現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

女は経済力より家事育児だと思う

モロコ
2018年1月10日 20:51

男性の中には、女にも経済力を求める人がいますが、
結婚して共働きになったとして、妻の方が夫より高収入なら
肩身が狭いとは思わないのでしょうか。
この場合、家事育児の分担は「夫>妻」になりますか。

同僚の既婚男性に、妻が自分より高収入を自慢している人もいますが、
私は基本的には、女は経済力より家事育児だと思ってます。

夫の給与で生活できないような結婚はしたくありません。

しかしながら、婚活していて今は難しいとの認識はあり、
結婚後の住宅購入や子供の教育費のために仕事は続ける覚悟ですが、
夫には私の給与をあてにして欲しくありません。

私が仕事を続ける理由は、あくまで保険のようなもので
できれば仕事の量も抑制して働きたいと思います。

ユーザーID:6579553436  


お気に入り登録数:454
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:239本

タイトル 投稿者 更新時間
それは
ひるあんどん
2018年1月10日 22:37

男性です。

それは個人の価値観なのでトピ主の気の済むように活動したら良いと思います。妻が自分より高収入であることを自慢できる人は、家事育児できることより妻の能力が社会で活かせていることに価値を感じているだけでしょう。それはそれでアリだと思います。

生活資金として妻の収入をアテにするか、何かしらの大型資金として別枠で管理するかは、トピ主と夫となる人で考えれば良いだけです。他者に宣言したり同意を求めても無意味です。

頑張って意気投合出来る良いお相手を見つけてください。

ユーザーID:2466549407
そこまで言うなら
ジャン
2018年1月10日 22:39

トピ主さんは誇れるほどの家事能力があるんですね。
そういうことですよね。

ユーザーID:8684854864
いいんじゃないですか?
ねかわか
2018年1月10日 22:40

あなたがそう思っているならそれでいいんじゃないですか?
あなたが望みに同意してくれる男性、もしくはあなたに同意しないけど
自分の考えを捨ててでもあなたと結婚したいと思ってくれる男性と
出会って結婚できればいいですね。

別にあなたの意見が悪いとかじゃないんですよ。
ただあなたがあなたと違う意見を批判する必要もありませんよね。

ユーザーID:5597805178
うん、そうすればいい携帯からの書き込み
そうね
2018年1月10日 22:45

トピ主さんは独身ですか?
トピ主さんがそうしたいなら、そうすればいいだけです。ぜひそうして下さい。

その前に結婚しなきゃダメですよ。

みんながみんなトピ主さんと同じ意見ではありません。今は男女対等の世の中です。男女平等でもあります。

なので、私は生活費折半、家事折半がいいです。子供はかわいいので、育児折半ではなくても良かったです。家計と家事折半なら、共働きでも夫も妻も不満なくやっていけますよ。

カフェでお茶すら割り勘折半のカップルがたくさんいます。割り勘でも恥ずかしくない男性が多いようです。
男女平等の世の中ですから、当たり前ですね。

ユーザーID:2165405490
レスします
通りすがり
2018年1月10日 22:45

>私は基本的には、女は経済力より家事育児だと思ってます。
これはあなたの価値観ですね。
同じ価値観の男性と結婚するなら問題はないかと。
トピ主さんの望む形で結婚されればいいと思います。

ただ、ものすごく損得に拘っているような気がします。
自分は結婚で損は絶対にしたくないって気持ちが透けて見えます。
条件で相手を探す婚活だからでしょうか。

このトピでトピ主さんが何を求めているのか分かりません。
ただ、トピ文を読んだだけで分かる、気の強さ、その他もろもろ。
恋愛では結婚出来ないのは納得です。
婚活でも苦戦しそう…。

あなたに合う人と巡り合えればいいですね。
婚活頑張って下さい。

ユーザーID:3142450008
あららら携帯からの書き込み
矢車草
2018年1月10日 22:55

結婚するのは夫に食べさせてもらう事が前提でする人ばかりではないと思うよ。

主さん…少し時代錯誤じゃないかな?
仕事そのものに意義感じて働いている女性はかなりいますよ。
主さんは小さい頃の夢は何でしたか?
私達の頃は看護師さんとかトリマーさんとか、天文学者とか、教師とかレーサーにたりたいとか…が大多数でした。
お嫁さんは職業ではないですよね?
勿論、お婿さんも職業ではない。
家事が苦手な奥さんだったら、夫婦で協力して補えばいいだけです。
因みに高収入の旦那様を見つけたいならば、妻になる女性の人となりもそれなりのものを要求されますよ。
勿論家事に重きをおく男性もいるでしょうが、それはハウスキーパーを雇えば済むけど…
知性とか容姿とか、色々ね…あるでしょ。

ユーザーID:8484851216
それで良いと思います
おばさん
2018年1月10日 22:55

トピ主さんの理想であり、
間違いでは無いと思います。

私の考えは違いますし、
夫婦は何事も助け合うものだと思っています。

ユーザーID:6664358225
それは不毛な話じゃ?携帯からの書き込み
もも
2018年1月10日 23:18

女性は経済力より家事育児??
この現代において、そのテーマについてたった一つの答えがあると思いますか?

人それぞれとしか言えないこと。

あなたがそう思うなら、同じ考えの男性を探すだけ。
そんな男性が見つかるか、その男性があなたを結婚相手に選んでくれるかはまた別の話ですけどね。

そんなこと定義しても不毛なだけです。

ユーザーID:7212156185
夫の給与だけで生活出来ない結婚はしたくないんだよね携帯からの書き込み
匿名
2018年1月10日 23:27

上記のような結婚はしたくありません、と断言しておきながら保険をかけて働くというトピ主の考えは、矛盾してますよ。

結局、婚活現場では難しさを感じているからでしょうか?

逆に、トピ主に生活を依存される男性の気持ちは考えていないんですよね。
トピ主って、自分の事ばっかりなんですよ。

女性の経済力をどうこう言ってますが、家事育児を生活する手段として使ったらダメでしょう。

トピ主みたいな女性から逃げたい男性が多くなるんですよ。

ユーザーID:1696565613
なるほど
ひろりん
2018年1月10日 23:33

人それぞれの考えがあっていいと思います。僕とはちょっと違うけど。
夫婦で考えが擦り合わせられればいいですね。

ユーザーID:3325883648
全く同感です!
旧人類
2018年1月11日 0:13

私が若い頃は、夫が働いて一家を支えるのは当たり前で、妻を働かせなくてはならない男性は「甲斐性無し」と馬鹿にされたものです。

それが今や、恥ずかしげもなく妻の収入をあてにする男性が増えて、本当に信じられない思いです。
私の夫がそんな状況になったら、彼のプライドはズタズタで落ち込むだろうに。

確かに今の時代は雇用は不安定ですが、家事もしろ、子供も育てろ、仕事もしろ、ってどうかと思いますよ。
(勿論、妻が望んで仕事を続けるなら話は別です。)
トピさん、頑張って甲斐性のある男性を見つけて下さいね。

ユーザーID:7136008455
正しいと思います
おっと
2018年1月11日 0:26

私は男ですが、どんなに頑張ったって男は出産できません。仕事を中断して産休取るのは女性です。男の様に仕事頑張れって男の甘えだと思う。

ユーザーID:1354244501
夫婦2人が互いに納得していればOK
セイウチ
2018年1月11日 0:27

外で働いて給料持ってくることと家事育児が釣り合うと
「夫婦双方が」思っていれば、どんな役割分担もありだと思います。

但し今の世の中、1人で家族を養えるだけの給料を貰える人は少数派です。
それに釣り合うだけの家事育児って、どんなものでしょうね。
具体的には、「量」と「質」。

例えば育児は子どもが小さいときには大変ですが、
子どもが大きくなって手が離れたら負荷は大幅に減ります。

実際には育児で本当に大変なのは(子ども1人につき)ほんの数年でしょうから、
夫親の介護くらいまでは含めないとトータルでの釣り合いが取れないんじゃないかと思います。
だから、「介護は実子」というのは専業主婦は言ってはいけない言葉。

なぜなら稼ぐ方は、結婚してから定年退職するまで概ね負荷が減ることはありません。
むしろ、子どもが大きくなってお金がかかるようになると、負荷は増大します。
子どもが巣立っても、老後資金を考えたら働き続けるしかありません。

もっとも、働く上で一番辛いのは、仕事そのものよりも
仕事を辞めるという選択肢が無い精神的な辛さかも知れませんね。

更に言うと、定年まで無事勤められるとは限りません。
片働きの場合、夫が働けなくなったときに
妻が代わりに家計を支える事ができるように準備しておくことも重要です。

具体的に準備というのは、働ける能力の維持と、辛くても逃げ出さない覚悟です。

ユーザーID:2565360017
人によると思います
チャチャ
2018年1月11日 1:09

家事育児に専念するより、
仕事をバリバリやっていたいという女性だって
いると思います。
例えば、技術者とか研究者などの方など。

だから、すべての女性がトピ主さん流の考え方はしてないよ。
それは分かりますよね?

あと言える事は、
すべての男性が、満足のいく額のお給料を
もらえるとは限りません。

ですから各ご夫婦によって、
家事育児のバランスだったり、収入だったり
考えながら生きてくしかないんじゃないかな。

そりゃ、男性は困らないほどのお給料をがっつり稼ぎ、
奥さんは毎日お家をきれいにして、
可愛い子どもを育てて…

と、それは理想ですけど。

そういう絵に描いたような家庭って
いったいどのくらいの割合でいるんだろうね?

トピ主さん、年齢がおいくつかわかりませんが、
今時の独身男性は、自分に寄ってたかるような女性は
あまり好まれませんよ。
どこかで妥協していくとは思うけど…。

気がついたときは適齢期を過ぎちゃった!
なんてならないように、お気をつけあそばせ。

ユーザーID:6328218802
そうかしら?
匿名
2018年1月11日 1:34

あんなに幸せだったのに
http://okm.yomiuri.co.jp/t/2018/0107/832996.htm?g=04


↑男に依存した女の末路です。

ユーザーID:7296804939
還暦寸前の既婚女性です
甘いね
2018年1月11日 3:05

トピ様の様に考えたことは、若い頃からありません。
相手に相当な経済力を求めるなら、自分も!と思って居ました。男だからと妻子供の為に自分の一生を捧げる必要はないと考えます。

これは、女性の私も同じ。女だからとその一生を家事と育児に捧げ、人の為にだけ生きるのはお断りです。そう思って居たら、同じ職種の院時代の友人と恋をして、結婚。収入もあっちが多かったり、こっちが多かったり、、、何方が嫌になっても、いつでも相談して、方針を変えられる、勤め先を変えるのも可能。

これが、結婚して、お互いに窮屈でないと思う一番良いところです。彼も2度職を変え、私も2度変えました。毎回良い条件になりました。

トピ様の様に、相手に経済力を求め、自分は家事育児に徹する事で、満足てきるなら、そういう条件のかたを選べば良いまでです。

しかし、私の周りを見る限り、最近は、経済力のある者同士の結婚、あるいは、経済力のない者同士の結婚、、、という具合に、両極に分かれつつある様に思います。

何方でも、好きな相手と一緒になれる様に、トピ様自身が経済力を持つことは、マイナスにはならないと思いますが、、、持たないと、下手をすると、中年以降侘しい生活になったり、離婚の際に、途方にくれたり、、、貧しい者同士の支え合いになったり、、、トピ様の本当の願望を手に入れるには、先ずは、自分から経済力を付けることだと思いませんか?

ユーザーID:4711284739
ひとつの考え方ですね
米米
2018年1月11日 3:12

あなたはそう思う、ということ。
そして日本というアジアの国は、ほんの数十年前まで男が外で稼ぐ、女は子どもを産んで家を守るという文化が色濃かった。
その感覚が残っている人は今も多いと思います。

ただ社会が変わってきている。
時代が変わろうとあなたがそう思うなら、その考え方を貫き通していいと思いますよ。
家族の数だけやり方はあっていいですから。

>肩身が狭いとは思わないのでしょうか

思う人も多いでしょうけど、全く思わない人もいるでしょうね。
ホント、色々ですよーそこは。
自分の感覚を「みんなもそうだよね?」と思わない事が、この価値観の多様化した現代社会をラクに生きるコツかと思います。

ユーザーID:5531579361
明治時代の方ですか
あのん
2018年1月11日 4:10

明治時代の方ですか
と思われるくらい古い考えですね

性別は生まれてくる時に選べません
それなのに
女だから〇〇
男だから〇〇
と言われるのはおかしいと思いませんか
男であっても働くのが苦手な人はいますし
女であっても家事育児が苦手な人はいます
性別によって得意不得意が決まるわけではないのに
性別によって役割を押し付けられたら生きづらいと思いませんか
性別関係なく家事育児が得意な方が家事育児をやればいいし
働くのが得意な方が働けばいいんです
男性だというだけで収入を求めるのは
男性差別ですよ

ユーザーID:1393510344
30代の息子が
50代
2018年1月11日 4:51

トピ主さんと同じことを言ってました。

でもほんの数年前は男女平等、女性の力を生かせる社会が理想、女は家庭は古いと時代の最先端を行く価値観を支持してましたね。
でも医療関係の道に進み、様々な事例を目にするにつれて考えが変わったようです。
男と女は体のつくりや精神構造が違う。
本来の特性に合った生き方をするのがベスト、と。

私本人は息子やトピ主さんの考え方がよくわかります。
ただ昔のように男枠、女枠にきっちりはまっていないと認められない社会に戻れというつもりはありません。

稼ぎ頭になりたい妻や主夫になりたい夫だって社会に認められるならその方がいい。
その道さえ残っていれば文句はありません。

ユーザーID:6018714513
まあ、まだなってないから、何とでも言える
クロックラジオ
2018年1月11日 5:49

おいくつの方で、どれくらいの蓄えがあって、どれくらい婚活されているのでしょうか。
それによっても、トピの内容の意味するところも、読む人の反応も違ってくるのでは。住む場所一つで、「育児」の内容も、物価や家計規模も変わりますしね。

「仕事は続ける覚悟」だけど、「家事育児」が大事と思われるなら、体力も頭の良さも柔軟性も必要だし、自分のことを全て置いて、職場や家族のために動くくらいの献身が必要になります。ちょっとしたことに不満を持つタイプだと続きませんし、自分が注目して欲しい人や、今まで自分の事ばかり考えてきた人は、切り替えがきかない場合もあります。

仕事の量も抑制して働きたい、とのことですが、それが迷惑にならない職場環境ですか?

と、多分実際にやってみると、思ってもみなかった大変さが色々あるものですよ。
それを超越するような相手に出会いたいのなら、ご自分にかなりの「売り」が必要ですが、「売り」のある方はそもそも婚活なんて必要ないのでしょうね。

ユーザーID:1023447402
 
現在位置は
です