現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

かわいそうだよね(with HITSUJI)の歌詞どう思う?

さよなら青春
2018年2月26日 11:03

かわいそうだよね(with HITSUJI)の歌詞についてどう思いますか?JUJUさんが吉田羊さんと歌ってる曲です。
平井堅さんが作詞作曲しているそうです。

夫が「この曲いいよ!!ダウンロードして聴き込んでカラオケで練習して欲しい!!一緒にハモりたい!!」と勧めてきたんだけど、曲を聴いてみて、私は結婚してからあまり服を買わなくなったし、地道に暮らしているという感じ。
この歌詞の冒頭で「かわいそうだよね」と思われている側だろうし、もう誰かに”選ばれないといけない”という女としての前線から引退している感じなので、劣等感が刺激されて共感できなかった。10年前の自分なら共感していたかも。夫には「なんだか凹んでくるから、この曲の練習はやめておくわーごめんー!!」って謝っておきました。JUJUさんも、吉田羊さんも、平井堅さんも大好きなんですけどね。

仕事も恋もオシャレも一生懸命頑張っている独身女子。仕事で辛いこともあるけどやりがいも感じているし、華やかで自由な生活。カッコよくオシャレして、選ばれる女性でありたいと思って頑張っていて、地味で生活感一杯の暮らしをしている人を見て「かわいそうだよね」なんて上から目線で思ってたけど…一人暮らしの真っ暗な部屋に帰って来た時に、「私、何やってるんだろ」ってふと寂しく切ない気持ちになって…なんだか私って…かわいそうだよね」というような情景の歌詞ですよね?

まるで今の自分の事のようで共感する!泣ける!!という人、
今も昔も共感できんわって人、
歳を重ねても共感しまくりって人、
若い頃なら共感できたけど、今は違うかなって人、
いろいろいらっしゃると思うのですが、皆さんはどう感じますか?この曲の歌詞の感想を聞いてみたいです。

ユーザーID:6676658816  


お気に入り登録数:32
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:25本

タイトル 投稿者 更新時間
すごい歌詞ですね
ポメラニアン
2018年2月26日 22:49

曲を聞いてみないと分からないですが

歌詞の内容だけなら、アラフォー独身が、10年前に妥協で結婚したかのように見えた友だちを見下してたら、気が付いたら、もう誰にも選ばれない女になってことなんですかねー。

私は、独身アラフィフですが、友だちを見下したり、ライバル視したことないので、謎の価値観です。

それにかわいそうって、本当に気の毒な方か、嫌いな人にしか使わないのです。

それにしても、あたしおかあさんだからといい、世の中、生き方の多様化を認めようといいつつ、結婚していない人間は、かわいそうって、少子化対策ですかね。

ユーザーID:3522221043
どちらもわかります携帯からの書き込み
ぱる
2018年2月26日 23:36

私は今主さんと同じ立場で、仕事は共働きでしていますが結婚してオシャレなどしなくなりました。
さて、主さんの仰る「かわいそうだよね」と言われる立場かと言うと、思ったのは真逆でした。
私は今や30代前半なのですが、結婚したとき20代半ばで周りはほとんど独身。世に言うふっつーの人と結婚したので、へー、ほー、ならまだしも、「すっごい普通の幸せ手に入れたね」なんて言われたこともありました。
ですが私は今とても幸せです。
そんな風に言っていた友人は独身が多いですが、綺麗で恋愛もしていて仕事も充実、自分のことを「かわいそう」なんて思っていません。
内心、確かにお互い思うところはあるかもしれません。それは羨ましいという意味で。
要は、自分がどれだけ自分に満足出来ているか結局のところ今の自分にどれだけ満足出来ているかで聞こえ方は変わると思いますよ。
でもとても心に染みる歌詞ですよね。
隣の芝を見るより、上や下を見るより、今の自分の幸せと向き合おうと思える曲ですよね。

ユーザーID:0694143279
この曲嫌いです
きりん
2018年2月27日 0:48

先日JUJUさんと吉田羊さんが出ていたテレビで歌っていらっしゃって知りました。お二人のことは私も嫌いではないです。

…が、あの曲は好きではなかったです。

そんな卑下する必要ある???前向きになって終わるのかと思いきや、「あたしってかわいそうだよね」…何だか救いようのない歌詞で暗くて好きにはなれませんでした。

もちろん人を見下すのは褒められたことじゃないし、この歌詞の主人公もそれをわかっているんだろうけど、そんな自分だって認めてあげたらいいじゃん。と思いました。

平井堅さんが何を伝えたくてこの曲を書いたのか…そしてお二人もどんな気持ちでこれを歌っているのか…私が未熟なので理解できないだけかもしれませんが、よく分かりませんでした。

ユーザーID:4994176670
へえ、そう?
そらいろ
2018年2月27日 1:36

初めてこの歌と歌詞を知りました。
うん、内容はあなたが捉えてるとおりの解釈でいいと思うんですけど、あなたの、

>この歌詞の冒頭で「かわいそうだよね」と思われている側だろうし、

ここは「え?」って思いました。
なんでそう思うんだろうって。
まあそれがあなたの抱える劣等感で、そこを刺激されるからこの歌はイヤだなってことなんですかね。

要するに、、この歌詞の女の子と同じ考えを持っているから、かな。
世の中、この歌詞のような考え方をする子のほうが少ないんじゃないかって思っていたけど、でも平井堅さんが歌にするくらいだから多いのかしら。
少なくとも私はひとをこんな感じで「かわいそうだよね」なんて思ったことないけどねー。

あなたと平井堅さんの感覚が似てるのかもしれませんね。
他にどんなレスがつくのか興味があります。

ユーザーID:3985070098
ナルシスティックな歌詞ですね。
すいっちぽん
2018年2月27日 7:56

トピ主さんと同じく、この歌詞の主人公の女性にはまったく共感できませんでした。

むしろ、この女子を皮肉っている歌なのかなと思うのですが、どうでしょう。

きっと、曲が付くと印象が違うんでしょうね。

歌詞だけ見てると、「情報に踊らされる思慮の足りない性格も悪い女子が、踊らされた挙句にちょっとだけ目が覚め、しかし反省はなく自己憐憫に浸っているだけ」という、まったく魅力のないキャラクターしか伝わってきません。

旦那さんは一体どこがよくて歌を褒めたんでしょうね。
ボーカルとメロディーがよかったのかな。

「思慮の足りない女子を皮肉った歌」のようなので、いっそすっごく綺麗に歌った方がより皮肉めいて面白いのかもしれませんね。

その皮肉をちゃんと理解できるかどうかは、聴き手の知性次第だと思います。

ユーザーID:6503197308
反応
ミトン
2018年2月27日 10:40

こういった私的告白のような歌は、状況は万人には当てはまらないかもしれないけど、だれもが持ってる心の隙間だと思います。
自信満々な人もそうでない人も、ドキッとする人は多いと思います。
あのね、歌って、個人個人の解釈で良いんです。
でも、あえて「どう思われますか」
いちいち、他人に共感を求めて、慰めの欲しい人が、話題にしそうな歌詞だなあ、って思いました。

ユーザーID:8552639017
肩肘張ってる女性の歌詞を作るのが好きな男性達の心理が気になる
ノノ
2018年2月27日 11:57

似たような歌詞、いくつかありますよね。
のぶみさんの『あたしおかあさんだから』のネイルやヒール云々とか。
斉藤和義(好き)さんの『エステに行こう』とか。
肩肘張ってる系の女性が、その虚しさに気付く歌です。

何故男性はこういった歌詞を作るのが好きなのか、が気になります。
1.そういう女性が好きなのでそっと寄り添いたい、応援したい気持ちがある。
2.「もっと大事なもの(大体大きな夢ではなく女なら家庭を守れ等を指す)があるんじゃないの?」と上から目線で説教している。
3.純粋に自分と異なる心理なので興味がある。
色々考えられます。

色々な文学作品でも、男性作者が女性目線に立つものはありますが、私が納得できたのは『ヴィヨンの妻』くらいでした。すごく少ないです。

私は意図が2に見えて若干イラっとする小物です。
もしまた女に生まれ変わらないといけないなら、「そう…私強がってるけど本当は弱いの…こんな私分かってくれたの、あなたが初めてよ。貴方は賢い素敵な人ね。』と言えるタイプになりたいです。

30代半ばになりますが、歌詞自体は全く共感出来ません。
他の人と自分を比較する習慣があまり無いからです。
個性的でありたいということは目的たり得ません。目的の達成のために人と違う道を歩まないといけない時もあるかもしれませんが。
「最も賢い処世術は社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである。」という人もいるように。

ユーザーID:8811374426
全く共感できない(笑)
とるめんた
2018年2月27日 12:03

この歌が話題になるのは、きっとこういう風に生きて来た(生きている)人が多いからなんだろうなと思います。
今、若い学生を教える仕事をしています。
その人たちを見ていると、対人関係で自分を計るところがあり、こういう気持ちになったりすることもあるのだろうと想像しています。

自分が今若くても、この曲には全然共感できなかっただろうなあ。
一番大きな理由は、誰かと自分を比べて来たことがなかったから。
自分の思い通りにならなくて、イライラしたことやふがいなく思ったことはあります。
でも、それはあくまで自分自身のことで、周囲の人たちと比べてというのはなかった。
自分は今年50歳になります。
結婚もしてないし子供もいないけど、
友だちがどうとか、同僚がどうとか、本当にどうでもいいと思って生きて来たんだなと、
この歌を聞いて改めて思いました(笑)。

ユーザーID:2574268860
興味深い歌
ちゃまこ
2018年2月27日 13:33

まず感想としては「今も昔も一部共感できんわ」でしょうか。

綺麗事の歌詞だけのよくあるラブソングではなくセキララな心情が表れていて印象的です。メロディーもいい。吉田羊さん歌ウマい!歌声が好きです。

歌詞の最後の「あたしって、かわいそう」が虚しい自分を嘲笑うような言葉に感じて切なくなりました。

ユーザーID:9423174442
私もそう思いました。携帯からの書き込み
EKO
2018年2月28日 3:06

私もこの歌詞に違和感を覚えました。
人をバカにして来てた人が
その事を反省したら
今度は自分を責めていて
その発想そのものが 人格障害っぽくて 危ないなと思いました。

トピ主様のように ご結婚されても だんな様がハモりたいと 曲を用意されるほど 円満でお幸せな方は 所謂 勝ち組ですし
かわいそうどころか 羨ましい限りですし 当てはまらないと思います。
でも わざわざ歌いたくないですよね!

ユーザーID:8232598539
今朝聴いたけど、私も共感できなかった
音痴
2018年2月28日 12:24

曲もMVの雰囲気も、JUJUさんの歌も良かったんです。

でも、歌詞が私の中にストンと落ちて来なかったんです。
あの子がかわいそうだと思っていた。でも本当にかわいそうなのは、自分だった。

<平凡なあの子に対して、かなりの上から目線でいた自分に気付いて、私ってかわいそう。。>
そういう内容だと思っていいのかな?

人を馬鹿にしていたことに気付いて反省するのはいいのですが、そこで「かわいそうなのは自分だった」って・・自己陶酔の世界?と思っちゃいました。

私も「あの子」側の人間なので馬鹿にされてきたでしょうけど、上から見ていた人が急に反省して「自分がかわいそう」って言っているなんて聞いたら・・
「何それ?」ですよね(笑)

歌詞に共感できる人が多いってことは、地味なあの子を馬鹿にしている人が多いってことでしょうか。

この歌詞の正しい見解があれば教えてください。

ユーザーID:3248859141
今日初めて知りました
りん
2018年2月28日 22:41

ネット動画の合間にこの曲が流れ聞き入ってしまいました。
正直、つつがなくご結婚され出産育児、兼業で仕事など
している人はなんとも思わない曲なのではないかなと思います。

ただ35歳独身、現在求職中の自分には激しく刺さりました。
20代の時はアパレル系の仕事をしており
誰からも「美人だね」と言われていた自分。
付き合った人も告白されたこともありますが
どこか冴えない雰囲気の男性が多く断ってばかりいました。
今考えるとどの人も優しく結婚すると考えると素晴らしい方ばかりだったです。

合コンで誰からも声をかけられず一人で飲み食いしている子が
つつがなく結婚していきました。(もちろんいい子ばかりです)
こういう考えの自分ですから誰からも選ばれず今に至ります。
一生懸命生きてきたけれど、自分にできることなどなにもない
という歌詞が一番響きました。
この人生では女として結婚し子を産むことは叶いませんでしたが
それはそれだと受け入れて、来世またチャンスを掴めるように
これ以上人を見下したり自分を過大評価しすぎず
生き、次の転生に備えていこうと思ってます。

ユーザーID:9049331771
ぴったんこカンカンで見ました
みか
2018年2月28日 23:19

JUJUさんが作った歌なのかと思って違和感を感じてたら、平井堅さんが作ったと聞いて納得。
男性が勝手に女子の心情を想像して書いたんだなって感じ。
トピ主さんの旦那さんが絶賛してるってことは、男性受けするんでしょうかね?

聞いて感じたのは、「何が言いたいんだろう」ってこと。
自分かわいそうだと思ったけど実はって続けばまた話は別だけど、これだとどっちの立場だとしてもただただ嫌な気持ちになる歌詞だなと。
これに共感できる女性って言うのは、どんなところに共感するのかが確かに気になります。
「あ、これってもしかして私だ」って感じなのかな。
JUJUさんと羊さんが、一体どんな気持ちで歌ってるのかも気になります。

ユーザーID:6306629726
すごい歌詞ですね
午後の紅茶
2018年3月1日 18:46

曲を聞いたことは無いのですが、すごい歌詞ですね。
人を見下げないと、自分を保てない人が多いのでしょうか。

やりたい事や、目指しているものがあるなら
自分との戦いなのだから、
他人と比較しなくても、達成するように努力できるものだと思うのですが。

ユーザーID:3760709829
俺はまだ本気出してないだけ、ですよね携帯からの書き込み
2018年3月1日 21:25

平凡でどこにでもある生き方などしたくない、かっこいいオンリーワンになるんだ、と、思って、平凡に小さくまとまってしまった(ように見える)友達をバカにして来たけど、私の生き方も別に特別でなく、つまらない生き方だったと気づいてしまった、という女性の歌ですかね。

そうとると、男性の方が共感できるんじゃないでしょうか?
むしろ、男性の方が、気づいてしまったときの後悔は深刻だと思いますよ。
だから、女性主体で描いて、女性に歌ってもらって、ショックを和らげているんじゃないでしょうか?
作詞作曲が男性ならね。で、ヒットメーカーでたくさん歌を作ってる方なら、こういう感性や感情に気づいてピックアップすることもあると思いますよ。
凡人は、敢えて、気づかない、見ないふり、する。

取り返しのつかない人生を振り返って後悔する歌、と思うと、聞くのはいいけど、いい歌だ、練習して自分で歌おう、というのは違う気がします。
その点、凹んでくるからいや、というのは解ります。
失恋の歌のように、やり場のない気持ちを昇華させる歌でもないし。
歌うなら、未来を信じたり、自分を信じる歌の方が好みですけどね。

ユーザーID:2971729573
いろんな感じ方があるけれど
yoyo
2018年3月2日 11:50

平井堅ちゃんファンの50代独身(パートナー有)です。
私は30代の時に色々あったので、その真っ只中に聴いていたら
「あたしにしか出来ないことなど 何ひとつなかった からっぽなのは誰でもなく この無様なあたし」という歌詞がズッキと突き刺さったと思います。

何回かこの曲を聴いての私の解釈は、

前向きにがんばっているのに(いるつもりなのに・・)報われないと感じたり、辛い状況になっている主人公が、どうしようもなく落ち込んだときに、自分を癒すために「あたしってかわいそうだよね」と自分の内側に向かって言うための、「あの子って・・・」という歌詞だと思います。

落ちるところまで自分を落として泣いて、でも、私は私なんだからと自分を認めて、気持ちを切り替えて、また明日から生きて行こう。となれるようにという気持ちを込めて作られた曲ではないかと。

友達のことを下に見てかわいそうだよねというような歌詞はメインではなく
誰にでもある悪い心の部分を誇張してるだけで、あくまでも自分をとことん貶めるためのものなのかなと。
(主さんが感じているようなを意地悪なものではないと思う)

主人公の30代女性がひどい失恋をした後にひとり部屋で悲しみに打ちひしがれ、気持ちが落ちるとこまで落ちていく姿が目に浮かびます。

「だけど、大丈夫よ。落ちるところまで落ちて這い上がったら、きっと見える景色は違うから。」と私は言ってあげたい。

私も最初聴いたとき、嫌な感じに聞こえる方がいるだろうなというのは思いました。
そのあたりはいろんな立場の人がいるので、難しいですね

MVが公開されています。吉田羊さん素晴らしいです。さすが女優さんです。

ユーザーID:2877072246
ブーメランな歌
イグアナ
2018年3月2日 23:03

あの番組、観ました。

私は「(一部の)マウンティング女性の成れの果てか・・・」と思ったので、特に良いとも悪いとも思いませんでした。
むしろ「あの子を可哀そうと見下してたけど、自分に帰ってきた。ブーメランだなぁ・・・」と気付けるだけ救いの有る歌詞かなと。

本当にこじらせた意識高い系のマウンティング女子は、どこまでも悪あがきしますからね。

もしかしたら、あの歌詞の女性も、こじらせているかもしれないけれども。
仕事は、大人としてちゃんとやれば良いけど、女性ファッション誌にあるような女子力は、結婚のポテンシャルに必ずしも直結しないからね。
それを男性が歌詞にした所が、興味深いです。

ユーザーID:8153885541
自虐的とは感じませんでした
春が好き
2018年3月5日 21:17

選ばれる人間になる為にクローゼットの中の布きれで外見を飾っていただけだった自分に気づいたと言う歌なのかなと感じました

きっかけは好きな人が離れていった事かもしれませんが、何より年を重ねたからこそ、それに気づけるようになったと言う素敵な女性の歌なのではないでしょうか

私はいい歌だと思います

ユーザーID:4467663478
昨日、たまたま耳にしました
Q
2018年3月6日 14:30

最初に言ってしまうと、男性が「こういう風に女性に傷ついててほしいな」的な願望の歌という感じ。何の先入観もなく聞きましたが、作詞は平井堅さんだったのですね。なんかちょっと残念です。世の中の一般論的なものに対して、中立的な目を持っていてほしかったなあと思いました(それも一種の差別かもですけどね)

女どうしを妙に対立構図にしたいのはなぜなんでしょう?
『かわいそう』というのは、今の世の中マウントという言葉がはやるくらいなので、自己の幸せを誰かと比較してのみ達成感を味わえるタイプの人間にとっては確かに大変有効で沁みる言葉でしょう。このタイトルだけで再生した方も多いのではと思います。要は、決して幸福な内容の歌でないと暗示しているのに聞くわけです。それだけみんな自己完結できなくなって、人を見下したいってことは確かなんだと思います。私も生理前とかそう(笑)

だけど、主人公は男性ではなく、歌うJUJUも吉田羊も女性。二年前のワンピースを見て、自分を無様だと思っているのも「私」という女性。友人を見下していたのも女性です。そして主のご主人のようになぜか男性が「傷ついて、過去に誰かと傷つけあっていた女」という設定に食いつくんです。私はここに大変不快を感じます。

幸福な歌ばっかり聞きたいってわけではなく、「かわいそうだよね」という歌がマッチしてしまう現代が嫌なのかも。誰かと誰かが見下しあって、自分が唯一無二じゃなきゃ嫌と思ってもがく。そしてこの歌を聞く限り、時間が経過した今も「私」は幸せになれていない。自分が可哀想だったんだと気がついて終わりです。

なんというか…年を取ったんでしょうね。吉田羊さんより下の年代ですが、自分にこの歌詞のような熱量はあらゆる意味でありません。

ユーザーID:9582673962
自分を積み上げる作業の大切さ
チョコケーキ
2018年3月8日 5:46

聞いたことはないんですが、歌詞は読みました。
この曲の主人公みたいな空っぽな生き方してる女性って、実際はどれぐらい居るんだろう?
読んですぐの感想はマテリアリスティックということ。
読み終わって感じるのは自業自得。
モノや見た目に価値を追い求めるから、本当に大事なものを見失って、気づいた時にはこんな年齢…ってとこかな。空しいね。
歌詞だけ読んでみて、少なくとも、わざわざ聞いてみたいとは思えませんでした。

自分をコツコツ積み上げる作業って大事ですね。
そのためには例えばなんとなく聞く曲ひとつでも、自分でしっかり選ぶ必要があると感じました。

ユーザーID:1311377851
 
現在位置は
です