現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

育児との両立ができなくて教員をやめた方

ワーママ
2018年2月4日 9:29

教員をしてます。仕事はとても楽しく、やりがいを感じてます。周りの先生方にも、色々な配慮をして頂き、ほぼ定時で帰る事ができています。
けれど、通勤に片道1時間かかること、夫が連日深夜帰りで家庭での育児、家事を全て自分で回さなくてはいけない状況で、仕事と育児、家事との両立に日々疲れ切っています。
子どもは、小学生と保育園児です。小学生は学童や習い事でお迎えの時間を遅らせるようにして、何とかお迎えに対応しています。家に6時から7時に帰り着き、朝作っておいたご飯を食べさせ、お風呂に入れて、合間に家事をして、9時に寝かしつけて、10時まで家事をして、11時に寝ています。この生活を続けていく自信がなく、一度退職して、育児が落ち着いてから講師として復職したいと考えています。また、我が子を、もう少しゆったりした気持ちで育てたい気持ちが強いです。子どもが小さいうちは、ほんの数年だから、数年頑張れば楽になると周りには励まされるのですが、その数年しっかり我が子に向き合えない自分にジレンマを感じています。時短などの制度は管理職に相談しましたがとれませんでした。
経済的には、夫の収入だけでも生活はしていけそうです。
育児で教員を一度退職しても、講師として復職された方はいますか。一度退職した事を後悔してますか?大変でも正規としてしがみついていった方が良いでしょうか。

ユーザーID:4774370385  


お気に入り登録数:32
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


タイトル 投稿者 更新時間
ご実家のサポートは?将来は?
予備校
2018年2月6日 1:48

うちは500キロ以上離れた実家から母に長期滞在で来てもらっています。

仕事をやめられるかどうかは、お子さんたちの教育費がちゃんと出せるのか、それにつきます。ゆったり子育てができても、将来、「大学は地元限定でね」とか、「留学はやめてね」と言わなければいけないとしたら、何の意味もないと思います。

私は専業主婦の母に大切に育てられ、勉強もしっかり見てもらいました。しかし、経済的にはいまひとつな環境で、中学で「ネイティブの先生に英語を習いたい。週2回習って月に5万円」といいましたが、習わせてもらえませんでした。成績も旧帝の中位校以上が狙えるところにいましたが、地元の国立に行かされました。

今、まさに仕事に差し支えています。旧帝ぞろいの環境に勤めているので、「学歴があと一歩あれば、英語がもっとできれば」と思います。生徒も、東大卒や京大院の方がありがたがってくれますしね。母も、「申し訳なかったね、あのとき都会の大学に出していれば」と言いますよ。

だから私は、母に迷惑をかけても、子供のために最高の教育環境を準備したいと思います。母がしっかり宿題を見てくれているので、私が働いていても大丈夫だと思いますし!

ユーザーID:2701592739
専業主婦時代は終わったんです。夢を見ないことです。
これからの時代を見る
2018年2月6日 2:25

ワ―ママ様。仕事が好きで、周囲からの配慮もされている。

問題は、夫が家事育児ができない、長時間労働なこと。

その分、 事育児の何かを外注しなくては、やれない。
専属で家事育児してくれる人を探すとか、家事は外注とか、工夫しないとやれませんよ。

退職はしてはいけない。

講師は3か月更新。3か月ごとに、仕事は切れて終わる。そのたびに、任命や更新が行われている。仕事上で、思わしくないとか、失敗をすれば今の3か月で、仕事は無くなり、その後、一切、講師に採用されない人もいる。第一、講師というのは、基本、産休や病休の教員の代打や、人数調整なので、いつでもあるとは限らない。半年行ったけど、その後、数年仕事が無く、次は1年あって・・・のような、不定期なのです。1か月とか数か月で終る時もある。転転と、次の仕事を待ち、どこかへ行く。

「講師で復帰」などという、甘いものではない。

それと、講師はバイトのようなものだから、職場では、順列が一番最後。いつまでたっても、新採よりも下。そして30歳も過ぎてくると、以前の同僚に、皆、色々な肩書がつき始める。そして、あとから入った若い新参の後輩教員よりも、立場が下で、仕事上では、その指示に従うことになる。惨め。対等に普通に働いていた仲間とは「大きな格差」」ができる。

それに、講師と正規教員は、同じ量働いても、受け取る給料が全く違う。

講師は、(「もし1年間仕事があったとしても」)年収〇万円以上にはならない。どんなに忙しく、教員と同じに働いてもです。若い数年目の講師と、ベテランの十数年の講師とは同じ額。何歳でも。

正規教員は、30代にでもなると、相応の給料を受け取る。定期的に昇給し、40〜50・・60歳と、男性と同じ給与・ボーナス。

仕事は大変だけど、その見返りはきちんとある。

ユーザーID:6756749317
大変な子育ては数年。人生はあと60〜70年。お金で解決を。
これからの時代を見る
2018年2月6日 2:38

>経済的には、夫の収入だけでも生活はしていけそうです。

●問題は今じゃない。子どもに教育費が本格的に必要になる時期と、夫婦2人の老後費。

これからの時代は
親世代のような、専業主婦+パートでは生涯の生活費や老後費が賄えない時代。

専業主婦時代は終わった。

自分の年金は自分で働き積み重ねないと、老後破綻。入所費がない。
年金だけではやっていけないので、現役で稼いでいるうちに、貯蓄等をたくさん増やしておかねば。

親世代のモデルで人生を考えていては経済破綻する。

これからは厳しい時代。昭和初期より寿命が20年も伸び、社会経済不安定。

親世代とは違う時代に突入したのだから、しっかりしなくては。

現在夫さんは、それなりの給料を稼いでいる?
でも、もし民間なら、今後いつリストラになるか。会社の浮沈激しい。

それがこれからの時代。
もしトピ主と同じ公務員でも、1馬力で、子の教育費と老後費を賄うのは無理。

トピ主の今の課題は、家事を外注すること。子育ても、可能なところは外注。
今は給料全部つぎ込んでもいいから、子育てや家事を工夫すること。

仕事辞めたら、復帰しても、「いつ仕事場なくなるか分からない、そして仕事があるのは不定期で安いバイト生活」。

そこでは、それなりのプライドしか持てない。正規教員の誰よりも下の身分。3か月更新で、いつ仕事が切れてなくなるか不明。若い子は講師と民間のバイトを並行して生計を立てていたりする。いつも講師の仕事(採用)があるわけではないから。

トピ主が講師で復帰したら、3か月更新の、おばちゃんパートと同じ。甘く見ないことよ。正規教員とは違う扱い。対等ではない。正規教員だった人には、かつての同僚の中でキツイと思う。それと、講師は、採用試験チャレンジ中の若い人が主流。子育て中の主婦は極少だと思う。

大変な子育ては数年。人生はあと60〜70年。

ユーザーID:6756749317
どれくらい、教師という仕事に情熱があるか
教員です
2018年2月6日 21:22

仕事を続けるも、一旦やめるのも、本人の自由です。
後で言い訳しないように、自分で決める。それが大事です。

うちは、今、小学生と中学生です。
身支度など自分でできることも増えましたが、
勉強面など、小さい頃とは違う面で、今でも、もっと手をかけたいとは思っています。

けれど、仕事を辞めようとは微塵も思いません。

忙しくて、過労で死ぬんじゃないかと思うこともあります。
日常的に睡眠時間を削って働いていますから。
でも、それでもいいと思っています。

子どものころから、この仕事をしたいと思って、努力してきました。
教員になってからも、目の前の子ども達の成長を願って、葛藤し、努力し続けている自負があります。
私のやりがいです。生きがいです。
だから、この仕事が原因で死んでもいいと思っています。

自分の子供は、もちろん大事です。
運動会も学芸会も、勤務先と重ならなければ見に行きますし、
受験生の子供の勉強もハラハラドキドキしながら見ます。
私ができることは、精一杯やります。
目の前で子どもが溺れていたら、火の中にいたら、
身を挺して助けるでしょう。

けれど、子どもの人生と、私の人生は別物です。
子どもはかけがいのない存在ですが、「どちらが大切」という類のものではありません。
明日死ぬことになっても後悔しない生き方をしたい、
毎日、全力で生きたいと思っています。

最近は、
7時頃に一旦帰宅。
夕飯作って、子どもの勉強を見て、
10時頃に子どもが寝ると私も仮眠(というか寝落ち)。
12時に起きて仕事。2時に寝る。
こういうパターンが多いです。

洗濯は朝干して取り込むだけ。たたむ、掃除、買い物は週末。
夕食は、帰宅時間によって、メニューを変える。
週末は、意識して休むようにする。

通勤1時間は疲れると思います。
自宅近くに異動希望を出してはどうでしょう。随分違いますよ。

ユーザーID:2732466557
妻はやめなくて良かったと言っている
ちらむん
2018年2月8日 11:46

まだ育児休業法も無い昔だけど当時中学校教員だった妻は無理やり運動部の顧問もさせられながらなんとか育児と仕事を両立しながら乗り切った。
私も専業主婦でもかまわないくらいの稼ぎはあったし、結婚する際にどちらでもいいと言ったけども当時は女性が男性並みに稼げる職業も限られていたので兼業を選択した。

トピ主の旦那と違って、普段は深夜帰宅ということはないので家事の手伝いもしたけれどもやはり主は妻なので大変ではあっただろう。

子ども達も成人して今は少々の経済的余裕も出来たので海外旅行等も楽しめている。
老後も子どもに面倒掛けずに済みそう。

>時短などの制度は管理職に相談しましたがとれませんでした。

公務員に直接労基法や諸制度が適用されるわけではないが、教員にも育児休業法に準じた育児短時間勤務制度があるので、正規に申請すれば拒否はできないはず。

近い学校への転勤はもう今からは無理だろうけど、今なら追加教員の手配もできるだろうから4月から時短できるよう申請してみれば?

>その数年しっかり我が子に向き合えない

そんなことはない。
親の背中見て子どもは育つし、他人の子どもを預かる職業の人が言うべき言葉でもない。
あなたが保育所を信用できないというのなら、あなたの教え子の保護者に信用されなくても仕方ないということだよ。

ユーザーID:6997707600
なんとかならないかしら。
はな
2018年2月8日 11:49

私は、教員ではありませんが、出産を機に
会社を退職しました。
子供を3才まで手元で育てることができましたが、
やはり、正社員時代に比べて、収入は減りました。

その後、再就職しましたが、正社員時代ほど
ではありません。

今は、大変な時かもしれませんが、
金銭的な事を考えたら、共働きがいいと
思います。
金銭的に余裕がないと、子供に夢
をあきらめてもらうことになるやも
しれません。

今は、自分がいっぱいいっぱいな
感じなので、1回、子供の習い事
をやめてもらうとか...。

ユーザーID:6748582536
夫は何をやっている怒
まるこ
2018年2月8日 12:16

40代既婚女性です。今と状況が違うかもしれませんが、母が教師でした。時短どころか育休もロクに取れない時代でした。
さらに、今のように便利なコンビニ、家電が無く、スーパーは6時に閉まる、で大変だったようです。
定年間近まで頑張って勤めていましたが、本当にしんどかったようです。私は、高校に入ってからは夕食の準備をしていました。

そして自分が社会人になり、働く母の大変さを知り心から感謝するようになりました。また、正規職員で長く働いた為、金銭的にかなり余裕があって何不自由なく育ててもらえました。老後も安泰。私も働く母になりたいと思うようになりました。

トピ主さんの場合、教員を辞めたい、というのは教員の仕事のせいではなく、はっきり言いますとあてにならない旦那さんのせいです。
妻が正規専門職でしっかり働いてくれているのに、毎日深夜帰りとは、何を考えているのですか?妻は正規職員でも時短交渉をしているのに、夫は会社には何も言わないんですか?両立というのは、何もワンオペで全部回すことじゃないです。夫と分担して、二人で両立させることです。

>経済的には、夫の収入だけでも生活はしていけそうです。

これ、よく仕事を辞めたい妻、妻に辞めてもらいたい夫が言いますけど、どういう根拠があって生活をしていけると判断したのですか?
教育費、老後資金、大黒柱の方に何かあった場合の保険も含め、やっていけると判断されたんでしょうか?
それとも、とりあえず生活していくのには困らない、という意味なんでしょうか?
深夜帰りだけれど定年65歳まで年収2千万、とかなんですかね?病気したり離婚したらパーですが。

一度真面目に、老後まで含めて、正規で続けた場合と辞めた場合のファイナンシャルプランを出してみなさい。
そして、それを夫に見せて、夫婦で考えるべきだと思いますね。

ユーザーID:5078122621
今が一番大変なのかな
ます
2018年2月8日 12:19

「退職して講師」もありだと思います。
ただ今が一番大変な時期なので、どうにか乗り越えられれば、
あとで「あの時やめなくてよかった」となるかもしれません。
一番にはお金のことです。お金が十分あればやめてもいいかも。

私の母は教員でした。父も教員でしたが、家事育児一切せずの人。
母は過労で倒れたこともありましたが私と妹を育ててくれました。
母がつらいと言うと父は手伝わずに「仕事やめれば?」という人。
私自身も子供の頃、寂しい思いをしたこともありました。
でも母が辞めずに頑張ってくれたことに今は感謝しています。

母の頑張りでお金に余裕があったので、私は大学院に行ったし、
海外の大学も卒業できました。長い学生生活でしたが、
バイトはさせず、海外旅行は好きなだけさせてくれました。
おかげで自分は本当に好きな職業についています。
今の自分があるのは全部母の稼ぎがあってこそです。
母があと何年生きるか分かりませんが、出来るだけ恩返しします。

私は今の職場に就職する前、高校で非常勤講師をやりました。
その県は教員の給与がかなりいい方の県だったので、
40代の女性教員たちがおしゃれもして輝いて見えました。
その職場で、ある人が「子育てが大変だった時やめたかったけど、
お金のことを考えるともったいなくてやめれなかった」と
その時は笑って言っていました。
別の人も乳がんを患って精神的にも辛くてやめたいと言ったら、
夫が辞めるなというので当時はちょっと恨んだけど、
結果としてやめなくてよかったと言っていました。

家族や実家のサポートや子供の育てやすさ具合など、
全て人それぞれだと思うので一概には言えないですが、
あなたが納得のいく選択をされますように。

ユーザーID:9404088701
校種は何でしょうか
かおる
2018年2月9日 16:35

学校の講師は待遇が悪そうです。

現在お勤めの学校が小学校なのか中高なのかによっても異なりますが、

小学校→未就学児対象の幼児教室(平日午前とか午後でも早い時間)に転職する・学童保育の指導員になる

中高→教科により異なると思います。英語なら自宅で英語教室を開くという手が有ります。理科→実験教室 国・数・社→学習塾・家庭教師
5教科以外は塾の求人が無さそうなのでやはり学校の講師かな。

ユーザーID:4038759485
理不尽なものですが
みき
2018年2月10日 14:10

真面目できちんとした方ほど、退職される気がしています。
学校の先生は休みづらいですよね。
ウチの息子の担任も割と休みます。私も働く母ですから理解はできるのですが、
教室でビデオ見た、とか聞かされると、ちょっと心中複雑です。
実は私は特別支援学校に勤務したことがあるのですが、よく休む先生が結構います。
子供が入院したから1週間休みます、とかね。事務職の私でもそんなに休めないのに。
でもこういう先生の方が辞めないんですよ、自分のことしか考えないので。
責任感ある先生は自分やお子さんの健康管理をかなりしっかりされています。
さらに祖父母に頼れなければファミサポや病児保育をきちんと準備してるし、
いざというときはちゃんとご主人と分担しています。
それでも責任感強くて退職を選ばれることも。
講師の先生方も多数存じていますが、子育てのために退職された元教諭の講師の先生には
本当に優秀な方が多いです。
だから本当は働き続け、管理職になってもらいたいんですけどね。
でもお金に困らなければ、拘らなければ、選択としてはありだとも思います。
やはり子供とじっくり関われればそうしたい気持ちもよくわかるので。

ユーザーID:8719356799
上の子が高学年になり、下が小学校になったら楽。
えもにゅー
2018年2月11日 6:54

未来を予言します。。
上の子の性格も、あるとは思いますが、上がしっかり長男長女系ならば、手がかかるのは本当にあと3〜5年です(その後は目をかけないといけないことは、先生が良くご存知でしょうけど)。

あと、学校は「頼りになる、経験則を沢山持っている、女性の先輩が非常に多い!」でしょ。

先輩方に聞いたら、子育てを悩んでいたこととか、それでも大人になった子どもがこんな風に話してくれたとか、教えてくれますから。

自分の仕事にやりがいを持って働いてくれる先生は、社会の希望だと思っています。数十人×数十年の子どもたちの未来に影響を与えるんですから。

ユーザーID:4236176562
 


現在位置は
です