現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

うつ病のきっかけについて 携帯からの書き込み

あやな
2018年3月2日 7:11

長くなりますが最後まで読んでくださると嬉しいです。
現在24歳で1年程前からうつ病とそれに関わる障害で悩んでいます。
先生やカウンセラーの方にきっかけは?と聞かれるのですがこれといってその時期になにかあったか心当たりはありませんでした。

一つあるとすると家庭環境の変化が関係しているのではと思っています。
私が小学校に上がる前に両親が離婚し、母は直ぐに再婚をして専業主婦になりずっと家にいましたがろくに家事等はやっていなかった気がします、小中高ずっと朝食が準備されることはあまりなく、夕飯はお弁当が置いてあるだけ、コミュニケーションもあまり無かった様な気がします。

高校3年生の頃大学も決まり入学金を支払った直後に両親から切り出されたのが父のリストラでした。今後みんなで頑張っていこうね、と言われたのですがそんな状態で大学なんて行ってる場合ではないので私はアルバイトに専念して少しでも助けになるならばとお金を渡していました、結果大学は中退しました。

二年程不安定な状態で生活をし、母は仕事をして家の事については父にすべて任せていたようでした。
結局持ち家だったローンも支払えず、毎日のように不動産の方が家にきて扉を叩き名前を呼ばれ、タイミング悪く私しかいない時だったので耐えられずその方とお話をしました。
その事を両親に伝えましたがお前は子供だから騙されてるんだと父に言われ母は何も言いませんでした。その時誰も私の話なんて信用してくれないんだと傷ついた記憶があります。
その後やはり父は定職につけずローンも支払えず強制執行で家を出るとともに両親は離婚し、今は母と姉と暮らしています。

自分の中でも家庭環境の変化が沢山ありすぎてどれがきっかけなのか何が辛いのか分からず、他人から見るとどこがきっかけになるのか気になり書き込ませていただきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ユーザーID:7438256511  


お気に入り登録数:11
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本


タイトル 投稿者 更新時間
色々でしょうけど
絹子
2018年3月3日 16:17

あやなさんの考えも正しい気がします。

脳の何かが不調を起こしていることなので、特に脳が発育しているときに、特別ないじめとか、
甘えたい子供を否定的に言い聞かせるとか、
本人が一番聞きたくないことを言って悪いほうに脳を刺激するとか、あると思います。

ですが、専門のお医者さんでないし、推測であって、詳しくは分かりません。

こういうことを研究テーマにしてほしいし、正しく治療できる病気又は、寛容される障害になってほしいです。

個人的にいろいろで、分かりにくいし、身動きが取れないほど悩んでいる人を見つけてあげないと、悪くすると自死してしまいますから。

ユーザーID:9774509383
分かったらくろーしねーわ
ただの一患者
2018年3月3日 16:18

ってのが
その手の質問にいつも思うんだけど(対医師やカウンセラーに)。

1年程前からうつ病ということなんで
発症の頃に何か変化や出来事が無いかを知りたいんのでは無いかな。

生育過程や環境や性格は
関係するけど複雑すぎて
「きっかけ」とは違う。

医師やカウンセラーには
トピに書かれたことをそのままお話するしか無いと思いますよ。
分からないならわからないとしか言えない。

自分や他人が思うきっかけが
本当にそうかどうかは分かりようがない。
ご自身が納得出来ればそれが答え。

お大事に。

ユーザーID:4567354464
きっかけというよりも
ユリコ
2018年3月3日 18:51

私はうつ病とパニック障害と付き合って25年ほどになるおばさんです。
パニック障害は日本で新しい薬が認可されたことや、発作時頓服をお守り代わりに持つ
(発作が出なかったら飲みません)ことで一応寛解しました。

さて、私のうつ発症のきっかけといいますと遠い遠い昔に親の片方が病死、遺されたほうは
すぐに再婚、それから高校卒業まで続く虐めかな?と思います。
それが根っこにあるので、いまだに、トピ主さんのお母様の年代になっても
「生き続ける」ことがつらいです。
けれど思うのですが、きっかけって、それほど重要でしょうか。
もし、現在もローンの支払いその他でしんどい思いをなさっているなら別です。
でも今はそれらからは一応抜け出せてはいるんですよね?
相談されたカウンセラーの方もちょっとオカシイと思います、だって過去より
未来のほうが大事でしょう?
まだお若いトピ主さんが過去をどう整理すると病状が改善に向かうかとお考えなのかもしれませんが、あくまで、私のような先の短いおばさんでも、大事なのは
「これから」です。きっかけではなく、過去ではなく、病気とどう付き合っていくか、です。
一番早いのは医師やカウンセラーに
「どうしてきっかけのことばかり訊かれるんですか?」
「きっかけがハッキリするとどういう治療へつながるんですか?」
などなど単刀直入に尋ねてみることだと思いますよ。

季節の変わり目は自律神経のバランスを崩しやすいです、特にうつ病患者は気を付けていたほうがいい季節です。
あたたかくなっていい季節ではありますが、どうぞお大事になさってくださいね。

ユーザーID:8635638642
私の場合、仕事でした。
pepe
2018年3月4日 13:26


コンスタントに当たり前にある会社が倒産、

会社更生法、子会社になる、縮小.....

会社を辞めて、、、、

この辺から私は精神的に追い込まれてしまい

ました。

主さんと同じで母親が再婚してます。これも

本当に嫌でした・・・

嫌なことばかりだなと振り返ってたら、主さん

のトピ見つけたので書かせて頂いてます。


主さんのうつの原因.....人それぞれなので、わ

かりませんが仕事に集中したら変わってくるんじ

ゃないでしょうか。

こんな私も20代、30代は仕事ばかりしてました。



まず、リラックスされて深呼吸して。

こんなことしか書けなくて、すみません、、、、

応援しています。

ユーザーID:5662051554
大変でしたね。携帯からの書き込み
あのこ
2018年3月4日 22:36

ご苦労されたのですね。どうかあなたに心の安らぎの場がありますように。

ユーザーID:7714802426
きっかけは家庭内の疲労の蓄積携帯からの書き込み
さくら
2018年3月4日 23:22

色んな不幸な家庭内のトラブルが起こり、本来なら両親二人の問題なのに、トピ主まで一緒になって助けようと当事者のように頑張り、それでもうまくいかず、気疲れがたまっていって、鬱になったんじゃないでしょうか。
 
私も、高校生ぐらいで父親がリストラされ無職。でも、父親は働く気なし、それでいて家事もしない。娘のことも目の前にいてても覚えているのかわからない不思議な変な人だったので、幼少時から噛み合わず苦手でした。真剣に母にもアドバイスしたり、その後も色々あり、家庭のために頑張りました。母親の人生を、自分の人生のように対処したようで、20代半ばには疲れてました。
その後、結婚相手に難癖をつけだしたあたりで、本当は私のことなんか信頼してないんだとショックを受け、産後、ホルモンバランスの崩れもあって鬱病になりました。

今は9割ぐらいは元気になり、子供も育てながら時短社員で働いてます。

治ったきっかけですが、母親に文句を言ったこと、心の中でもう孝行はしない、老後の面倒なんて見ないと誓ったこと、漢方薬がきいたこと、誰も助けたりなんかしないと冷たい心を持つ自分を持ち直したことだと思います。

私は私のために好きなことをして生きていく。
稼いだお金は自分のためにある程度使う、旅行もいく、ジュエリーも買う、おいしいものも食べる。私はこうやって楽しまないとやっていけない人です。

鬱になったきっかけを探すことに必死になるよ、好きなことを改めて探して、自分に正直に生きていくのを勧めます。家族の犠牲になっててはダメです。

少しずつ楽しみを見つけていくのがいいですよ。

ユーザーID:8112808812
本来の自分の心を取り戻す
プリムラ
2018年3月5日 14:19

人の心に関心と興味を持って、心理の探究を続けています。
トピを拝見して感じた印象ですが、トピ主さんは、自分の
思いを封印して、自分の思いを我慢して、これまで生きて
いらっしゃったのではありませんか。

嫌な思い出と言うか、記憶も忘れられないで残っている様
です。またご自分の希望に封印をしてこられている様です。
そうした諸々の出来事が、トピ主さんの心を不安にしてい
るのではないでしょうか。

だからと言って、そのような記憶を捨てたり忘れたりする
ことはできません。一つ言えることは、過去は変えられな
いと割り切ることです。過去に拘っていても、現在や将来
の役には立ちません。

の為に、お勧めしたい方法があります。
それは、「トピ主さんの過去の歴史を独り語り」してご覧に
なることです。誰もいない場所なら何処でも良いです。

独りで、幼い頃からの来し方を想い出しながら、独り語り
して見ると、その時の自分の気持ちや願望、また不思議な
ことですが、家族や周囲の人の気持ちを理解する事ができ
ます。

そのよう試みの中で、自分を一人の人間として認識できて
来ます。そして自分と言う人間を理解することが出来ます。
人間は、運命に左右されます。どんな人生になるのか誰に
も想像できません。

自分を一人の人間として認識し、見ることが出来るように
なれば、自然に心が落ち着いてくるのではないかと。自ら
が精神的に落ち着ける場所を作ると楽になるのではと考え
ます。

この場合の落ち着ける場所とは、物理的な場ではなく精神
な場所のことを言います。
トピ主さんと言う一人の人間が、時代の歴史の中で、運命
に翻弄されながら、力強く生きる姿が想像できればと思い
ます。トピ主さんは、自身の人生の肯定と評価が大切です。

ユーザーID:7753437853
積もり積もって
pandora
2018年3月6日 15:40

たいへんでしたね。
きっかけと一言に言っても
コップに水滴が溜まって…ついに溢れてしまうように
いろんな要素が積もり積もったのかもしれませを。

普段なら大丈夫だったことが
いろいろストレスがあったので受け止めきれなかったり。

私も発症したのは20代でした。
今は40代に入り、病気との付き合い方も学びました。
振り返ってみればあっという間ですが、治療の最中は辛いものですね。

過去は過去として
もう変えることはできません。
現在の心持ちを穏やかにして、きちんと治療をして
よい方向に進むようにね。
きっと良くなります。

ユーザーID:0943813215
お辛かったですね
みきまり
2018年3月11日 11:59

トピ主さんの場合、過去の家庭で起こった事件のインパクトが強過ぎて、普段のストレスに鈍感になっているのではないですか?
それで、1年前のキッカケを見過ごしている可能性も高いと思います。

何て言うか、実家で鍛えられ過ぎて、我慢強くなり過ぎてしまったと言うか。
更に一年前くらいからを、時系列で書き出してみては。
それと過去の年表と、両方あったら良いと思います。

医師が知りたいのは、発症直前の話で、臨床心理士は、過去まで知りたいと思っているはずです。
臨床心理士の元で、心理療法も受ける予定ですか?

ユーザーID:3644097726
皆さまありがとうございます
あやな
2018年4月23日 0:44

トピ主です、沢山のコメントを一つ一つ拝見させていただきました。
とても励みになりました改めて感謝いたします。
医師に毎度体調を聞かれあまりよくないと伝えるときっかけを聞かれ続けておりますが、分からない、と伝えると頭を悩ませてしまっている現状です。
薬の処方などもあるので治療としてのものだとは思うのですが毎度聞かれるので流石にまいってしまいます(笑)
カウンセラーの方とは今後どのようにして考えてゆくべきか等色々な相談にのっていただいております。

過去の事は過去の事、沢山の経験だと前向きに考え
自分の事を最優先に考えるようになっていければなと思いました。
まだ辛い日が続いておりますが、さくら様のように自分に正直に生きられるようになりたいと思います。

本当に皆さまありがとうございました。

ユーザーID:8654146807
色々模索してみては
元地方公務員
2018年4月28日 15:50

 私もかつてうつで苦しみました。きっかけは何かと訊かれても、これだという心当たりがありませんでした。それほど多くのストレス(自覚のあるなしにかかわらず)に煩わされていたのだと思います。

 きっかけを知ることでその原因を取り除いたり、認知行動療法などでそれに対する否定的な考えを後退させる効果があるのでしょうけど、私の場合は特に主治医からきっかけを細かく訊かれたことはありませんでした。

 抗うつ剤を3年服薬しても治癒に至らず、テレビで高名な医師が勧めていた腹式呼吸と瞑想を取り入れてみたら3ヶ月で効果を実感し、その3か月後に治癒に至りました。ご自身で調べてみて自分で納得できそうな方法を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

ユーザーID:0633409126
私の場合は、原因は義理家族です。。。
ブルーリボン
2018年4月30日 23:05

私の場合は、夫の家族への責任といいますか、、夫や彼らからの要望に応えようと、きっぱり嫌だ!本当は嫌いなのに、自分のしたい人生にしたいのに、周囲の圧力から出来なく、、いい人、良い人、、を演じています。。

鬱になったのも、実際の自分は、その付き合いに我慢していて、本来の自分でいると、彼らから微笑されたり、嫌味言われたり、、私は、まさしくその義理家族からの犠牲者だと感じています。

さくらさんの仰るように、きっぱりと関わらないことができたら、、。と心では理解しているのですが、実際、義理の家族に会うと、手前だけの社交辞令を演じてしまう。。

その場を濁したくないと思ってしまう。。

夫の家族の絆って、、私にとり重荷のなにものでもありません。。本当は足かせになっています。

しかしながら、私が夫と居る以上ついて回るものですし、どのような仕事についても、自分と馬が合わない嫌な人とも出会うもの。そう思うと、嫌なお客さんでも、建前上、仕事と割り切れる、嫌な思いをしても、心を無にすることで、私はその場を装い、しかし本当の自分は他に居て、本当は怒っているのです。投げ出したいのです。

鬱を吹っ切るには、その我慢料を、ちゃんとご自分への報酬として返すことを覚えました。別世界に、ちゃんと本当の自分の生活があり、そこに基準を置くという感じでしょうか。。。

ただ、鬱になりえる原因、、やはり、取り除けられるのなら、是非取り除いてください。それだけストレスを抱えているということです。

私の場合、、難しいけれど、、。

是非お大事になさってください。

ユーザーID:6205048660
 


現在位置は
です