現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

発達障害 医師と心理士で意見が分かれています

くれよん
2018年1月11日 10:50

2歳10か月の男児がいます。

言葉が遅く、2歳過ぎから市の発達センターの療育に通っています。
定期的にそこの専門の医師と臨床心理士にも診てもらっているのですが、ふたりの意見が異なるので困惑しています。

医師は、発達障害には当てはまらないと言います。自閉スペクトラムの子は見てすぐわかるが、この子の言動はそれとは違うとのこと。
しかし、心理士ははっきりこの子は発達障害の特性を持っていると言い切ります。
ただ、診断を下すのは社会生活に支障が出たらなので、今は様子を見ていいのでは?と言います。

年齢的な面でもまだ判断が難しいのかもしれませんが、こうも意見が反対だと親である私もモヤモヤしたまま引きずっています。

ちなみに医師は、他の総合病院の医師も「あの先生の話はよく耳にするけど、経験もあるしちゃんと診れる人だと思う」と言うような人なので、信頼はあるのかなと思うのですが、
心理士の方も素人の私にもわかりやすい的確なコメントを言ってくれるので、説得力はあると個人的には感じています。

セカンドオピニオンがやはり必要なのか、それともしばらく様子を見るか。
発達障害児を持つ方や、似たような経験のある方の意見が聞きたいです。

ユーザーID:7228656872  


お気に入り登録数:74
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:31本

タイトル 投稿者 更新時間
様子見も有り。療育との繋がりは切らないで欲しい。
成人当事者
2018年1月11日 19:28

発達障害児の親では無くてごめんなさい。

まだ2歳ですから、様子見でも良いのではないですか?
セカンドオピニオン、サードオピニオンもおすすめします。
障害のあるなしに関わらず誰もが育児って手探りですよね?
手探り試行錯誤で、困りごとはその道の専門のプロをはじめとした周囲の助けを借りる、が将来本人が苦しまずに済む道かと成人当事者の私は思います。

療育は幼少時から学童期にかけて適切な療育機会が得られるかどうかが
本人の長所=自己肯定感を伸ばし、短所への工夫=自己有用感の育ちができるかどうかの鍵となるかと考えられます。
市区町村等の公的療育機関や専門医・心理士(即ち専門医療機関)との繋がりは細く長くでも保っておくことをお勧めします。
現状に目をつぶって療育無しで健常児として育てられ、私のようにずっと苦しむ一生を送る人が一人でも増えて欲しくないのです。

ユーザーID:2479279183
たぶん
たぶん
2018年1月11日 20:10


医師と心理士の話が、そこまで違っているとは思えませんが。

>医師は、発達障害には当てはまらないと言います。自閉スペクトラムの子は見てすぐわかるが、この子の言動はそれとは違うとのこと。

医師の「診断」をできる範囲ではない。なので、現段階では、
「発達障害」という診断はできない。


>しかし、心理士ははっきりこの子は発達障害の特性を持っていると言い切ります。
ただ、診断を下すのは社会生活に支障が出たらなので、今は様子を見ていいのでは?と言います。

「発達障害の特性を持っている」
その特性がどのようなものかは書かれていませんが、
その特性がはっきりと分かるのは、社会生活が始まる幼稚園、小学校なのではないでしょうか。
その年齢になった頃に、どの程度特性が残っているか、
集団生活に馴染めているかで決まると思います。
なので、心理士は「特性が見られるが、現段階では診断を出す年齢ではないし
今後様子をみて行く必要がある」とのことかと。

よく説明をしてもらった方がいいと思います。
2才で診断を出すのは、珍しいように思いますが、
もし気になるなら、別の病院へ行ってみてはどうでしょうか。

ユーザーID:1365481244
診断できるのは医師
ナスカ
2018年1月11日 20:35

診断出来るのは医師です。
それと早期診断は好ましいのですが、成長には個人差もあり診断を受けたものの成長と共に特徴が薄れ違っていた、という事も多かったようで最近は5歳ぐらいまで様子見にする所が多いようですよ。
そして特性が顕著でも困りごとがなければ診断は付きませんし、薄くても困りごとがあり生活に支障が出れば診断となります。
例えば「こだわりが強い」ですが勉強や仕事に関わる事ならむしろ好ましい事ですが、真冬でも薄いレースの服しかダメとなると生活に支障が出ますよね。

だから意見が分かれると言っても同じかもしれませんよ。
心理士の言うように発達障害の特性を持ってはいるが、医師が判断するように社会において困りごとを抱える程ではない、のかも。

セカンドオピニオンを受けるにしても、もう少し大きくなってみないと様子見になると思います。
だいたい5歳ぐらいではっきりする事が多いようなので、受けるとしたらその頃が好ましいと思いますよ。

個人的に心理士さんが発達障害であるという根拠を聞いてみたいな、と思います。
なかなか医師でもないのにはっきり断言する人って聞いた事がないので。

ユーザーID:1448964477
今はあまり診断名にこだわらずともよいのでは。
ちゃんみ
2018年1月11日 21:13

発達障害のある子の母です。
わが子も、医者は少し遅いだけと言い、
言語の先生は先生によって診断がつくかつかないかと言い、
保健師さんはきっと何かあるからとセカンドオピニオンを勧めてきました。
(そのセカンドオピニオンの先生も診断名を言わない先生でした。)

早く生まれたので発達はもともと遅れていたのですが、
幼稚園に入る頃からだんだん明らかにこの子は少々変わっているぞ、
と親の私も思うようになり、診断名はなくとも発達障害について調べ、対応を工夫していました。
小学校入る前に別の先生に診てもらい、ちゃんと診断名をつけてもらいました。
大きくなるにつれIQもだんだん下がっていき、
どんどん特徴が目立つようになり苦労したものですが、今はなんとか高校生です。
反対に、小さい頃から診断名があっても、どんどん特徴が薄くなってすっかり馴染んで過ごしている子もいます。

トピ主さんは、言葉以外に気になったり扱いにくかったりを感じたことはないのでしょうか?
診断名のあるなしで、パッキリと線が引かれる訳ではないので、
困ってることがあれば発達障害児への対応を真似してもいいわけですし、
もう少し様子を見てもいい気がします。
集団に入るようになって困り度が増えるなら、その時にまた考えたらどうでしょう。

ユーザーID:0806235634
「特性を持つ」が、診断基準は満たさない
エム
2018年1月11日 21:53

医師も、経過観察の必要がないとは言っていませんよね。

医師が「発達障害だ」という場合は、治療、療養、療育などの対象であり、そのための診断基準に該当するという意味です。
心理士が言うのは、特性があるというだけで、将来的に支障が出るとか診断基準を満たすとかいう意味ではありません。


最近流行ったスカンツで例えると、

心理士→あれはスカートの特性を持つ
医師→あれはスカートじゃない

という感じです。


重度の発達障害はまた別ですが、軽度であれば、将来的に治療対象になるものとならないものがあります。
心理士さんの仰る通り、社会生活に支障があるかないかが判断基準で、なかでも医療や福祉が対応する状態かを医師が判断していきます。現在のところ、明らかに社会生活に支障が出そうな状態ではない=自閉症スペクトラムではないってことでしょう。

スカンツに戻りますが、スカートに見えるけどスカートではありません。でも周囲からあまりにもスカートだと言われるならまた考えましょうってところです。

ユーザーID:8640564213
同業種です携帯からの書き込み
ぽぽ
2018年1月11日 22:09

はじめまして。
たしかに、もやもやする状況ですね。保護者の方にとって、診断名は非常に重みがあるものだと思います。はっきりさせてほしいお気持ち、お察しします。

ここからは私の意見ですが、発達障害はあくまでその子の特徴の一部であり、誤解を恐れずに言うならば、個性だと思っています。

特性はよくパズルのピースに例えられます。誰でも1つ2つは持っていて、診断名がつく子は、このピースの数が多いのだと。
スペクトラム、連続帯という考え方も有名になってきました。ここからが発達障害、という境界線はなくて、特性が強い人からうっすらと持つ人まで世の中にはいろいろいるのだと。
専門家によって、見解が分かれる理由が、分かっていただけるでしょうか。

問題にすべきは、その子の育ち方、学習の仕方のタイプです。発達障害の特性が強い子は、通常の子育てやしつけなど、多くの子が自然に体験から吸収するようには、学べません。物事の感じ方、読み取り方が異なるので、それに合った教え方をしないと学習が進みにくいのです。
言葉の発達の遅れは、サインの1つだとは思います。アイコンタクトや要求発信の仕方など、対人コミュニケーションには発達障害の特性がよく反映されます。

繰り返しになりますが、大切なのは、どう育てるかです。もしお子さんが、人にあまり興味がなかったりこだわりで混乱するのなら、それに合った支援が必要でしょう。このアドレスをするのが、心理士の仕事です。発達障害の可能性があるのなら、ぜひ療育を受けて下さい。

なお、診断名は、子どもを守るためには役立ちます。具体的には、福祉制度の申請や、入園や進学の時に配慮を求めたい時の後ろ楯です。本当に必要になった時には、セカンドオピニオンも良いかもしれませんね。

ユーザーID:9732295128
意見が分かれている訳ではないのでは?携帯からの書き込み
きのぴ
2018年1月11日 22:47

レス失礼します。
発達障害の子供が2人いる母です。
レスを拝見した限りは、意見が分かれている訳ではないような気がします。
まず誤解してはいけないのが、発達障害=自閉症という訳ではありません。
わが家には長男は自閉傾向が一切ない発達障害(軽度知的と精神遅滞)で、次男は知的障害を伴う自閉症という診断が下っています。
トピ主さんのレスを拝見する限り、医師は自閉症ではないとだけおっしゃっており、臨床心理士さんがおっしゃってるのは発達障害の特性(
自閉症だけに限らず多動や癇癪、こだわり、言葉の遅れなどの症状も含まれます)が見られるとおっしゃってるということで、自閉傾向はないが発達障害の可能性は否定できないということではないかなと思いました。

発達検査は受けられましたか?
自閉傾向は言動で判断するというよりは、発達検査の中で自閉スコアを見て判断することが多いと思うのですが…

まだ2歳10ヶ月でしたら中々はっきりとした診断が下らないと思います。
下の子は自閉傾向があるに加えて中度の知的障害があり発語がとても遅れていたため2歳半くらいで発達障害の診断が下りましたが、上の子は軽度ということもあり3歳半くらいで診断が下りましたよ。

今は療育で頑張るくらいしかできない時期だと思いますが、自閉傾向があろうがなかろうがその子それぞれに合った療育をしてあげるしかないと思うので、あまり思いつめずお子様に寄り添ってあげて下さい

ユーザーID:2530970579
全く同じ
通りすがり
2018年1月11日 22:54

息子も同じでした。
うちの場合、まず心理士に見せてハッキリと「自閉症ではない、断言出来る」と言われ、2ヶ月後に児童精神科医から自閉症の診断が下りました。しかも軽度でもなく中度自閉症。

まず、その「専門の医師」というのは「発達障害の診断を下せる児童精神科医」でしょうか?
診断は、自治体に提出する書類などに使えるものです。
こうした正式な診断を下せる児童精神科医は、実は多くいません。調べると、県のHPなどに名前が載っています。児童精神科医の中でも、発達障害は診断出来るけど知的障害は診断出来ない、とか、その医師がどの障害について正式に診断を下せるか、そこまで載っています。

私の住んでいる県下で十数人しかおらず、その医師が書いた診断書は自治体から助成金を貰うときや幼稚園保育園などで加配申請をするときなど、正式に役所に提出する書類に使えるものです。そのへんの小児科医が発達障害です!と言ったとしてもこうした用途では使えません。

お子さん、これから幼稚園など行かれますか?
色んな考えがありますが、私はきちんと診断をもらって良かったと思っています。療育手帳ももらっているので幼稚園に入る時もスムーズだったし、周囲へ説明するときにも発達障害ですと言い切ってしまった方が私の場合は良い方向にいきましたので。

診断が必要だと感じるなら、正式な診断を下せる医師に診てもらった方がいいですよ。正式な診断を下せる医師が発達障害ではない。と言うならほぼ違うのでしょうし、どちらにしろモヤモヤは晴れます。
診断は親のためでもある。と言われました。診断が付いて前に進めるタイプの親と、立ち止まってしまうタイプの親がいるので…。
旦那様ともよく話し合ってくださいね。

ユーザーID:0815780407
結論に注目
タキシード
2018年1月11日 23:16

医師の結論は、「自閉症スペクトラムにあてはまらない。」
心理士の結論は、「診断をくださない」そして「様子を見ましょう。」

双方の結論に、それほど相違がないように思います。
自閉症というのは、簡単・乱暴にいうと「社会性の欠如や遅れ」です。
親としては、子供が診断を受けようと受けまいと、社会性の問題で、本人が生きにくさを感じたときに、手助けしたり、心に寄り添えたりできるよう、可能なかぎりの備えを持って、見つめてあげることだけではないかと思います。

お子さんが成長されたら、もっと明確な診断ができるか、あるいはより複雑な事情も発生することでしょうが、まだ2歳ということですから、医師や心理士にとっても完全な把握は難しい。今できるベストなことを探っていくしかないと思います。

ユーザーID:9150567476
モヤモヤする理由がわからない
とらとら
2018年1月12日 8:18

片や自閉症スペクトラムの特性があると言い、
片やその可能性はないと言われているだけで
どうしてモヤモヤするのかが理解出来ません。

自閉症スペクトラム、アスペルガー、ADHD等
診断名がついて日が浅い日本なんだから
とらえ方がまだまだ一定じゃなくても不思議じゃないですよ。

骨折ならレントゲン見れば一目瞭然でしょうが
もっと大きくならなければ発達障害だと
わかりづらいケースもたくさんあるんですから。
小学生になって特性が強く出て来て
診断名がつくことも珍しくないんですよ。

そもそも自閉症スペクトラムの定義は広い上
その年齢なら親の話から判断することが大きいので
あなたの話し方次第で変わることも大いにあります。

言葉に遅れがある、療育を受けている、
温かく、そして注意深く見守っていく、
今はそれだけではダメですか?
どうして診断名にこだわるのでしょうか?
診断名はあなたにとって重要なんですか?

仮に自閉症スペクトラムでないにしろ、
言語発達遅滞等の可能性は大いにあるのだから
今後の発達次第ということで良いと思いますけれど。

ユーザーID:2983253147
同じ悩みでしたが。。。
ママン
2018年1月12日 8:35


私も発達障害グレーの子供がいて、同じような状況でした。

心理士から【軽度の自閉症】と言われたけど、小児神経科医は社会性があるので自閉症と診断されませんでした。まだ2歳なので、言語療法と作業療法に通ってましたが、幼稚園が始まって早速、他害があり、ストレスマックス。社会性があると医師に言われても集団に入ると違うものです。主さんも幼稚園が始まってから色んな問題が出てくると思います。言葉が遅いと手や口が出る場合が多いので。そして男の子の場合、一瞬で、たたき合いとかになるので、大変です。


私は療育先と幼稚園と連携して、情報交換や時には問題行動の様子を見てもらったりしました。私自身、不眠症、食欲不振とかなり鬱っぽくなりましたが、頑張った甲斐があって息子も大成長。現在、健常ゾーンにかなり近づいてきて、言葉が増えたせいか、問題行動も緩和しつつあります。幼稚園の先生には”お母さんが頑張ったから息子君も大成長です”って言って頂いて涙が出そうに。まだまだ課題はありますが本人なりに成長するので、暖かく見守る事も必要です。




ご存知だと思いますが、自閉症の要素があってADHDやLDかもしれないし、2歳ってイヤイヤ期なので診断が付きにくいです。今後の困り事によって診断が付くこともありますし、ずっとグレーゾーンかもしれません。(グレーはグレーで大変です。時々、診断がついてフルサービスを受けれたらどんなにいいかと考えてしまいます)子供よって成長スピードが違うので他の子と比べるのではなくその子の過去と比べて下さい。応援しています!

ユーザーID:3922419079
違いませんよ
KM
2018年1月12日 8:35

医師の意見と臨床心理士の意見は違ってませんよ。
医師の意見としては現状では発達障害とは言えないということ。
心理士の意見は発達障害の特性をもっているという指摘ですよね。
おそらく発達障害の特性はもっているけど現状発達障害とは診断できないってことです。
総合的には経過観察ってことになると思われます。
2歳児の診断っていうのはそれだけ難しいんですよ。
もう少し様子を見ながら適正な方針を決めようということです。
あせって診断を求めてはだめですよ。
至急の治療や施術が必要な病気ではないんですから。

ユーザーID:9825280267
子どもを見せれば、見せるほど、違うことを言われる-1
鹿まろ
2018年1月12日 9:33

娘は1歳七か月検診から、言葉が遅く、保健師さんに相談を始め、療育に行き、発達障害の専門医に行き
言語療法に通い、作業療法に通い・・・入園してから加配の先生に付いてもらい
また違う市の発達支援センター長に会って、幼稚園での様子を見に来てもらい・・・

これだけの色々な専門家に会いましたが
うちの場合、この専門医が市でも有名な人で、この人が最後まで診断を付けなかったのです。
療育に通っていたため、色々な障害の子に会い、自分の目で見た経験は9か月だけど大きかったです
他の子は、上記の専門医ですぐに診断がついていたのに、作業療法の施設に紹介状を書いてもらっても、とにかく診断名が無く、発達検査の結果が悪いので紹介しますという形で出してくれていました。
他の療育のお友達は、ハッキリ診断名が書かれた紹介状をもらったそうです。

このような状況でも、その専門医の施設の言語療法士に「この(発達検査)数値なら、支援学校に入れてあげないと可哀想ですよ!」と、親に偏見があって子供の障害を認めたくないんですね、扱いを受けたり
紹介された作業療法士にも「見れば、分かりますよね・・・」と、言葉を濁されたり
発達支援センター長も「スグ分かりますよね?」と言ってきたのに、有名な専門医が診断付けないと説明したら「お母様が、診断されたくないって感じでもないですもんね・・・」と、すっかり意見を言わなくなったり
自信ありげに発達障害だと言っていた人達が、ことごとく黙り始めました

幼稚園で加配についてくれた先生は、とにかく空気は読めます、手先や動きが不器用で、理解が遅い
年長で支援級に入れるよう申し込んで、今、小2です。勉強の理解が遅め、体育もフォローが要りますが
お友達関係は順調で、高学年で勉強が大丈夫なら、支援を抜ける話を先生としています。

ユーザーID:5586454335
子どもを見せれば、見せるほど、違うことを言われる-2
鹿まろ
2018年1月12日 9:46

つづきです・・・長くてスイマセン

私の経験から思うのは、色々な事を言われても、真に受けないこと
家に帰って落ち着いてから、言われたことを自分の中で整理しつつ、子供を見て、これは当てはまるな、これは当てはまらないな、と親である自分が判断することが大事
とくに、毎日のように会えない専門家は、分からなくても仕方ないし、むしろ私が説明すべきだと理解しました。
言語療法や作業療法なら「今、○○という状況で、××になってもらいたいのですが、方法はありますか?」と、具体的な困りごとを相談すべきです

専門医は、やはり専門医、結果が一番近いのは専門医の判断だった(うちの場合)
専門医は、通ってきて下さいとは言うが、診断は付けずのグレー扱いを続けました。
そして、専門医の言語療法を辞めると話した時にも「相談があったら、いつでも相談に乗りますから、連絡してきて下さいね」とだけ言われました。

幼稚園の先生には、集団での子供の様子を確認していました。家では経験できず確認できませんので。
指示に従っているのか、お友達にどう対応しているのか、他の子と比べて、どこの成長が遅くて気になるか?などです
うちの地域は1歳から、プレ幼稚園に通えますが、そこに行っていたことも大きくて
プレの先生が入園まで1年以上関わってくれて、園長先生と入園の相談も申し込んでくれて
園長先生は初めてだけど良い先生を加配に付けてあげるから、診断が無いなら発達検査の書類だけでも持って来てくれれば大丈夫よと準備を整えてくれました。
この幼稚園での3年間で、先生方が見たこともないというほど、成長を見せてくれました。

2歳から時々、子供チャレンジで、毎月届くものを出来るか、成長を確認してました
1年後にできるようになったり、年長では年齢相当になったり、子供の成長を確認していました。

ユーザーID:5586454335
様子見で
puu
2018年1月12日 10:10

 はっきりとした診断を下すことで、今現在何か変わることはあるのでしょうか。診断に関わらず現在遅れているところがあり、療育を受けている、それでいいのではないのですか。

 今後診断が下りなければ療育が受けられなくなるなどの選択が迫られればその時考えればよいのではありませんか。心理士ではきちんとした診断が下せるわけではありませんし、その方も様子見でと言われているのですから、なぜそこまで診断にこだわるのかは分かりません。
 診断が下らないにしても何らかの傾向はあるのでしょうし、たとえ健常であろうと、親が対応法を学んだり療育を受けることはマイナスではありませんから。

ユーザーID:2544075243
診断にこだわらず、子供の現状を見る
kitten
2018年1月12日 10:17

まあ、はっきりしているのは
「現実にお子さんの言葉が遅れている」って事と
医師、心理士共に「現状すぐに診断できるほどはっきりとした異常はない」って言っている事でしょ?


だからといって、様子を見てても
状況が改善するとは限らないので
本屋や図書館にある発達障害の子供の「療育の本」を自分で読み
家でできることはやってみたらどうですか?

療育といっても、子供の健全な成長を促すための訓練のことなので
普通の子の教育としても良いですし
普通に育成していく子供なら
ドンドン、療育でやることができるようになって卒業していくので
全然無駄にはなりませんよぉ〜

ユーザーID:7637410859
ASDとADHD
これから発達
2018年1月12日 17:12

発達障害の中にはASD(自閉症スペクトラム)とADHDがあり、さらにASDの中にアスペルガー症候群が含まれると言うのが今の考え方らしいです。
ASDの大きな特徴に「限定され反復的な行動、興味、活動」というものがあるのに対し、ADHDは「多動・衝動性、不注意」が特徴です。医師が自閉症スペクトラムの子とは違うと言ったとしてもADHDのことには触れてませんよね。ASDの人は人の目を見ないけれどもADHDは人懐っこい人が多いなど、正反対に見える特性もあることから一括りに発達障害ではない、と言い切るのも危険かもしれません。
脳の特性が分かれば対処の仕方も分かってくるので、重く考える必要はないですが発達障害の本なども読んである程度知識を得ることも有用かもしれません。

ユーザーID:1808982530
医師の意見かな
オレンジ
2018年1月12日 21:43

あくまでも私の経験上からの意見です。
私の息子は、言葉の遅れから療育を受けていました。。

発達障害の的確な診断ができる医師は、日本中でもそんなにはいないそうです。

臨床心理士という職業は、なるのはとてつもなく大変。

息子は、保健師さん、保育士さん、言語聴覚士、色々な方々に助けられて育ちました。

その中で、冷静かつ的確な判断だったな、と思えるのは医師と長年お世話になった言語聴覚士の先生でした。
医師は息子を清々しい顔で一目見て、「発達の初期段階で歪みが出るタイプ」とおっしゃいました。

何年もの間苦しめられていた私の疑問が払拭される時でした。

「う〜ん」困ったような顔で〇〇の傾向がある、という専門家の意見は、私にとって、不安にこそなれ、当てにはなりませんでした。
息子は今、高校生。リア充タイプではありませんが、それなりの青春をエンジョイしています。

ユーザーID:6570543216
だからこそスペクトラムという
flower
2018年1月13日 5:00

健常か発達障害、白か黒か、という話ではありません。

それぞれの人がそれぞれの傾向を持っていて、ある傾向が一般よりも非常に顕著な状態で現れ始めたところで、便宜的に「発達障害」という判断を下している、ということだと思います。例えばその判断基準が100だったとすると、表面的には99は「健常」で101は「発達障害」ということになるのかもしれませんが、99と101が非常に近いことは事実として変わりません。さらには、専門家によって、同じ子供が95と診断されたり120と診断されたりすることもあると思います。すごく難しい線引きだと思います。

重要なことは、どちらにしても、同じような対処法が有効である可能性が非常に高い、ということです。


うちの子は発達障害とは診断されていませんが、傾向を持っていますので、診断にかかわらず、対処法などを勉強して対応しています。一番大事なのは、お母さんが診断の意味をしっかり理解して、しかし診断にばかり振り回されることなく、お子さんの生きづらさを理解して、それに対処してあげることだと思います。

レッテルを貼ること自体には何のメリットもないと思いますが、これから大きくなるにつれ、もしお子さんが生来の傾向のせいで生きづらさを抱えるようなことがあったら、「ほかの子がみんなやっているから、みんなできているから」というだけの理由で何かを強制するのは、本当に酷なことです。お母さんが一番近くにいてみているのだから、お子さんのことはあなたが一番よくわかっていると思います。そのことを誇りに、万が一子供さんが苦しんでいるようだったら、それを見抜いて、力になってあげてください。今は本も情報もたくさんありますから、自分でも勉強できますので。

ユーザーID:0577619782
ほとんどの子はグレー
ちょこ
2018年1月14日 14:37

発達障害かどうかなんて、わりとあいまいですよ。
いわゆる「病気」とは違いますから

さらには子供の成長は凸凹ですので小さいときに決定づけられることばかりではありません。「実生活であれとおもうことや困りごとが見え始めたら」対処するで今は十分かと思います

そもそも発達障害という考え方がでてきたのが近年のことであり、よほどずば抜けて特徴的な行動がないかぎりその年齢では確信は持てないと思うのですが
ましてやその特徴が社会で生活するうえで問題にならないのであればただの個性の範疇です

お母さんはふつうのお子さん以上にお子さんにたくさんの刺激や楽しみを与えてあげてきっちりみてあげる、それくらいでいいと思いますよ
よその母子さんとも十分にお付き合いなさって下さい。子供ごとにいろんな特徴があるのがわかります。一番怖いのはお母さんが自分の子しかみていなくてケアが必要な状態か判断できないもしくは発達障害という言葉にとらわれすぎることだと思います

専門家にばかりまかせずご自分でも勉強なさるといいかと思います。
心理士の方にも「どういう行動がその特性を示すのか」参考にきいてみられてはいかがでしょう

ユーザーID:8860535836
 
現在位置は
です