現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

飼い猫たちが病気のデパートです(泣) 携帯からの書き込み

佐々木
2018年1月13日 19:03

夫婦と猫2匹の4人家族です。
猫はAちゃん(雑種・♀・5歳)とBちゃん(雑種・♀・6歳)です。3年前にAちゃんを、2年前にBちゃんを、近所の保護施設から譲り受けました。
2匹とも本当にかわいく愛おしく、一緒に暮らせる幸せを噛み締めているのですが、病気に悩まされています…(泣)
まずAちゃん、やってきた当初から慢性の鼻炎を患っており、一昨年突然倒れました(鼻の膿が三半規管を侵したため)。即入院・手術となり、幸い命は助かりましたが、まっすぐ歩けないという後遺症が残りました。鼻炎自体は治っていないので、現在も定期的に通院して抗生物質などの薬を服用し続けています。
そしてBちゃん、もともと食の細い子でしたが、昨年末一層痩せてきたため検査を受けたところ腎不全との診断でした。入院を経て、現在は自宅で投薬や輸液を行っています。
Aちゃんも体のわりに腎臓が小さく、腎不全を発症するリスクが高いと獣医師さんに言われています。

実は、Aちゃんを迎えるとき、Cちゃん(雑種・♂・当時1歳)という子も一緒だったのですが、FIP(猫伝染性腹膜炎)にかかりたった4ヶ月で天国に行ってしまいました。

皆まだ若いのになぜこんなに病気がちなのか、うちの環境がよくないのか…と悩んでしまいます。
食事は低炭水化物で添加物の少ないいわゆるプレミアムフード、免疫力を上げるサプリメントなども与え、なるべくストレスが溜まらないように猫の要求第一の生活を送っているつもりなのですが、何か他にできることはあるでしょうか…。

ちなみに3匹とも元野良猫で、エイズキャリアです。そのためペット保険には加入できませんでした(金銭的にもかなり大変です〜)。

ユーザーID:0154518558  


お気に入り登録数:51
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:9本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
いや・・・それは
ICHICO
2018年1月13日 22:01

当たり前のことだと思うんですがね。

そういった病気を抱える(発症する)リスクを前提にして保健所や保護施設から迎えるもんじゃないの?

>まずAちゃん、やってきた当初から慢性の鼻炎を患っており

定期的な通院治療は与えていましたか?

保護施設からお迎えくださったことには感謝の意を表しますが、経済的に無理があるのにエイズキャリアであることが解っている猫を3匹もむかえるなんて無謀ですよ。

と、あまり厳しいことを言ってもね・・・・・

まずフードですが、療法食に拘り過ぎなくても良いと思いますよ。
というか、療法食も現在はかなり種類が豊富になっていますので、あれこれ試してみるといいでしょう。
最初は食べてくれていたのに食べなくなっても、すこしそのフードをお休みしてまた挙げてみると食べ始めたりもします。
腎不全という事ですが、シニア用のフードでも良いと思いますしね。

ドライフードの食いつきも、ぬるま湯でふやかしてあげると食べてくれたりしますし、ウェットも軽く温めて出してあげると喜んでくれたりもします。

>皆まだ若いのになぜこんなに病気がちなのか、うちの環境がよくないのか…と悩んでしまいます。

トピ主様のお宅の環境というより、そもそも元ノラのこたちですから何かしらの病気を発症するのは「当たり前」と思わないとね。

それとね、5歳6歳の元ノラの猫ちゃんはもう年寄ですよ。
若くはない。
生後間もなくから完全室内飼いをしている子であれば15年以上生きることも多い(我が家では21年生きた子もいます)
でも野良ちゃんは過酷な環境でそだっていますから・・・。
それこそ猫同士の喧嘩で病気を貰ってしまう事も有るわけでね。

エイズキャリアもあるのですから、今後に備えていろいろ対策を勉強なさってください。
心の準備も必要ですよ。

がんばって

ユーザーID:0548641138
覚悟‥…。
rekotty
2018年1月13日 22:22

ペットを飼う‥…『覚悟!』ですね。ショップでマンチカンMIXを一目惚れで。遺伝か?と、腎臓病。近所の獣医師に、医療過誤?。命の危険!大学病院で入院、手術涙、涙…。未だ1歳のいきなり重症!
費用、40万円。可愛く、色々グッズやケージ、1~2年でで100万円近くに。療養食や、CT.やMRIなど診察料の高いこと。人間の子供を育てるより高いかも。
飼う、『責任!』ですね。
イタズラな顔、擦り寄ってくる。しんなり毛並み。「グウんグウん」と訴え「オシッコしたよ~」「フード欲しいよ」前脚洗面台に伸ばし「にゃあぁんっ、お水飲みたっ」な、おしゃべり…‥。大事なもの噛みちぎられ、肌を見ると飛びつき引っ掻く癖も。。
貴女の猫ちゃんはどんな癖が?きっと、全て許してしまう、でしょう?眼は何色、尻尾はクルン?何か興味があると尾っぽが立ってたり、チョッピリ怒ってる時は左右にbling-blingと、振ったり、面白いし、発見ですよね。顔も、スッとなったり、微妙にまあるく、なりませんか?不思議ですね…。
プレートに「マンチカン、ペルシャ」って
「ノルウエージャンフォレストキャット」だったのか?首回りフサフサの艶やかな毛並みが、お腹まで続いて綺麗(中々、触らせてくれない)鼻筋もペチャじゃなく、スッキリ。。
今も腎臓に石。尿路結石の砂状の結石が在り尿管開きの手術、もう懲り懲り。
バターの匂い、クリーム、シリアル、ミルキィ大好き「グウん(欲しぃ。一人でっ、ずる~ぃ)」の顔、あげられない、禁止なんです。体重5キロにも!‥要ダイエット!。走りが凄い、突っ走る、なんとか体重維持に。
本当に、可愛くて可愛くて、なんでしょうね。お世話、本当に大変だと思います。2匹も居るのですね。野良は、病気が有って当たり前。保護は覚悟ですよね。いきなり、重症になるのですから、辛さを実感しました。最後まで看てあげて下さい。小さな可愛い命。

ユーザーID:9701400793
我が家も
匿名
2018年1月13日 23:22

推定1歳の時に保護した猫がFIVキャリアで、やはり若くして腎不全を発症し1年の闘病生活の後に虹の橋を渡りました。
やはり野良生活は確実に体を蝕みますね。
まだ生後3か月の子猫のうちに保護されたもう1匹の猫は持病もなく健康で現在8歳になりましたので、腎不全の猫はどれだけ辛い生活を送って来たのだろうと思います。

しかしFIVキャリアであっても、鼻炎持ちであってもその猫ちゃん達を受け入れたトピ主さんはとても心優しい飼い主さんです。
猫ちゃん達は幸せですね。
治療費の高さは私も経験しましたのでよくわかります。
輸液は毎日自宅でやってましたし、毎週病院通いで月に万単位でお金が飛びましたね。フードも療法食ですし。
それでも命を預かっている使命と、小さな体で懸命に闘病してる姿に心打たれて私も出来る限りの看病をしたつもりです。

自分の話ですみません。
猫ちゃん達の病気は保護以前の環境や先天的な物も大いにあるでしょうから、トピ主さんが気に病む必要はありません。
治療や投薬、フードに気をつけていれば後はお家の中で暖かく穏やかに過ごせればそれで十分ではないでしょうか。
腎不全は体調に並があります。なので日々食欲があるかどうかも気をつけて見てあげてください。
特に寒いと体調悪化しやすいです。我が家も冬に発症しました。
また食欲も落ちるのでフードもかなり色んな種類を放浪しましたね。
でも最期は療法食ではなく食べたい物を食べさせました。
お腹を空かせて旅立たせるのは可哀想だったので。

毎日のお世話お疲れ様です。トピ主さんもどうぞご自愛ください。

ユーザーID:8214368055
共倒れにならないように
ナンドル
2018年1月14日 6:07

まず、いくら猫が可愛くてもあなたが倒れては元も子もありません。

動物と暮らすにはそれなりの覚悟はありますよね(病気や自分たちより先に老い亡くなる)
言葉が通じないので、こちらの努力が無になることもありますが佐々木さんと猫の距離をしっかり保つことも大切だと思います。

私はラブラドールを飼っていましたが悪性腫瘍で亡くしました。
老犬の上、診断されてから1週間で旅立ちました。
命ある以上飼育を放棄することは許されませんが、人間も生まれつき病気を持つ人もいるように、動物も余命はあります。

犬や猫の1日は人間の1週間〜10日と言われます。
どこまでの治療を与えてやるかはあなた次第ですが、経済的な範囲で考えることも重要です。
動物の治療費で人間の治療費が払えなくなったら本末転倒ですから。

ユーザーID:3231462329
猫ちゃんより感謝
ねこ
2018年1月14日 15:47

主様ありがとう…。
貴女優しいです。
本当に優しい人です。

他に何かしてあげなくても良いではないですか。
可愛がって、ご飯食べさせて、病院に連れて行って…。

生き物には、皆運命があります。
人間も動物も運命には逆らえません。
出来ることをするしかありません。

主様の猫達は幸せです。
少しでも長生き出来るよう祈ります。

ユーザーID:7205064823
これは愚痴なの?
うちにも猫がいます
2018年1月14日 18:57

うーん、病気の猫ちゃん、大変ですね、猫がですが。

でも読んでて思ったんですけど、
先ずAちゃん。
貰ってきた時から鼻炎という事ですけど、
すぐに治療をしたんでしょうか?
(してたらスミマセン)

もししてなくて、ある日突然倒れて云々だったら、
これは飼い主の責任ですよ!
猫は自分では病院に行けないんだから
常日頃からキチンと猫猫チェックしなきゃ。

あとBちゃん。
腎不全って事だけど、この子の食事はカリカリだよね?
でも腎不全ってうちの猫もなったから分かるんだけど、
水の摂取量が非常に重要じゃない?

カリカリだと水分が足りないから
お水を飲ませる工夫とか、そもそも食事をウェットにしたりとかした?

うちも先代が腎不全だったけど、
お水は少しづつ色んなところに沢山置いて、
一回飲んだら取り換えてってやっていました。
勿論輸液にお薬も。

大変だったけど、やっぱ長生きしてほしいもんね。
お水はなかなか猫って飲まないけど、
今いる猫は40度くらいのお水はよく飲むので
一日に数回が温かいお水をあげています。
あとおしっこの量もキチンとチェックしてね。

そういう工夫をしてみたらどうかな?
少しは猫ちゃんも楽になると思うけど・・・・

でも動物を飼う事って病気になっても死ぬまで飼うって事だと思うから、
キッチリ面倒をみてあげてください。

うちの先代腎不全子はなんだかんだで20歳まで生きました。
先代も頑張ったと思うよ。
人間も頑張ったけど。
猫ちゃんたちの事、見捨てないでね。

ユーザーID:5399997312
エサの指導は?
ふむ
2018年1月15日 7:52

病院にもよるんですが、フードを細かく指導する先生もいます。
腎不全といっても、どういう状態なのか?によりますよね。
うちもクレアチニンが高い子が2匹います。
クレアチニンが2.0〜2.2で、その他リン・尿検査・SDMAも正常。
クレアチニン以外はすべて正常なので筋肉質のせいかも?
とりあえず療法食の中でもたんぱく質の低いものを選んでいますが、
脂質が高いので他の病気にならないようバランスに気をつけています。

免疫力をあげるサプリは、医師の指導であげているんでしょうか?
サプリといえば活性炭のサプリもありますよ。
活性炭が含まれた療法食のドライフードもあってうちの子はビーフ味が好きみたいです。

うちはまだ初期段階なのですが、友人の猫はかなり進行しています。
そこの先生はフードに詳しいようで、かなり細かく計算してくれるそうです。
フードに関してはすべて先生に相談しているとか。
他の病院で評判のいい先生がいるところに行ってみるのはどうですか?
先生によって専門分野は違いますからね。
うちが通っている病院は獣医師が8人いて、それぞれ専門分野が違います。

私は今より悪化させないようにと思っています。
4匹いますが健康診断は年3回してます。
いつも結果が出るのをドキドキしています。
保険に入るより貯金したほうがいいと思い、加入してません。

腎不全にきくと言われている新薬がありますが、
猫によっては体質にあわないとか、進行の度合いによってはきかないなどあるそうです。
うちも先生から、試してみようか?という話がありましたが、
昨年と比べて悪化していないので先生と相談した結果見送りました。
友人のところは、数値が正常値まで下がるなどかなり効果があったそうですが、
体質的に合わないようで嘔吐の回数が増えて断念したそうです。

ユーザーID:8703910736
生活の質
うーん
2018年1月18日 20:01

我が家にもエイズキャリアの猫がいます。
うちの子も、少しだけ体が弱いですね。
発症させないようにするには、生活の質を上げるぐらいしかないと聞いたので、我が家では

・年2回の健康診断
・毎日サプリ
・プレミアムフード 
・水分をとらせるためウェットフードも与えている
・水の器は大きく、まめに取り換え、台に乗せてる
・暑さ寒さもストレスのため、室温と湿度の管理
・高い場所に登れる、窓の外を見れる、猫ベッド複数配置、床はカーペットで歩きやすく
・トイレ複数設置、こまめに掃除
・ベタベタに甘やかす

今のところ深刻な病気はないので、できるかぎり快適に過ごせるよう(ストレスで免疫を下げないよう)考えてるだけです。

ユーザーID:5024222875
トピ主です携帯からの書き込み
佐々木(トピ主)
2018年1月23日 18:22

遅くなりましたが、皆さまありがとうございました。励ましやアドバイスありがたかったです。
我ながら、愚痴だか相談だかわからないトピでしたね…。これからどうなっていくのか不安で、がんばれ!と言ってほしかったのだと思います。

ご質問にお答えしますと、Aちゃんの鼻炎は病院に相談していました。けれど、慢性的なものなので治らない、症状がひどいときに対症療法をするしかない。と言われていました。
当時の獣医師の診断をうのみにし、セカンドオピニオンを考えなかったのは怠慢だったと反省しています。
あと、お水を飲ませる工夫はしているつもりでした。水をおいしくするという触れ込みの食器を使用したり、温かい水が好きなのでお湯を足したり、こまめに入れ替える等。けれど足りなかったのでしょうね…。

2匹には本当に申し訳ないことをしましたが、これからできることを全力でやるしかありません。
幸い夫婦共働きで子供もないため、金銭的な理由で治療をあきらめることはありません。どんな状態になろうとも、最後の最後までお世話します。
これでトピを締めます。皆さまありがとうございました。

ユーザーID:0154518558
 
現在位置は
です