現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

駐在の妻。日本に帰りたいとき、帰りたくないとき。

雲のチュウザ
2018年2月6日 20:42

駐在のおくさんたちにお伺いします。

日本に帰りたくなるとき、いやいやまだまだこっちにいたいよ、と思うとき、
どんなシーンでそう感じますか?
どんなことを考えているとき、そう思いますか?

私は、1日1回お風呂に入るとき、
「はー、やっぱ日本がいいよなあ」と切実に思います。

バスタブがあると言っても、バスタブしかないので、
身動きとりづらいせっまいバスタブの中で、シャワーを浴びるだけ。
しかもバスタブはツルツルだし、角がゆるーくカーブしているので、
立ってシャワー浴びると滑って危ない。

しかも、共同の大きなボイラーが地下に置いてあるようなタイプの、
アパート?日本でいうとマンション?なのですが、
お湯の温度が40℃切ってるな、という日もあり、
お風呂がホントストレスです。

まだまだこっちがいいなあ、今日本に転勤って言われたらガッカリだわ、と思うときは、
旦那が休みを取って、家族で海外旅行をしているとき。
日本だと旦那は休みは取れなかったと思います。

あと、日本だと、国内の旅行先が結構充実しているので、
あえて海外旅行はしなかったかも。
日本から遠い海外在住だからこそ行ける行き先(日本からは遠い)も多く、
そういうときは、駐在も悪くないな、と思います。

あとは、子供の学校の子達がいい子が多いことがかなり楽。
日本だといじめの心配がかなりありますよね。

日本と違って習い事や塾が少ないのは残念。
日本でやっていた習い事が出来なくなったり、行こうと思っていた塾がなかったり。

食べ物は、日本がホントよかったです。
外食するお店も多かったし、デパ地下の惣菜もいいし。
あと、子供のお弁当箱を洗っているときは、切実に日本がよかったと思います。
公立小は給食ですからね〜。

ユーザーID:0636692692  


お気に入り登録数:99
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
以前駐在でした
コスモス
2018年2月6日 22:50

数年前までアメリカ駐在でした。

日本に帰りたいと思ったのは やっぱりお風呂!湯船につかること。
バスタブにお湯を貯めても中間ぐらいに排水口がありたくさん貯められず寝転がってお湯につかってました(笑)
駐在当初 車の運転が恐怖でした。スピードが速く一般道でも80キロ、ハイウェイの出入り口での合流が怖く何処へも行けず引きこもり生活…日本では働いていたので家にいる時間なんてとても短く外出好きだったのでちょっとした時間でも家にいることがなく外が好きだったのでとても辛かったです。
主人がとにかく仕事が忙しかったので私一人の時間がとても長かったです。

帰りたくないと思ったのは帰国の年。
生活・運転に慣れて1人で自由に出掛けられ、友人もたくさんでき 心も身体も自由を謳歌していました(笑) 肌の色・国籍いろんな人がいる状況でよっぽど目立った行動をしない限り日本のような人の目が気にならない生活。自分を出せる生活。
そんな生活から人の目を気にする生活(横並びを大切にするお国柄の日本)に戻るのは本当に憂鬱で 私だけでもアメリカに残りたい、いつかここに戻ってきたいと思うほど 心穏やかな生活を送れた場所でした。今でもチャンスがあればあの土地に帰りたいです(笑)

子供がいなかったから本当に自由に行動していたので余計そう思うのかもしれませんね。

ユーザーID:0056391256
ありすぎて・・・
春はもうすぐ
2018年2月6日 23:10

帰国した元駐妻です。
常夏の国にいました。
日本に帰りたかったときは季節の節目を迎えたときでしたね。
桜が咲いた、七夕祭りだ、海開きした、紅葉が見ごろ、木枯らしが吹いた、富士山に初冠雪、なんてニュースで見ると無性に帰りたくなったのを思い出します。

和食屋さんがたくさんあったのでそれほど恋しいとは思わなかったけれど、一時帰国して日本食を味わえば、雲泥の差だと思い知らされましたね。
常夏だったのでバスタブにお湯を張ることは一度もなくシャワーで過ごしましたが、日本の温泉は常に「今したいこと」の上位でした。

できることならまだまだ居たかったです。
駐在生活はお金も貯まるし、生活が楽でしたしね。
また駐在の話があれば、喜んでついていこうと思ってますよ。

ユーザーID:4119007957
色々あるよね
レノア
2018年2月7日 0:51

帰りたい時
病気や体調不良で病院に行きたい時です。
風邪やインフルエンザ程度だと、来院を断られ自宅で市販薬を飲みなさいと指導される。
耳に不調が出ても、まずホームドクターであるGPに診てもらい
GPが必要と判断すれば専門医への予約が取れます。それも数ヶ月後とか。
あと、主人が出張でいない時に高速でパンクしたり、深夜に子供が熱性痙攣を起こしたり、
深夜に家のセキュリティが近所迷惑レベルに大音量で鳴り響いて止まらなかった時は途方に暮れたし、
主人自身が別の国で交通事故にあった時は、本当に本当に日本に帰りたかったです。

帰りたくない時
学校を含め子供に対する環境が良い。オモチャも素朴。
低学年だからかイジメもないし、基本皆働いて暇じゃないからママ友の深い付き合いもない。
給食だけでなく、費用さえ払えば朝食も学校で食べさせてくれるし、
日本みたいにアレコレ親に用意させないし、行事への協力も強制しない。
生活全般がシンプルで、家族一緒に過ごす時間が多い。
アラフィフだけど、色柄とも必ずしもおばさんくさい服を着なくていい。

ユーザーID:8631944293
アメリカの片田舎より
在米主婦
2018年2月7日 8:59

日本に帰りたいと思うとき
お風呂に浸かりたいとき。トピ主さんと同じ、毎日シャワーです。
疲れてご飯を作りたくないとき。外食が総じておいしくない。出来合いのお惣菜もない。高い。結局自分が作った方がまし、となる。辛い。
日本にいる家族がさみしそうな様子を見たとき。申し訳ない気持ちです。

日本に帰りたくないと思うとき
夫の帰宅が早く、平日一緒に食卓を囲んでいるとき。日本ではなかなかできなかったので。
子供のお稽古事を楽しんでいるとき。トピ主さんと違い、うちはアメリカの方が色々通いやすい環境です。毎日色々やっています。
あちこち旅行するとき。せっかくだから、とあちこち行ってしまい、なかなか貯金できません。
子供が英語でしゃべっているのを見るとき。すでに英語が第一言語になっているので。

いじめは、海外でもありますよね。それは、運が良かったと思っておきましょう。

ユーザーID:1834714790
ほぼ同じです。携帯からの書き込み
ほっとけーき
2018年2月7日 11:51

うちはもう帰国しちゃいましたが、駐在してるとあちこち海外旅行できるのが良いとこですよね〜。旦那も残業ないし、週末は毎週ゴルフ←安いし!旅行にいったり遊んだりの時間が日本より豊富です。
借りてる家も広くて素敵で、日本に帰ってきたら狭っ!って思いました、涙。
私の住んでたとこはエンタメも豊富でとにかく楽しかったです。

が、やっぱり食べ物のことは絶対日本!とにかく食材一つ一つが美味しいし、新鮮だし、安心できるし。卵の賞味期限も全然違いますよね!
食べ物のことを考えると日本が恋しくなりますよね。
日本はどこにいっても外れなく美味しいです。
それに、日本は細かなエステ類が豊富!美容室、ネイル、痩身美顔小顔エステ、、なんでもクーポンで安く色々楽しめる。こういう細かなサービス類はいいですよね。

私が帰国してからゾッとしたこと。
狭い、小さい、高い、ネガティブ思考、死んだ目のサラリーマン、冷めた子供達、ゲーム漬け、毎日メイク、パンスト生活、ファッションが皆同じ…

色々違いはありますがいつかは日本に帰らなくてはならない日が来る!そのことを考えて、いまそこでしかできない毎日を楽しんでくださいね。

ユーザーID:3972043987
駐在あるある?
さくら
2018年2月7日 17:47

北米でした。
セントラルヒーティング良かった〜
マイナス15度〜30度でも家は年中快適。
共有スペースは扉や無駄な壁もなく。
広くてもワンフロア状態、掃除機ラクラク!
浴室はすぐにカラカラ、カビぬめりって何?
湿度ないから汚れがつかない!
ホコリだけだからダス◯ン系で十分。
キッチン、ダイニング、こぼすところはモップ使える床
モップ洗い用の深い洗い場も完備。
生ゴミはディスポーザーでガー、ゴミは分別無し。
ゴミは家の前の通り沿いにゴミ箱ごと出しておくだけ。
同様に郵便は投函も受け取りも家の前のポスト。
洗濯は週末に1週間分まとめ洗いが一般的だとか、
洗濯室に大型の洗濯機と乾燥機。
バスタオルやジーンズもまとめて入れても1時間で乾燥

七面鳥入る大型オーブンも便利。
シフォンなど焼きっぱなしのケーキ類、
なんでも乗せピザや日本レシピのパン焼いたな〜
旧来の和風台所とレンジサイズオーブンじゃ厳しい。

ガレージが家と一体、
乗車して車内のリモコンで開けて出掛ける。
帰りはリモコンで開けて車ごと家に入るだけ。
荷物や子ども、傘持って慌てて走る必要なし。

とにかく生活全般が合理的で便利。
日本はアナログというか一々大変。
家事に溜息出ちゃう。


困った事は・・・
お肉や魚の鮮度、種類は問題でした。
コマ切れ、薄い肉、お刺身、焼・煮用の魚がない。
日本食・食材は高い。
洋食寄りばかりじゃ口も胃も疲れる。
量り売りで要るだけ買えば良いのは良かったけど。

中学生未満の子どもは留守番させられない。
ちょっと車に置いて店内へ、もアウト。
常に親が送迎しなければならない。
漢字や算数、日本の勉強をみるのは大変でした。
帰国後一番楽だ〜と思ったのは子どもの事。

盆暮れ正月、面倒な帰省など親戚関係がない!
長期休暇は家族で旅行に行くのが普通、
堂々と長期旅行、誰にも陰口言われず気楽。

ユーザーID:2727582835
駐在先によるんじゃないですか?
yoko
2018年2月7日 17:54

奥地に駐在してたら、日本が恋しくなるだろうし

NY のように何でもそろっている、お金さえ払えば美味しい食材も、レストランも、高級コンドミニアムでお風呂のお湯の心配なんて必要ないところに住めますし。

ポイントが良くわからないトピですね。

ユーザーID:3757322262
時間帯を変えると熱いお湯がでるかも
シー子
2018年2月8日 1:57

お風呂が恋しい気持ちよくわかります。私は戸建てに住んでいます。お風呂に入る時間帯で、給湯温度が変わるので、注意して熱いお湯が出る時間にお風呂の湯をためるようにしています。タンクにお湯をためて加熱する仕組みの給湯施設は、タンク内の湯の温度が下がる(或いは家のどこかでお湯を使ってタンクの湯が減り、給水されて温度が下がる)とサーモスタットの設定で自動的に加熱するようになっていますが、お湯を出す時間帯が、たまたまこの加熱直前(或いは加熱中)だったりするとぬるいお湯が出てしまいます。集合住宅に一つのタンクであれば、他の住人がお湯を使う時間帯をさけ、少し落ち着いたところでお湯をためるようにすれば、少しはましかと思います。その時間帯が何時頃なのか、試行錯誤があるかとは思います。日本はタンクがない給湯設備の場合が多いので、こういう苦労はありませんよね。バスタタブ、滑りやすかったら、転倒防止のゴムマットをかわれてはいかがでしょうか?バスタイム少しでも楽しくなるといいですね。

ユーザーID:1191984886
帰りたくなかったです 
そら
2018年2月8日 18:20

帰りたくはなかったです。家族共々。

日本に帰ったらそれは美味しいものもあるし、便利だし、日本語通じるし。
永住組はまた違う気持ちなのはよく聴きました。
私たちはもう少し居たかったな。
20年くらい前の話ですけどね。

きれいな青空、真っ赤な夕日。
からりと晴れた日々が一年を通して続いて、過ごしやすい。
人間関係はまあまあ適度に離れて居て、幸いネチネチした人が居なかった。
(来る前の日本でそういう人間関係が、周りにあったので疲れた)
子供は、塾なんてなくて、外でも家でも遊びまくり。
ゲームもあんまりして居なかったなあ。
そういう環境なだけだったんだろう。
子供らは、英語も日本語も本も好きなだけ読みまくり(日本の本は日本語補習校から借りてきた)。

とりあえず勉強はしたけど、
のびのびしている子供時代を小学生の半ば過ぎまで送られてやれた。
親もそれを見てのびのびして居た。

日本に帰ったらこんな光景はないと分かって居たから
帰りたくなかったです。
真っ赤な夕日を見て切なかったかも。

ユーザーID:8845580034
いろいろあるけど・・・
駐在OB
2018年2月9日 13:16

日本に帰りたいと思うとき。

救援物資が切れた時。
救援物資とは現地では手に入らない日本食の材料です。
無性に日本食が食べたくて「あー!いりこ出汁が無い!!」と思った時の絶望感といったらもう(笑)

初めて社宅に入った日、30軒ほどの家の周りがぐるっと高い塀で囲まれ、敷地への入口が一箇所。
警備室を覗くと、映画の軍人が持っているよなマシンガン(?)が3丁置いてあるのを見たときは、帰りたいとつぶやいてしまった。

注意事項として夜間は番犬を放すので屋外に出ないようにと。
夜空を眺めることもできないの?とは思ったけど、それでもまあ、警備がここまで厳重なら安心ねっと思い直した。
それに私はワンコ好き。
特に大型犬。
シェパードとか賢い子が大好き。
ちょっと番犬と仲良くなってみたいな〜と思って犬舎に連れて行ってもらった。

ガーン!
犬じゃないじゃん!!

そこには5頭のハイエナが飼われていた。
マジでおウチに帰して!って叫びそうになった。


日本に帰りたくないと思うとき。

現地では6LDKの豪邸。
しかも各部屋が20畳以上ある。
日本の我が家が余裕で4軒(?)は入る広さ。
庭師兼設備管理人の男性と女性のお手伝いさんが2人。
通貨規制があって現地給与は日本に送金できないので、全部使い切れと夫に指示される贅沢な暮らし。
それでいて日本でもバッチリ給与が支払われているから丸々貯金。

使い切れと言われてもモノが安い国。
使い切れないので苦肉の策で個人で三角貿易。
赴任国から送金できる数少ない国からモノを買い、日本に輸出。
2百万円分のワインとか結構壮観です(笑)

日本に戻るとふと、もう一回赴任できないものかと思ったりします。
夫は仕事が大変だったらしく二度とご免だと言っていますが。

ユーザーID:4397714474
ですよね〜。コメント嬉しいです。あと、私も通販。実家。
雲のチュウザ(トピ主)
2018年2月9日 22:13

みなさま、コメントありがとうございます。

やっぱ、お風呂ですよね〜。
一時帰国は温泉目的、なんてのも聞くくらい、
日本は、お風呂天国・温泉天国なんだなあとしみじみ思います。
私も早く帰って温泉に入りたい〜。

車の運転、私はまだまだ恐怖です。
何かあったときのこと考えると、、、絶対に事故れません。

常夏の国の人からは、確かに、
これいつの写真だっけ?春夏秋不、どの写真も同じ服なんだよね〜。ガクッ。
みたいに聞きました。季節感って大事なんですよね。

うちはお金は貯まりません。浮かれて遊び過ぎなのか?
日本の家を賃貸に出して来れば、多少はお金が貯まったんだろうけど。

病気のとき、病院は、ホント日本がいいですよね。
保険のことも、予約も、言葉の面でも。
事故や怪我も、日本にいたときときとは比べものにならないほど、
しないように細心の注意を払ってしまいます。神経すり減る〜。

食べ物もやはり皆さん、お風呂と並んで最大のネックみたいで、
同じだ〜って思ってホッとします。
外食、惣菜、食材そのもの、価格、鮮度、全て日本はすごいっす。

旦那が仕事が楽になったのは、本当によかったです。
平日に子供と夫が会話が出来ないのが当たり前の日本は異常。

あと、店員さんは日本のほうがずっといいですね。
企業努力とか、常に最善を模索しているところは、
日本企業はすごいな、とも思います。

あー、あと私は日本で生協の宅配や通販をよく使っていたので、
それがほぼ壊滅的なのがかなりの痛手です。

あと、休日の旅行先に、実家・義実家という選択肢がなくなったのが、
これは、メリットデメリット両方です。
帰省しなくていいけど、帰省したくても出来ない。

私は「子供には保護者付きが義務」なのは今は安心出来るので逆に嬉しいです。

ユーザーID:0636692692
やっぱり食べ物関連ですね。
元留学生
2018年2月10日 13:39

帰ったらおいしいものいっぱい食べたいってよく思ってました。
離島の小さな町だったんですが、日本人夫婦が経営の和食レストランがあったので、よくお世話になってました。あの人達いなかったら乗り切れなかったかも…。あの時はありがとうございました。

ユーザーID:2534413085
帰りたくなるのはやっぱり病院がらみ
赤い靴下
2018年2月18日 1:14

アメリカ在住5年目です。
切実に日本に帰りたいと思うのはやっぱり子供の病院(怪我、病気)がらみのトラブルが起こったときですね。

私達家族はかなり手厚いタイプの医療保険に入っていますが、それでも時間外診療にかかると月収数ヵ月分が吹っ飛んでしまうくらいの請求がきます。
息子が2才の時、命には全く別状はなく数日間放置しても問題ないものの、かなりの激痛があるタイプの症状に悩まされたことがあります。だいたい発症するのは就寝前なので、かかりつけ医は当然診療時間外。痛みにうずくまり泣きじゃくりながら助けを求める息子をなだめながら夜を明かすのはかなり辛かったです。(息子はもっと辛かったはず)
翌日、朝イチで診察予約をとり、かかりつけ医に駆け込み、治療を受けると、ものの数分でけろっと治ります。
子供が同じ症状で苦しんでいた友人も「数分で終わる治療だし」と思って夜間診療に駆け込んだところ、月収数ヵ月分が吹っ飛び、怒り狂っていました。通常診療なら数千円で済む治療です。(ちなみに、その友人はアメリカ人です)
私は友人の話を聞いていたので通常の診療時間まで待ちましたが、うずくまる息子を見て何度、夜間診療に駆け込もうと思ったことか。
私たちのかかりつけ医は診療時間内なら即日受診できますが、場合によっては1週間くらい待たされることもあるとか。思い余って911に電話したら「その症状では死なないので子供に我慢させろ」と言われた人もいるとか。
アメリカは児童虐待に対してかなり厳しい国なのに、子供に痛みを我慢させ治療を受けさせないのは虐待ではないのか?と思ってしまいます。

ちなみに、日本で買った育児書にはこの症状がでたら直ちに救急車を呼べと書かれていました。


帰りたくないなと思うのは、日本には生息していない野生動物が自宅の裏庭に現れた時ですね。

ユーザーID:0255819722
 
現在位置は
です