時間が減ることは、収入が減ることを指し、
一部のエリートでない新卒の男性などは、
結婚して妻子を養うどころか一人暮らしをやめて
実家でこじんまりする方向のような気がします。
みんなが共倒れしない方法なのかもしれませんが絶望します。

>代わりはいくらでもいるという時代は終わりますか?
働き方改革が働く時間を少なくすることであれば
属人性を下げることだと思いますが、
回答は不要ですが仰りたいのは具体的にはどんなことでしょうか。

ユーザーID:6501030446
働き方改革というか
cloud
2018年1月13日 12:20

 以前は紙だった給与明細がWEBになり、配布する手間がなくなったり、タイムカードからカードになってパートさん達も個々人での管理です。

 最近ではそういった勤怠の管理から年末調整まで外部委託です。

 これからはITの導入と併せて、仕事そのものについて自社で行うか、という見直しの時代になり、又新たな仕事が生まれるのでしょう。

ユーザーID:5081065306
需要も変わる
りり
2018年1月15日 13:08

働き方改革はされて供給側が変わっても、時代と一緒に需要もどんどん変わりますからね。
子育て終えた女性の働き口の問題にしても、人手の供給側(会社)が雇い入れても、需要(客)が有資格者しか受け入れないような厳しい時代ですから。
資格がいらない仕事なら、働き口くらいは沢山ありますよ。

ユーザーID:3100000666
 


現在位置は
です