現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

床下エアコンはどうですか?

娘が嫁に行った
2018年1月12日 19:34

老後に向け終の棲家の建設を予定しているアラカンです。老後は夫婦で静かに暮らしたいと願い、山のふもとの別荘地に家を建てる予定にしております。当然のことながら夏は幾分涼しくとも、冬は雪が降り市街地よりかなり寒いです。中部地方で1月〜3月の平均気温は5度です。

ここで皆さまにお聞きしたいのですが、最近話題床下エアコンは実際のところその使い心地はどうなのでしょうか。

私たちが初めて家を建てた30年前は床暖房が出始めた頃でした。なので現在の家は床暖房とオイルヒーターの併用、特に寒い日はガスファンヒーターです。床暖房の快適さは十分理解しており、冬は寒さ知らずで過ごしております。しかし今度の家は夫の強い要望で薪ストーブがメイン暖房です。私としては毎日薪ストーブを炊くとは限らず(予定ではあと5年ほどは週の半分を今の自宅で過ごし、残り半分を別荘地で過ごす、行ったり来たりの生活になります)そのため補助暖房は必要だと考えております。夫はエアコンの音をとてもきらい、薪ストーブとパネルヒーターにするといっております。
私は床下エアコンならそれほど音がしないのではないかと考えておりますが、実際のところはどうなのでしょう。他にも自動温度設定できる点などにも魅力を感じております。なお、今回の家は無垢材3cmの床材を使いますので床暖房は使えません。

実際に床下エアコンを利用されている方、上記に挙げた以外にそのメリット、デメリットを教えてください。

ユーザーID:8333018989  


お気に入り登録数:24
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:3本

タイトル 投稿者 更新時間
使わない
養子社長
2018年1月16日 15:52

義父所有の別荘がかなり寒い地域にありまが、薪ストーブだけでもOK。
確かに別荘に到着して、薪ストーブを焚いても暫くはかなり寒いです。

義父は薪ストーブが面倒になってしまったので、床下エアコンを設置しておます。
それをつけてもすぐには暖まりません。
床下エアコンは、薪ストーブと同じで輻射熱で暖めるのですから、床下全体が暖まり、それから床が暖まり、次にやっと空気が暖まるのですから。
だから、別荘の管理人に頼んで利用日の2〜3日ほど前から床下エアコンを稼動してもらっています。

つまり、薪ストーブの補助として床下エアコンを着けても、あまり意味が無いと思いますよ。
それよりも折角の薪ストーブ。
上手に使うことで大半の問題は解決できます。
薪ストーブを点火後、暫くは針葉樹の薪をガンガン焚いた方が早く暖まります。
針葉樹の薪は安くていいのですが、一気に大火力で燃え上がる利点と、あっというまに燃えつきるという欠点があります。
ウチの場合は、最初は杉や檜の薪をどんどんくべて一気に温度を上げて、おちついたらコナラやクヌギの薪に切り替えます。

以下、薪ストーブについて。
真冬は薪ストーブを24時間焚きっぱなしにします。
1日で薪を50kgくらい使います。
薪は普通に買うとキロ40円くらいですから1日2千円の暖房費になります。
別荘地なら軽トラ一杯(積載量350kg)で5千円くらいで製造直売している所もあるでしょう。安いところが近くにあれば1日7百円くらいで済みます。
別荘の永住組みの方の話では、一冬で7〜8tの薪を使うそうです。
安いところで買っても薪代が10万円くらいになる。
今では薪割りが趣味になっているそうです。
自分で割れば、結構タダで材木が手に入るのだそうですよ。
節約しないでガンガン焚くと、半袖で暮せるそうですよ。

ユーザーID:1242703663
ありがとうございます
娘が嫁に行った(トピ主)
2018年1月17日 13:07

一時期とても流行った蓄熱暖房はここ最近はメーカーがあまりすすめていないと聞いております。嘘か真か夜間深夜電力費が膨大で国が推奨しなくなったとか。私も家を考え始めた頃、次はは蓄熱式でと考えておりました。それが、メーカーが積極的に進めていないようで行きついたのが床下エアコンでした。メーカー説明によると床下エアコンも基本は蓄熱暖房と同じように24時間つけっぱなしだそうです。ただ、温度センサーがついているのでエアコンが自動でオン・オフを繰り返すためにそれほど大きな電気代にはならないというお話でした。

ユーザーID:8333018989
薪ストーブ
キノコ
2018年1月20日 20:45

終の棲家に薪ストーブ、素敵ですがあまり現実的ではないような気がします。
私自身は都会暮らしのヘナチョコ主婦ですが、欧州に住む友人が
「老母が薪を家に運び入れて転んで怪我したのよ、だからやるなって言っていたのに!」と嘆いてました。
友人宅も薪ストーブ使用なので旅行に行く時は近くに住む親族に頼んで家を暖めておいてもらうそうです。
やはり手間がかかる物なので今はいいけれど、高齢になった時が不安です。
だからこその床下エアコンなのでしょう、今取り付けるとフル稼動させる10年後、つまり薪ストーブ運用が辛くなった頃は取り替え時期となります。
できるだけリフォームがしやすい物を選ぶといいと思います。
10年後ならばエアコンの性能がアップして音が静かになっているかもしれないし、夫さんの耳が遠くなっているかもしれない。
ごく普通のエアコンも設置できる設計にしておく事をお勧めします。

ユーザーID:4236500881
 
現在位置は
です