現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

イラスト上達法 携帯からの書き込み

あーたん
2018年2月24日 7:20

初めまして。私は趣味でイラストを描いています。小学6年生です。主に描いているのが、人物なのですが、今よりもっと上手くなれる方法(練習法)はありませんか?
そして、私は将来イラスト関係の仕事に就きたいな、と思ったことがありました。しかし、親に反対されました。
「そんなの無理でしょ」
と言われてしまいました。諦めるべきでしょうか?そして、もう1つの夢が看護師です。それならば、イラスト関係の仕事を副業にし、看護師を本業とする事はできますか?

ユーザーID:8431401945  


お気に入り登録数:27
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本


タイトル 投稿者 更新時間
諦めない
p-Ko&Love
2018年2月24日 10:19

何かで読んだ話ですが、最後まで夢を諦めなかった人だけが夢をつかめる。

また、世界のホームラン王の王貞治選手は言いました。
「夢は絶対に実現する、もし実現できなかったならそれは努力が足りなかったからだ」

諦めぜに努力を続ける事です。

ユーザーID:7615092574
継続は力なり
匿名
2018年2月24日 10:34

という言葉通りです。
これをすればすぐに上達するよ、というよりずっと続けること。
簡単なようで一番難しい事です。

人物画は体の構造をきちんと理解して、ひたすら練習。
あなたの描きたいイラストが漫画のようなデフォルメ系のものでも、画家のような写実的な物でも、きちんと体の仕組みを理解した上で描かないと見る人に違和感を感じさせてしまいます。
また素敵だなと思うイラストの真似をする。
模写も立派な練習法です。
苦手な描写ほど練習あるのみです。それしか方法はありません。

私は主婦ですが、あなたのように小学生の頃は漫画家になりたいなとずっと心に秘めていたものの、大人になるにつれてその夢は薄れてしばらく封印していました。
でもやっぱり諦めきれず、大人になってからPCでのイラストをひたすら練習し直して、今は副業ですがイラストの仕事を少しずつ請け負っています。
でもそれだけで食べていくのは私の実力ではさすがにまだまだ無理です。おこづかい程度ですね。
それでもお金を頂いてる以上はプライドと責任をを持って大切に描かせてもらってます。
いつかあんな仕事をやってみたい!と目標を持って頑張ってます。

イラストレーターも看護師も簡単になれるものではなくて、一番は本人のやる気です。
ご両親から無理でしょと言われて諦めるくらいならその程度の夢だということです。
イラストはいくつになっても出来ます。
でも若いうちから練習した方が上達が早いのは当たり前です。
まだまだ若いあなたにはたくさんの可能性がありますから、勉強も絵も頑張って努力しましょう。
その努力を続けた人だけに道が開けるのです。

ユーザーID:7999091823
デッサン練習
さらりーまん
2018年2月24日 11:37

ひたすらデッサン練習をする。

それから小6で、将来の夢を絞るのはよろしくない。また絞る時期ではないかと。

イラスト関係と看護師だけが職業ではありませんので。

ユーザーID:0610785408
老婆心のまなざし
無常の風
2018年2月24日 11:38

イラストを職業にすることもさることながら、
それはあなたの「特技」にもなるべきものです。

イラストを仕事にすることに関して、
第三者に相談してもどうにもなりません。
親がイラストの仕事をしていれば別ですが、
そうでなければ「無理でしょ」と言われるだけです。

イラストが好きであれば、
上手とか下手とかは別にして、
あなたの思うままに書き続けることです。
そして、そのイラストが誰かの助けになっていることです。

先ずはイラストを書いて、周囲に活用してもらないなさい。
全てはその結果が、あなたに教えてくれるというものです。

そうすれば、そのイラストが日常的に周囲の人に触れて
そのことが、あなたの人生を助けてくれる機縁となるのです。

ユーザーID:6048997757
無理と決めつけなくても。
騒ぐ夜桜
2018年2月24日 12:38

漫画、イラスト、両方とも仕事としてやっていました。
今は辞めていますが。
夢としてステキだと思うし、無理だと今から決めつける事はないと思います。
私は高校生の時、将来漫画家になりたい、と言って担任に無理に決まっている、と言われました。
無理じゃなかったですよ。
もうひとつの夢であったイラストレーターにもなれました。
決してかなわない夢ではないでしょう。
ただね、それで生活がしていけるか、となるとかなり厳しいです。
看護師の方が堅実だし、現実を考えると私は看護師の方をおすすめします。
医療関係のお仕事はずっと勉強をし続けないとならないでしょうから、副業としてイラストレーターというのは現実的ではないと思いますよ。
イラストのお仕事は、いただくためには自分で営業しなければならないので、ただ家で絵を描いていればいいというものではありません。
その営業にはけっこう時間も手間もとられるし、何より行動力が必要なのでかなりパワーのある人でないと難しいでしょう。
どこかの会社に属して専属でイラストレーターすれば別ですが、その場合は看護師にはなれませんよね。
会社所属の専属イラストレーターなんて、そう簡単にはなれません。
どちらか一本だとなると、やはり看護師の方がおすすめですね。
それから、絵の上達法という事ですが、ひたすら描いて描いて描く事です。
あと、人物以外にも何でも描けなくては仕事として成り立ちません。
ゲーム等のキャラクターデザイン専門でやりたいのでしょうか?
まあまだ12歳なのだから、ゆっくりと考えてください。

ユーザーID:7640411777
人物クロッキー
40代
2018年2月24日 13:14

人物のイラストがうまくなるには
ポーズとった人を数分で書く
クロッキーを続けるのがいいそうです。

中学で美術部に入ったら、
部活でやるんじゃないでしょうか。
ネット動画なんかでもモデルさんがポーズとってるページがあります。

トピ主さんがイラストレーターになれるかは未知の部分ですが
イラストレーターで有名じゃなくても
生計たててる人は多くいます。
副業でやってる人も多いです。
美大を出たほうがいいけど、出ずにやってる人もいます。
20でならなくても、ある程度年をとってなれる人もいます。

そういう世界や人を全く知らない大人に
「なれない」と言われても、諦めることはないと思います。

しかし、お金にならずに途中でやめる人が多いのも現実で
大人はそういうのを知ってるし、もう自分は冒険できない年で心配もしたくないので
子どもにも「最初から安定した仕事につけ」
と言うんですよね。

最後は努力と頑張った時間がモノを言うと思います。
がんばってください。

ユーザーID:7612167306
応援してますよ〜
たんたん
2018年2月24日 13:25

あーたんさんのお母さんくらいの年齢のたんたんと申します。

私も小学生の時からイラストを描くのが好きでした。
今までいろいろな仕事につきました(POPイラストやデザイン関係から、全く
関係の無いテレアポやスーパーのパートなども)
現在は自宅でフリーの似顔絵師をしながら、好きなマンガもコツコツ描いて
います。(マンガは趣味としてですが)

好きなイラストの道に行くのならこの先、美術の大学やデザインの専門学校に
行き、学ぶのが良いでしょう。
しかし学費は親に出してもらうことになるので、その時に親を納得させる
だけの力をつける必要があります。親だって本気かどうか見て判断します。

今やっておくといいなあと思うのは、身の周りのいろいろなものをスケッチ
しまくることです。
人物はもちろん、家電でも机でも椅子でも、自分の手とか足、とか。花とか。
ペットボトル、ビン、目につくものをありったけ。

実物を見て描いてみると、頭だけで想像してたのと違うことに気づくでしょう。
そしてそれは後々絵を描くうえですごく役にたちます(今はわからなくても)

あと、好きなイラストやマンガなどを見つけたら真似して描いてみる。
そうすることで発見があります。この絵が素敵な理由とかね。
今は真似をどんどんする時期だと思いますよ。

そしてもし親がどうしても許してくれなくても、イラストが好きっていう
情熱の心は持ち続けて下さい。
まだ先ですが、社会人になってから自分の力で学ぶことは可能です。
あきらめないでやり続けることが、一番大事かな。

あと、看護師とイラストの仕事、同時にするのは無理がありますね。
実際仕事となると、そんなに甘いものではありません。
本当にやりたい方を自分自身で決めましょう。

ユーザーID:5123226015
やっぱり
ぽん
2018年2月24日 16:13

上達法はひたすら模写!が一番かと思います。
自分の好きな作家さんの絵を真似することが良いかなぁ。

あと、絵が好きだと顔ばかり描きがちになりますが、
上手い方って、手の表現や服のしわなんかが凄いと思うんです。
なので、手を練習してみる、とかどうでしょう。

看護師をしながらでも、勿論やる気と好きな気持ちが有れば副業は可能です。
今はネット等で絵を公開する機会も恵まれていますからね。

私自身、イラストレータの方と接する機会の多い仕事ですが、
副業でされている方が多いですよ。
がんばってくださいね。

ユーザーID:4722050492
クロッキー、デッサン。
笹かま猫
2018年2月24日 18:34

あーたんさん、初めまして。
私は美術の大学を出て、デザインのお仕事をしています。時々副業的にイラストのお仕事を受けることもあります。小さい頃から絵を描くのが大好きで、得意でした。

小学六年生なんですね、お勉強する目的で絵を描くのもとても大事ですが、楽しく絵を描くことがまずは一番だと思います。でももし本格的に絵の勉強がしてみたいなと思うのなら、クロッキーとデッサンをすることをお勧めしたいです。

クロッキーというのは、速写画(素早く対象となるモデルを描くことです)と言って、例えば10分とか15分で、線でささっと絵を描きます。画材はなんでもいいんですよ、ボールペンでも鉛筆でも。でもまずは鉛筆をお勧めします。4Bとかの濃い鉛筆がやりやすいですよ。
細かいところは省いて、大まかな人の形を目で追って、それを紙にささっと描く練習です。お友達や家族がじっとしている時間にちょっとモデルになってもらいましょう。とても訓練になります。

デッサンというのは、素描(そびょう、と読みます)もっと描き込みをして仕上げます。
クロッキーのような線だけではなく、光と影を表現したり、立体感を出したりします。果物なんかが最初はいいかもしれません、モデルになってくれる人もなかなか長時間じっとしててくれる人は見つからないかもしれないですからね!(笑
木炭がデッサンの最初に使われることも多いですが、きっと画材など用意するのも大変でしょうから、これも鉛筆でも大丈夫ですよ。

学校の美術の先生にちょっと聞いてみましょう。あと図書室にも本があるかもしれない。
美術の先生はきっとたくさん学生の頃にクロッキーやデッサンを勉強していますから、意欲のある生徒さんがいたら、アドバイスをしてくれるんじゃないでしょうか。

可愛いキャラクターのイラストを描いている人も、ちゃんと基礎を勉強しています。
頑張ってね。

ユーザーID:3337397449
おすすめは看護師
匿名
2018年2月24日 20:01

看護師の資格は取った方がいいね。勉強すれば取れる資格だから。

イラストは、上手くなったから仕事につけるわけではないよ。
上手い人は沢山いるから、運と才能がなければ仕事はできない。
努力しても、才能がない人は選ばれない。

「上達したい」ということは、描くことが得意じゃないんでしょ?
才能がある人は「上達したい」なんて思わない。描いて描いて描きまくって勝手に上達していくから、あなたとはレベルが全然違うと思う。

だから看護師の勉強をして資格を取って、お金を稼げるようになったら好きにイラストを描いた方がいいと思うよ。
お金が多ければ多いほど、好きなことできるからね。

ユーザーID:7841772671
人生どうなるかわからないから頑張って
はらぺこ
2018年2月24日 23:48

イラストレーターや漫画家になれる人って、努力より生まれつきのセンスがいい人で、なおかつ「イラスト(漫画)を描かずにはいられない人」のような気がします。

それとは逆に、上手い人なんて腐るほどいるのに、「なんでこんな下手な人が売れてるの??」って絵描きさんや漫画家さんも結構いますよね。時代のニーズに合ってるというか、運がいいだけの人。例えば、今って軽めのコミックエッセイが結構売れてるじゃないですか。でもほとんどが下手くそで読み応えないじゃないですか。ああいう人達。

イラストの具体的な上達法はイラスト投稿サイトで検索する方が為になるような気がします。あとイラストレーターも看護師も超ハードワークで身体を酷使する職業だから兼業なんて絶対無理だと思う。倒れそう。

ユーザーID:4670057113
好きを仕事にする
ミロ
2018年2月25日 0:00

あーたんさん、こんにちは。
私はグラフィックデザイナーです。

どちらの夢も諦めなくていいですよ。
中学、高校と年齢をおうごとに自然に進むべき道がハッキリして来るので今決めなくても大丈夫。
仕事で一番大事なのは、好きだと思える気持ちだから今は好きという気持ちを大事にしてね。

絵に関しては自分が好きだと思う絵をたくさん真似するのがいいですよ。
全く同じに描くことにチャレンジして見てください。
勿論同じにはなりませんが出来るだけ近づけるように頑張って見てください。
何回もやっているうちにあ!っと思える発見があります。

あとは、中学に進だら美術の先生にデッサンの方法を聞いてみるといいですよ。
イラストでも漫画でも絵画でも基礎のデッサンが出来る事はとても大事です。
私は芸術系の大学に行くために高校の時にデッサンを習っていました。
デザイナーですがたまにイラストを頼まれ、デッサンで観察する力を勉強したことが役にたっています。

お父さんもお母さんもあーたんさんが大事で心配だから反対するのね。
有名な漫画家やイラストレーターも親に反対されたという人が多いですよ。
実は私もデザイナーになる事をお父さんが反対されました。
でもその仕事を頑張っていると応援してくれるようになるんです。
なので、今は自分の気持ちを大切にね。

ユーザーID:2556144660
とにかく描く
こりん星人
2018年2月25日 11:05

ですね。
あと、とにかく様々な絵を見ることです。

人物を描くとのことですから、骨格を学ぶのも良いです。
ポージング等の本は山ほど出てますが骨格を語っている本は少ないと思います。
骨格は人体の基本ですから学んでおいて損は有りません。

あとは、人物が好きなようですが、それ以外の物も書いてみる事です。
更には3Dの基礎知識も持っていると良いです。
まぁ基礎の基礎で二点透視と三点透視も覚えておきましょうね。

ま、上記は中学へ進んで美術を習い始めると最初に覚える事ですが…。
デッサンは当然ですがね(笑

描くことは大切ですが、”知識”を持つことも重要ですよ。
今からでも遅くありません。
図書室や図書館へ行って絵の事を書いてある本を片っ端から読みましょう♪

あと老婆心(苦笑)ですが、
イラストレーターも看護師も二足のわらじを履けるほど甘い仕事ではありませんよ。

二兎を追うモノ〜…。

なんてことわざも有りますからね。
↑の意味は先生に聞いてください。

でも、頑張ってね。

ユーザーID:0837777680
イラスト上達
なー
2018年2月25日 21:51

将来の職業に関しては、
無責任なことは言えませんが
イラストの上達に関しては少しアドバイスさせていただきます。

主に人物を描いていらっしゃるということですが、
人間の骨格や筋肉の付き方を勉強するといいでしょう。

プロデビューした漫画家の中でも、
骨格、筋肉のことをよく把握していない方の絵は
いくら顔をきれいに描いていても
不自然に見えてしまうものです。

また、かわいい女の子の絵を描くのは楽しいものですが、
いろいろな年齢、性別の人の絵を描き分けられること、
自分が書きやすい角度のポーズばかりではなく
色々なアングルに挑戦してみてください。

手ひとつ取っても、
少女の手、赤ちゃんの手、
男性の手、太った手、おばあちゃんの手、
どれも表情豊かで違いがあるものです。

そして、うまくなる一番の近道は
とにかく沢山描く!です。
プロの漫画家でも、
長く連載を続けていると
連載開始の時よりも絵が洗練されて更にうまくなっていきます。
線を一本描いただけで違いが出ます。
毎日描いてください。
それが上達法です。

ユーザーID:0079718060
中学の同級生でプロになったのがいる
黒猫
2018年2月26日 17:54

イラストレーターではなくアニメーターですけど。
名前は出しませんが映画作品の監督とかやってます。

もう、中学校2年で転校してきた時から彼の画力は圧倒的でした。
描く絵が平面的ではなく立体的で、当時はやってた漫画やアニメの模写もしますがやはり彼独特の個性が加わって。

幼稚園児とかが使う安物のお絵かき帳(まあスケッチブックですよ)を大量に買い込み、とにかく時間さえあれば描いてましたね。

才能+努力ですね。あれだけの能力と努力を見せつけられたら親も反対できないでしょう。

彼の大学時代の仲間の画を見せてもらった事がありますが、各々また圧倒的で、その方々は漫画やアニメの超有名なプロになってます(笑)。

ユーザーID:1729351933
6年生!
どらえもん
2018年2月27日 0:20

しっかりした文章ですね。

私は絵が上手くありませんが、知り合いに何人か絵師さんがいます。
彼、彼女らはやっぱりたくさん描いてます。
好きなんでしょうね。

私なら、休んじゃうような日もちょっとだけでも練習してます。
(例えば友達とたくさん遊んで疲れた時とか。)

自分がこの人上手いな、とかこういう絵を描きたいな、と思う人の絵をとにかくまねる。
模写する。


あと、その知り合いの中に、看護師さんをしながら絵を描いている人もいます。

あーたんさんの気持ちがどのくらい本気かだと思いますよ。

ユーザーID:3573520510
とにかく真似る!人に見せる!
チルチル
2018年2月27日 1:01

同じくらいの子を持つおばちゃんです。

上達したいならまず好きなイラストをとにかく模写しまくりましょう。色んな動きのものを模写しまくる。
人間誰しも産まれて育つには人を見て真似をします。話すのも動くのも。上品なのを参考にすれば上品に、下品なのを見て育てばそのようになるでしょう。
同じようにイラストも真似から入ればいいのです。オリジナリティを求めるのはその先でもかまいません。

あとは人に見せて正直な感想をもらいましょう。同年代でも大人でもたくさんの人に見てもらえるといいでしょう。ズバッと傷つくことを言われることもありますが、言ってくれる人はよい先生です。

仕事にしたいなら、親を説得できるくらいに頑張ってみるといいと思います。イラストコンテストとかに応募してみるとか。今は他の選択肢も広げておくため勉強はきちんとしつつ、やりたいことにもどんどん力を入れていってください。
親として堅実な職業につくように願うのは仕方のないことですが、むしろそれを跳ね返してでも突き進むくらいの気概を持っているのかが大事なのです。

私は広告デザインを少しする程度の者でしかありませんが、やはり子供のころは絵を描きまくっていましたし、マンガも相当見せてました。昔ちょっとしたマンガを世にだしたことならあります。(それも毎度人に見せていたお陰で巡ってきた運です)
同じように小説を書く趣味もあるのですが、これもあなたほどの頃から人に見せたりしてズタボロになりながら、今は素人なりに多少は面白いと言ってもらえるようにもなりました。下手の横好きですけど。
私はあきっぽいのでそこまでですが、好きなことを職業にまで高めた人は、それこそ努力は人一倍で常に欠かしていないと思います。
センスだけでも努力だけでもなれない世界です、そして運を掴むにはまずとにかく周りにアピールすること、そして何度でも挑戦すること。頑張ってね!

ユーザーID:6869176868
デッサン力を鍛える
neko
2018年3月1日 15:47

私の友人はまず看護師の免許を取って、看護師になりました。
そして看護師を続けながら夢に向かって頑張りました。

今はその夢のお仕事で生活できるので看護師は休業しています。

主様のもう一つの夢が看護師であるならば
私の友人のような夢の追い方が宜しいかと思います。

因みに私は企業内デザイナーをしております。
普通の会社のデザイン部門で働いています。
偶にイラストを書いたりしておりますが
きっと主様の仰るイラストとは違うかもしれませんね。

私のような働き方をしようと思うと
自分の好きなイラストは描けません。
全てはお客様の希望に沿ったイラストになります。
そのかわり、美大に行ってデザインやイラストの勉強をしました。

自分の好きなイラストは趣味か、副業になりますね。
ただ残業も多い職種でもありますので、自分の時間が少なく
相当好きでないとなかなか続けられません。

イラストの上達法ですが、デッサン力を鍛える事です。
誰かモデルになってもらってポーズを取ってもらうのが良いのですが
なかなかご両親もお友達も忙しいと思いますから
雑誌の写真などを見ながら練習してみてください。

どうしても想像で描くと自分の書きやすいポーズで書いてしまいます。
それでは結局何枚書いてもそのポーズしか上手くならない。
人間の動きはかなり複雑ですし、色々な方向から見る姿が違ってきます。
だからこそデッサン力を鍛えるのですよ。

ちょうどオリンピックもやっていましたから
新聞などで選手の競技している姿を見ながら練習してみてください。

ユーザーID:2981769023
 


現在位置は
です