現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アラフォークライシス・・・氷河期世代の皆さん、幸せですか?

みみずく
2018年2月23日 8:49

就職氷河期世代、40歳の女性です。

子供の頃はバブル絶頂期、日本は浮かれていて、クリスマスに50万円使うとか、就職内定先にハワイに連れていってもらうとか(←どうしてもその学生に就職して欲しい為)アッシー君、メッシー君とか・・・大人になったら自分もこうなるんだな〜と思っていました。

中学でバブル崩壊。

しかし学生にはあまり影響がなく、高校になっても田舎に住んでいた為か、まだまだ女性は腰掛けで事務仕事をして、適齢期になったら結婚したら良いという雰囲気でした。

子供の頃から、母親も周りの女性もほとんどが専業主婦で、働いている母親は責められるという社会だったので、何の疑いもなく、女性は結婚したら専業主婦になるものと思っていました。

その後大学に。
奨学金の人もほとんどおらず、どの人もそれなりに結構綺麗なワンルームに住み、まだまだ裕福そうでした。

しかし就職活動で、300社資料請求をして、資料が届いたのが50社、女性はほとんどお断りで、突然事務職は派遣ばかりになり、何とか受かった中小企業の営業職に・・・。

しかしブラック企業だった為に、身体を壊して退社。
入退院を繰り返し、身体は元に戻らず、長時間働けずでアルバイトでした。

何とか35歳で結婚したものの、子供には恵まれませんでした。

周りも転職、非正規、派遣、晩婚、未婚がすごく多いです。

子供の頃は、女性が結婚しても働くのは悪という雰囲気だったので、自立など考えず、男性に養ってもらえるものだと思っていました。

もちろん自分の努力が足りないし、できる人はどんな時代でもしっかり自立して幸せに向かって生きていると思います。

しかし急に社会が変わってしまって、ついていけない気がします。

同じような方はいますか?

40歳前後の皆さんは、思ったような人生を過ごしていますか?
男女共にこの世代、厳しいなと感じます。

ユーザーID:7522490112  


お気に入り登録数:608
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:196本

タイトル 投稿者 更新時間
ほええ!? ついていかなかっただけでしょー!
頑張るマン
2018年2月23日 13:27

同じく41歳です。

おっしゃる通り、私が小さい頃は、母達は専業主婦が当たり前で、
大学も短大までの子が多くて、
会社にはいれば1年目なのにボーナスが沢山出ました。

その後時代は変わっていきましたね。

当然私、ついていきましたよ。学歴はそのままでしたが
PCガンガン回し、沢山勉強して、お金を稼ぎ、恋愛結婚も頑張り、
主婦も頑張り、今、自分の会社の経営も頑張っています。

トピ主さん、甘い!! そりゃ、確かに子供の頃を恨めしく思ったことはありますよ。
(女性にとって良い教育がなかった)
でも、長い年月で、努力するチャンスなんて沢山あったはず。
ブラック? 経験していますよ、ちゃんと転職して一から頑張りましたよ。

時代じゃなくて、それは、トピ主さんが甘い。
もっというと、40代なんて、まだまだ! 全然頑張れる歳です。
世代のせいにしちゃダメです!!

ユーザーID:6350941506
わかる〜携帯からの書き込み
青い鳥
2018年2月23日 14:05

夫も40代前半、嫁は専業主婦で家を綺麗にの考え。でもね、こちら転勤族の妻はただでさえ孤独なんです。働かせろ〜と喚いても良い条件は他の女性ががっちり掴んでいますし。夫の希望通りの家庭に影響のない程度の仕事なんてありまへんがな。専業主婦というと、周囲には金持ち遊んでるとレッテルを貼られ…まあ、幸せとは思いませんが、不幸とも思いませんね。

ユーザーID:3970753804
就職失敗→フリーター→結婚。自分の人生には満足してます携帯からの書き込み
ハロ
2018年2月23日 14:06

私は44歳ですが、正しく、学生時代にバブル崩壊、何の恩恵も受けなかった世代です。

短大を卒業して就職活動するも全滅。

結局フリーターになりましたが、当時はフリーターでも白い目で見られる事もなく、母も女の子だから正社員じゃなくても…と、楽観的でした。

私は仕事に生き甲斐とかは早々に諦めて、男性に養ってもらう道を選びましたが、今は専業主婦は、寧ろステータスみたいなので、満足してます。
勿論、正社員でバリバリ働いている女性は素晴らしいと思いますが、私には恐らく無理だったと思います。

今の若い女性は、正社員当たり前、共働き当たり前で大変だなぁと思います。

私は、仕事をバリバリしている自分を想像出来ないので、今の時代に20代じゃなくて良かったです。

ユーザーID:2645926561
私も40歳
みみ
2018年2月23日 14:30

同い年ですね!
なんとなくお気持ちわかります。

私たちが子どものころは、たいして努力しなくても、そこそこの生活が約束されていましたよね。(幻想だったわけですが)
私も人並みに大学を出たものの、まともな就職活動はせず、ふらふらと中小企業を渡り歩き…。
結婚、出産はしたものの、子どものころのようなキラキラとした余裕のある生活は程遠いです。

でもね、ちょっと背伸びして高いマンションを買ってわかったんですけど、同世代でも、子ども3人小学校から私立に行かせて、奥さんは専業主婦で、外車持ってて…なんていう、バブル期の「普通の生活」をしている人たちもいっぱいいるんですよ。
お正月に家族で海外旅行に行ったりね。

お話をしてみると、みなさんきちんとしたおうちで育ってる。
そこそこ余裕のある家庭ってだけじゃなくて、私たちみたいにふわふわした感じじゃない、どう生きていったらいいのか、いわゆる「身を立てる」ための教育を受けてきた人たちだなって印象です。
もちろん、どんな家庭に育っても自分の力で身を立てることができる人も一定数いるのでしょうけど。

わたしたちは、ごくごくフツーの家庭に育ち、なんとなく時代に流されているだけ。今も(笑)
社会も厳しいけれど、とにかく自分に生き抜く力がたりない、若いころもっと社会に興味を持ってきちんと勉強するべき(「お勉強」じゃなくて)だったな…と痛感しています。

おたがいがんばりましょう。

ユーザーID:9214073378
氷河期世代です
通りすがり
2018年2月23日 14:32

主さんより2歳上の氷河期世代。高校時代にバブル崩壊、その後、短大に行き、やりたいように生きていた私を見兼ねた親のコネで事務職に就職、それも1年で辞め、夜昼働いていたので(お金を貯めたかった)そのお金で留学、向こうの学校に行き、働き、一時期数ヶ月ほど日本に戻ってバイトして、渡米(インターンとして)、その後そこで会った彼と結婚。お互い子供に興味なかったけど(なので子供はいません)、動物大好きなので犬3、4匹と猫1匹に囲まれて、毎日ジム通い、趣味に没頭した専業主婦しています。
結婚する時は自分の中で相手に対する、職業、学歴、年収の条件を決めていたので、それに主人がはまっていましたし、性格もとても良いので結婚しました。不自由のない生活しています。
子供の頃から思っていた生活を今しているかな。

若い頃からそうだったけど、あまりバブルだからどうだとか考えたこと全くなかったです。自分のやりたい様にさせてもらったので(していた?)、世間のこと余り気にしていませんでした。笑

ユーザーID:9514415590
なんとなく分かります
ちょこまろ
2018年2月23日 14:59

41歳(女性 既婚 子供有)
きっと見通しが甘いと言われると思いますが、私も同じ様な感覚で30歳位まできました。身近な専業主婦→パートの流れのそこそこ幸せそうだった母のモデルを見てきたからでしょうか。
母の時代は、デートでも割り勘はありえなかったとのこと。
ただ、時代は変わりました。今からさらに変わるでしょう。
その時代に対応していくしかありません。
超氷河期の就職でしたが、自分の能力も努力も足らなかったと自覚しています。
ついていけないと嘆きたくもなりますが、ここは踏ん張って地に足をつけ地道にそして前向きに頑張っていくしかないと思います。

ユーザーID:3291844685
41歳未婚です
41歳
2018年2月23日 15:01

氷河期世代・・・ もう何年も前ですが、テレビで、私たちの世代を「かわいそうな世代」っていうふうにくくられていて、初めて、ああそうなんだ、と知りました。

まだまだ子供も多かった時代で、受験も楽でなく、おまけに学生の間にバブルは崩壊してバブルの恩恵はこれっぽっちも味わえず。かといって、携帯電話が登場したのも社会人になるかならないかの時期だったので、中学〜大学までは携帯すらない時代。つまり若い頃もいまどきの子たちのような便利さは味わっていない。まさに「かわいそうな時代」かも。

ちなみに私も身体壊して退職、41歳の今現在、未婚子なしです。
トピ主さんもおっしゃってますが、一度身体壊すと会社辞めたからといってすぐ健康体には戻れないんですよね。
私も入院・手術したり、今は入院もしてませんが、元気ではありません。

たしかに周りも、転職、非正規、派遣、晩婚、未婚、多いですね。まぁこれは人生が多様化しているんだと思います。その裏で、順調に結婚、出産して女性の幸せ築いている人もたくさんいますから。

うーん、私はこの先どうやって生きていくのかなぁ。

41年も生きて、もう人生は十分です、という気持ちです。せめて身体だけでも健康で元気だったら楽しいことも
できるんだろうけど、それすらないから、希望がないです。ひとりぼっちで生きるには人生は40年で十分です。

ユーザーID:9221178581
私も40歳携帯からの書き込み
るい
2018年2月23日 16:34

確かにバブルの恩恵、ほんの少〜しの間は、ありました(笑)
私は中2からバイトしてたので同級生よりは、持ってました。
高1で中退し、同級生が受験だ〜就職だ〜って言ってた時期12月末、私は18歳で母になりました。 20歳で2人目出産、自立(金銭面・精神面)しようと思っても中卒なので、たかがしれてました(なので夜職選択)若いうちは、沢山しんどい思いし頑張りました。
今は、凄く安定、安心して暮らせてます(なんちゃって専業主婦) 自分の為だけに働いたのなんて中2から数えて約4年程でした。
そして自分の欲だけの為に、休みを申請したのが37歳の時、初めてでした(笑)
4月から下の子も社会人になります。
今ある幸せは、意地だけで頑張って来た、ご褒美だとさえ思ってます。

ユーザーID:5643421839
それは言い訳ではありませんか?
バブル時代ですが
2018年2月23日 17:05

>女性はほとんどお断りで、突然事務職は派遣ばかり
男女雇用機会均等法だって、昔の方に比べたらずっと企業に浸透していましたよ?
進学率だって高かったでしょ?団塊ジュニア世代だもの。
事務職を選んだり、文系に進んだ自分の選択を今更後悔するなんておかしいですよ。

氷河期の世代の人達だって、就職したり夢をかなえた人だってたくさんいるんですよ。
時代のせいにするのは甘えだと思うし、自分の住んでいるところが田舎だからっていうのは理由になりませんよ。
いやなら引っ越すことだってできたはずでしょ?

>周りも転職、非正規、派遣、晩婚、未婚がすごく多いです。

単に友人関係が狭いだけじゃないですか?

みんな一生懸命生きているんです。甘えだと思います。

ユーザーID:1371069238
真面目・努力型には無関係・氷河期
信天翁
2018年2月23日 17:06

アラ40.女性。

父の転勤で大学入学までに関西 東京 東海、欧州、米国で。
子供の頃から周りの女性に専業主婦はいない環境に。
どんなかたと結婚するか わからないのだから資格取得とか
1人でも生きていける努力をしたほうがいい、と母親も含め、皆様
仰っていましたよ。

両親の時代(60代)なんか、オイルショック後の採用人数激減のなか、
100倍越の競争率だった、と聞きます。
東大・京大・神戸大学を優秀な成績ででても大手マスコミなんか総崩れ 友人達の多くが、地方公務員に、教職に、又は苦肉策の留学、大学院に。特に母友人は教職が多いですね。
親は、就職後、働きながら司法試験合格の頭脳明晰派と医療職で そこまで困難な就活はなく スムーズだったらしいですが。

其の時代に比べたら…均等法で守られ 就活で失敗はありませんでした。
まあ外交官になりたい気もあったのですが、面接で留学希望先を東南アジア限定(中国語も韓国語も全くできなかった)にしたことから揉めて(@面接)…
英語・仏語に堪能で そちらに回そうとしたらしい。

まあ無事、就職も決まり(結局、語学力が助けに…)、高校時代の先輩と結婚して
子供にも恵まれている共働きです(夫は医療職)。
義実家でも義母含め有職なので、夫も共働きが当たり前との考え。

女性の高校同級生達はキャリア官僚も医師も教員(大学・高校)たちも市役所職員等有職者ばかりで、出世頭は某派遣会社代表(やりて・独身)かなあ。
あ、私は大手メディア勤務。同世代の夫は医師です。

真面目で勤勉で努力家の場合、氷河期とやらに あまり巻き込まれないのでは
ないでしょうか?

御両親の時代を聞いたら、真面目に勉強しよう、なんて思いませんでしたか?

ユーザーID:3271985138
厳しい時代になったと思います。
ぽちゃゴロ
2018年2月23日 18:05

40代前半、田舎で育ちました。
自分も母みたいに結婚してパートで働くんだろうなと思ってました。
でも大人になったら、母がしていたような仕事がなくなっていました。

バブルの恩恵か、短大は出ました。
就職できず。
その後、バイト、コネ入社、転職、退職、結婚しました。
若い時期、正社員で働いてたけど、給料は安かったです。
実家暮らしなので、何とかなっていました。
引きこもりみたいな時期もありましたが、女だしと思って開き直って色々活動しました。

母の人生を参考にと思ってたけど、あんまり参考にならないものですね。
思った生活とはかけ離れた生活です。実家からも遠く離れました。
車に乗ると思ってなかったけど、普通に運転してたり。
いい意味でも、悪い意味でも、想像と違う。


本当は、あんまり働きたくないけど、
最近は働くのが当たり前な風潮に急激に変わってきて。
専業主婦で、子育てが落ち着いたらパートで良かったんじゃないのかと、モヤモヤしてます。
子育てしながらの働き方がわからない。

ちょっと働いたぐらいじゃやっていけそうにない。
貯金がほとんどできていないです。
子供が小さい時期、10年専業主婦してました。

主人の親にアテにされ、主人はいいカッコするけど、
全然助けられる状況じゃないし。(ごく普通の年収だし)
イライラします。
親世代が、バブルの感覚が残ってるのかもしれないですね。
親を助けてたら子供の教育資金がなくなる。

結局、もっと働くしかないんだろうなと思っていますが。
なんか思ったのと違いますね。

ユーザーID:4983827866
まったく同年代です
ふーむ
2018年2月23日 18:14

同い年です。私も幼少期から高校生まで同じような生活でした。大学は行かなかったけど、短大に入りました。
私のまわりも就職する友達のほうが少なく、フリーターがたくさんいました。就職組は高校卒業時点で就職してました。そのほうが学校からの紹介で就職しやすかったですね。

私もフリーターになり、20代半ばで結婚。
30代で出産。今は専業主婦です。
まわりも子持ち専業が多くて、旦那さんの稼ぎが多いからではなくそこそこの田舎なのでやっていけてる感じです。(ほぼ持ち家を持ててるからすごいけど)
結婚していない友人はみな実家暮らし。
田舎の事務の給料では一人暮らしが厳しいそうです。

小町で高収入な方のトピックを見るたびにまるで別世界の話だなーと楽しく読んでいます。
専業だというとお金に困ってないんだろうと思われますが、ただただ質素な暮らしをしているだけですね…。貯金も多くはないけど、毎月赤字でもない。
子供が習い事や進学する時期になるとたぶん赤字になるので、その時はパートかな、という感じですね。
不満も特にないけど、お金のかかる習い事や私立には行かせられないなぁと。子供の将来を狭めているかもしれないけど、教育資金にそこまで当てられないなぁ。

働く時期、働けない時期があると思って今は幼児を育てている所ですね。正直主人に何かあったら…大変ですね。

ユーザーID:7355103033
似たようなもんですね
sskk
2018年2月23日 18:50

トピ主様より若干歳下男性です。
妻がトピ主様と同じくらいの年齢です。

将来の事を思い描かない性格なので、理想と現実のギャップとかは特に無いですね。
華やかな暮らしはTVの向こうの別世界だと思ってます。

バブル崩壊時は義務教育を受けてる世代なのでバブルを認識するでもなく
どっちの方向でも家計事情を意識させるような両親ではないので
バブル崩壊はニュースで聞くばかりで良くわからずといった感じでしたね。

自覚はないですが、小さな頃から人当たりが良いと言われるせいか、就職に苦戦はしませんでした。
ただ、入った業界そのものが劣悪過ぎて社会人になってからは月300時間労働とかは当たり前でした。
今考えれば若さのパワーというか、タフでしたね(笑)
就職3年目に割りと普通に結婚。結婚と子育てと老後の話を一気に考え始めて絶望した瞬間でした。
劣悪な環境なので業界内でのポジションを変えなきゃとか、年収が上がらなかったので何とかしなきゃと思って、
就職4年目で大学院に行き直すという暴挙にでた結果、同時にパパにもなってしまい、
大幅な収入減(妻育休時代は収入0どころか保険料分マイナス)・学費・子育てのトリプルパンチを食らって
血反吐を吐きそうな苦労と貯金が2桁近く減るという表現のしようのない恐怖や不安との戦いでした。
生きて行く上でお金は本当に大切だと思いましたね。
両親祖父母に助けを求める寸前で何とか卒業できました...(汗)

苦労のかいあってか、今のところですが、その後は割りと順調なんだと思います。
子どもは3人になりましたが、収入もかなり増えて世間的には割りと裕福な生活をしているかなと。
ただ、お金で苦労したくないのでずっと共働きしてます。
もちろんそれなりに苦労やお金の問題とかもありますが、何かが起こっても
「あの時と比べれば大した問題じゃない」というのが夫婦の合言葉ですかね。

ユーザーID:4205106374
危機感なさすぎでは?
はな
2018年2月23日 20:11

45歳女性、氷河期1期生です。
私が大学2年生の時、4年生だった先輩の就職は楽勝でした。
私が大学3年生の時、4年生だった先輩は卒業式の直前に内定取り消しにあいました。
いよいよ自分の番。大学3回生の終わり、就活開始。200社資料請求して、返ってきたのは一桁でした。
あなたより5歳年上の私で、この現状です。
当時の認識が甘すぎではありませんか?

私はこのままでは駄目だと思い、大学卒業後自力で専門学校に進み、国家資格を取得し(大学での専攻とはまるっきり無縁)、就職しました。
45歳の現在でも、正社員での転職は容易です。

私より5歳も年下の女性が、まだ専業主婦幻想に浸っていられたことに驚いています。
私の両親は共働きで、女も経済力を身に着けるべきという方針の下で育ったせいもあるかと思いますが。
私の周囲も一流大を卒業していても、非正規、派遣が多いです。
けれど、皆、それ相応の手段は講じています。
厳しいと思う人は、認識が余ったのでは、と思います。
私は友人たちが遊んでいるときに、人生で最大の勉強シーズンでした。

ユーザーID:9823570855
大反論:時代のせいにしちゃあいけません
ぼやぼやはだめ
2018年2月23日 20:19

私も1994年、バブル崩壊後に就職しました。トピ主さんよりは年上ですね。
この時代、「短大はもうダメ、女子も4大」という風潮が急速に沸き上がり、
短大に行った高校の同級生は、4大に編入していました。

均等法世代の先輩たちが苦労して係長クラスになりつつある頃で、確かに
結婚と仕事は両立できたけど、子供ができたら退職する先輩が多かったです。

でも、新聞を読んだりニュースを見る中で、時代の変化ヒシヒシと感じていて
「どうやら男性の賃金が低下しつつある」
「どうやら業績の悪い企業から、終身雇用制が崩壊しつつある」
と感じていましたよ。

華々しい一流企業のOLを結婚退職した後に、教員免許を取ったり、言語療法士
になったり・・・と、努力して「一生自分を養える仕事」に転職するブームも
ありました。雑誌がそんな特集を何度となく組んでいましたし。そうそう、
爆発的なMBAブームもあって、MBAを取って順風満帆な転職をして、今はもう
上場企業の執行役員になっている同級生(女性)もいます。

だからね、そんな時代に20歳代半ばだった私よりもまだ5年ぐらい後に、我々の
失敗を見たトピ主さんが、時代のせいにしているのを見て反論したくなりました。
時代の変化を感じて、情報収集して、生き方を考えなかったの?って。

今もまさに時代が変わりつつあるので、ぼやぼやできない、と思っています。

ユーザーID:3073581338
なんか、泣ける。
40歳
2018年2月23日 20:38

私は親が専業主婦ながら、教育ママ(って言いましたよね(笑))だったので、進学校から通える範囲でトップの国立大にいきました。
高校が進学校だったから、専業主婦になるぞ、って女性もあまりおらず、今も正社員や資格職で働いてる友達が多いです。

ただ、未婚は多いですね……。
同世代の男性が結婚を考えられる状況じゃなかったのか。
でも、仕事があるからの余裕か、稽古事や海外旅行をエンジョイしてます。
私は結婚しましたが、怖くて出産しても仕事は手放せません。

どちらかと言うと、女性よりも男性の方が悲惨な話を聞きます……。一度無職になってからの復活は、女性の場合出産からの復帰もあるので受け入れられやすいけど、男性の場合もっと大変なのかな、と思います。

ユーザーID:1831506641
わかりますよ。携帯からの書き込み
あのこ
2018年2月24日 0:08

なんで景気がよかったか?成長の波でボーナスなどが奮発されていたんです。だから使う側も大きく奮発。今、奮発って聞かないでしょう。あと、金利もよかったんですよ、一昔前まで。ハローワークの求人、酷いですよお!男性の初任給が一昔前の女性社員ほど。女性求人と見受けられるものがもっと酷い!四時間パート低賃金の多いこと。共働きで家族を養い、賃金は使わざるをえないご時世ですよね。低所得者世帯が全体の七%も!生活保護を入れると一割以上でしょう。それ以外に、未婚低所得者がもっとたくさん!だから未婚のままなんです。私のようなパラサイトシングルはたくさんいます。未婚だと就職で不利なんですよ、意外や。悪循環。そして、既婚者は家族のために働きづめです。働きかた革命とは、家事分担革命です。共働き家庭に合わせた革命と言えます。なんだか家庭、家庭ですよね。未婚も同じですよ。高齢者の親の病気、介護。なんだかなー。家庭、家族って、試練共同体みたくなってませんか?家族問題があるのは未婚も同じですよ。中年になれば色気もなくなる、同じですよ。結婚すればよかった、という後悔はありませんが、いつも家族に問題があり、幸せとは言えませんね、、、。大変です。

ユーザーID:7673276164
幸せな訳がない
貧困
2018年2月24日 0:52

多分2学年年下です。
子供の頃バブル時代。
貧困は日本から消え去ったと思っていた。
毎年毎年円は強くなり、GDPは上がり続けていたので、それが永遠に続くのだと思っていた。
それが価値観の基礎になってしまっているので
猶更きついです。

今や、大卒で非正規(というかほぼ無職)の貧乏、未婚、彼氏・子供なし。
こんな状況なので、昔の友達とも会いたくないし交際費も無いので
友達もゼロ人です。
婚活しても誰にも相手にされないのは分かっているので、しません。

年金だけで暮らせる額はもらえないし、
年齢受給年齢になったと同時にぽっくり逝っちゃいたいです。
自分で料理とかできなくなってしまったら
本当にどうしようもないことになります。
重度の認知症になったら、何にも分からなくなるのでいいですが。

ユーザーID:0000558349
同じ世代です
カレー
2018年2月24日 10:27

とても興味深く読ませていただきました。私も田舎でしたが、かなり違う経験をしました。

まず実家は自営の共働きでした。共働きが下に見られていたなんて、全く知りませんでした。小学生の頃から手伝いをして、お金を稼ぐのがどういうことなのかを教えられ、お金のコントロールが出来ない人間は他人に服従しないといけないことを思い知ったので、中学生で既にキャリア志向でした。将来出来たら専業主夫希望の人と結婚したいと思ってました。

日本では女性が定年までキャリアを持つのが難しい時代だったので、高校に入る前には海外で働くことを決めてました。そのために勉強して難関と言われる大学に入り、教授に推薦状を書いてもらって海外の大学院に行き、現地で就職して今に至ります。子供にも恵まれ、夫が専業主夫でないことを除けば、全て10代の頃に思い描いていた通りになりました。

時代の流れはありますが、そこに流されない方法はいくらでもあるんじゃないかと思います。

今になって考えれば、こういう考えに至るような育て方をしてくれて、海外に行くことをサポートしてくれた親に感謝です。ただ、母は私にサラリーマンと結婚して専業主婦になって地元にいてほしかったそうです。私は目標設定して自分がコントロールできることをしたい性分なので、他人に左右される生き方は無理でした。

ユーザーID:9041720776
社会の動きが速いですよね。
ひなた
2018年2月24日 11:16

私もトピ主さんと同じ40歳、子供なしです。

私は3大都市の、普通に都会と言われるところに住んでいましたが
私の10代後半、20代前半くらいの時はまだまだ
「女性は結婚したら会社を辞める」「夫の稼ぎをうまくやりくりするのがよい女性」
という風潮がありました。

私が勤めていた会社の支店では、支店創立以来初めて産休をとる女性がでて
ちょっとした話題になりました。
産休中の人材をどうするか?という議論が激しく交わされていましたね。
今フタを開けてみると、世間に合わせたものが負け組になったと思います。
女性も稼ぐ時代と謳われる今、結婚しようが、子供が出来ようが
あの時仕事を辞めなかった人が今勝ち組になっているなー、と。

今は全然違いますよね。
女も働く時代で、男性も家事育児を担うという時代に変わりました。
若いご夫婦の家事分担を聞くと
「共働きなので、朝食は夫、夕食は妻が作る、フロア掃除は妻、水回りの掃除は夫」
と聞いて驚きました。
夫婦の職場が離れているので、週末婚してます、と聞いた時も驚ろきました。
私の時は、親族間でも社会でも「夫に合わせて職を離れるのがあたりまえ」的なところもあったので
そういう時代なんだなーと、どこか羨ましい気持ちも抱いています。

でもきっと、先人達もどこかそういう喪失感みたいなものを抱えているんでしょうね。
今すごく動きが速いから。
今できることをコツコツとやるしかないんでしょうね。

ユーザーID:4069588275
 
現在位置は
です