現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

離婚後の養育費について

LOTUS
2018年2月6日 0:10

私は女性で、4年前から別居していまして、幼児のこども1人の養育費だけ旦那からもらっていました。私は正社員なのでなんとか生活していけます。裁判所の養育費算定表で計算した額を払ってもらっていたのですが、この度正式に離婚するにあたって公正証書の作成をする際、旦那の年収が上がっていて算定表の養育費の額も上がっていました。
旦那は別居した際に決めた養育費を勝手に上げるなと言うのですが、どうなんでしょうか?
離婚時の前年度の源泉徴収票に寄るのではないかと思うのですが。。。

ユーザーID:0515131731  


お気に入り登録数:28
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


タイトル 投稿者 更新時間
口約束でも約束は契約事項
かると
2018年2月6日 13:57

口約束でも約束は約束。はじめの算定表で計算した額で支払うという約束が
あったのであればそれは契約事項であり、どちらか一方の申し出で変更はでき
ません。

公正証書はあくまでも法的に認められるだけで、口約束でも契約として成立
していますので一方的な都合での変更は許されません。

まあ、話し合うことですね。

ユーザーID:5344061541
そこまでする?携帯からの書き込み
男性会社員
2018年2月6日 16:47

ご主人の年収が下がったときは、「算定表」を元に養育費も減額するつもりですか?それなら問題無いと思いますが。

ユーザーID:1291459756
増額もあれば減額もあるのが養育費
セイウチ
2018年2月6日 20:37

> 旦那は別居した際に決めた養育費を勝手に上げるなと言うのですが、どうなんでしょうか?
> 離婚時の前年度の源泉徴収票に寄るのではないかと思うのですが。。。

養育費の妥当な額は、双方の経済状況によって時々刻々変わるため、
取り敢えずは最新の情報を元に設定するのが妥当でしょう。

でも、今後トピ主さんの収入が増えたり、旦那さんの収入が減ったり、
あるいは旦那さんが再婚して新たに子どもが産まれたりしたら
養育費減額の申し立てがされるかも知れません。
その場合には養育費は減額になる可能性が高いです。

増額、減額両方ともあり得るのが養育費です。


ただ、ここで争う姿勢を見せると、将来減額要因が生じた時には、
旦那さんは間違いなく減額を要求してくるでしょうね。

ユーザーID:4515754189
はい。携帯からの書き込み
んー
2018年2月7日 14:22

双方の合意により決まります。妥当かわからない場合は算定表を見て検討します。

今から離婚をするのであれば、今の給料での取り決めになりますので問題ありません。

旦那側の給料が下がった場合は、養育費は下がりますので旦那側から値下げの申請をしてくださいと伝えれば?



とは言え今回はトピ主の申し出を、旦那側の給料に上方の変化があった為の変更と解釈しました。

ユーザーID:6968107519
離婚調停しては?
nao
2018年2月10日 23:10

収入が変わった場合、養育費増額調停、養育費減額調停というものを起こすことができ、家庭裁判所で調停員を交えて話し合って養育費の額を変えることができますよ。

でもトピ主さんは今から離婚するのですよね?
ならば離婚調停を起こして、きちんと条件を話し合い、公正証書に残した方が良いと思います。養育費もその時に話し合えば良いでしょう。トピ主さんは「現在の収入と、現在の算定表に従って支払って欲しい」と主張すれば良いと思います。

ちなみに別居中は婚姻費用(子の養育費用+妻の生活費)ではなく、養育費のみを受け取っていたのですね?
それはなぜですか?
ご主人が強引に一方的に「養育費しか払わない」と押し切ってそう決めたのなら問題ですね・・「妻子の扶養義務を放棄した」としてご主人の有責性を追求することもできると思いますよ。

なんとなくご主人はわがままで一方的に自分に都合の良い主張を大声でするタイプで、トピ主さんは気が弱くいつも言いくるめられて損している・・という感じのカップルが浮かびました。
1人で戦わず、ご両親と弁護士についてもらって離婚調停をした方が良いと感じます。

ユーザーID:2744912275
 


現在位置は
です