現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

保育園は実情にあっているのか?

平川
2018年2月10日 22:24

31歳の会社員です。妻も会社員で29歳です。
最近、子供を持つことについて夫婦で話をすることが増えました。

ふたりとも地方出身で、育児を手伝ってくれる身内は近くにはいません。
私も妻も休日出勤や出張が多いです。

保育園というのは基本的に、平日の日中しか預かってもらえないのですよね。
つまり、休日は土日で閉園時間までに迎えに行ける人、あるいは祖父母などが迎えに行ってくれる、日常的にベビーシッターを雇える人、などでなければ保育園だけで働き続けるのは難しいということなのでしょうか?

最近、空港で働く人のために24時間制の保育施設ができるというニュースを見ました。
そのような施設が一般的になれば働きやすいでしょうが、すぐに広まるとも思えません。

たくさんの女性が子育てのために仕事をやめたり、保育園や学校に合わせてパート勤務をしたりしているという状況も理解できます。
でも妻は今の仕事がとても好きで、イキイキ働いています。絶対にやめないと言います。
私もやめてほしいとは言えません。私自身も別の仕事に変わってなどと言われたら嫌だからです。

子どもは無理かな…と思いつつ、淋しい感情もあります。
多分妻も同じような気持ちだろうと想像しています。

会社の先輩に話してみたら「産んだら何とかなるんだよ」と言われましたが、自信はありません。
私も妻も出張の夜、誰が迎えに行くのか?
ふたりとも突発的な残業や早朝出勤もよくあります。
送り迎えだけならベビーシッターを頼むというのも考えられますが、長期出張が重なったとき(けっこう頻繁にあります)など、高額な費用を支払い続けるのは難しい気がします。住み込みのお手伝いさんを雇うなどという富裕層のようなことは、当然できません。

答えが出ないまま、時間だけが過ぎていくような気がします。

ユーザーID:5456741575  


お気に入り登録数:267
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:3本
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主です
平川(トピ主)
2018年2月11日 23:48

まだレスがつく前ですが、文字数の関係で説明しきれなかった点を追加で書きます。

妻とは学生時代からのつきあいです。
就職後は遠距離恋愛の時期が長かったですが、3年前のほぼ同時期に私が東京、妻が横浜に転勤した時に結婚し、今は一緒に暮らしています。

もし現在の居住地で子どもが生まれ、保育園にも入園できると仮定します。
ですが次の転勤時にはどうなるのか、という疑問というか心配があります。

例えば妻だけに転勤の辞令が出た場合には、保育園のこともあるので妻が単身赴任、私が子育て担当とならざるを得ません。
私だけが転勤の場合も、同じ理屈で役割が変わります。

もし二人同時に転勤となれば(3年前はそうでした)、どちらが子連れで転居するかで揉めそうな気がします。
小学校中学校と、ずっとそれが続くのは、親にも子にも大変そうです。

トピ文に書いた先輩によると、実家に子供を預けて長期休暇などに親子で交流している家族もいるとか、中学校からは寮のある中高一貫校に入学させるなどやり方はいくらでもあるとの話でした。

なるほどとは思いましたが、はたして自分はそこまでして子どもが欲しいのかもよくわかりません。
今はバタバタと忙しい日々ですが、大人ふたりだけなので、それなりに楽しい暮らしです。

ただ、今の状態だと婚姻期間中、別居の期間が長くなる覚悟も必要です。
もちろん覚悟して結婚したのですが、なんだか気持ちが揺れているのも事実です。

父親になってみたい、妻には好きな仕事を続けてほしい、妻と分担で家事育児をする気持ちはあるが本当にできるのか、一人で子育てをしつつ仕事をするのは全く自信がない。子どもを実家に預けるなどではなく、子供の成長を楽しみに暮らしたい。

こうして書いていると矛盾だらけな気がして、自分がとても卑怯な男に思えます。

ユーザーID:5456741575
トピ主です
平川(トピ主)
2018年2月13日 23:55

たくさんのご意見、ありがとうございます。

>奥さんがどうしても仕事をやめたくないというなら、大黒柱になってもらって、トピ主さんが「お母さん」になる
>貴方が一時パートに出てまた正社員になる道を選べばいいじゃないですか

主夫として活躍される男性も増えていますね。でも私はできないし、したくありません。
一つ目は、異端視されることに耐えられそうもない懦夫であるため。
二つ目は、妻と同じく私も現在の仕事がとても好きだし、待遇にも不満が少ないためです。

>ご主人も掃除洗濯料理は今後必須事項ですね

一人暮らしをしていた大学時代に、毎日のおかず入門という電話帳くらいの厚さの本を購入し、全頁の料理を練習して以来、料理が好きになりました。料理は化学の実験のようで面白いですね。
今は毎日時間をかけて料理するのは無理なので、休みの日に常備菜を作りおきしたりフリージングを活用しています。

今夜も今から、週末に作って冷凍しておいたイワシの生姜煮、常備菜のひじき煮を混ぜたいり卵などで夕食をとります。
みそ汁の具に使う湯通しした根菜や、一度に1升炊きするご飯は一食分ずつ冷凍しています。簡単に野菜がとれるようにピクルスを常に作っています。

しかし出張中はずっと外食だし、ランチも外食です。
毎日手の込んだおかずを作る多くの主婦の方に比べると、ずいぶんな手抜き食生活です。
今夜は、妻はシンガポールに出張中です。

掃除洗濯は好きではありませんがやるしかありません。洗濯は一年中部屋干しか乾燥機だし、布団も乾燥機です。
二人とも持ち物が少ないので、掃除は簡単にすみます。
網戸掃除と換気扇掃除は、面倒なので苦手ですが…。

でも子どもがいたら、真夜中の夕食や洗濯というわけにはいきません。
そんな生活では、心身ともに健康に育つはずがありませんよね…。

ユーザーID:5456741575
トピ主です
平川(トピ主)
2018年2月14日 23:59

皆様に背中を押していただいたおかげで、先送りにしてごまかすのはやめようと決心できました。感謝します。
淋しい気持ちだとか、頭が混乱するだとか、愚痴を繰り返しても、何ら進展しませんよね。
情報収集のための総合的な窓口を探すことからスタートです。

東京都福祉保健局がそれに相当するように思われます。
認可園、認可外、一時預かり事業、病児保育等々についてレクチャーが受けられそうです。
介護で言う所の地域包括支援センターのような存在でしょうか?

次の代休の日に訪問して、説明を聞いたり、可能なら各施設の見学をさせてもらおうと考えています。
制度があるだけで形骸化していないかどうか等、具体的に調べることは多そうですね。
子どもを持つ前に転勤で移動する可能性もありますが、基本情報としてインプットしておくという意味からも有用だと思うので。

かなりの確率で、私ひとりで子育てと仕事の両立を目指さなければならない時期があると思います。
体力には自信があるし、家事に対する不安はないのですが、育児というのは思い通りにならないことの連続なのでしょうね。

公的支援と民間のベビーシッターさんなどを組み合わせてのプランをシミュレーションしてみます。
妻にはまだ話していません。
ある程度調べてから話してみます。

みなさんに相談してみてよかったです。ボロクソに言われて終わり、のようなことも想像していたので。
しょうもない愚痴をきいてくださってありがとうございます。優しい人って多いんやなあとうれしくなりました。単純な性格なんです。

ちなみに今夜の夕食はミネストローネとサーモンのバター焼きでした。
今日はちょっと早めに帰宅できたので、帰りにスーパーにも寄れました。
ミネストローネは朝食の分も多めに作りました。
そんなこと誰も聞いてませんよね(笑)

ユーザーID:5456741575
 
トピ主のみ(3)ほかのレスも表示

現在位置は
です