現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

貧乏な子供時代を送ったこと

貧乏育ち
2018年1月16日 17:07

60代も後半になります女性です

私は今でこそ、まあまあ恵まれた生活を送っておりますが、小学校に上がるころ、父が経営していた会社が倒産し、それまでの裕福な生活から一転、どん底のような生活になりました。昭和30年代です

家には住み込みのお手伝いさんや、会社の従業員も沢山いたのに、みんなどこかに行ってしまい、私たち家族(祖父母、両親、姉私妹弟)は唯一残った工場の片隅を住みかとして寄り添って暮らすことになりました

私の小学校入学時には一番苦しかった時なので、かろうじてランドセルだけは親戚から贈られたので何とかなりましたが本当にないない尽くしの生活でした。

一つだけかろうじて前の生活の名残はまだ田舎では珍しかったテレビが大きな電気屋だった母の実家から贈られてあったことでした

その生活は中学校に上がるころまで続いたのですが、日本全体が貧しい頃だったので昔の事を知っている人から見たら可哀想だと思われたかもしれませんが他の近所の友達とは結構楽しくやってました
田舎には山も川もあり、今ほどうるさくなかったので、おやつになる木の実や遊ぶ場所も沢山ありました

日本経済の成長とともに新しく父が始めた事業も何とか回るようになり、裕福まではいかなくても私たちは全員大学まで出してもらえ、それなりに結婚し仕事について今日まで不自由なく暮らしております

ところが、最近、あのどん底の様だった暮らしが懐かしくてたまらないのです

きれいな夕陽を見たり、夏の暑い日に大きな木の陰で休んでいたり、あの当時流行っていた歌を聴いたり、そんな瞬間にあの頃の事を思い出して泣きたくなるほど恋しいのです
あの頃の幼い自分が健気で愛しくてたまらないのです。年を取るほどその気持ちが強くなってどうしようもありません

だから何だということではないのですが誰かに話してみたかったので読んで下さった方有難うございます

ユーザーID:6425961391  


お気に入り登録数:270
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:65本

タイトル 投稿者 更新時間
私もです。
田舎育ち
2018年1月16日 19:43

最近は、(といっても、3,4年くらい前からですが)
トピ主同様、小さい頃の田舎の貧しかった生活が頻繁に思い出されます。
我が家だけではなかったのですが。

決してあの頃の生活に戻りたいのではないのです。
60代になって、なぜ過去のことがこんなにも思い出されるのか。

今、子供の頃に食べたものを食べています。
例えばふかしたさつまいもです。それがとてもおいしいのです。

トピ主さん、ありがとうございます。

ユーザーID:1017392849
その程度の貧乏だったのですね
貧乏自慢
2018年1月16日 20:25

>私の小学校入学時には一番苦しかった時なので、かろうじてランドセルだけは親戚から贈られたので何とかなりましたが本当にないない尽くしの生活でした。
>一つだけかろうじて前の生活の名残はまだ田舎では珍しかったテレビが大きな電気屋だった母の実家から贈られてあったことでした

けっこう優雅な貧乏生活ですね。羨ましい!!
だから、

>ところが、最近、あのどん底の様だった暮らしが懐かしくてたまらないのです

そういう気持ちになれるのは、どん底が実は浅い底だったからですよ。

私は戦直後に、本当に貧乏な家庭に生まれました。
奨学金がもらえなかったら、高校さえ諦めなきゃいけないところでした。大学なんて夢のまた夢、働きながら夜学へ行ったけど途中でやめました。
幼い頃に妹の子守で遊べなかったとか、夏の暑い日に毎日毎日田畑で働いた放課後とか、思い出したくもない、悪夢のようなものです。今は引退して悠々自適ですけどね!

でも、そのおかげで頑張れたと思えば、あの貧乏も許せます(笑)

ユーザーID:8311823823
涙が。携帯からの書き込み
あのこ
2018年1月16日 20:49

立派になられたのですね。子供ってピュアで健気。ご両親もあなたの幸せを願っておられたと思います。大学まであがられてよかったですね。私の幼少期と重ねて読ませていただきました。スーパーもない時代。ありましたね。おやつ、配達のコーヒー牛乳と栗に柿。味噌汁、おしたし、焼き魚。バスに乗って市場まで洋服を買いに行ったり。スーパーからコンビニ時代到来。昭和の高度成長を見ましたね!

ユーザーID:2292927944
なんとなくわかります
昔をなつかしむ人
2018年1月16日 21:07

私60代男性です。去年の5月で仕事やめて 少ない金額の年金生活です。生まれ故郷の近くにすんでいます。
時々実家に帰り 自転車で散歩します。貧乏な生活も経験しましたが懐かしくおもいます。今の生活がいつまで
続けられるか分かりませんが 亡くなった同級生のことを思うと何とも言えません。

ユーザーID:4612578431
わかる気がします。
幸ひ住むと人のいふ
2018年1月16日 21:27

何もかも満足な子供時代を送った人の方が少ないでしょう。

それでもたいていの人が、振り返る余裕ができたときには、過去を懐かしく思い出すんじゃないですか。

子供の頃は単純あるいは純粋に、与えられた環境の中で「ただ生きていた」からこそ、無条件に受け入れられるのかもしれません。

よっぽどヒドい幼少期を送った人でさえ、たいていはそうじゃないかと思います。

個人にとって個人的体験、思い出とは他に代え難い心の財産ではないでしょうか。

ユーザーID:6288423707
うちも貧乏だった
ちこり
2018年1月16日 21:40

40歳です。
貧乏だった幼少の頃を思い出すと涙が出てきます。
悲しくてじゃありません。懐かしくて還りたくて‥‥。

6畳2間の長屋で5人暮らし。トイレは汲み取り、電話もファミコンもないのはクラスで我が家だけでした。
でもみじめだと思った事ありません。

毎日のご飯がモヤシと米と卵でも毎日が楽しくて、自分が貧乏と言う自覚はありませんでした。
両親が仲が良くて、兄弟仲もよくて両親に愛されてる実感があったからだと思います。
今は金銭にも子供にも恵まれて何の不満もない生活ですが、無性に懐かしく思います。私に素敵な幼少時代を送らせてくれた両親にはホント感謝しています。

ユーザーID:9950095877
60後半です
老いの身
2018年1月16日 22:19

アナタがうらやましい 父は女に学問はいらないと 言う人でした 育ちは田舎です

ユーザーID:7824696329
同じ、同じ!
60歳なり
2018年1月16日 22:39

たぶん、貧乏だったこととは関係なく、年齢的なものなのでしょうねぇ。
私もあなたと全く同じです。
もうあの頃の風景や生活が愛しくて愛しくてたまらないのです。
生活されていた場所はどうなっていますか?
行ってみたりしてみましたか?

何一つ取り戻せるものなど無いのは重々承知で、私は何度も住んでいた所へ出向いています。
もう使われなくなった駅舎が残っています。
自分の家に続く緩やかな坂道も残っています。

ただ、何一つ戻ってきません。
愛しさがパンパンになった心で帰ってきます(笑)
幸いな事に弟も、そういう心境になりつつあるらしく、昔の事をよく語り合います。
ご兄弟はいらっしゃいますか?同じ思い出に浸るのもいいものですよ。

ユーザーID:3465023052
どん底が懐かしいというその感情は
通りすがり
2018年1月16日 22:40

小、中学校時代は貧しくとも心は豊かだったということと、途中で新しい事業が成功し大学まで出してもらえ、子供の頃以外の人生が上手くいったことが大きいのではないでしょうか。

多分、貧しさから抜け出せていなかったらそういう感情にはならないと思います。

お幸せで何よりです。

ユーザーID:7082692666
父母に怒られるだろうか
50代弟
2018年1月16日 22:49

70代手前の長兄がいます。
いわゆる団塊の世代です。
長兄が子供の頃、家が貧乏で、
近所の公園に来る紙芝居を観せてあげることができなかった。
他の子は飴せんべいを食べながら観てるのに、
あの子はおじさんの語りも聞こえない遠くから見ていた。
何も買ってやれなかった、お腹いっぱい食べさせてあげられなかった。
だから親孝行してくれなくても何とも思わない。
だけどおまえと次兄は親孝行しないと承知しないよ。
と母が生前言ったことがあります。
私と次兄の子供時代は総中流と言われた頃です。
確かに長兄だけ背が低いです。
伸び損なったんだ、と笑いながら言っていました。
親孝行しなければなりませんでしたが、する前に亡くなってしまいました。
父には家内も子供も見せることができませんでした。
残念でならないのです。

ユーザーID:5235010446
私たちは、自然の美しさを味わうために生まれてきた
あなすたしあ
2018年1月16日 23:25

自然の恵みを味わい、
自然の音を聴き、
自然の美しさを眺め・・・

最高の贅沢ですよね。
幸せでしたね。
そうなんです、みんな洗脳されてるけど、幸せはお金じゃないんです。

トピ主さんの小学生時代の幸せなお話、
もっともっと聴かせて下さい。

私はそれをできる限り再現して、
今の時代の子供たちにも、トピ主さんの味わった「本当の幸せ」を感じてもらいたいです。

ユーザーID:7962970055
十分お幸せです
リリー
2018年1月16日 23:26

食べるものも十分になく、いつもお腹を空かせていて、専門学校には行けたけど、制服が買えなくてずっと私服で登校した経験のある現在70歳の女性もいます。
そんな苦労話、公の場でしません。

主さんは元々が贅沢だったところに事業が失敗したからこそ普通の庶民並みの生活になった。落差が激しかっただけです。
工場の土地すら元々持ってない、お手伝いさんなんてとんでもない、という人はたくさんいます。
お嬢様育ちの苦労話をこんなところで吐露したら世間の大多数を占める低所得の労働者に向かって失礼ですよ。

ユーザーID:9110675649
エールを・・・でもやめました
ゆうき
2018年1月17日 0:18

トピ主さん,トピ主さんの時代に4大をでた,(トピ主さん曰く)田舎の女性がどれくらいのパーセンテージいらっしゃいましたか?
戦後生まれのトピ主さんの年代を考えれば,トピ主さんの生活というのは,本当にどん底の貧乏暮らしだったのでしょうか?

ふつうとか,どん底とか,比較する言葉って,自分の経験が全部中心で平均になります。
お手伝いさんに傅かれて生活するのがトピ主さんのふつうの暮らしで,そこからのどん底,という表現。
あくまでトピ主さんだけの基準。(それでも全国平均で見れば上なのでは?)

60代も後半になられて,人生いろいろ経験されて,多くを学んで来られたと思います。
それでも,自分の貧乏時代を卑下し,かわいそうだったと思う。
キツイいい方ですが,被害者意識が強い方かなと思いました。

”今でこそ、まあまあ恵まれた生活”と,手放しに喜ばないトピ主さん,旦那さんにちゃんと感謝されてますか?

ユーザーID:3662223883
お幸せなのです
塞翁の馬
2018年1月17日 6:54

同じく60代後半になりました。
私の父も私が5歳の時に倒産。家も工場もなくして引っ越しました。
真っ暗な家の前で立つ自分が幼い頃の記憶です。
その夜はお家に帰ろうと泣いて泣き疲れて眠ったと母が言ってました。
うちの父は病に倒れ再起は叶いませんでした。

貧乏が一番堪えるのは思春期だと思います。
10歳年上の長兄は小中学校を通じ学年一番で、高校に行かない(行けない)と言った時、兄を惜しんだ担任教師が自分が引き取るとまで言ったそうですが、父が拒み結局中卒です。
私は兄達がせめて妹だけはと高校に行かせてくれました。
私などよりよほど優秀だった兄達の気持ちを思うと今でも悔しいです。
生活するお金もないと奨学金なんて役に立たないのです。

30代で独学で国家資格取得しましたが、大卒・院卒当たり前の資格だったので高卒だと分かるといろいろありました。
その後、夫と会社を経営していましたが23年前、阪神の震災にあいました。
夫と二人、いっそ倒産して自己破産した方が楽だねと話しましたが、自力再生にかけました。
刈り入れの時が来たと思ったら、借り入れの時だったねと笑ったことを思い出しますが、今もその時の借金を返し続けています。

その時々で精一杯の事をしてきたという自負はありますが、懐かしくは思えません。

昔を懐かしく思えるのは過ぎた事だからだと思います。
僻んで言うようですが、トピ主さんは、お幸せなのです。

実生活では今も肩肘張って生きていますから、ここで書いたようなこと、時に幼少期の事や兄達の事は誰にも言いません。
でも、私も誰かに言いたかった。私は高卒にすぎないけれど、兄達は優秀で、その優秀な兄達が私を育ててくれたと。

このレスは決してこトピ主さんを謗るのではありません。
それだけは分かって下さいね。

ユーザーID:6204278426
全然どん底ではないです
Jun
2018年1月17日 8:35

裕福だった生活が
人並みの生活になっただけのこと。
人間、一回贅沢を知ってしまうと
元には戻れないから
無理して分不相応なことするから余計不幸になる。
あなた方家族は
華麗なる一族から
普通の家族に運良く着地出来たということでしょう。
周りの環境も、時代も良かった。
みんな貧乏だったけど
みんな希望を持って良かった時代だから。
側から見たら
全然どん底じゃないし
不幸でもなかったんじゃないでしょうか?
今になって貧乏だった頃を思うのは
幸せだったからでしょうね。
そして、満ち足りた生活が出来る今
その幸せがどこかに行ってしまった、
ということでしょう。

今際の際で
悪くない人生だったな。
と言えればいいんじゃないでしょうか。

ユーザーID:7365050426
50代です
ラララ
2018年1月17日 9:24

昭和30年代半ばに大都市の田舎部で生まれました。
折しも高度経済成長の時代でした。
でも、トピ主さんのおっしゃるように、どちらかと言えば「周りみんな貧乏」な時代で
写真を見ると家で切ったパッツン頭に接ぎ当てのあるズボンをはいた自分がいます。

新幹線が田圃の向こうに見えて、家の真ん前には国道が走っていて
毎日トラックが砂埃をあげて通っていました。
震度1や2の地震では驚かないくらい揺れるのが普通でした。

小学生の時は光化学スモッグ警報が出て授業が途中で中止になったり
新幹線騒音訴訟が起こったり、公害病認定の運動が起こったり

子どもながらに「高度経済成長」に伴う様々な事件を目撃してきたんだ、と言う自覚があります。

我が家は自営業で父は新しい物が大好きでした。
クーラーもカラーテレビも電子レンジもラジカセも出たばかりの頃に買ってきて
お友達がうらやましがりました。
でもそれ以外の生活は今で言うならとっても質素で服は全て母の手作り
外食をするのは1年に数回、
1年に一度、近所の洋品屋さんの売り出しでお正月の新品の服を買うと
バタークリームの小さなホールケーキが貰えるのが唯一の楽しみでした。
周りみんながそんな感じだった気がします。

オイルショックが起ったときは中学生で
実家の商売は大変だったようですが子どもだったのであまり大変さはわかりませんでした。
むしろ、この頃は本当に豊かさを実感できていたと思います。

でも、私が思い出すのは小学生の頃、昭和40年代の「みんな貧しいけど楽しかった時代」です。
実家からは今は新幹線は見えません。
れんげ草やつくしを採った田んぼに外車系のショールームが建っています。
街はとても綺麗です。
でも、新幹線が通ると歓声を上げながら乾いた田んぼを走り回った時代を胸が焦がれるほど懐かしく思い出します。

ユーザーID:6003505628
ノスタルジーですね
ピン
2018年1月17日 9:36

生まれてから18で家を出るまで、六畳二間に6人家族で住んでた生粋のビンボー人には、全く無い感情ですね。

ユーザーID:8676895179
わかります
ちの
2018年1月17日 9:47

私はアラサーですが日本でない場所で幼少期を過ごしたので、よくわかります。

>きれいな夕陽を見たり、夏の暑い日に大きな木の陰で休んでいたり、
一番の贅沢ですね

ユーザーID:2400083814
私もです
秀吉
2018年1月17日 10:20

昭和24年生まれです。

私も最近、貧しかった幼少の頃をよく懐かしく思い出します。

特に小学校の頃弁当を作ってもらなかったから、昼休憩になると家に

帰って食べてくると言って帰ったものです。

もちろん帰っても誰もいませんし、朝の残りのおかいさんをすする程度

でした。

また、遠足や日帰りバス旅行も弁当やお菓子を持って行けないのでよく

腹痛と言って欠席したものです。

担任の女先生はそれに気付いていたようで、『明日秀吉の弁当とお菓子

を持って行くから必ず来るんだよ』と言ってくれたのですが行きません
でした。

他にも色々ありましたが、懐かしい辛い思い出です。

ユーザーID:6607207855
なんかわかる
koromaru
2018年1月17日 11:40

私は40代後半ですが、やはり主さんのように子供時代がたまらなく懐かしいと思い出すことが、ごくたまになのですがあります。
中流より若干劣る公営住宅に住んで居て、今思えばゆとりのある家庭の友達もいましたが、その頃はそんな生活レベルも気にせず、皆で学校帰りとかはしゃいで遊んでいたなーなんて。
家に帰れば母親の手作り夕食を食べながら、妹達とテレビを見て。。

今の時期より、夏の夕暮れ時などにしみじみ思い出します。

ユーザーID:0921859702
 
現在位置は
です