現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

憧れの人がいない(いなかった)

平凡
2018年2月18日 10:11

私は、いわゆる、憧れの人というものがありません(ありませんでした)。

歌い手さんや俳優さん、スポーツ選手なども、好きな方や尊敬できる方はいらっしゃいましたが、憧れの人とは違うような気がします。

歴史上の人物なども、その業績や生涯を興味深く感じはしますが、やはり、憧れとは違う気がします。

憧れの人がいるとは、どのような感じなのでしょうか。

あるいは、私のような方、いらっしゃいますでしょうか。

ユーザーID:1897035684  


お気に入り登録数:14
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
老婆心のまなざし
無常の風
2018年2月18日 12:47

そのような人(師)の存在は、
そのような人から教えられることが、
自分の生き方の指針になるというものです。

言い方を変えれば、
そのような人師)が目指していたことを
自分も目指すことが出来るというものです。

ユーザーID:3567644160
尊敬できる人がいる人の方が不思議携帯からの書き込み
青空
2018年2月18日 13:38

私も尊敬できる人がいません。

よく、両親や上司、先生、偉人(本人を知らないくせになんで?)を尊敬されている人がいますが、信じられません。

なんで?

ひとつの成果を伴う事象への単純な憧れ、だけで勘違いして「尊敬」してるんだと思います。

私は人の人間性をみてしまうので、良くできた周囲からも認められる人が、人を押し退けながラッシュを進んでいたりすると、うんざりします。
損得が一致してない他人には扱いが雑な人がいる多いですね。
身内や職場では人格者ぶるのに、気持ち悪いです。

だから、欠点をさらけ出して、「えへへ、ごめんね」と言える人の方が、人として好きです。
もちろん、次は同じミスをやらない人ですよ。
でも、「尊敬」とは違いますよね。


細かいところまで深く人間性をみてしまう人は、なかなか尊敬はできないと思います。
いたら、本当にすごい超人なんだと思いますよ。

それと、自分も下の世代から尊敬される人になることを目指す、という課題もありますが、尊敬できる人になれるくらいなら、誰かを尊敬してますからね。
ロールモデルがない以上、出来ませんよね。

ユーザーID:9421265477
特にコンプレックスがないのでは。携帯からの書き込み
もも
2018年2月18日 16:02

自分に対するコンプレックスが、取り立てて無いのでは?

自分が嫌い、自分のこういう所が嫌い、そういったものありますか?

それがなければ、人を見て羨ましく思ったり、それで自分を惨めに思う事がないですからね。

私は自分が嫌いで、コンプレックスがあって、なのでそれを持っている人にとても憧れます。

でも憧れても無駄にその人を上に見てしまい、余計に自分が惨めになるので、私の場合はあまり良い事ではないですよ。

ユーザーID:8717983639
憧れられるような人になれ
ひよこぴよ
2018年2月20日 14:30

私(61・男)も職業柄、技術系の偉人伝はよく読みますから、その方々の功績には感動しますけれど、「憧れる」という感じではないです。

それは自分も努力次第で (極めてわずかであっても) 偉人伝に掲載されるような人になれる可能性があり、学生時代に、

「他人から 憧れるような人になれ」

という教育方針だったからです。

ユーザーID:4943033865
憧れ
ピーマン
2018年2月21日 12:58

憧れの対象、っていうのは、歌手とか俳優さんのように、漠然と「ファン」というイメージではなくて、自分と同じ仕事やジャンルの中での尊敬の対象、という気がします。
例えば、自分の職種の中で、その道を極めたような国宝のような方とか、研究者なら、ノーベル賞を取った人とか。
サッカーやってる人なら、バロンドールを取った世界的な選手や憧れだ、とか。
そういうイメージです。

ユーザーID:9585580047
感覚
お好み焼き
2018年2月21日 17:03

「憧れの人がいない」というよりは、「憧れる」という感覚があまりわからないのかな、と思います。
「憧れる」とは、大人になったら「こういう職業につきたい」とか「〇〇のお店に入ってみたい」とか、そういう一段高い目標を望む気持ちです。
職業や場所に対象が向く場合もあるし、こういう人になりたい、みたいに、具体的に人に向く場合もあります。
トピ主さんが、どういう感情を持てば「憧れる」という感覚になるのか、それは他人には知る由もありませんが。

ユーザーID:0761840931
お返事ありがとうございます
平凡(トピ主)
2018年2月22日 9:13

お返事ありがとうございます。

無常の風様へ

>言い方を変えれば、
>そのような人師)が目指していたことを
>自分も目指すことが出来るというものです。

この感覚が、私にはないのかも知れませんね。

どんなに優れた方で、教えられる事が多くても、自分の目指すところは、少し違う気がしていますし、同じであってはいけない気がしています。


青空様へ

>よく、両親や上司、先生、偉人(本人を知らないくせになんで?)を尊敬されている人がいますが、信じられません。

私は、両親を尊敬できる人をうらやましく思うところがあります。

偉人に関しては、私も同じ感じを持っていますね。

周りにいたら嫌だなぁ、みたいに思ったりする場合があります。

>細かいところまで深く人間性をみてしまう人は、なかなか尊敬はできないと思います。

自分とタイプが違う人の人柄にひかれて「敬愛」の気持ちを抱くことがありますが、「尊敬」とは、やはり、微妙に違う気がします。


もも様へ

>自分に対するコンプレックスが、取り立てて無いのでは?

コンプレックスの塊のような人間です。

時々、相手を不愉快にさせるのは自分には傲慢な部分があるからでは?、と考える事があり、それがトピを立てた動機でした。

>でも憧れても無駄にその人を上に見てしまい、余計に自分が惨めになるので、私の場合はあまり良い事ではないですよ。

無理にでも、自分は自分、と考えるしかないかなぁと思っています。

ユーザーID:1897035684
私もいません
とまと2
2018年2月23日 4:47

私もまったく同じです。
人を尊敬したり、「かっこいい!」と思ったりすることはありますが、あこがれません。
中学生のときに、憧れの先輩が一人いたくらいですかね。

自分のもっていないものをもっている人を、うらやましいと思うことはあります。
でも、だからといって別に・・・という感じです。

例えば、ある人がとても素敵な服を着ていたとします。
自分も大好きなブランドだけど、私はお金がなくて買えない。
でも、自分が着たいのであって、他の人が着ていても意味がないというか、、、そんな感覚です。自分がトイレに行きたいのに、他の人に代わりにいってもらうことはできないのと似ているかもしれません。
こういう性格だから、あこがれの人がいないのかもしれません。

トピ主さんはどうですか。

ユーザーID:2340806833
逆に貴方は人を好きになった経験はありますか?
akebono
2018年2月25日 11:37

トビ主さんの言っている対象のあこがれ?とは、どういう意味なのかが少し、疑問に思いました。

多分、貴方は若い頃、今現在がまだ若い人なのか(20代以下)なのかもしれないですが、貴方自身が、好きなタイプはどういう人ですか?
一目ぼれとかも、おそらくしないタイプだと思います・

尊敬の進化系のあこがれなのか?好きの進化系のあこがれなのか?

憧れの人がいなかったと、言いますが、貴方の世間一般で考えている憧れ>とはどういう事ですか?

例えば、見てくれ、雰囲気だけで、若い人が芸能人を好きになる事も、ある意味憧れです。

自分にない物、自分ではできないことを成し遂げた偉人や、人として素晴らしい部分がある人を尊敬し、その部分を自分も吸収してなりたいと思う事も、一つの憧れと考えることもできます。


貴方の言っている憧れが、どういう意味なのか、今いちだったので、逆に質問させていただきました。


私の観点を言えば、あこがれって、対象がすごく広い範囲だと思ってます。

見た目とか生活スタイルとか、有名人や芸能人を好きになり、そう風に少しでも近づけたらと思う気持ちだって、あこがれの一種ですし。


一般の生活中で、負と知り合った人に恋い焦がれる気持ち、その人に近づきたい、恋する気持ちと尊敬の入り混じった気持ちも憧れではないでしょうか?

貴方は、ひとめぼれとか、好きになった人に恋い焦がれる事は今までなかったのでしょうか?
それは、初恋だったり、恋愛だったりするわけだけど、人を好きになる感情の一部も、あこがれが入り混じっていることもあります・

そういう意味を含めたら、あこがれがない人って、ごくわずかではないでしょうか?

ユーザーID:3692138332
逆に
志村
2018年2月25日 17:26

憧れ、という感情は誰にでもある、と誰が決めたのですか。
憧れる、という感情は、個々に定義が違うと思うんですよ。
で、憧れの人が居ないから何なのでしょうか。
突き詰めれば実体のない「感情」「感じ方」に、あまり優劣や差異を追求しない方が良いですよ。
自分の生き方に、その感情が必要なくても、あっても言葉に出来なくても、あなたの人生にも他人の人生にも、影響はありません。
自信を持ちましょう。

ユーザーID:8637184645
憧れ
りんご
2018年2月27日 0:03

>やはり、憧れとは違う気がします。

「憧れ」がどんな感情かもわからないのに、何故、「憧れじゃない感じ」は分かるのですか。
憧れ、という感情はわかるけど、憧れる対象がいないという意味ですか?

ユーザーID:6435105448
私もそうですよ
わんこ
2018年2月28日 13:18

教師の仕事をしています。
私の同僚や目指している若い方の志望動機が、大抵みなさん「小学校の時にすばらしい先生に出会ったから」というものや
「両親(祖父母)が教師で尊敬できる人だから、私も憧れて…」とかです。
でも私はこれまでの人生の中で、尊敬できる先生、好きになった先生に一人も出会えませんでした。
贔屓する先生や保護者の前でだけコロッと態度が変わる先生、体罰教師、今なら犯罪でしょというようなセクハラまがいの先生、気分屋で機嫌が悪いとすぐに生徒にキレる先生。
私は一度も先生にかわいがってもらった記憶、先生からの愛情を感じた事がありません。
最悪とまでは言わないけど、とても人間として尊敬できる方々ではありませんでした。
私が教師ならどのような生徒であっても平等に愛情をかけられる、私ならもっと生徒の心に寄り添うのに、何があろうと絶対に体罰はしない、
私なら、私なら!という気持ちが強かったです。
だから私は自分自身が教師になって「私なら」と思ったことを実行しようと思いました。
教師としては、まだまだ未熟ですが日々勉強し良い教師になれるよう一生懸命がんばっています。
私が死んだときに「あの先生に出会えてよかった」「一歩踏み出す勇気をもらった」「自分の性格を理解し認めてくれた人だった」「自信をもらえた」とか思ってもらえたらいいなと思います。
尊敬できる教師に出会えなかったからこそ頑張れるのかもしれません。

ユーザーID:3336221593
わんこ先生、偉い!!
ともかく
2018年3月12日 10:39

 わんこさんの話しは胸に浸みますね。うんうん。

私が、今までの教師で尊敬する人は2人です。

 その前に、自分は大のスポーツ音痴で、跳び箱は跳べないわ、逆上がりはできないわ、で体育は小1から5段階評価の1しか取ったことがないとういう筋金入りの運動音痴です。

高校卒業まで1で、煙突が立ち並ぶ工場地帯みたいな成績表でした。体育はもちろん1です。

 高校卒業して就職したものの、大学に行きたくなって会社を辞め、しこしこと勉強し始めました。大学受験の出願届け締め切りが近づいてきたので、母校に行き、成績証明書を取ろうとしました。

いつも授業をサボるので恐かった体育の先生が、私を見かけて「おい!、勉強進んでるか?」と声をかけてくれました。

「はぁ」

と気のない返事をして成績証明書を取って帰りました。封が開いていたのが1通あったので、開けてみると、見事に煙突だらけの工場地帯の成績表でしたが、体育だけが「3」になっていました。

つまり成績表には「1」を付けておきながら、将来の事を考えて最終記録の成績は、こっそり「3」にしておいてくれたのです。泪が出ました。

 それから某国立大学に入学し、教養課程の体育の授業は頑張りました。筋金入りの運動音痴なのは変わりませんでしたが、皆勤賞で「4」が貰えました。

もちろん、スポーツで芽が出ることはなく、物理系の研究職になりましたけど、自分にできないことでも頑張りさえすれば、ちゃんと認めてもらえるんだという教訓は生きています。

今でも、あの時の体育の先生は尊敬しています。

ユーザーID:3685416981
人と自分
リリ
2018年3月13日 20:44

>時々、相手を不愉快にさせるのは自分には傲慢な部分があるからでは?、と考える事があり、それがトピを立てた動機でした。

これが、トピを立てられた理由だったのですね。
でしたら、「憧れの人とは」「憧れという感情とは」と突き詰めて考えるより「感謝したい人は誰か」「人に感謝するとはなにか」を考える方が早いです。
自分の感情とか、自分の事しか考えてないから、人を不愉快にさせるのですよ。
あなたが憧れの人を探すより、周りの人に思いやりを持って接する方が、人に不快感を与えない近道です。

ユーザーID:2814219119
目標設定場面から逃げまくっているだけでしょ?
あのね
2018年3月15日 9:33

 尊敬する人、憧れる生き方の人ってのは、自分自身の目標とする生き方を、たまたましている人の事でしょう。

>偉人に関しては、私も同じ感じを持っていますね。

貴方は、いったい何人の偉人伝を読みましたか?
大体、本を読んでますか?
小学生が読むような偉人伝の本を50冊も読めば、一人ぐらいは、おぉ!すげ〜、って思う人がいるのでは?

 たまにいますよ、世の中には立派な人、偉い人がいるってことが理解できない人ってね。自分にはマネできなくても、到達することなんか敵わないような立派な人がいるんだってことが理解できない人がいます。

しかし、貴方はそうではないようです。

立派な人がいることは理解できるんだけど、それを自分の目標にも憧れにもしようとしない。憧れるような生き方をしている人を見ると、それを拒絶することで、楽して生きようとしているようです。

つまり、「イジけた考え方、生き方」ですね。

 私は、自分の憧れの人ってこんな人ですと、前にレスしましたが、憧れない、嫌いな生き方の人もいますよ。それはそうですよね?

>無理にでも、自分は自分、と考えるしかないかなぁと思っています。

聞こえは良いですが、やはり単にイジけているだけだと思います。

目標設定する場面になると、必ず逃げてきたってことでしょ?

それでは、貴方は誰にも尊敬されない、誰にも憧れられない人間じゃないかなと想像してしまいます。貴方の話は、私が小学生の頃に読んだ偉人伝の類から、遠く離れた話しですね。

もうちょいと前に歩いて欲しい気がします。

ユーザーID:3685416981
人生の折り返し地点で出会った
えもにゅー
2018年3月16日 19:31

私は、人生のだいたい半分ぐらいで出会いました。
もっと早く、小学生の頃だったら、人生が全然違ったのかもしれませんね。
過去にも世界にも立派な、感心する人は沢山あれど、「私の」あこがれる人はその人だったんですから、仕方が無いですね。

憧れの人がいるとは、こんなことかな。

その人の言葉で世界が違って見えるんです。
その人ともう会えないことは知っているんですが、いつか会えるような幻を見て一歩踏み出したり、ちょっとした日常に心の隅でその人をおもって笑ったりします。
「平凡」さんも、出会っていないだけかもしれません。

会えたらいいですね。

ユーザーID:3435523523
 
現在位置は
です