現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

双極性障害の夫と楽しく暮らすためには

みかん
2018年2月6日 16:39

40代後半。再婚カップルで、結婚5年目です。最近夫が双極性障害であることがわかりました。
会社をずる休みしたり、職場で怒鳴ったり、大量に飲酒、家では怒鳴り、物を殴ったりすることもありました。
出会い系サイトに登録してみたり、浮気もありました。
浮気されたときは地獄の苦しみも味わいました。
でも、とうとう会社を首になり、クリニックに一緒に行ったところ、双極性障害だとわかり、今までの言動は病気がさせるものが多いことがわかりました。
飲酒が過ぎて内臓の病気になり、心も体も病んだ夫を見て、なぜか別れようと思いませんでした。
働きながら夫を看病し、障害も理解し、支えていきたいと思っています。
ただ、私も人間。夫が「働けなくても頑張るけど、浮気だけは心が壊れそうになるからやめて、もし次に合ったら別れる」といい、夫ももう二度とないと、携帯からすべてのデータを消し、いつでも私に見えるようにしました。完全に信じ切れてはいませんが様子を見ようと思います。
今の悩みは、躁状態になった時の夫の暴言です。
どなりちらしながら、物を殴ります。自分の手から血が出るほど。
私を殴る真似もします。
自殺をほのめかしたり、ペットを投げつける真似をしたりします。
以前は首を絞められそうになったりもしました。
真似だけで実行したことはないのですが。
スイッチがわからず、毎日同じように優しく接しているつもりでも、彼の逆鱗に触れることがあります。
普段は思いやりのある優しい夫です。
次の日は、決まって激しい鬱になります。
どうせ別れずに暮らすなら、毎日、気分が変わる夫におびえることなく、前向きに暮らしたいです。
薬が効いて落ち着いているときは穏やかで優しい夫です。同じような境遇の方のアドバイスが欲しいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:8583987178  


お気に入り登録数:80
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

タイトル 投稿者 更新時間
冷静になって下さい
rinjin
2018年2月6日 21:35

確かに暴力、性欲の増大、不安障害、アルコール依存症等
は確かに双極性障害との合併症と言える
でしょう。
でも、精神障害だとわかったからと言って、全てを受け入
れるべきではありません。

>今の悩みは、躁状態になった時の夫の暴言です。
どなりちらしながら、物を殴ります。自分の手から血が出るほど。
私を殴る真似もします。
自殺をほのめかしたり、ペットを投げつける真似をしたりします。
以前は首を絞められそうになったりもしました。
真似だけで実行したことはないのですが。

ご自分で書いていておかしいと思いませんでしたか?
「暴言」の後に列挙されている具体例はどれもこれも暴言
で済む範囲のものではありません。
一般的に「暴力」と言って、暴言とは区別されるものです。
そして、この他害、自害共に強制入院措置の対象になるレ
ベルです。

また
>首を絞められそうになった

のに
>真似だけで実行したことはない

は成り立ちません。
一般的に良くある拳を振り上げて行う「殴る真似」とは異な
り、絞首は対象者の首に実際に絞める形で手を近づけている
はずです。
詳細は省きますが、絞首は他の暴力とは別次元の危険行為で
す。「鼻と口を手で塞いで呼吸を出来なくさせる」と同様だ
と思って下さい(これに性的な要素が加わると更に複雑で危
険な行為となる)

失礼ですが、この暴力に関してだけでもトピ主様の認知には
やや問題があると思います。
元からそうした傾向にあったのか、ご主人様と暮らすうちに
共依存関係となったのかはトピからだけではわかりませんが、
危険です。
そして、トピ主様にとっての最大の懸念は浮気のようですが、
現実的により危険なのは暴力の方です。
特に他者にとっては切実な問題です。既に職場の人やペット
にも振るっていますよね。

どうか、「楽しく暮らす方法」を求める前に治療に専念して
下さい。

ユーザーID:5559024583
早くペットと一緒に逃げて携帯からの書き込み
マリカ
2018年2月7日 8:36

ペットが殺されてしまうかも。あなたも殺されるまではいかなくても怪我をさせられる可能性大。早く一緒に逃げてください。

ユーザーID:7292712109
うーん。
真冬日
2018年2月7日 15:10

双極性障害に一人で向き合うのはかなり厳しいのでは。
旦那さんのご両親にも相談しては?

今は無職状態ですか?
私は若い頃発症して退院時に、簡単でもいいから何か仕事をするようにと
医師からアドバイスされました。
そして処方された薬を飲んでよく眠ること。
今はストレスのない暮らしをして15年ほど再発はありません。

躁状態というのは、本人でも何をしでかすかわからない状態です。
平気で家から裸足で飛び出したり洗剤を飲んだり階段から落ちたり
周囲に敏感になり過ぎたりおかしな言動が目立ったら
精神科への入院も仕方ないです。
万が一自傷行為が出た時に主さん一人では抑えられないから。

本人次第かもしれないけど
一定の波を観察して、鬱と躁のタイミングをはかることは可能だと思います。
主さんの発言がスイッチの引き金を引いてるわけではなく
単純にバロメータのような感情の起伏なんです。

タイミングを自分で掴めるようになると
そろそろ危ないから一人で部屋で休むね、とか
他人と同じ空間にいることが苦痛な時期を理解したり
コントロールもとれるのではないかと。

完治は難しく一生付き合う病なので
周りの理解はもちろんだけど、本人の意思が必要です。
以上、あくまでも私の体験談ですがお役に立てれば。

ユーザーID:1630022661
別れないのなら選択肢は一つ
まる
2018年2月7日 17:47

>どなりちらしながら、物を殴ります。自分の手から血が出るほど。
>私を殴る真似もします。
>自殺をほのめかしたり、ペットを投げつける真似をしたりします。
>以前は首を絞められそうになったりもしました。
>真似だけで実行したことはないのですが。

それでも別れたくないのですよね?
だったら耐えるしか選択肢はなくないですか?

普段は優しくて〜だそうですが、暴れる姿もご主人の一部だと認めてください。
それを受けても気にしないようにトピ主さんが強くなるしかありません。

普通は毎日を前向きに過ごしたければ別れます。
でもそうしないのだから、それによるリスクから逃げないで受け入れましょう。

ユーザーID:6472044621
躁を制する者、鬱を制す。
双極性障害十数年生
2018年2月7日 21:18

まず肝心なのは、旦那様の持病をコントロールしようという強い意思。

症状が出てしまってはもうコントロールはできません。
それは、例えば心筋梗塞が起こっている最中に、
自分で血管を広げることが不可能なのと同じです。

できるのは、症状が出ないように、出ても小さく済むように、
持病を日々厳しくコントロールすること。

方法は投薬治療と、厳格な生活、行動の管理。
ポイントは、躁をいかに防ぐか、軽躁傾向にどれだけ早く気づいて
躁を限りなく小さく抑えらえるか、だと思います。
詳細は主治医によく聞いて下さい。
専門家の本もとても参考になります。

おかげさまで、私はそれらを厳しく徹底することで、
躁鬱の波は極めて穏やかで普通に近い生活をできています。

旦那様と同じ病気を抱える者として、トピ主さんのような方の存在は本当に有り難いです。
本当に感謝申し上げたい。
陰ながら応援申し上げております。
お二人のお幸せをお祈り申し上げます。

トピ主さんご自身もくれぐれもお大切になさってください。
この病気は長丁場ですし、自分なりのコントロール法を身につけるのにも、
失敗や試行錯誤を続けて初めてなんとかなってくるものですので、
息切れしないよう、ご無理なさらないでくださいね。

ユーザーID:4815931310
治療(投薬)の効果は?
ユーハン
2018年2月8日 11:48

精神疾患のある方と一緒に暮らすのは大変ですよね。

鬱のときも困りますが
躁の時の行動も手が付けられなくて困ります。

「薬が効いているときはは穏やかで優しい」
と書いてありますが、効いていない時間があるとするなら
薬をもう少し増やしてもらうとか、
医師に相談したほうがよいように思います。

それに躁のときは薬を勝手にやめてしまうこともあるので
奥さんがきちんと管理してあげてください。

あまりひどいようなら
一度入院も考えてみてはどうでしょうか?

ご自身も鬱にならないように
気を付けてくださいね。

ユーザーID:3543032160
いや、楽しくはムリ
いじめはいけない
2018年2月8日 12:30

それが、その病気なんだし。
地道に服薬し続けるしかないし。

あとは、あなたも同じ病院でカウンセリングを受けてますか?
家族支援もするクリニックは多いです。
ご主人の通う病院でやってないなら、他の病院を探してもいいし。

斉藤由香

と言う物書きさんを知ってますか。

一流の物書き一族の娘さんなんです。
お父さんが北杜夫さん。
壮絶な双極性障害を抱えるお父さんと家族の苦労をユーモラスに書いていらっしゃいます。

気分転換になるかもしれません。

ただ、ここまでたくましくないと双極性障害の家族とは暮らせないんだなあ。
常人にはとてもムリと私は思いました。

あくまで、斉藤茂吉という知性の子孫で親族のつながりも深い一族だからこそ耐えられたんじゃないかなあと思うんです。
何事にも周囲の深い理解と余裕と知性は大事です。

あなたを支えてくれる親族はいらっしゃいますか?
ひとりでふんばっちゃダメですよ。

ユーザーID:1008241572
私も双極性障害です携帯からの書き込み
前を向いて
2018年2月8日 14:04

ご主人は次の日に鬱転するんですね。普通は一定期間で躁鬱が切り替わるみたいですけど、躁鬱転もあるそうです。

私は暴言はないものの、キレやすくなり誰とでもささいなことで喧嘩をしてました。警察沙汰になったことも。傘を振り回して折ったり、電柱をけりとばしたり、自分の顔が腫れるまで叩き続けたりしました。
ネットショッピングにはまり、自分ではこんなの頼んだっけ?と覚えてないのに買いまくり100万単位で散財しました。
何日も眠れず、知り合いに片っ端から電話やメールをしまくり、ずっと話続け、話のネタがコロコロ変わったり。
私はなかったけど、性的に逸脱する人もいるそうなので、ご主人はそのタイプかも。
周りは躁の時の方が大変ですね。
私は悪い主治医にあたり「寝てる方がいい」とだされた薬が全くあわず、ひどい鬱状態になりました。

食事の時に寝室の隣のリビングに行くのも貞子みたいにはいつくばって行きました。
数分でも座っていられず入院しました。
歯磨きは座って、シャワーは看護師さんに洗ってもらい服も着せてもらいました。枕の位置さえ自分では変えられず、寒くても布団を書けられなくなり、体が動けず30代なのに四十肩になりました。今も腕が真上にあがりません。
ひとりでいると怖い妄想ばかりが頭に浮かび留守番もできなくなりました。
私は欝の方がひどかったです。生き地獄。

病院と薬を変えたらよくなり、去年結婚しました。
でも、ささいなことで怒り心頭になるのでアンガーマネジメントの本を読み、怒りのコントロールをするように努力してます。
おすすめです。

ユーザーID:8359639586
トピ主さんは共依存状態
ルナ
2018年2月9日 12:55

精神科かカウンセリングを受けて下さい。
一番弱い立場であるペットが最も恐怖を味わっていますよ。
あなたは人間だから、夫の状態を分析したり抵抗したりできますが、
ペットは言葉も通じず、病気でおかしくなって人に恐ろしい目に
合わされるんです。
はっきり言います。あなたは夫に支配されて、それに気づかないほど
本当は精神が疲弊してます。

夫のかかる医者は夫が患者だから、妻が支えて下さいというでしょうが、
第三者からみたら、あなたも精神的な(共依存)病ですので、
お互いの為に(ペットの為に)離れて欲しいです。

ユーザーID:3588272964
補足
双極性障害十数年性
2018年2月9日 19:45

自分のレスが掲載されたのを見て、誤解があってはいけないと思い、
もう一度失礼します。

“肝心なのは、旦那様の持病をコントロールしようという強い意志”
と書きましたが、これは、
“旦那様ご自身が自分の持病をコントールしようという強い意志を持つこと”
という意味です。
分かって下さっていたかもしれませんが、
読みようによっては、トピ主さんが旦那様の持病をコントロールしようという意志、
とも読めてしまうにで、念のため補足させていただきました。

せっかくですので、私なりのコントロール法も記させて頂きます。
まず、規則正しい生活で睡眠をしっかりとること。
この睡眠に体調が現れるので、記録し管理して気づきを得る。
睡眠が短くなってくるのは明らかに軽躁傾向です。
そうなった時はとにかく刺激を避け、動き過ぎないようにする。
そもそも、双極性障害では睡眠指導と共に、
行動は持てる力の6〜7割を心がけること、という指導を医師から受けますが、
軽躁傾向が見えてきたら、アレコレしたくなったり、動きたく、動いても疲れなくとも、
グッと我慢で、行動を抑え、静かにゆっくり過ごすようにして、
睡眠が通常通り取れ、落ち着いてくるまで待ちます。
その間は外的刺激を避けることが大切です。
私はその間は人との接触を最低限にします。
両親、夫以外の家族親族との接触、友人知人との接触は一切しないようにします。
美容院や行きつけのお店等にも決して行きません。
人から受ける刺激は予測がつかないからです。

基本的に双極性障害にとっては引きこもり気味の生活が
コントロールに有効とされています。
私はまさにそれを実践しています。
メールも電話も、家族以外とは基本的にしません。

私もかつて夫の首を締めたことあります。
苦労をかけた夫のために、夫との生活第一で、
懸命にコントロールし、その努力は実っていると感じています。

ユーザーID:4815931310
補足2
双極性障害十数年生
2018年2月9日 20:31

なぜ軽躁傾向にいち早く気づく必要があるかというと、
それを放っておいて、自分のしたいように動きたいようにしていると、
軽躁傾向にどんどん拍車がかかり、次第に弾け切って完全な躁に移行し、
やがて酷い躁状態に陥る恐れがあるからです。
そして酷い躁状態の後には、とてつもなく重篤な鬱状態に陥ります。
よく言われますが、“山高ければ、谷深し”なのです。
だから、山が低ければ、谷も浅い、つまり、
軽躁傾向で抑えることができれば、鬱も軽く済むのです。
私はそのことを実感しています。
この病気に完治はなく一生付き合ってゆくもの。
どれだけ気をつけていても波はあります。
けれど、最大限に気をつけることで、その波は
とても穏やかになってきているからです。
そして私は、普通に近い生活を享受できております。
まさに、夫と楽しく暮らしております。

トピ主さんの旦那様がどれだけ努力できるかにかかっていると思います。
トピ主さんに出来ることは、旦那様の病気を理解し、
旦那様の体調の波の変化に注意してあげることぐらいでしょうか。
ちゃんと睡眠が取れているか、動き過ぎていないか、
テンションが上がってきていないか・・・
どれだけ自分で気をつけていても、自分では気づききれないところがあり、
私はその点夫からの指摘で気づくことも多いです。

最後にもう一度言いますが、努力するのは旦那様です。
暴言や暴力という症状が出ないように旦那様は努力しなくてはならないのです。
トピ主さんに暴言を吐いたりおびえさせているようではいけないのです。
確かに当初は症状に翻弄されるし、私もそうでした。
そこを、トピ主さんのように耐えて許し支えてくれた夫のために、
私は最大限に努力し続けることで、夫との楽しい生活が実現していると思えます。

旦那様に最大限の努力をしていただきたい、かけがえのないトピ主さんのために・・・

ユーザーID:4815931310
結局はご主人次第
難しいよ
2018年2月9日 22:36

私の近くに主さんと同じ状態の夫婦がいましたが
結論からいうと残念な結果になりました。

主さんの結婚生活を続けたいというなら
理解や覚悟が必要なのはもちろんですが
結局はご主人が双極性障害に対してどう向き合うかによって
今後の生活が違ってくるんじゃないでしょうか。

双極性障害は病名を告知されて通院していても
少し躁の状態が本来の自分と受け止めてしまう方も
多いようで治療がうまくいかない事もあるようですが
主さんの夫はちゃんと病気を受け止められそうでしょうか。
40代後半からこの病気であることを受け止めるのは
本人は結構大変なことだと思いますよ。

ご主人がしっかりと病気と向き合う事ができれば
主さんの望む前向きに生活できて
楽しく暮らすことも将来的に可能だと思いますが
病気への受け入れが不良だった場合は
別れるということも一つの選択肢であるという
覚悟も必要ではないでしょうか。

ユーザーID:5128100199
危険な状態です
三毛猫
2018年2月10日 13:20

最初のレスのrinjinさんのおっしゃる通りです。
双極性障害かもしれませんが文面からは、アルコール依存、DV、何らかの人格障害がうかがえると思います。

> 毎日、気分が変わる夫におびえることなく

怖いのですよね?

精神保健指定医のいる精神科でトピ文を見せて診察してみて下さい。
本当のアドバイスとしては、身に危険を感じたら警察に通報した方が良いです。
首絞めされて今後仲良くしたいと言うあなたも異常です。

ユーザーID:5916240409
主治医の定期的な診察、投薬治療は必須。
双極性障害十数年生
2018年2月12日 16:24

何度もすみません。

通院、投薬治療については当たり前すぎて重点を置いて記さなかったので、
念のためにもう一度失礼します。

患者の中には、薬を飲み忘れたり、
少し良くなると通院を止めてしまったり・・・
そして再発を繰り返したり・・・
といった話も少なくありません。
周囲には精神疾患についてまだまだ無理解な人も多く、
実際、私も、当時信頼していた知人から、薬に頼ってはいけない、とか、
お医者さんより、自分自身の方が自分をよく分かっているはず・・・
とかの余計な助言を受けてしまい、なまじ信頼している人からだったため
真に受けて、薬を止めてしまった結果酷い状態に陥った経験があります。

双極性障害に完治はない、と言われます。
薬を毎日処方通り飲み、定期的に主治医の診察を受ける、
このことは必須事項で一番基本的に守るべきことです。
旦那様が薬を毎日きちんと処方通りに飲んでいるか、
きちんと通院しているか・・・それを気をつけてあげることも
トピ主さんができることの大切な一つです。

災害は忘れた頃にやってくる、と言われます。
私はこの言葉をもじって、
“再発は忘れた頃にやってくる”、そう自分に言い聞かせ、
日々たゆみなく厳格に持病のコントロールに取り組んでいます。

旦那様もどうか旦那様なりのコントロール法を身につけられて、
症状に翻弄されることなく、トピ主さんとの楽しい暮らしが続きますよう、
陰ながら切にお祈り申し上げております。

トピ主さんご自身もどうかご自分をお大切になさってくださいね。
例え夫婦でも、別人格で別の人生、という割り切りも大切です。

ユーザーID:4815931310
レスします。携帯からの書き込み
むぎお
2018年2月25日 10:32

全くご質問と違う話になりますが、私はうつ病で13年間闘病し、10回以上の入院歴があり、現在ほぼ完治しています。

周りには様々な精神疾患を抱えている友人がいます。

そのなかで、そう極性障害の治療はかなり難しいことがわかります。

医者の見立てが間違っていることも多く、その投薬のために病状が悪化することも頻繁にあります。

私のうつ病も、医者を変えてからメキメキと回復しました。

医療が正しいか?
投薬が正しいか?

これ、スゴく重要です。

向精神薬を服用している人は、基本的に飲酒することで、薬の作用が悪くなります。
医者もわかっているのですが、大抵、面倒なので放置します。

向精神薬を飲む人は、酒を経つこと。そうしなければ正しく薬が効いているのか?が、わかりません。

すでにアルコール依存症を併発している様子がうかがえるので、その部分も含めて、信頼できる医者としっかり話し合うことをお勧めします!!

ユーザーID:0945945408
私も双極性障害です携帯からの書き込み
まい
2018年2月25日 11:50

まず暴言を吐きそうになったら患者本人は分かります。
そこで頓服薬を服用し、周りに迷惑をかけないようするのが普通だと思います。

失礼ですがそういう面での「旦那様の努力」は見られるのでしょうか。

主様が我慢することが旦那様にとっても良いとは限らないかと

ユーザーID:2284845782
トピ主です
みかん(トピ主)
2018年3月13日 11:29

皆様、たくさんのアドバイス、ご回答ありがとうございます。たくさん回答くださっていて驚きうれしく思います。
一つ一つじっくり読ませていただきました。
お返事が遅くなりすいません。
ちょっと、システムを理解していなくて、まだアップされていないんだと思い込んでしました。

双極性障害十数年生さん。たくさんのコメント本当にありがとうございます。
もし身近にいらっしゃったら、いろんな話をもっともっと聞きたいと思うくらい助けになり、参考になりました。
具体的に、「躁を制する」ということがとても重要なことであることを、改めて勉強できました。
鬱期の夫は、躁の時の爽快感、何でもできる万能感が恋しいらしく、躁になりたいといつも言っています。
家族にとって躁の時の夫は、手に負えないです。
ずっと鬱でもいいってつい思ってしまうほど(旦那さんごめんね)
夫にいかに躁を抑えることの大切さを知ってもらえるかがカギになると思いました。

共依存ではという言葉は今回もいただきましたし、以前、一般のカウンセラーの方にも言われたことがあります。
普通の人だったら、すぐに見切りをつけるのでしょうか。よくわからないのですが、もしかしたらそうかもしれませんね。

あと、北杜夫さんの小説はたくさん読んだことがあるのですが、娘さんのことは知りませんでした。
ぜひ読んでみたいです。

すぐ逃げるべきとの回答も、自分には主人を捨てて逃げることはできませんが、そういう選択肢もあるんだと思え、少し心が軽くなりました。

まだまだ試行錯誤の毎日ですが、自分ができる限り頑張って、何とか平和な家庭に近づいていきたいです。

ユーザーID:8583987178
 
現在位置は
です