現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

余命半年の父は何を思う 携帯からの書き込み

ミスト
2018年2月8日 22:05

私は30代男性です。
妻と小さい子供がいます。
遠くに住む父が病で、おおむね余命半年です。
入退院を繰り返しています。
徐々に衰えが目に見えてきました。母が世話をしています。
私は一ヶ月に二回ほど手伝いに行きます。

私は父とは関係がやや希薄だったと思います。
何事にも干渉しない人でしたが、特に嫌な思い出もありません。仕事も真面目にしていました。

先日、父と二人になったとき、特に何も話すことがありませんでした。最近の仕事の話とか、少し話したくらいで。

私は、特に何かを話す必要もないかとは思っていますが…。父は息子に対してどんなことを考えているんだろうと少し気になりました。でも、あちらも特に何もないのかも。

とりとめなくなってしまいましたが、
成人して独立した子を持つ老親は、子に対して何を思うものでしょうか。

将来、私が死ぬときは、子供に対して何を思うか…俺より長生きしてくれてよかった、あとは好きに生きろ、くらいかな。でもそのときにならないとわかりませんね。

皆さんの経験談、考えなど教えてください。

ユーザーID:7247487513  


お気に入り登録数:101
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本


タイトル 投稿者 更新時間
貴方を感じています
墨歌
2018年2月8日 23:32

私は65才、3人の子供たちは皆所帯を持ち、今はそれぞれの子育てに頑張っています。賑やかだった我家はガランとして今は妻と二人きりの静かな日々です。

息子を見ていると、時々86才で亡くなった私の父が見えてくることがあります。又、何かの折には私自身が息子の中に見えてもきます。ほんの小さな仕草や、言いまわし、笑い方、怒り方、所作の中、そんなちょっとした刹那に一瞬見えるのです。まさにほんの一瞬の刹那ではありますが、はっきりと自分の姿、父の姿を感じるのです。

そんな時、死の恐怖はもとより永遠の別れも冷静に静かに真っ直ぐと見つめ受け入れられるような気持ちになります。何も特段の言葉を交わす必要もないのです。我々は累々と繋がる一身なのです。

ユーザーID:0882163958
月二回手伝いに行っているなら
a
2018年2月9日 1:18

なぜ本人に聞かないのですか?後悔しないうちに、お父さんがまだ話せるのなら、聞くべきよ。

ユーザーID:1741723464
私の父は
とくめい
2018年2月9日 9:27

各ご家庭の事情があるので何とも言えませんが、
私の父は最期まで母(認知症)の事を気にかけていましたよ。

ユーザーID:1311413346
その時にならなければわからない。
ドラママ
2018年2月9日 11:01

昨年主人を亡くしました、8年前に一人息子もなくしました。主人とは、いろいろ話していました。無駄は延命はやめようとか、死んだら、息子と一緒に散骨しようとか、
しかし最後の時、医師に延命処置どうしますか?と聞かれました。私はこれ以上苦しませないでください。と言いました。ところが苦しくて、暴れていた主人が、「なんでもやってください。この人ともつと一緒にいたいから!」「この人と結婚したことが1番の幸せだから」このことを何ども、何ども、苦しい中で繰り返すのです。
これが、この人の言いたかったこと!私が、45年付き合って、1番愛した人。うちの人は、「愛してる」などの言葉をいっぱい言う人でした。私ダメかなあー。
お父様、きっと思う事、言いたい事たくさんあると思います。血が繋がっているのだから!ことばにしなくても分かり合えると思います。少しでも、短時間でも、お父様の顔を見に行ってあげてください。顔を見るだけで嬉しいと思います。

ユーザーID:9324455011
三十代の息子のいる母です
海賊の妻
2018年2月9日 11:15

貴方はすでに沢山の贈り物をお父様から受け取っています。
やや希薄な関係とはいえ、お父さんのいる家庭で育ったのです。無意識のうちにあらゆる事を学んだと思われます。そして遠い道のりをお母様を手伝うために通うような息子に育ちました。ご自身の家庭も大事にしておられることと思います。
お父様は誇りに思っている事でしょう。実際私から見ても羨ましい息子さんです。
私の夫は腎臓病の為に自分の命は短いと感じ、一人息子に生きている限りすべてを与えようとしました。その結果鬼のように教え、叩き込み育てました。
毎週出かけて、釣り、ボート漕ぎ、空港や水族館、などいつか役に立つ経験をさせ、数学や英語等、小学生のうちに中学の教科書すべてを終わらせ、野球をさせれば優勝まで導きました。怒涛の如く教育しまくり、食事の時には化学式を暗記するような生活でした。
そして今夫は二度の脳梗塞と重篤な感染症で何度も死にかけ、衰弱しながらも家にいます。
息子は「大丈夫だよ。お父さんはもうすぐ死ぬから。そうしたらお母さんの苦労も終わりになるよ」と言いつつ、毎週の電話には「お父さんは大丈夫なの」と父親の死を恐れているようです。
父と息子には目に見えない絆が確かに存在します。
息子にはあんなに怖い父でしたが、「お父さんのおかげで」と言う言葉がよく出てきます。高校時代は「なんでそんなに物を知っているの」とよく言われたそうです。それは社会人になってからも感じる事のようです。
私は父を恨んでいるのではないかと心配したことが有りました。
今は無口で寝てばかりいる父に「お父さん。仕事でこんな事があったよ」と外の風を送り込んでくれ、この世に引き戻してくれます。
貴方もどうぞ、自分の暮らしや仕事や家族の事を沢山話してください。思い出話でもいいのです。お父様を引き戻してください。

ユーザーID:2193020624
わざとらしいかもしれませんが感謝の言葉を
下の上
2018年2月9日 11:15

母が早くに亡くなりました。
兄弟二人とも未婚でしたが、とりあえず結婚式だけでも見せたい。と兄弟が結婚しました。
出席はできませんでしたが、ビデオを何度も何度も見ていました。

トピ主さんはある意味「父親の背中を見て育った」んだと思うんですよね。
だから、結婚して子供を持っている。
それってすごく幸せな生活をしていると思います。

照れくさいかもしれませんが、
「親父が真面目に仕事へ行って、お袋が支えてくれてたおかげで今の自分があって、結婚して子供ができて、幸せな生活ができてるって思うよ。ありがとう」って。

トピ主さんが親父は何を考えてるのだろう?と思っているのと同様に
お父様も息子は何を考えているのだろう。と思っていると思いますよ。

「俺の親父でありがとう」でもいいんじゃないですか?

ユーザーID:4382512254
主さんのお子さん(お父様のお孫さん)の話をしてあげては?
ありさ
2018年2月9日 12:22

 主さんの文章から、とても素敵な方だと推察します。お父様は真面目に仕事をし、そんな主さんを一人前に育てた。素晴らしいお父様ですね。 
 干渉しないのと関係が薄いのは違うと思います。関係が希薄ならば、「寂しい・悲しい」という嫌な思いがあっておかしくないです。 お父様と上手く関係性を築いてきた証拠ではないでしょうか?
 会話ですが、お子さんの話をしたら良いと思います。「こんな事が出来るようになった」とか「どういう食べ物や遊びが好きなのか?」など…。お子さんが何歳か分かりませんが、赤ちゃんでも2.3歳〜小学生でも当てはまりますので。
 何が言いたいかというと、「お前(主さん)が子供の頃はこうだった」等の話に繋げることが出来ると思うのです。 お父様が気弱になっている場合は涙ぐんでしまわれるかもしれません。でもそうやって、主さん自身が、お父様からどれだけの愛情を注がれていたのか感じる事が出来たら、主さんにとってもお父様にとっても、とても意味のある会話だと思うのです。
 ウチの子供も成人はしてないのに、エラそうな事をスミマセン。
ただ、多分主さんの子供よりは成人に近いので(小学校高学年)、少しは想像が出来ます。 想像ですが、「ちゃんと成長してくれて良かった」かな。あんな小さかったのに、こんなに大きく立派になったと、お父様は思っているんじゃないでしょうか?
 それと、お子さん(お父様にとってお孫さん)に会わせてあげてほしいなと思います。小さいと中々大変でしょうが、奥様にお願いして…。
 
 
 

ユーザーID:7829568410
70代男です
太一郎
2018年2月9日 13:27

既婚別居の息子1人がいます。

もし私がそういう時期であればどう思うかな?

息子は今の所真面目に元気でやっているのですが、『家族仲良く元気でやれよ』

ぐらいかな

ユーザーID:5120632019
余命2週間の父
nico
2018年2月9日 15:48

 余命わずかで病院に入院していた父が、
「家族を大切にするんだよ。」って、言ってました。

 家庭を顧みずに仕事をしていた、と思っていた父ですが、今になると、子どもが経済的に不自由な思いをしないように、懸命に働いてくれたんだなと思います。

 波乱万丈という言葉がふさわしい人生を歩んだ父ですが、最後に思ったことは、子どもの先行きでした。

 10年振りに思い出しました。

 不肖な息子のことは、心配していました。
 なので、心配かけていないトピさんは、親孝行だと思います。

ユーザーID:5779782103
友達として一緒にいたい
父ありき
2018年2月10日 11:16

私の父は自分が小さい時は口数の少ない人で何となくとっつきにくい感じでしたが、ある程度自分が大人になった時はだんだんまろやかな人柄になり友達と思う様になって、父もそう感じてるんじゃないかと思いました。その時もっと趣味や行動を一緒にできたらと願ってましたが、勿論時間があるはずがなく父の願う「一緒に居る」事さえできなかった事が悔やまれます。

今、自分の大人になりかけの息子を見て思うことはやはり長く一緒にいたいという事ですね。別に大がかりな事はしなくても、散歩したりテレビ観たり食べに行ったり、一緒に行動したいです。特に息子から誘ってくるととっても嬉しいです。しかし核家族が習わしの今、難しいですね。それでも、頻繁じゃなくても、やはり電話したりしてくれたら、とっても嬉しい。

小津安二郎監督の「父ありき」という映画を是非借りてきて観てください。メッセージが一杯で涙なしには観れません。

ユーザーID:1426050510
求める答えとは違いますが
2人でいる時
2018年2月10日 12:35

二人きりになって、時間があるなら、

病気で、ベッドに横になっているなら、
足指からふくらはぎにかけて、
優しくうマッサージしてあげると
足先まで、血が巡るせいか、気持ちが良いようです。

時間がないなら、手指を握る。。。
なんとなく、気持ちが通じます。

もちろん、病気によるので 
お医者さまに確認を。

ユーザーID:5506608267
91歳の実父がいます
愛子
2018年2月11日 2:03

医師に一度覚悟してくれと言われたり、退院してから1か月後に亡くなった人がいるとかも言われたりとかしましたが、言われてから1年以上経っています。

1年前よりずっと元気でいますが、寄る年波
長く生きても100歳までだと思っています。

食事が進まないのを医師に相談したら栄養ドリンクを処方してくれました。
栄養が無い父親の好きなカップラーメンの小を食べるかどうか聞いて肉を追加して出したりしてます。

父親には父親が好きなカステラやはちみつ入りのコーヒー
甘い豆のお菓子やチョコレートなどを買ってやっています。
やっぱりうれしいのでしょうね。
買い物に思いやりを感じるというか父親を考えて買っているのがわかるのだと思います。

お父さんが食べなくても「食べるかと思って買ってみた」とチョコレートでも買い、半分ずつ食べても良いでしょう。
ちょっとした事がうれしいみたいですよ。

病院に行くと必ず缶コーヒーを買ってやります。
暑い時期は水分補給で飲ませているのですが、この寒い時期はアンカ代わりに手に持たせます。結構熱いのです。
カイロ代りに手を暖めさせたりしてます。
ぬるくなり飲みやすくなると自分で飲んでいます。
コーヒーは甘いので喜びます。
苦いのはダメでしたね。

病院に行く時に缶コーヒーとチョコを持って行ったらどうでしょう。
息子がくれたと思うと見ているだけでもうれしいと思います。
50円くらいの小さい羊羹や甘い豆菓子の小さいのとかも量が食べられないので良いサイズです。
シュークリームやプリンも食べたりします。
食べれるようならコンビニのケーキやプリンも良いように思いますね。

ユーザーID:7029834154
子どもの頃の思い出
baba
2018年2月11日 19:05

高齢になると、死期が近づくと、昔が懐かしくなるようです。
それぞれに苦労はあったはずなのに、思い出はただ優しく懐かしい。
「おやじ、子どもの頃はどんな子だった?」とでも話しかけてごらんになったらいかがですか?
きっと主さんの知らない、父上の人生が見えてくるはず。
話の流れで、「じゃあ、僕の子どもの頃はどんなだった?」
主さんの気づかなかった父親としての思いがあったことでしょう。
お互いの人生を重ねて、静かにその時を迎えてください。
あとになって聞こうと思っても、もう、間に合いませんから。

ユーザーID:5268015107
話すのではなく、聞くって姿勢はないのかな
エリッサ
2018年2月11日 20:09

私は、聞いてたよ。

話さないから、聞いてた。
小さいときどうだっただの、昔話とか。
若い時の仕事の話だとか。

何も話してこなかったのなら、後で他人から聞いたときに、もっともっと聞いて話しておけばよかったって公開するんじゃないかな。

トピ主様自身が一方通行なのかなって気がする。

特に何も無いって事はないと思うよ。
親だから。
ただ、希薄だと話すチャンスも少ないよね。

残念だけど、悲しみは後で来るものだよ。
トピ主様が、普通の人なら、多分後で来ると思う。

ユーザーID:3379416324
若い頃の話をすると喜ぶよ
通りすがり
2018年2月12日 21:49

どんな若者だったのか?
当時はどんなことをしていたのか?

私の父はよく昔話をする人でしたが 義父は無口で夫との会話ゼロ。
気難しい人なのかと思ってたんですが、違いました。
義父が入院した際二人きりになった時に お義父さんの若い頃ってどんなだった?
とか聞いたら たーーくさん話してくれました。

夫も義母も聞いたことが無い話だそうです。


親子として構えると なかなか会話のとっかかりが掴めないだろうけれど
一人の男として話をしてみると 案外楽しい昔話が聴けたりして。

残り僅かな時間・・
お父様の幼少時代の話や 成人になってからの話 恋愛話など
聞いてみて。

ユーザーID:2075846419
 


現在位置は
です