現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

婚約指輪は買いに行きたかった

風子
2018年1月31日 10:03

50代女性、夫とは死別しています。

何十年も経つのに婚約指輪のことを
思い出すと腹が立って仕方がありません。
しばらく忘れていましたが
近々親戚の結婚式がありまた思い出しました。

私は、婚約指輪を彼とお店に買いに行くのが夢でした。
大げさなようですが、結婚式よりも楽しみにしていたのです。

友人達も彼と指輪を買いに行き、
話を聞いて次は私だとワクワクしていました。

ところが彼は、「指輪は母の知り合いに頼んで
家まで持ってきてもらう。その中から選んでくれ」と
言い出したのです。

私は「一緒にお店で選びたい!」と抵抗しましたが
いつも優しい彼がそれだけは譲りません。
「うちの母が変なものを用意するか?
お店で買うよりいいものだから言ってるんだ」と。

どうしても抵抗したかったのですが
父に騒ぐなと説得され泣く泣く承諾しました。

ところが行ってみるとルビーとダイヤをリクエストしたのに
ルビー3点しか用意されていませんでした。
義母の友人まで同席して断われば義母の顔をつぶす雰囲気で
仕方なく1つを選びました。

宝石屋さんではなく、義母の友人の娘の友達の
宝石鑑定士でお客様扱い。
皆でその女性を「素敵なお仕事だわ。」と
持ち上げて、私の事はまるで無視しているような扱い。
そんなことで悲しかったことも
何十年もいじいじしている原因だと思います。

夫が亡くなった後、こんなことは忘れたいと
10万円のダイヤの指輪を買いましたが
自分で買った指輪など嬉しくもなく
数年後に売ってしまいました。

死別して何十年も前のことをいじけて
繰り返す自分が間違っているとや
指輪を貰えない方もいることもわかっています。
忘れるためにご助言を頂けたら幸いです。

ユーザーID:9139816725  


お気に入り登録数:80
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
お気持ちお察しします。
こだぬきの母
2018年1月31日 12:28

私も指輪大好きですので、風子様のお気持ちはお察しします。

きっと、どんな言葉をお掛けしても慰めにはならないと思いますので、
自分よりも下の人間がいるということで少しでも気を晴らしていただければ
幸いです。

私も婚約指輪には思い入れがありました。
絶対、婚約指輪は○○のダイヤの指輪と決めて20代を過ごしたのですが、
運命とは皮肉なもので、30代後半で恋愛結婚したのは某外国人男性でした。

私は彼の国で暮らしていたので、結婚式もこの国で挙げ、結婚にまつわる色々も、
この国のしきたりで行いました。

結果。

ダイヤの指輪はもらえたものの、それは義母のお見立て。
デザインは、事前に私の好みを伝えてはいたものの、
メインの石の横にある脇石はすべてキュービックジルコニアです〜。

泣きそうになりましたが、もう仕方がないです。
ブランドもダイヤのグレードも何も関係ありません。
ただ単に、ダイヤ(がメイン)の指輪。それだけです。

私も、せめて自分で選ばせて欲しかった〜!

下には下がいる、そう思って少しでも気を紛らわせてくださいね。

健康で、旦那さんの分も長生きしましょう!!!

ユーザーID:5887277398
悔しかったですね
まつこ
2018年1月31日 12:36

婚約者と婚約指輪を買いに行く、だなんてかわいらしい夢ですね。
叶わなくてみじめな気持ちになったこと、想像できます。
辛かったですね。

さて、その後の結婚生活はどうだったのでしょう。
同じようにかわいらしい夢が、トピ主さんには何個もあったかと思います。
幸いご主人は「優しい」人だったとのこと。
婚約指輪以外の夢はそれなりに叶ったのではないですか。

人は、叶ったことは容易に忘れるのに、叶わなかったことにはどっぷり執着してしまうそうです。
叶ったことを数えたほうがよほど幸せだというのにね…。

ユーザーID:7932459009
過去は変えられない
love
2018年1月31日 13:30

トピ主さんと同世代です。
私にも「あの時ああしたかった、こうしたかった」と後悔する事の一つや二つあります。
だからお気持ちは理解できます。

でもね、どんな事をしても過去は変えられないし、そこまで強い想いの物は代替え品ではダメなのです。
実際買った貴女好みの指輪でも満足出来なかったのでしょ?

苦い思い出は苦い思い出として心の隅っこに眠らせておくしかないのです。

義母の友人の娘のそのまた友人。
本来なら義理も恩義もない関係のはずなのに、何が何でもその人から買うという選択、更にはおべんちゃらでチヤホヤ。
義母自身がその友人に何か弱みを握られていたのですかね?
真実は今となってはわからないでしょうが、そういう事にして「私は自分が我慢して、義母の立場を守ってあげたのだ」と思うようにしましょうよ。

ユーザーID:3063087838
まるで映画のよう
おさる
2018年1月31日 13:46

あなたが主人公で、でも観ているあなたはつまらないみたい。

指輪のことにクローズアップしないで、結婚生活のそのシーン以外、
またはこれからのことを大事にされては。

もっと素敵なことがたくさんあったでしょうに。

ケンカしても良いからと納得できる指輪を選ばなかった、
若いときのあなたも、
今も思い出に苦しむあなたも、
旦那さんの愛すべき女性だったんじゃないですか。

ユーザーID:8885459288
分かる気がします
misako
2018年1月31日 13:51

お気持ち、分かる気がします。

私は40代の主婦で、子どもがいます。

子どもたちは13歳と10歳ですから、もうお宮参りは10年前です。

ですが、お宮参りで我が子を抱いて祈祷を受けられなかったこと、今でも嫌な思い出として残っています。

主人の母は、常識がなく、私たちの結婚式のご祝儀を勝手に使ったりするくせに、お宮参りだけは、「私が抱くのが常識よ」と言って子どもを抱いて祈祷を受けました。

日ごろから常識的な人なら、諦めますが、日ごろは非常識なくせに、そんなときだけ常識を持ち出して、子どもを抱いて祈祷を受けていて、許せなかったです。

私が産んだ子だし、周りの赤ちゃんは、みな母親が抱いていて、義母が抱いて祈祷を受けているのはうちだけでした。

10年前でも許せません。

なので、トピ主様のお気持ち、分かる気がします。

他人にとってはどうでも良いことでも、自分にとっては大事なことってあります。
夢だったのですよね。私も、内容は違いますが、妊娠中つわりで辛い時、我が子を抱いて正装して祈祷を受けることを夢見ていました。

時間を巻き戻してやり直せないことだからこそ、悔しいのですよね。

他に、何かやってみたいことはありますか?ちょっとした夢、みたいなもの。
それをやってみたら、指輪はあきらめたけど、この夢は叶ったわって思えるかもしれません。

あと、新しい恋をして、その方と一緒に指輪を選ぶというのはいかがですか?
まだご主人を忘れられないでしょうか・・?

私が思いつくのはこれくらいですが、とにかくお気持ちがわかる人間もいます!という事だけは伝えたかったので、書きました。

ユーザーID:9801136053
お気持ちわかります携帯からの書き込み
ルビーの精
2018年1月31日 14:24

嫌な思いをされましたね。
宝石は本来、持ち主を幸せにするものなのに、そこに他人の邪念が入ると石が汚れて、持ち主さんを不幸にしてしまいます。

せっかくの婚約指輪を、宝石鑑定士へのゴマスリの場に利用し、息子のフィアンセを侮辱した義母さんのこと、宝石好きとして残念でなりません。
ルビーに義母さんの邪念がついてしまいましたね。

これは想像ですが、婚約指輪の代金は義母さんが出されたかもしれませんね。

宝石鑑定士が持ってきたルビーとのことですが、鑑定書は貰いましたか?

まずそのルビーを、どこかの宝石屋さんに持ち込み、石の本当の値打ちを調べてもらいましょう。

その上で、婚約指輪は手離すなりリフォームするなり、トピ主さんが主体になって、指輪を変えてしまうことです。

宝石は地球の一部で、その存在は人の一生よりも遥かに長い時間で、トピ主さんとルビーの出会いはご縁なんですよ。

そのご縁をどうするか…ルビーの姿を変えてこれからの友達になるか、他の方に縁を回すかはトピ主さん次第。

石を指輪の台から離しルースにして改めて石と向き合い、ルビーを好きになれるかどうかをご自分の心に問うてみてください。

それから金やプラチナの地金は今、かなりの高値で取引されています。
ルビーを外した台を地金として換金すれば、ちょっとしたお小遣いになりますよ。
パッと使えば、ものすごく気持ちが晴れます。

ユーザーID:2992772191
お金あまり無かったのかも
さらみ
2018年1月31日 14:59

ダイヤは高いですからね
お金無かったのだと思います。
実店舗では値切れませんから
きっと知り合いだと安くしてくれたのかもしれません

見栄っ張りなのですよ
かわいそうな人だと思って忘れましょう

ユーザーID:0793657641
それは変でしたね
もえぎ
2018年1月31日 16:12

今もあるか・・・昔は宝石を訪問で売りに来て買った時代がありましたね。
宝石だけでなく高級服地も売りに来たそうです。
そんな話を思い出しました。
せっかくの婚約指輪なのに母親に丸投げとは
ご主人の気持ちも理解出来ません。てっきり代々家に伝わる外国のように
由緒ある宝石なのかな?と思いましたが、違いましたね。

宝石屋さんではなく、義母の友人の娘の友達の
宝石鑑定士でお客様扱い。

内輪の事情にお嫁さんになる人が巻き添えなんて、おかしい。
他家から人を迎え入れる誠意がまるでないですね。

父に騒ぐなと説得され泣く泣く承諾しました。

あるある、昔は嫁に貰ってもらうだけで大事で
向こうに合わせろって感じでした。

トピ主さんは婚約指輪に憧れが強かったんですね。
さぞ無念だと思います。
私も二回結婚していますが、結婚式を一度もしていません。
二度とも相手が拒否したんです。
なかなか思い通りになりませんね。

ユーザーID:9813436600
婚約指輪
かおり
2018年1月31日 16:39

すみません。私は普通に夫と買いに行きました。田舎だったので、デパートの宝石売り場で、今思えば、もっとデザインも考えたらよかったのでしょうけど、結婚式などいろいろな決めなきゃいけないことがいっぱいの時期で、オーソドックスなダイヤの指輪。大きさをちょっと迷ったぐらいです。その日の細かい思い出は
20年ほど前なので、もちろん楽しみにはしていて、嬉しかったと思いますが、あまりもう思い出せません。
その結婚指輪もこれまで2〜3度、親戚の結婚式や、子どもの入学式でつけたぐらいです。

きっとあなたも、普通に買いに行って、手にしていれば、私のように当時は心に残っていても、その後の生活の記憶の中に埋もれて行ったんじゃないか?と思います。この指輪をはめて、夫が亡くなったとしても、あの時買ってくれた…と
愛しく思い出すほどのその後の思い出はないですよ。正直ホント、出番なくて
しまっててもったいないくらいですから。出して眺める、も、毎日のバタバタで
なかなか余裕もなく。


それが深く心に残っているのは、やっぱりその義母の対応が大きいかと。

夫さんは、自分の母がいいものなら、間違いないだろう、と思っていただろうし、
義母は、付き合いの上で、顔も立つし、息子の婚約者にいいことをしてやった、と
これまた深く考えてないと思います。

いじけて繰り返すこと、間違ってないです。だって腹が立つじゃない。
一生に一度、したかったことなのに。忘れないで、あ〜腹が立つわ、あのとき
ちゃんと選びたかった!!って、声にしていいと思います。

まだ義母は生きておられますか?生きていたら、冗談っぽく愚痴ってもいいし、
友達や家族に忘れられない恨みなのよ〜と発散して。

うまく消化したら、スッキリ出来ないかしら?

ユーザーID:9746328969
忘れましょう。携帯からの書き込み
まろきち
2018年1月31日 18:10

私は式も挙げていないし指輪も貰っていません。
人間あの世に行く時は、何も持って行けません。
ご主人と暮らした思い出だけで十分なのでは
ないでしょうか。

ユーザーID:0911467999
売却しちゃったら?
らららのら
2018年1月31日 22:18

ありがちなパターンですね。
>義母の友人の娘の友達の宝石鑑定士
>皆でその女性を「素敵なお仕事だわ。」と持ち上げて、私の事はまるで無視しているような扱い。
義母さんは息子の結婚に何らかの手出し口出しをし、更に主役たるべきトピ主さんを蹴倒し貶めることによって、自尊心を満足させた……と。
腹立たしくて当然です。

私にも二度ほど経験ありますよ。
最初はまだまだ若い頃。当時一粒ダイヤのネックレスが流行していたので欲しくなって、それを祖母に話したら「知り合いの宝石屋さん」からダイヤのぶら下がったネックレスを<1本だけ>取り寄せられ「お前の為に口利きしてやったのだから代金を払え」と迫られました。
次は結婚の時。「指輪を買うから」と言われ喜んで銀座のデパートについて行ったら姑から、婚約指輪ではなく結婚指輪を選べと言われました。
いや〜〜腹立ちましたね〜〜。でも波風立てても仕方がないので、先のケースでは黙ってウン10万円を支払い、後のケースでは黙って結婚指輪を買っていただきましたよ。

好みに合ったプレゼントなら兎も角、他人が、自身の満足感の為に選ぶ宝飾品など、ホント業腹なだけです。
若い女が身に付けるには超絶地味だったダイヤのペンダントはその後指輪に作り替え、結婚指輪はダンナとデザイン違い・しかも一番値段の高いものを選んでやりました。姑がすごい顔して睨んでましたけどね。
トピ主さんも、そんな腹立たしい婚約指輪なんぞ売却しちゃっては如何?
貴金属の価格は今、相当に高騰していますよ。
いい値段がつけばそれでよし。たいした値段が付かなかったら、その、さんざん持ち上げた友人の娘の友達の宝石鑑定士とやらもたいしたことなかったのね、と笑ってやればいいんです。

ユーザーID:8801682929
人それぞれのこだわり
元女子40代後半
2018年1月31日 22:18

ずーっと悔しい気持ちを抱いているんですね。自分で買っても満足できなかったなんて、よっぽどなんですね。
私は指輪にあまり関心がなかった為、無しでした。ただお式のために結婚指輪(それもそんなに高くないもの)だけ用意したけど、手を使う仕事なので普段はつけてません。
諸事情で親族だけの簡単なお式でしたが、唯一親友を呼べなかった事が心残りでした。でも、好きな相手と毎日暮らせて幸せです。

人生、自分の思い通りにならないことは多いですよ。
どうしても今生でその欲求を叶えたいのなら、今から恋をして彼と指輪を一緒に買いに行ってみる。きっと安くても幸せな気持ちになるんじゃないかな〜と私だったら思いますが、きっと主さんは「前の夫にこそ、一緒に買いに行って欲しかったのに」ってなるんだろうな。
欲求を手放すのには、他人の言葉よりも自分で落としどころを探すことですよ。

ユーザーID:4598563465
追。
Coach
2018年1月31日 22:38

いろんな事でとても傷付けられたことがあり腹たちまぎれに、結局は売ってしまいました(内緒)…‥
で、二人のプラチナペアリングを購入。お気に入りのプラチナのチェーンに、通して下げようかな~と、思うのですが?どうでしょう?

ユーザーID:3193306930
矛先が違うような・・・
そいど
2018年2月1日 22:28

指輪がキーワードになっていますが、
誰も風子さんの気持ちを聞いてくれなかった事が一番の問題だと感じました。

結婚前ナイーブになっている娘の話を聞く、それは風子さんのお母さんの役目でした。
お母さんがその時、じっくり風子さんと向き合い話を聞いてくれたら、
今の心境は違っていたかもしれません。
お父さん、お母さんがもっと風子さんのお話を聞いてくる人だったら、
たぶん風子さんは、自分の気持ちをよく聞いてくれる男性と結婚していたでしょう。
怒りをぶつけたい相手は、本当はお母さんなのかもしれませんね。

ユーザーID:8062263284
再婚して買ってもらったら?携帯からの書き込み
えー
2018年2月1日 23:14

夫も亡くなったなら自由なんですから、いい人がいてたら再婚されては?

そして、今度こそ素敵な指輪を買ってもらう!そしたらスッキリしますよ!

今から婚活ですよ!

ユーザーID:2637099743
お墓か仏壇、なければ写真携帯からの書き込み
明日はきっと雪
2018年2月2日 0:34

旦那様に向かって、気の済むまで貴女の本心を聴かせましょう。日夜、恨み辛みのごとくに、亡き旦那様の面影を偲べるものに向かって呟くのです。

亡くなられて何十年も経たれているとのことでしたが、すると、旦那様と過ごされた時間は、亡くなってからの時間より短かったのでしょうか。

忘れようとして忘れられないなら、それを楽しんでしまうしかないと思います。自分で買ったダイヤなんかと仰いますが、旦那様に頂いたお金で買えば、意味合いは少し変わりませんか?

貴女の積年の思いを受け止めてくれるはずの旦那様はもういません。でも、そうやって貴女の心の中に棲み続けていらっしゃるのです。

そのうち夢の中ででも、旦那様と宝石店でお買い物ができるといいですね。理想の婚約指輪を探して何軒も渡り歩くとか、海外から気に入ったダイヤを取り寄せるとか。

端から思いますに、貴女は旦那様を亡くされて、寂しくていらっしゃるのかなと。
その思いを誰かが受け止めてくれるといいのですが。

若輩者が失礼しました。

ユーザーID:0349837503
そんなに腹が立つなら
あらかんです
2018年2月2日 6:16

10年目にスイートテンダイアモンドでも貰えば良かったのに・・。
年代的にそういう風潮がありましたよね。

「うちの母が変なものを用意するか?
お店で買うよりいいものだから言ってるんだ」

物の善し悪しじゃなくて、見に行くところに価値があるのよ。
母親の気に入った物じゃなく、私が欲しいものを買ってよ。付けるのは私なんだから。気に入らなかったら一生お蔵入りよ。

と、このくらい言えば良かったんですよ。
ま、言えなかったんでしょうけれど。

実は私も結婚式は親の言いなりにさせられて、ずっと不満に思ってました。

で・・・。
今度再婚します。
結婚式も挙げます。
婚約指輪もお気に入りを買って貰いました。

ユーザーID:1663451244
ありがとうございます
風子(トピ主)
2018年2月5日 15:25

皆さんレスをありがとうございます。

文字数の制限があるので
全部は書けなかったのですが、
後から分かったことで
義母はお世話になった友人に
指輪を頼むことで義理が返せると思ったようです。
ダイヤが用意されていなかったのは、
彼(夫)のうっかりミスでした。

うちは父子家庭で姉妹や親しい伯母もいなかったので
結婚前のごたごたを相談する相手はいませんでした。

今回の件を友人何人かに話しましたが反応が薄く
(指輪にさほど興味のない方達だった)
あまりあちこちに話してもと思い黙ることにしました。

今まで、指輪の件で慰めてくれる人はひとりも
いませんでしたが
こちらで皆さんが同情してくださり、
ご自分の経験や優しいお言葉をかけてくださったことで
気持ちが救われました。

エールなどのポチもたくさん頂いて
私の我がままではなかったと思えて嬉しかったです。
皆さんに感謝したいです。ありがとうございました!


(ジャンルを押し間違えてすみません)


追伸・・・
新しい恋をして買っていただけば?という
数名様のレスがありました。
金額は関係ありません。それらしき指輪が頂ければ
きっと完全に解決すると思います。
子供もいないのでまたそんな夢を持つことが出来たら
楽しいでしょうね。

ユーザーID:9139816725
忘れなくていい
2018年2月8日 2:36

私も結婚式や婚約指輪に強い憧れを持っていました。
両親や友達に囲まれて、温かい笑顔に包まれて門出を祝ってもらいたい、と。

夢は全て叶いませんでした。

ただ一つ叶ったのは、本当に好きな人と結婚できたこと…

結婚して10年以上、今からでも結婚式したいとゴネたこと、泣いたこと多数、
ですが…

今はもうどうでも良いです。

今の生活、未来の生活の方が大事なんです。

悔やむことや、腹の立つこと、それも含めて私の人生なんだ、
と今は納得しています。

ユーザーID:0491110099
ありがとうございました
風子(トピ主)
2018年2月10日 11:58

>今の生活、未来の生活の方が大事なんです。

私も前向きに頑張ります。
 
皆さんありがとうございました。

ユーザーID:9139816725
 
現在位置は
です