現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

モラハラ親との面会交流はどうしていますか?

黒豆
2018年2月11日 15:52

夫のモラハラが原因で別居を経て調停離婚しました。

夫の間には1歳の子供がおり、養育費は払わないと罵られたため、
調停で養育費の請求と婚姻費用申立を行いましたが、
夫から慰謝料と財産分与を請求されました。

請求された慰謝料は将来の養育費累計同等の金額で、
慰謝料で養育費を相殺をはかろうとしていたようでした。
また離婚調停の申立と同時に夫は仕事を辞め、
無職を理由に提示してきた養育費は月1万にも満たない金額で、
夫は一貫して余分なお金は出さないという態度でした。

調停中の間には、
「子供の連れ去り」「裁判になったら世論を味方につけて進める」などと
脅しめいた文書を直接送り付けて精神的に追い詰めてきたり、
夫の連れ子の学費として婚姻費用請求の申立をし返してきたりもしました。

調停員や裁判官のお力添えもあり、慰謝料や財産分与、学費の支払いは免れ、
調停を成立することが出来ましたが、面会交流だけは受け入れざるをえませんでした。

DVこそありませんでしたが子供の為にすら一銭も出そうとしない夫に
子供と面会をさせるべきか悩んでいます。

面会交流は子供のための制度ですし
子供が希望したときは会わせてあげたいとは思いますが、
まだ父親を恋しがる歳では無く、十数年先まで月1回の面会は付添の負担もあります。

私は夫が原因で鬱やパニック症状があったため調停では一切会わず、
面会交流の付き添いも両親や面会支援の業者にお願いしようと思っていますが、
面会の約束で夫と定期的に連絡を取ることも辛いです。

DVやモラハラが原因で離婚した方は面会をどうしていますか?
約束通り定期的に面会させるべきでしょうか。

ユーザーID:7359085944  


お気に入り登録数:13
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
大変でしたね
うみちちゃ
2018年2月12日 4:52

>離婚調停の申立と同時に夫は仕事を辞め、
>無職を理由に提示してきた養育費は月1万にも満たない金額

>夫の連れ子の学費として婚姻費用請求の申立をし返してきた

この対応を見ると、ご主人もあなたへの対抗心でかなり感情的になっているようです。養子縁組していないのであれば連れ子の学費を支払う必要はありません。

>DVこそありませんでしたが子供の為にすら一銭も出そうとしない夫に
子供と面会をさせるべきか悩んでいます。

虐待や連れ去りなどの恐れが客観的にないのであれば拒否できません。あなた方両親の争いや精神的葛藤は、子供にとっての親との絆とは無関係です。養育費/婚姻費用の支払いと子供の面会交流権は別の問題です。

>面会交流だけは受け入れざるをえませんでした。

子供を設ける以上、双方の親には責任が発生します。あなたが嫌だなと思っても、子供に衣食住や教育を提供し続けなければいけないように(もちろん嫌だなとは思わないでしょうが)、双方の親から愛情を確認する権利を子供は持っています。「受け入れざるをえない」ようになっている理由を考えてみてください。

>まだ父親を恋しがる歳では無く、

あなたが一方的に判断することではありません。

>十数年先まで月1回の面会は付添の負担もあります。

離婚/別居しない限り意識することはありませんが、養育行為の一部として、子供を設けた瞬間から内在的に発生している義務だと受け止めてください。

>約束通り定期的に面会させるべきでしょうか。

大人でしたら約束したことは守らなければなりません。守れない/守りたくない、のであれば約束の条件を変更する必要があります。

元ご主人も連れ子がいらっしゃるとのことで、いつまでも無職ではいられないはずです。就職された頃合を見て養育費は請求しましょう。こじれるようであればご面倒でしょうがまた調停を起こすのみです。

ユーザーID:7859041740
弁護士に相談してきました
黒豆(トピ主)
2018年2月14日 15:16

トピ主です。

>うみちちゃさん

レスありがとうございます。
色々心配だったので弁護士に相談してきました。

弁護士によれば調停証書の内容がかなり曖昧で、
モラハラがあったこと、調停で揉めたであろうことが想像つくと言われました。

当然、裁判所(裁判官)が調書を見ても推測できるので、
攻撃や罵り行為などあれば、記録をしておいて、
面会交流調停の申立で訴えれば裁判所が頻度を減らすなり判決してくれるだろう、とのことでした。

また、必ず月1度面会をしないといけないという書き方はされておらず、
子供が風邪引いて都合が悪くなった・用事が出来たなどの適当な理由で延期しても
勧告を受けることはないとのことでした。

元々、面会に関して一切制限するつもりは無かったのですが、
調停での異常な攻撃態勢(調停員の話も全く聞かず最後は裁判官に対処してもらいました)
慰謝料、財産分与など不当な要求、応じない私への脅し文書、
最終的には見当違いな婚姻費用の請求と、恥も外聞もない攻撃に
かなり精神的に追い詰められて関わりを持つことが恐怖に変わりました。

当初夫からは子供には一切会わないと宣言されており、
調停でも面会要求は無かったのですが、
それを兄弟の交流を目的とした理由で月1に変更してきた経緯もあり…。

モラハラ男を相手にするのは本当に気に病みます
たった一言やり取りするだけでも何が逆鱗に触れるか分かりませんし、
「ああ書けば、こう返されるかも、こう書けば、ああ言い返されるかも…」と
どうでもいい所で悩みます。
時間的にも精神的にも負担が大きく、今は夫婦だけの問題ですがいずれ子供にも影響しそうで…。

とりあえず、弁護士にきっちり回数を守らなくても問題はないと判断してもらえて安心しました。
両親や支援機関も利用して面会・養育費の申立については今後検討していこうと思います。

ユーザーID:7359085944
 
現在位置は
です