現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

西郷どん!【ネタバレ注意】 携帯からの書き込み

亮平様命
2018年1月14日 21:11

今年の大河ドラマ'西郷どん'始まりましたね。

今日から大人の西郷どんが出てきました。
私は鈴木亮平様の大ファンなので、一年間毎週日曜日が楽しみです。
内容も面白くグイグイ引き込まれていきます。

'西郷どん'ご覧のみなさま、レスどしどしおまちしております〜!

ユーザーID:8315065906  


お気に入り登録数:57
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:47本

タイトル 投稿者 更新時間
昨日家族で泣きました携帯からの書き込み
西郷どん頑張れ
2018年1月15日 10:53

極貧農家の痩せた長女が
借金取りに追い立てられ、
乱暴に引っ張られて
売られて行きましたね…

ガリガリの
親と小さい弟は泣いて立ってた。

「かわいそう」
「助けてください」
「もう少し待ってください」

極貧の民たちは
そんな事1つも通用しないと
1番わかっていて、

西郷どんの泣きながら土下座は無意味で

貧乏人にとって これが日常で、
これからも良いことなんか何もない

という事が
少ない台詞で存分に伝わりました。

テレビを観る子供達は
雷に打たれたように
止まったまま観ていました。

批評や視聴率は気にせず
うちは最後まで観ます。

貧しい姉弟が西郷どんから
雑穀おにぎりをもらっていましたね。

2人の顔と
「米ってこんなに美味しいのか…」
と言った女の子が何度も
思い出されます。

ユーザーID:0523486893
ドラマは 【脚本が命】 だと、つくづく思う
2018年1月15日 13:29

(こう言ってはなんですが)

”篤姫”以来、「久しぶりにまともな大河が戻ってきた!」って感じです。



どんなに良い原作を元にしても、

どんなに上手で、どんなに人気のある俳優さんたちを使っても、

どんなにすばらしいロケ地で撮影しても、


ドラマは【脚本】がダメなら まったく面白くなくなります。

視聴者置き去りで 自己完結しているような脚本では、人の心に響かないのです。


だから、ドラマは ぜーったいに 【脚本(セリフ)が命】です。




そういう意味では、

『西郷どん』は1話めから、視聴者の心をぐっ!と掴みました。


先週、今週と見ましたが、45分が”久しぶりに”あっという間でした。

セリフがばんばん【入って】きますよね〜。

思わず、身を乗り出して見入ってしまいました。


さすが!!『花子とアン』の脚本家さんですね。



「これから1年、ずっと見続けよう」、と久しぶりに思える大河です。

とってもわくわくしています。

ユーザーID:8745788330
第1回から見ています
ナビ
2018年1月15日 20:50

トピを立てて頂きありがとうございます。
初回から見ています。西郷どんと大久保さんの生き方が、少年時代から違っていて興味深くみております。
今のところ、原作本にはないシーンでいっぱいです。

ユーザーID:6478032560
自分も
りりかな
2018年1月15日 20:52

鈴木亮平さん、大好きです。
めちゃくちゃハンサムというわけではないですが、とてもとても心惹かれます。

出だしから面白いなと思って見ています。

でも、それ以外に、薩摩弁の指導をされている迫田孝也さんが好きなので、ことば指導だけではなく、出てきてほしいなとちょっと期待しています。

2年ぶりに楽しみができました。

ユーザーID:2047567172
西郷隆盛は、理解の難しい人ですね。
うどん
2018年1月16日 11:13

儒教的教養があり、英明な君主である島津斉彬の薫陶を受けた人で、
あれだけ数字に明るく頭が良い人でありながら、結局は斉彬の欧化
政策をついに理解できなかった。

人格的魅力とか迫力はものすごく統率力は抜群で、戦争指導をさせ
ると10万人規模の戦争指導がらくらくとできてしまう器の巨大さは
稀有のもので、第一次長州征伐などは事実上、西郷がまとめ上げ
ますし、戊辰戦争も天才戦術家・大村益次郎を抜擢して作戦を委任
するなど、適切な戦争指導を行っています。

一方で性格は複雑で、斉彬に対しては終生尊敬の念を持ちつつも、
島津久光に対しては侮蔑を隠そうともせず、本人の目の前で
「ジゴロ(田舎者)」と口にするほどで、君主としての久光を全く
認めず、薩摩藩をいわば勝手に切り回して勝手に討幕してしまう等、
久光側からみたらクーデターまがいのことも平然とやってしまう。
むろんそこには、西郷の憂国の心情と今後の日本がどうあるべきか
というビジョンがあってのことですが。

彼は多くの人から「仁者」として慕われる人ですが、一方で軍事力を
背景とした外交が最も得意で、戦争指導も上手いがその手前で上手に
薩摩有利に情勢をつくっていく、というのがなにしろ一番の得手です。

そんな人がいわゆる「今日的な価値観におけるいい人」であろう筈も
なく、そのあたりの人柄の良さと凄味のある政戦両略の達人という
二面性こそが、西郷の最大の魅力だと私は思います。

そういう戦略家である西郷が、その晩年は私学校生徒の暴発を抑え
きれずに、彼らに担がれ一切その能力を封じたまま流れに身を任せ、
賊軍として滅びていくわけですが、そのあたりにも、西郷を理解
しづらい部分がある。

凄味があるけど仁者で、頭はいいけど愚者のごとくで、よくわから
ないけどなんだか惹かれる。そんな役どころを鈴木亮平が演じきれる
かどうか、注目したいです。

ユーザーID:7848899576
テーマ曲が素晴らしい〜!
じゅうどう
2018年1月16日 14:50

テーマ曲が素晴らしくないですか?

運動会で流れていても、おかしくない様な、明るくてテンポが合って
西郷どんにピッタシ!

ちなみに、このテーマ曲を作った人、連続テレビ小説「マッサン」のテーマ曲を作った人ですよね。
知っていました。

ユーザーID:7136329241
宙さんに同意します
なみ
2018年1月17日 19:38

脚本の力・・・今回の大河は、『ドクターX』を手掛けた脚本家の作品と知って、なるほどと納得。
ぐいぐい画面に引き込まれて、これでもか、これでもかと、息つく間もなく面白い・・・さすが。
宙さんが見事に上手く表現されています。(お名前を拝借してすみません)

大河ドラマはほとんど見なかったですが、脚本家の名前に惹かれて、早くも来週が待ちきれません。
はまってしまいました。(笑

ユーザーID:2130718617
写真又は肖像画の発見を期待したい。(横)携帯からの書き込み
ヒストリアン
2018年1月19日 13:06

西郷は大変な写真嫌いで、彼の肖像写真は未発見です。
一説によると、彼は刺客に狙われるのを警戒していたためらしい。

教科書に掲載される彼の肖像画は、外国人の画家が実弟西郷従道と従兄弟大山巌の顔を組み合わせて、想像して書いたものといわれており、実物とかけ離れているのは間違いない。

最近の報道では、ある民家に伝わる新たな肖像画が発見されたそうですね。
それを見た西郷の子孫たちは、顔の特徴は似ていると評価したとか。

彼の肖像写真が、どこかで発見されてほしいと切望しております。

ユーザーID:2868369678
横ですけど、うどんさんへ。携帯からの書き込み
ヒストリアン
2018年1月20日 23:36

「抜擢」という表現に、違和感を覚えます。

上野戦争当時の西郷は、いわば中央から派遣された部隊の指揮官に過ぎず、政府や軍の人事権を持っていなかった。

一方大村は軍防事務局判事という肩書を持つ、明治政府の高官です。

彰義隊の勢力伸長を問題視した中央政府が、それを鎮圧するため大村を派遣したのであって、そこに西郷の意思が反映される余地などなかったはずです。

ユーザーID:2868369678
子役が良い
ナビ
2018年1月22日 7:42

第3回、中村半次郎(後の桐野利秋)少年が登場しました。貧しくても武士の誇りを失わない示現流の達人が、大変上手に演じられていました。原作本には出てこないですが、ドラマとしては効果的なシーンでした。

ユーザーID:6478032560
このトピは
ナビ
2018年1月28日 14:25

大河ドラマ「西郷どん」の感想を主に投稿していいのかと思っていますが、歴史上の西郷隆盛さんのレスばかり並んでいますね。
女性脚本家が書くドラマですので、今までとは違ったものが見られると思います。すでにそうなっているような気がします。

ユーザーID:6478032560
ヒストリアン様へ
うどん
2018年1月28日 18:25

本題から離れた話題、お許し下さい。

西郷が大村の戦術案を採用し、指揮官として任命され作戦を実施したのが大村
です。西郷は新政府軍の東征大総督府参謀で、大村より実際の権限は上です。

新政府の総裁である有栖川宮熾仁親王が総裁職と兼任で東征大総督に就任し、
徳川家とそれに追従する藩(日本最大の武力集団)を制圧する目的の集団であ
って、そんな重大な任務を遂行する政戦両略の手管は宮様にはないから、その
下の「参謀」が事実上の戦争指導とさらに高次の政治までをも行う実務者とし
て配置されていたのです。

当時、新政府と言ったところで要するに薩長の軍事力を背景としただけで、金
もないし政府を構成する人間も薩長等から臨時に出仕した少数の人間以外には
おらず、幕府のように官僚も抱えていない、日本を統治するなど事実上できな
いような張り子の虎でした。これから創っていく政府なのです。

なので、大村の肩書きは内実はほとんどなく、薩長がバランスよくポストを占
めあうためのものでした。士分ですらなかった大村が大層な肩書きを持つこと
になったのも、長州の相次ぐ人材消耗の結果です。

しかも長州の軍事力は大きく消耗していましたから、要するに主力は薩摩なの
です。大村がどう言おうと、大部隊である薩摩から戦術指揮官を任命する判断
をしてもそれで通ったところなのに、大村を任命したところが西郷らしいと思
います。

大村は精緻な戦術案を練り上げ、西郷は彼の案を採用すると同時に指揮を取ら
せました。大村は当時としては珍しく火力戦への造詣も深かったから、肥前の
アームストロング砲や四斤山砲で火力による制圧と歩兵による攻撃を連携して
行い、戦域を限定しながら日没までに決着をつけるという難題を見事にこなし
ました。

一介の医師あがりの人間に最重要局面の上野戦争の現場指揮を任せる。
私はそれを抜擢と書いたのです。

ユーザーID:7848899576
第4回の感想
ナビ
2018年1月29日 9:18

ないごて、フィクションだらけにしちょっとなぁ。

鹿児島弁ふうに書いてみました。ドラマはフィクションですが、ロシアンルーレットはいかがなものかと思いました。
そんな中で、中村半次郎が芋を持って西郷どんを訪ねるのは、よく知られたエピソードで、半次郎を励まして芋を受け取る西郷どんの人柄がしのばれるシーンだったと思います。

ユーザーID:6478032560
トピ主です。携帯からの書き込み
亮平様命(トピ主)
2018年1月29日 23:49

西郷どん、4話まで進みましたね。
赤山先生切腹…もう涙がとまりませんでした。

斉彬と父親斉興のロシアンルーレット、もードキドキでした。

脚色の多さを気にする意見もありますが、私は毎回観る度に大変面白く感じています。

亮平様を観たいのも勿論ですが、ストーリーが気になって日曜日の8時が待ち遠しいです〜。

皆さん、レスお待ちしております!

ユーザーID:8315065906
原作とTVドラマ
ナビ
2018年2月4日 10:54

今のところ、原作とTVドラマは相当異なっていますね。岩山糸や赤山ゆきえ(漢字が難しいのでひらがなで)は、原作本にはあまり登場しませんね。
第5回に登場すると思われる於一(後の篤姫)も、肉付きの良い健康な女性というのが原作です。

ユーザーID:6478032560
第5回感想
7717
2018年2月4日 20:45

殿様に勝った吉之助が、なぜ牢屋に入れられるのか?原作にもないことだし、さっぱりわかりません。

ユーザーID:6478032560
篤姫さまの登場
マリイ
2018年2月4日 21:23

ごきげんよう。
「第5回」お相撲大会の観戦に、北川景子さん演じる篤姫さまの登場。
目はそっちに行っちゃいます。

伝説の、宮崎あおいさんの「篤姫」は2008年。 10年もたったのか!

姫さまがたが登場されると、場面もパッと華やいで、ときめく私。
篤姫も頑張れ!
という気持ちです。

ユーザーID:5631952104
第5回は相撲大会
ナビ
2018年2月5日 16:03

トピ主さんのHNとなっている吉之助役・鈴木亮平さんの筋肉質の力士姿を見ることができました。それが第5回の収穫でしょう。
5回とは言え、50回放送とすれば、もう1割終わったのですね。いつ江戸や京都へ行くのだろうと思います。その前に島流しでしたね。

ユーザーID:6478032560
篤姫さま
ナビ
2018年2月9日 8:16

第5回に登場した篤姫さまの顔色は、白粉で白いのではなく、やや日焼けした肌色に見えましたが、気のせいでしょうかね。

ユーザーID:6478032560
第6回の感想
7717
2018年2月11日 19:03

前回、吉之助さぁが牢屋へ入れられましたが、その訳が徐々にわかってくるのでした。今回は、なかなかいい感じに仕上がっていた恋バナですが、幕末でなく、カツラをかぶらなくてもできるのではないかなと思ったところです。

ユーザーID:6478032560
 
現在位置は
です