現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自律神経失調症の改善を目指しています。 携帯からの書き込み

ゑもん
2018年2月4日 23:12

20代・女子大生です。
2ヶ月程前から自律神経失調症?と思われる症状に悩まされています。

内科で甲状腺・血液・心電図の検査をした所、異常無しとのことでした。
ただ心臓にかかっている負担が20代にしては大きいみたいです。30〜40代あたりの負担がかかってると言われました。(自律神経失調症によるもの?)

症状としては
・寒気(食後が特に)
・倦怠感
・不安感(生理前が特に強く感じる)
・身体の一部が冷たくなる感覚
・動悸
・頭痛
・首、肩こり
・不眠(寝てるのか寝てないのかわからない!)
・身体が震えている
などが起こりました。

ほとんどの症状は我慢できる程度なのですが、寝ている時や安静時に3回ぐらいどうしようもない不安感に駆られました。
身体が冷たくなり、こわばって震えが止まらず、とにかく「なんかやばい!どうしよう!」という感覚になります。
その時はうずくまってひたすら他のことを考えらよう努めて時が経つのをひたすら待つ...で対処していました。
この症状は最近はなっていないのですが時々起こりそうな感覚があるので、少し不安です。

他にも動悸が起きてるわけではないのに、身体がドクドクして机の上に置いてある水が揺れるのがわかるほど震えているのが不快でたまりません。この症状は寝ている時もおこるので寝てるのか寝てないのかよくわからなくなってしまいます...。

これらの症状が起こるかもしれないのは嫌だな〜と思い、春休みで4月ごろまである休暇の内に自律神経を整えたいです。いろいろなサイトを見たのですが、正直何が良くて何に手をつけていいのかわかりません。

時間はとにかくたくさんあるので、何か良いアドバイスはありますでしょうか?
また、同じような経験をなさった方のご意見も頂けましたら嬉しいです...!

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

ユーザーID:3010101051  


お気に入り登録数:48
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本

タイトル 投稿者 更新時間
お気持ち察します
みんみん
2018年2月5日 17:31

おつらいことでしょう。
私も10年程前にそういう状態になりました。とにかく尋常じゃないほど震えてどうしようもない感覚です。
これが自律神経が失調したということなんだとほんとに思います。

その時は病院では自律神経失調とか 適応障害とか不安症とかパニック霜害と言われ抗不安薬とか抗うつ剤を飲んで収まりました。
ですが私の場合はその後パニック障害と正式に病名がつきました。

とにかく自律神経が狂うことでなる病気なんですが・・
当時は思考錯誤しました。それこそ針 灸 整体 ヨガなど。

いまだに私は自律神経が弱いので症状としてでるのですが、今思うとすべては呼吸が大事かなと思いました。

自律神経を治すのは、ネットでも見られていることととおもいますが、ヨガや瞑想とか運動とか書かれてますよね。
いろいろやった結果、水泳でひたすら泳いでいたんです。事務で筋トレもやりましたが結局水泳が好きなのでそれをしていました。
そしたらなぜか呼吸をちゃんとして泳ぐスポーツなのですごく体調がよくなり、不安感がなくなりました。

普段の生活から思うと、ストレスがたまったり疲れたりすると呼吸を忘れていたり、呼吸が浅かったりということに築きました。
そうなっていませんか?なってなかったらごめんなさい。

私の場合は呼吸がちゃんとできていなかったから運動で強制的に呼吸をするとよくなりました。
それはヨガでもほかの運動でもいいんだとおもいます。

やってみてください。

ユーザーID:8232443115
ヨガ
ばんにゃん
2018年2月6日 2:59

私は小学生の頃に自律神経失調症と診断され、辛いながら生きて来ました。
現在40代。

私がやって良かったと思えるのは
ヨガ、漢方薬、養命酒、です。
ヨガはパワー系より、穏やかな方が良かったです。

よかったら試してみて下さい。

ユーザーID:6920112101
低血糖症かも・・ホルモンバランスが悪そうですね。
りり
2018年2月9日 22:14

辛いでしょうね、お察しします。

主さんの症状を見て気になったものが、

・寒気(食後が特に)

低血糖症ではありませんか?
日本ではまだ病気と判断されていません。自費での治療となります。
ネットで検索すれば、低血糖症かどうか、検査をし、治療をしてくれるクリニックはたくさんあります。
甘いものやご飯を良く食べていたら、なおさら怪しいです。


・不安感(生理前が特に強く感じる)

低血糖症だと、インシュリンホルモンのバランスが崩れるわけですが、他のホルモンにも影響を及ぼします。

その影響は副腎にもおよび、慢性疲労症候群となるようです。

低血糖症や慢性疲労症候群の症状は、主さんのものと合致します。

ホルモンバランスが崩れると、自律神経も崩れますし、逆もまた然りです。


原因が分かれば必ず元気になりますから、諦めないでくださいね。

ユーザーID:4972968023
婦人科疾患
すずらん
2018年2月10日 19:30

婦人科疾患はありませんか?内科で異常なしなら、一度行ってみると良いと思います。
PMSとかホルモンバランスによるかもしれません。

30歳前後で子宮筋腫で手術、30代前半で事故で頸椎捻挫後遺症で障害認定されました。気圧や湿度に弱く、台風の時は出社できません。
私は鍼治療、マッサージが効果がありました。メンタルではアロマオイルが効果がありました。お茶やコーヒーも良いです。
ヨガや、初心者向けの大人からのクラシックバレエも良かったですが、休養が大事です。鍛える、(自分を)磨く、といったものは身体を傷める気がして、程々にして休養を重視しました。

あと、必要なら病院処方の薬もきちんと飲みます。症状に応じて、睡眠導入剤、抗不安薬、鎮痛剤を使っています。

ユーザーID:1971383115
ありがとうございます!携帯からの書き込み
ゑもん(トピ主)
2018年2月22日 10:23

トピ主です。

たくさんのレスやエールありがとうございます!とても気が楽になりました。

とりあえず今からできることストレッチやヨガなど自分に合った運動から初めて気持ちを整えて行こうと思います。

ホルモンバランスの乱れという可能性もありそうとご指摘いただけたので、その後も辛い症状が続くようでしたら婦人科などに行ってみます。


アドバイスしていただいたことをや物を参考に社会に出る前には改善!を目指していきます。皆様のおかげで頑張れます!本当にありがとうございました!

ユーザーID:3010101051
私と似ています。
maruru
2018年4月2日 12:40

とても怖い想いをしていらっしゃるのが私にはよくわかります。大変ですね…

トピ主さんの強い不安感は、自律神経がアンバランスになることが引き金となる「パニック障害」の症状と思われます。身体の様々な症状は、自律神経の血管運動神経不調による血流障害と思われます。

私は四肢の震えしびれ感、心臓の虚血性STT変化、低血圧による強い拍動、頸動脈の張り、寝ている間の大きな息と速い脈、過喚起発作、軽い不安発作や緊張による止まらない動悸、などが起きています。

化学薬品が大嫌いな私ですが、パニック発作を収めるために精神安定剤は絶対に必要でした。薬を飲まないという選択もありますが、自力で治そうと症状を我慢していると悪化したり長引いたりします。ただ、薬を飲み続けるのは病気の回復にいい方法だとは思いません。

トピ主さんは幸いお若く、本格的なパニック発作を起こしていないようなので、朝に一粒の「セントジョーンズワート」で脳の興奮を抑えることができるかもしれませんね。(精神安定剤をすでに飲んでいるようなら併用はできません。)私の場合は気持の底に常にあるゾワゾワした不安感によく効いて助かりました。

あとは「みんみん」さんが書かれているように、身体を動かして規則的な呼吸をすることが回復への近道だと思います。一日一杯のルイボスティーもミネラルが豊富で心身に良いです。脱水がちにならないようにすることも非常に大事です。

自律神経はホルモンに大きく影響を受けるので、生理前は黄体ホルモンで症状が強くなるのでしょう。更年期に女性ホルモンが出なくなった時にはもっと大変なことになりますから、今のうちにしっかり整えておきましょうね。

早く回復されることをお祈りしています。どうぞお大事に

ユーザーID:1229176036
 
現在位置は
です