現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

鬱病を治す方法はあるのかな 携帯からの書き込み

高校生
2018年1月10日 0:10

私が小6の時母が鬱病を診断されました。
中1で母が出て行き3年間私が家事をしていました。今は帰って来てます
父は鬱を理解できず大変だったと思います。だからこそ責めることはできないけど私は父が憎いです。父はとても無神経な人でストレスが溜まらないポジティブな人です。人を傷つける事を平気で言ったりします。今でもよく理不尽な事で怒ったり、目で黙らせようと睨んでくることもあります。母は私の育児でノイローゼでした。親戚が周りになく父も帰りが遅く寂しい日々だったそうです。子供の頃は父にお前はだめな子だ。勉強できないと言われ続け、兄と妹は仲が良いのに兄にお前は拾われて来た子だ。とか暴力を働かれ辛い毎日だったそうです。今は仲良くしていますが思い出すと悲しそうです。早く家を出たくて結婚したそうですが父はプライドが高く決して謝りません。私が子供の頃会社の部下からの電話によくきれていて携帯を投げたりしていたのを覚えています。たくさん積み重なり鬱になった母が正気を失いそうになったり泣いたり会社を休んだりするたび、私の心も次第に壊れて行きました。
去年親に内緒で病院に行きました。授業中に涙が止まらなかったり、学校に行くと怖くて震えが止まらなかったり夜連続で泣き続け眠れない日々が続いたからです。相談したかった。けど鬱の母に言えないし受け流されそうで父にも言えない。何回か通って鬱だと言われて初めて親に言いました。母が辛さを知っているので何度か学校を休ませてくれたりして楽になれました。今日何故また憂鬱がやって来たかというと塾で怒られたからです。眠そうと先生に言われ、眠くないと言ったのですが、やる気がないなら教える気しないわ。と嫌な態度をとられました。アルバイトの先生です。普段は仲が良いけど怖かったです。眠たいのではなく元気がなかっただけ。明るいのが私だとみんな思ってるけど隠してるだけです
この憂鬱を晴らせないでしょうか

ユーザーID:8404031349  


お気に入り登録数:1
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本


タイトル 投稿者 更新時間
ひとつずつ考えましょう
うつ脱出10年目
2018年1月10日 11:45

私も思春期から長い間、うつ(診断はありませんでしたが)を患っていたので、トピ主さんのお気持ちは少しなりともわかりますよ。

まず、必要なのは、うつ症状について話せる相手です。カウンセラーや学校の保険医など、まわりに対処法を熟知している大人は見当たりませんか?見つからなければ、電話相談や、こうして小町に書き込むのも気分転換になりますね。

お父さんやお母さんの至らない点は、許さなくていいけど、気にしないようにしてみましょう。あなたとは別の人格を持った別の人間です。彼らの問題は、彼らが向き合って解決しなければいけないもの。まだ子どもであるトピ主さんが過度に負担を感じる必要はないんです。
家にいたくないなら、図書館や学校の図書室などで時間を潰すのもいいでしょう。邪魔も入らず、勉強するのにもいい。
「離れる・距離を置く」という選択肢もあるのです。


その塾の講師は、まだ若く人間として未熟なんですね。トピ主さんのせいではありません。しかも、授業料をきちんと収めている。追い出そうとするのはその講師の職務怠慢です。しかし、事情が分からなければ講師も納得せずトピ主さんがいらぬ差別を受けるでしょから、全てでなくていいので、事務局にでも話を通しておきましょ。「ストレスからうつ症状改善の処方薬を飲んでいる。そのせいでぼーっとなる事もあるが、授業を受けたくないわけではない。講師に伝えてくれ」と。


一番大切なのは、トピ主さん自身。今は、トピ主さんの人生にとって大事な時期。

難しいかもしれないけど、家族の問題はひとまず横において、トピ主さんが「楽しい」と思えることを探してみて。「美味しい」や「嬉しい」、「美しい」、「綺麗だな〜」や「あの人(物や景色でも)素敵」、でもいいです。
世界は広がっています。今は、目線が下がっているだけです。

ゆっくり、でも一歩ずつ良い方向にしていきましょう。

ユーザーID:4807594087
大変ですね、、、。携帯からの書き込み
あのこ
2018年1月10日 14:03

休日にお昼寝と外で軽い運動をするとよいですよ。ご飯は食べましょう。勉強、大変ですね。楽になるときはくると思いますよ。数年後の自分に夢をもって、努力することを忘れず、頑張ってくださいね!

ユーザーID:5072188228
はい、思考の癖を直します携帯からの書き込み
コテハン
2018年1月10日 15:42

眠いか眠くないか、バイトの先生云々の前に、自己肯定感を著しく下げられて生きてくれば誰でもそうなります。

父がダメだからね!と、反感覚悟、性格批判覚悟でバッサリ吐き捨てる事ができる人はうつ病にはなりません。家庭環境が原因です。
因みに私も新卒での会社研修で頬杖ついてて、お偉いさんにボロクソどなられましたが、皆は「えーコテハンさん可哀想ー何あの偉そうなオヤジー」と周りが言い「だよね!」と心でふんぞり返り顔で可哀想な人してました。

あなたはダメだと洗脳されれば、何かにつけてダメだと思うでしょう。傷つきますよそれは。
対してまともに肯定されて生きてくれば、本気のお叱りはきちんとわかるし、心は折れないし、ちゃんとした人を見極めてブレませんよ。

あなたはダメじゃない。
学校を休もうが何だろうが、ダメじゃない。
ダメじゃない未来あるあなたが、それじゃあどうするかな、と、休んでゆっくりしながら伸び伸びした周りを観察しながら生き方のヒントを学ぶ。

親から学べなければ周りから吸収するだけのこと。
うつ病は思考の癖から。
すぐに直せなくても、今日よりは明日、今年より来年はもっと良くなってる。
人生は長すぎるほど時間があるから。

大丈夫です

ユーザーID:0599669716
 


現在位置は
です