現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「寒中休み」「田植え休み」「稲刈り休み」ありましたか・・

アジサイが好き
2018年1月31日 10:19

私は長野県在です。

私が小学生の頃、「寒中休み」「田植え休み」「稲刈り休み」がありました。

その後「春の中間休み」「秋の中間休み」「寒中休み」になり、
週休2日制導入によって「春の中間休み」「秋の中間休み」はなくなりました。

「寒中休み」はごく一部では、残っているようです。

先日、県外出身の知人たちと話した時「私の子供の頃寒中休みがあって助かった」と言いましたら、皆さん「寒中休みって何」・・

首都圏ではないとしても、富山・石川・岐阜・宮城出身の方は知っているというより、寒く雪も多いと地方なので、当然「「寒中休み」があると思っていたのです。

さらに、宮城・石川出身の50代の方は「田植え休み」「稲刈り休み」も無かったと聞き、これまたびっくり・・
宮城県は米どころですので、あって当たり前と言う感覚でした。

「寒中休み」は、1月下旬から2月上旬の1週間くらいが休みになりました。

遠い子は8km・・これ片道ではありません、往復16km
主人は6km、往復12km歩きとおしたようです。

寒い時は-20℃近くなるこの季節・・

今のように、スクールバスも親の送り迎えもない・着る物・靴も今みたいな防寒具のない時代、
「寒中休み」があることで一休みでき良かったと思います。

そういう休みがあるせいで、夏休みは短かかったです。

皆様のお住み・出身地には「寒中休み」「田植え休み」「稲刈り休み」ありましたか。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0606827990  


お気に入り登録数:40
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:35本

タイトル 投稿者 更新時間
うちの父の所は
2018年1月31日 13:59

うちの父(81)の小学校(旧制)中学校(新制…確か)には、
田植え休みと秋休み(まあ稲刈り目的ですね)があったと聞いてますが。寒中は聞いたこと無い。
岡山東部農村部。

ウチの母は四つ下で割と近い町出身ですが、駅近辺のそこそこの町だったので、
田んぼ関係の休みはなし。
ただ、秋休みは、割とある小学校が近隣に多かったね〜と言ってた。

私ら(49)の世代はそういうのは無かった。近隣にも。

ユーザーID:2681039566
懐かしいなぁ携帯からの書き込み
2018年1月31日 14:42

小学校まで長野で暮らしていました、30代です。

中間休み!久々に聞きました。すっごい懐かしいです…

関東に転校して初めての夏、夏休みが8月31日まであって、秋休みが無いことに、私もカルチャーショックを受けましたよ。

今はもう無いのですか。
一つの地方文化が無くなってしまったようで、少し寂しい気もします。

ユーザーID:6063272422
子供の頃は新潟と群馬にいました携帯からの書き込み
みかん
2018年1月31日 15:00

新潟では地域によって違いがあるみたいですが、姉が小学生の頃は田植え、稲刈り休みはあったみたいです。私と姉は年が離れているので私が小学生の頃は無かったような…。
ハッキリ覚えてないんですけどね。群馬県に転校した時に、その頃は群馬県は養蚕が盛んで蚕が繭を作る時期に、お蚕さま休み(ハッキリした名称は忘れた) がありました。
農家でない人は農家の友達の家に手伝いとしょうして遊びに行ってました。
今は私が住んでいた群馬の地域では養蚕をしている農家も少なくなって、そういう休みは無くなったそうです。
子供達も蚕と言わずにお蚕さまと言っていたのを覚えてます

ユーザーID:7075248368
何年前の話でしょう
puu
2018年1月31日 16:03

 トピ主さんは長野の方とのことですが、では、長野全県で同様な休みがあったのでしょうか。

 夫の父は70代、名古屋隣市ですが、子どもの頃は農作業のためのお休みがあったと言っていました。
 私は岐阜市育ちのアラフィフですが、どれも見聞きしたことがありません。そもそも雪はほとんど降りません。岐阜県でも北の方、飛騨地方だと雪も降り、夏休みが若干短かったとニュース等で見た覚えがあります。

 トピ主さんの話からすると、公共交通機関もないようなかなり不便な地域の出身のようですが、小学校は市町村単位で変わるので、同じ長野県でも中心部は寒中休みはないなんてことはなかったのでしょうか。雪が多そう、米どころといった県のイメージだけでひとくくりにするのは無理があるような。

ユーザーID:5578091729
ありました携帯からの書き込み
ぽこん
2018年1月31日 16:26

長野県 です
田植え 稲刈りの頃は お手伝い休み と言っていました
寒い時期は 寒中休み・・・

今はないんですね
20代の娘と息子がいますが 小学生の頃は寒中休みがあってディズニーランドに行きました

ユーザーID:9544154133
懐かしい
ゆきんこ
2018年1月31日 16:47

同じく長野出身で他県ではないので申し訳ないのですが懐かしさのあまりレスします

寒中休みも秋休みも良かったですよねぇ〜
稲刈り休みとは言うものの、県内では一応賑わっている地域に住んでいたので
本腰入れて田んぼをされているおうちは殆どありませんでしたが…

週休二日になって秋休みもなくなったんですねぇ…
他県に引っ越したので知りませんでした

お休みのあいだは、専用ワークが宿題で出るんですよね〜
学年によってはワーク+計算ドリルとかもあったりして…
夏休み等に比べても、一週間という期間で考えると意外と勉強量があったように記憶しています

ユーザーID:5441083171
なし!
ま〜
2018年1月31日 17:06

富山です。
どれもなしです。

ユーザーID:0378725086
ありました
ちちんぷいぷい
2018年1月31日 17:25

宮城県の米どころ出身の60代です。
小学校では田植え休みと稲刈り休みがありました。
又、小学校と中学校ではイナゴ取りがありました。
前者は家庭のため、後者は学校の備品のためでした。
滋賀県の人も田植え休みと稲刈り休みがあったそうです。

ユーザーID:9904776353
九州東部です
50代女性
2018年1月31日 17:45

九州の東部の某観光地(田畑もある場所ですが多くない)で生まれ育ちました。
寒中休みはもちろんありませんでした。(夏休みは6週間)
田植え休み、稲刈り休みもありませんでした。
70代の母は、同じ県ですが田舎で田んぼも多いところで生まれ育ちました。
私が子どもの頃、「田植え休みとかないのね〜」って言っていました。
だから、田植え休みが昔はあったらしいとは知っています。

「ととろ」で、さつきちゃんめいちゃんがお父さんと一緒に
母親にお見舞いに行くシーン(自転車に乗って)は田植え休み時期の設定ですよね。

ユーザーID:7141163863
宮城です
ねこ
2018年1月31日 18:07

トピ主さんの年代は?
私はアラフォーです。世代によっても違いそうですよね。
中学生高校生から段階的に週休2日になった世代です。
トピ主さんのいう休み、どれもありませんでした。

宮城は東北とはいえ、太平洋側なのでさほど雪は降りません。(山形寄りは別)
田植えはGW、稲刈りは体育の日あたりにやっていたと思います。

それよりも私はいつも夏休みのほうが疑問で。
関東圏は夏休みが8月31日までですが、宮城は25日前後までです。
それなのに豪雪地帯と比べたら冬休みが長いというわけでもありません。
年間通してだと同じくらいの休日なのかもしれませんが、なんだか損をしている気がして。(どこかで振休とかになってるのかどうなのか)

ユーザーID:7781531761
懐かしい!!
プースカ
2018年1月31日 19:50

南信出身の40代です。
「寒中休み」「田植え休み」「稲刈り休み」全部ありました。
長野特有なのでしょうか?

ユーザーID:3858037840
ある、ある 外国編
風来坊
2018年2月1日 5:02

我が家の学校区では「狩猟休み」と「弓矢狩猟休み」の両方が小・中・高校にあります。 それ以外にはお馴染みの「収穫休み」も毎年あります。

「狩猟休み」は晩秋から冬場で、越冬期間の肉作りが主な目的です。 外が寒いので、衛生面での配慮も兼ねております。 牛一頭裁く時は一族・郎党が集まって農機具で牛をつるし上げ、さばいて、それなりの肉魂にして参加家庭の夫々に配ります。 大きな家畜類の場合は、割腹の際には湯気が大きく立ち上がります。 其の場で女性軍がソーセージとかの肉に加工して参加家庭の分を一遍に蒸したり、燻製にしたり、として仕舞う肉魂も御座います。

故義父の土地内では、其の中央を流れる小川での鮭を釣り上げ、其のママ燻製にする行事みたいなシキタリも御座います。 其の日には近くの子供達が学校を休み、手伝いに各家庭を回っているようです。 

「弓矢」の方は、伝統的な其の地方のいきざまを体験して後世に伝える、との目的も兼ねております。 各家庭に弓矢の一式が常時置いてあります。 狩猟は夜の夜中にも行なわれ、木の上とかに仮小屋を作り、下を通る獲物を射止める、とかの日本語で言う「ノーハオ」をお勉強する仕組みです。 

鹿とか他の所謂四足の動物は真っ暗な中でも目玉が光りますので、探す苦労はそれほど御座いません。 又、日中「鹿道」は直ぐに分かりますので、その脇に陣取る訳です。 

さて、以上に於ける女性群の立ち居地。 参加度は思いの他高いです。 出稼ぎとかで男手が足りない家庭とか、元からの女親家庭とか、或いは本人自身が興味を持っているとか、です。 作業場ではおばちゃんが参加者の指揮を執っている光景も良く見かけます。 男性の指揮者は往々にしてまだるっこいですが、女性の上司の場合は単刀直入、敬語なしでの命令口調にハッとする場面も多々御座います。 タジタジ、、、です。 

ユーザーID:8311730404
yoko
2018年2月1日 13:56

トピ主さん、おいくつの方ですか?
それによって違ってくると思うのですが。

稲刈り休みとかって、戦前及び戦後しばらくの話かと思っていました。
八十台の私の両親に聞いたことがあるので。

寒中休みについては、私は四国の生まれ育ちなので無縁です。
ちなみに私は52歳です。

現在同様の夏休み、春休み、冬休み以外は知りません。
土曜は昼まで学校でしたけど。

ユーザーID:0647124118
思い出しました。
しぐれ
2018年2月1日 15:05

九州在住の60歳です。
たしか小学校の低学年だったと思いますが田植え休みがありました。
当時、各家庭で主食の米を確保するのには大きな意味があったんだろうと思います。
だいたいどこの家も子だくさんで、一家総出で田植えをするものでした。

当時は今みたいに田植え機が無く、親戚のおばなども手伝いに来てくれましたね。
その代わり次はおば宅の田植え手伝いに行きました、小学生の私でも。
そして田植えが終わるとお祝いみたいな事をするものでしたね。

昼食は母手作りの特大おにぎりが美味しかったのを忘れられません。

なんかいい時代でしたね。

ユーザーID:0770945936
なかったです
おばさん
2018年2月2日 3:32

岐阜市出身の50才、


岐阜市ないでも
郊外で小学校を囲む四方のうち三方は田んぼや畑で
尋常小学校から続く学校なので、昔はあったんだろうなぁとおもわれる学校へ行っていたこともありますが
田植えや稲刈り休みなどなかったですよ
田植え稲刈り休みは、物語の中で知ったのみです

寒中休みに関しては
とぴ主さんが挙げている
岐阜でも美濃と飛騨では違うでしょうね

美濃地方はそんなに雪が降る地域ではないです
夏休みは、8月31までありました

ユーザーID:3155577119
県でくくられても困ります
50代
2018年2月2日 13:42

岐阜県出身の50代です。
同じ県でも地域で様々です。
私の育った地域にそういうお休みはありませんでした。
小学校中学校の同級生に農家は全くないので当然だと思います。
雪深いかどうかも地域で様々です。
私の出身地では積もっても10センチ程度、通学距離は小学校なら遠い子供でも1キロちょっとくらいでした。
中学校なら自転車通学や路線バス通学が許されてました。

ユーザーID:6819846210
ありました
岳母
2018年2月2日 16:07

呼び方は「農繁休み」でした。
雪のない地方でしたので寒中休みはなかったです。

夏休みは7月25日頃から8月いっぱいだったので、特に短くはなかったです。

ユーザーID:5541872087
どれも無いし、聞いたこともありません
AQUA
2018年2月3日 15:18

>宮城・石川出身の50代の方は「田植え休み」「稲刈り休み」も無かったと聞き、これまたびっくり・・

石川県ですが、タイトル通りどれも無いし、聞いたこともありません。

子供の頃は今よりもっと雪が多かったけど、30cm積もろうが50cm積もろうが学校は休みにはならなかったし、休み時間には雪が積もった校庭で遊んでましたね。

上はいいんです、昔もスキーウェアのような防寒着はあったし。問題は下半身でゴム長の上〜太腿あたりは雪まみれ、帽子と手袋もビショビショで、これを翌日までに乾かさなくちゃ!と親はいろいろ雪かき以外も大変だったでしょう。

そういう各種「〜休み」は親の思い出話にも出て来なかったので、こちらでは元から無かったんだと思います。

往復10km以上歩くとトピ文には書いてありますが、狭い城下町の中心部に(お屋敷以外は)狭い住居が並んでるところでは、そんなに広い学区は無いので、一番遠い子供で吹雪の中でも30分以内には着いたと思います。

スキー場付近の山間部では、冬季だけ小中学生が麓の町の学校にしばらく編入?するための寮があって、そこで合宿生活をするとかテレビで紹介されていたことがあります。

ユーザーID:9390371441
東信出身のアラフィフです
くるみ
2018年2月3日 15:54

東信地方(長野県東部)出身、アラフィフです。
私の子供のころは、いずれもありました。
名前は「春の中間休み」「秋の中間休み」「寒中休み」でした。
祖母の世代は「田植え休み」「稲刈り休み」と呼んでいましたが。
小学校高学年のとき、一時諏訪市に転居したことがあったのですが、諏訪市でもありましたね。
いまひとつ記憶が定かではないのですが、地元の教材出版社がつくった宿題帳のようなものもあったような気がします。
今はないんでしょうかね?

ユーザーID:2961075159
はっと思い当たった!
白文帳
2018年2月4日 13:23

長野県、中信地方出身です。
昭和40年代に小学生でしたが、もちろんありました。
トピを見てふと思ったのですが、寒中休みって今頃、つまり節分の頃でしたよね

節分は元来の『年取り』、立春が新年でしたから、寒中休みとはかつての正月休みを意識したのではないでしょうか。
信州は教育行政に独自の哲学を発揮する県でしたから、あり得るかも?

ユーザーID:3300059667
 
現在位置は
です