現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供のアレルギーマーチが辛すぎてどう生きたらいいかわからない

ショック
2018年3月2日 20:15

4歳0か月の娘がいます。
●アナフィラキシーもある多量の食物アレルギー(卵、乳製品、魚介類全般、ナッツ、キウイ、パイナップル)
●9月〜11月。花粉症かカビかアレルギー性の鼻炎で夜も眠れない、鼻血も沢山出る。
●12月〜1月。寒さによるアレルギーで、日中も夜も咳がひどい。眠りに影響。喘息ではないそう。
●12月〜今も。アトピー(乾燥性の湿疹)がひどい
●ほこりやダニもNG

そして、昨日からまた新たなアレルギー症状を発症し、
●春の花粉症
が加わりました。

明らかにアレルギーマーチですが、ここまでひどい人は見たことが無く、どうしたらよいか(当然対処しながら生きていくのですが、日々その対処の為だけに生活をしている気がして、人生の目的が分からなくなりました。)
生後から今まで様々な症状に対して一喜一憂しながらも受け入れ、食物アレルギーも「食べられるものがある!学校だって1人だけお弁当だっていいじゃん」と考えられるようになってきたり、年齢とともに良くなるものもあるかもしれない、と希望を捨てずに過ごしたり、毎食手作り、体にいいもの、眠り、ストレスかけない、寒さ暑さの調節、家の整備、掃除、自然療法も取り入れた体質改善、アレルギー治療で有名な病院のそばへ引っ越し、転院、書ききれないほどありとあらゆる事に時間を費やし心を費やし、対策しました。それでもまた新たなアレルギー。本人も辛いでしょう。秋冬は寒さと花粉、春も花粉で思い切り遊ぶこともできない。夏は日中暑すぎて出られない、など。
食べ物も制限ありまくり。行動も制限ありまくり。この娘にとって快適に過ごせる時期はいつなのでしょうか。

続きます

ユーザーID:7915162982  


お気に入り登録数:202
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

タイトル 投稿者 更新時間
ただエールを送りたくて
みっち
2018年3月3日 18:09

続き前ですがごめんなさい、アドバイスとかではないです。昔の自分の気持ちを思い出しました。

長男が3歳頃アトピーで、肘の裏、膝の裏、手首、足首、真っ赤に腫れあがり、ふくれあがり、夜中に寝ながらかきむしり、流血しては泣き喚く日々。親の私も途方にくれました。

娘がやはり3歳頃、毎晩のように喘息の発作を起こし、夜中に咳のため横になって眠れず、一緒に気を紛らわすためにテレビを見ていたこと。

次男が喘息で、一日に4回、家の吸入器で吸入していたこと。首の後ろが新旧の掻き傷でケロイドのようになっていたこと。

親の私も辛い時期でした。出口の見えないトンネルの中にいるようでした。

今うちの子たちは既に成人しています。それぞれにまだアレルギーはもっていますが、一応元気に生きています。

生きていてくれることが嬉しいです。出来、不出来よりも生きていてくれる事を感謝できるようになりました。

その日その日をつないで行けば明日につながります。

今のうちの子たちを、別角度から見て(たとえば学歴などで)「こういう子です」と書けば、それなりに「立派に育ちましたね」と言ってもらえると思います。でもそんなことよりも、あの状況を乗り越えて、成長してくれたことがありがたく、嬉しく思う母親の私がいます。

トピ主さん、時には力を抜きながらも、お子さんと生き抜いていってください。きっといつか光が見える日が来ますよ。

ユーザーID:5941499329
続きです
ショック(トピ主)
2018年3月3日 19:20

「なにがあってもどんな状況でも、捉え方は自分次第だよ。楽しく生きられる!」っていう思いを伝えたいと思っていたけど、母親の心が折れそうです。
チョコでも添加物でもなんでも食べて、何もしなくてもお肌がきれいで、外で走り回っても咳一つせず元気なままで、幼稚園後も友達と楽しそうに公園で走り回って遊び、やりたい習い事をたくさんこなし、家にこもる必要も無く・・どうしてそういう子供が多数なんでしょうか。

こんなに生きづらい体質・・・
正常な考えでないのは分かっていますが、何もない子だけでなくどんな障害がある子供たちと比較してもこの子よりはマシじゃないかと思ってしまったり、アレルギーってただ苦しいだけ、増えるだけ、治療法も無い、もう意味が分かりません。どこに楽しさがあるのか・・と。

「どう生きたらよいか」というのは、私も娘もです
私自身は花粉症程度しかアレルギーはなく、体も強い方なので、常にどこか(鼻や咳や)いまいちで苦しく夜も寝れず日中もぼんやりして(抗アレルギー薬で)食事制限もあるような(制限どころか、外では食べられるものがある事の方が稀)体質の人の状態や気持ちが4歳の今も、将来もおしはかれません。産まれた時からそうなので、私が思うより本人にとっては「そういうもの」という感じなのか、やはり周囲と比べても制限があるも体調も日々辛いのか、とか。それさえも分かりません。
辛いのはあなたじゃなくて本人だよ、とか、そのような事は理解しています。


なにか言葉を下さい
よろしくお願いします

ユーザーID:7915162982
経験から
toto
2018年3月3日 19:54

アレルギー体質の原因は、過剰なアラキドン酸の摂取です。

食生活を変えることでアレルギー体質は改善できます。


アラキドン酸は、オメガ6に分類される食用油(サラダ油)や、動物性のたんぱく質(肉)の過剰摂取により
体内に蓄積されます。

よって料理に使う油にオメガ6を使わず、加熱する料理にはオメガ9(オリーブオイル)を使い、
オメガ3(EPAやDHA、亜麻仁油)を生のまま(非加熱)ドレッシングなどで摂取するようにします。
サプリメントで摂るならば、大人の1/3の量でよいと思います。


そして肉食はやめ、たんぱく質は「魚」や「発酵した大豆」(納豆、味噌)から摂るようにします。


そのうえ、善玉菌により腸の環境を良くするために
カルピス社が出している「アレルケア」(ラクトバチルスアシドフィルスL92)を摂られたら良いと思います。


さらに可能ならば、ケルセチンとブロメライン(パイナップル酵素)のミックスされたサプリメントがあるので
大人の1/3の量を飲ませられたら良いと思います。
アレルギー体質の背景には、たんぱく質を消化する酵素が不足している体質があるといわれています。
たんぱく質がアミノ酸まで分解されずに腸に入ることにより、免疫細胞が暴走します。
ブロメラインを摂ることで、未消化のたんぱく質をなくし、さらにケルセチンがリーキーガット症候群といわれる腸壁の傷を
修復するので、効果があります。
またケルセチンは抗ヒスタミン剤としても効果があるので痒みなどを軽減します。



日常生活で大事なのは
1. 油に気をつけること。オメガ6系の油はできるだけ摂取しない。
2. 肉食は避けること。たんぱく質は「魚」「発酵した大豆」から
3. 善玉菌を摂取すること
4. 消化酵素を補うこと


うちの経験から、以上のことを実践することをお勧めいたします。

ユーザーID:2775640303
分かります。。携帯からの書き込み
島暮らし
2018年3月5日 16:12

お辛いですね。

うちの3歳児も、アナフィラキシーを起こすレベルの食物アレルギー(乳、小麦、卵)があり、
喘息、アトピーもあります。

僻地に住んでおり、実際にアナフィラキシーショックを起こすと遠方へドクターヘリ搬送になる可能性が高いため、
3歳の今まで自宅で保育していました。
(来月から弁当持参で幼稚園へ行く予定ですが、内心ビクビクです)

喘息、アトピーは今のところ薬でコントロールできていますが、
食物アレルギーで行動範囲が制限され続ける日々、ストレスがたまりますよね・・・

血液検査のたびに、全く改善の見られない数値をみて膝をがっくり折り、
思わず「何を希望にして過ごしていけばいいんでしょうねえ」と主治医に愚痴をこぼしたこともありました。

リーキーガットという病気をご存じですか?
日本ではあまり知られていないようですが、海外では各種アレルギーの原因として研究が進んでいるそうです。

私は、うちの子はこれが原因かもしれないと思い、本を取り寄せ、自分で勉強と実践を始めたところです。
本によると、紹介された治療法を厳格に実践しても改善まで数年かかるとのことでしたが、
今なにか出来ることがあるというだけでも励みになります。

なにかの参考になれば。。

お子さんも親御さんも大変ですよね。
一緒に、なんとか、しのいでいきましょう。
そして、その中で楽しみをより多く見いだせますように。

ユーザーID:7872252035
続き前ですが携帯からの書き込み
ボンボニエール
2018年3月5日 18:21

お母さんお疲れ様です
本当に娘さんのことを一生懸命に思っていることが伝わります。その成果が今のところ見えないのは辛いですよね。
我が娘もアレルギーです。しかしながら西洋医学では検査値がそれほど異常ではないため薬などでは手の打ちようがありません。
脱毛、目の腫れ、視力低下、生理痛、繊維のアレルギー、日光や食べ物のアレルギー、私も疲れ果てています。
あらゆる東洋医学も試して数年、最近出会った先生が「自律神経が過敏になってるから、優しい治療が合っているよ」と。他の鍼灸師と違って針を撫でるように触るように使い治療します。先生に治療してもらった翌日にはミンチのような便が大量に出ます。少しずつアレルギーが緩和されるようです。
あとは水。アレルギーに良いとされる水も飲み方によっては筋肉痛が出ます。これも体調見ながら量を加減して飲んでいます。
名医を探し求め、様々な治療を試し、莫大な時間とお金を費やしました。
そしてたどり着いたのが、神経過敏を緩和する鍼灸と水です。
娘が成人するまでに髪の毛が揃い、体質改善出来たらいいなぁと長いスパンで考えています。アレルギーが出始めた頃は私が必死でした。
しかしアレルギーはスパッとは改善しません。忍耐が要りますから気長に優しい治療だけ取り入れてみる、今のところ私はそう思っています。
疲れ果てた末に出した私なりの思いです。
お母さんの細やかな愛情が娘さんのアレルギーを改善方向に向かわせていくと私も信じています。

ユーザーID:8234317921
母の苦労を思い出しました
アレ子
2018年3月6日 16:12

幼少期、酷い喘息と慢性鼻炎だったアラフォー女です。

文を読んで、亡き母の苦労を思い出し涙が浮かびました。

まだアレルギーの概念が世間一般に浸透していない時代でした。
なので周囲の理解は皆無。
喘息が起これば一晩中眠れず、鼻炎は毎日のように起こり、対処する母の苦労はいかばかりだったかと…
私自身喘息で休めばズル休みといじめられ、
鼻炎が起こればハナタレで気持ち悪いといじめられ、
また薬の影響で情緒不安定、常にぼんやり眠いなど、
結構壮絶な子供時代でした。

慰めになるかわかりませんが…
そんな私にも人並みに友達や恋人ができ、
進学、就職、結婚も出来ました。
加齢とともにアレルギー症状は緩和し、月一で通院はしていますがコントロール出来ています。
喘息持ちに関わらず、肺年齢は20代です!

心が折れそうなお気持ち、痛いほどわかります。
ですがなるようになりますし、お子さんもきっと幸せになれます。

エールを送ります。

ユーザーID:4702852457
大変ですね。
おばさん
2018年3月6日 17:41

我が家は、息子がカビと花粉のアレルギーでしたが、それでも 毎日毎日、耳鼻科に通い、混んでいるので立ったまま2,3時間待ちの日々が何年も続き、なんて無益な時間を過ごしてるんだろうと辛かった覚えがあります。

そんなことを思い出しながら、トピを読ませていただいたら、主様家は、とんでもなく大変な日々を送っておられるのですね。読んでいて涙が出そうでした。

昔、お隣に産まれたお子さんは、食品アレルギーで 豆やイモ以外全部だめで、そういうアレルギーのあるお子さんに対処してくれる幼稚園を探して 転居されました。ご近所のお子さんも いろいろアレルギーがあるからとのことで、そのお子さんを交えての親子会の時には、担当親の買い出しはお菓子の裏の記載事項をチェックしてアレルギーのないお菓子を探して買う事でした。うかつに手作りもできないので、ほんとうに大変だなあと思ったものです。

以前に テレビで見たアレルギーのあるお子さんは、小学生でしたが、お弁当の中身がおイモでした。たぶん、それしか食べられなかったのだと思います。10年以上前の番組でしたから、そのお子さんも今は成人してるはずです。そういう方の意見を聞いてはどうでしょうか?

食物アレルギーの子を持つ親の会というのがあります。良ければ、ホームページをご覧ください。非力ですが、主様のお子さんの症状が、少しでも早く改善されますことを祈っております。

ユーザーID:3860338840
甘いものを制限しては?
応援してます
2018年3月6日 21:05

軽度のアトピーの子供を持つ母です。たまらず出てきてしまいました。

他の方のレスとかぶると思いますが、腸内環境の改善が効果があります。
砂糖の摂取を制限してみてください。料理の甘味にはてんさい糖を使ってください。
オリゴ糖が入っていて、腸内環境がよくなります。
もう既に実践していたらごめんなさい。

うちの子供の場合、砂糖の摂取制限&てんさい糖の使用で、
薬を使わなくても大丈夫な状態を保っています。

うまく付き合っていく方法が見つかるといいですね。

ユーザーID:6391174211
応援したい
コーヒーショップ
2018年3月6日 21:09

よく頑張っていますね。

まず一番最初に言いたいのは、お子さんのアレルギー体質はお母さんの責任ではないということ。
お母さんが「私のせいで」なんて思う必要はないですよ。

よく頑張っていますので私がいう必要はないのですが少しだけ。
私の娘もアレルギー、アトピー体質でした。
普段は都内で生活していますが長期休みは温泉で有名な場所で過ごしていました。
お風呂はもちろん温泉ですが市営プールにも温泉が使用されていました。
一夏そこで過ごすとかなりお肌の状態が改善しました。

鼻炎には鼻うがいが効果的です。

お嬢さんのアレルギーがよくなりますよう、心から祈っております。
お母さんも思い詰めないでくださいね。

ユーザーID:6411132978
体温とか…
うん
2018年3月6日 21:51

私も少しアレルギーなのですが、アレルギー体質の人は体温が低い傾向にあると聞きました。

針治療やサウナなどどうでしょうか?

考え方などはなにもアドバイスできませんが、ただ大人になるにつれて治ることが多いように聞いています。
内臓とかがしっかりするのかもしれませんね。

辛い日々かと思いますが、お母さんの心身も大切にしてくださいね。
お大事に…

ユーザーID:3431270702
年を経て改善すると良いですね
なつこ
2018年3月6日 22:51

読むと大変な状況だと思われます…。
トピ主さんの頑張りが伝わりますね。

うちの義弟の子ども、重度の卵と牛乳アレルギーでした。
産まれて間もなく、母親がそれらを食べると母乳を通し酷い湿疹。
検査でわかり、アレルギー用ミルクで育ちました。
幼稚園給食は除去食かお弁当。

で、今小学生中学年。アレルギーは改善、卵牛乳大丈夫です。
除去が長かったせいか卵、牛乳、本人は嫌いみたいですが。
でも背もクラスで高い方ですよ。
トピ主娘さんも改善をお祈りします。

そしてうちの子4歳、花粉系のアレルギーなのか秋から春までずっと
鼻炎で小児科で薬処方してもらってます。
もう少し重度になったら検査になるでしょう。
咳で寝られないの、親も辛いですよね。

気候、花粉については極論かも知れませんが
あまり辛いなら移住も考えてみては?
これも成長により改善の可能性もありますが…。
勿論簡単には言えませんが、例えば北海道は杉花粉ないですよね。
(白樺アレルギーがあるそうですが)
娘さんに合う土地もあるかもしれません。
まずは空気が良さそうで温暖な場所に
ゆったりした旅程の旅行等で試してみては。
いざという時の現地の病院も調べて。
食事が困るでしょうけれど、自炊の宿もあるかと。
まあ、ひとつの思いつきなので読み流して下さって結構です。
アトピー体質の同僚がハワイに行ったら気候がすごく合って
いつになく体調良かった、移住したいとぼやいてましたので…。

娘さん、トピ主さん共にどうぞご自愛下さい。

ユーザーID:6156633569
もうとっくに対応されていると思いますが
化学物質過敏症で失業
2018年3月6日 23:02

もしまだでしたらと思い自分の対処を書かせていただきます。

アトピーがあるのなら、
シャワーの塩素除去フィルターをつけられたらだいぶ違います。
(ついでに、トピ主さんの肌も髪も綺麗になります)
お風呂用もありますが、コストがかかるとお湯につかると肌が痒くなるので、自分はシャワーだけです。

あと、私は都内在住ですが、
23区内から、上流に人の少ない多摩川水系に引っ越しました。
(上流に人が多いところだと、上流で生活排水として出された水を飲料水に使う=浄水場で塩素を多めに入れることになると聞いたので。)

あくまで症状の軽い私の場合ですが、
花粉症発症から食事療法と引っ越しで
花粉症と、その症状の1つであるアトピーが治りました。
私の地元は中国地方で多分水道水の質がかなりいい所なのですが(誰も浄水器を使ってませんでした)、
そちらと比べると、東京では本当に肌が荒れます。
水が豊かな神奈川県だといいのかな?

あと、アメリカで昔ながらの生活をするアーミッシュの人にはほとんどアレルギーがおらず
他国でも農家の子供はアレルギーが少ないそうです。
体質的に無理でなければ、できるだけ動物と触れたほうがいいのかもしれません。

ユーザーID:9740510118
主治医になる
ささゆり
2018年3月6日 23:04

子供のことを一番見ているのですから。
アレルギーはよく観察と細かく記録するのが大事。
アレルギー日誌を付けていると思いますが悪化するきっかけと対処法を医師と相談。
ネットの情報には要注意。
ストレスも悪化の要因、気を付けて。

ユーザーID:9643682400
エールを送ります
じゅり
2018年3月6日 23:55

今はお母さんの気持ちがつらい時期ですね。
アレルギー、毎日のことで本当に大変ですよね。

アレルギーを持つ親の会などは、参加した事があるでしょうか。

私は看護師ですが、アレルギーや障害を持つ子の親でもあります。
先の見えない苦しさに押し潰されそうな時、同じ状況の親子の存在に助けられています。

大きな小児病院に通っていますが、周囲の親子を見て、皆頑張ってるな、うちもがんばろうと力をもらえる時もあります。

あまりにも辛くて動けなくなってしまったら、心療内科などで相談を。
心の疲れを聞いてもらえるだけで、前に向かえることもありますので。

ユーザーID:4923354993
きっと試していると思うけれど。
あんこ
2018年3月7日 0:10

きっと試していらっしゃると思います。でも念のため、うちの場合を書きます。
もらった薬が合わなかったのか、ただ何かの食べ物がよくなかったのか わかりませんが、甘酒(アルコールではないものです)、ビオフェルミンと、グルテンを止めたこと、これがどんな外用薬、内服薬より効いたんです。もともと私が色々あるため、自然のものに頼りたくて、でも娘のこと。やはりお医者さんにキチンと行ってお薬の方がいいのか、と思って行ったんです。でもそれが合わなかった。それで もう藁をもすがる思いで、効かなくても副作用はないし、と思ってやってみました。それが 効きました。この3つを一緒にやったので、結局どれが一番効いているのか 正直わかりません。けれどもビオフェルミンは カルピス社の似たようなものに替え(ビオフェルミンは やはり薬?だから、毎日飲むのはいけないかな、と思って。)、続けています。

それから 水分をきちんと摂らせ、運動をして 汗をかかせること。お風呂でもいいのですが、お風呂や何もしないで出る汗と、運動で出る汗は成分が違うとか。もともと言わないと水分を摂らない子で、今は朝白湯を一杯。学校でも必ず飲むように言っています。この運動で汗をかく、っていうのもかなりいいです。友人が大人になってもずっとアトピーで悩んでいたのですが、汗をかく運動をするようになって 本当に良くなった、と言ったのを思い出して 子供にもさせたんです。これも よかったんだと思います。
ただ まだお子さんが小さいですし、食べ物でご苦労なさっているから 体力もないかもですね。少しずつ、何かできるといいのですが。

これ以上頑張れない!ほど 頑張っていらっしゃるでしょう。少しでも どこかで吐き出せるといいです。応援しています。

ユーザーID:8137273719
エール送ります
さくらんぼ
2018年3月7日 2:26

大変ですね。大変過ぎます。
でも娘さんと一緒に頑張るしかない。
愚痴でもなんでもここで吐き出してください。
1人で溜め込むには大きすぎる問題です。

素人なので詳しいアドバイスは控えますが、胃腸が正常に機能できる体つくりを見直すべきかもしれません。
今までとは違った角度で食生活を見直してみる。
長期的に見ると、薬等での対処療法よりも良い結果に繋がると思います。
親のストレスも子供に影響しますから、お母さんのストレスを減らすことも大事な要素です。
応援しています。

ユーザーID:7048494024
お互いがんばりましょう
働く母
2018年3月7日 19:29

我が家の娘もアナフィラキシーを伴う多数のアレルギー持ちです。
毎食手作り、外食なし、眠れない夜、掃除や日々の生活に気を遣い、色々な病院をめぐり、心配はつきなく、本人はもちろんですがお母さんも相当大変ですよね。我が子の為なので勿論頑張りますが、それでも絶望的な気分になることもあると思います。

ウチは今6歳半ですが、成長とともに娘自身の理解が進み、自分のアレルギーはしっかり認識しています。親がOKした食べ物以外には決して口をつけません。それと同時に友達と自分の違いを強く意識するようになっています。

ご家庭の治療方針にもよると思いますが、娘はアトピー性皮膚炎をステロイドで徹底的に治して明らかに生活の質が向上しました。痒くて目が覚めることもなければ、痒くて遊べないということもなくなり、好きなことを思う存分しています。見た目はアトピーとは全くわからないぐらいになりました。
外遊びに向かない季節は、家ではお絵かき・工作・料理、お稽古事はバイオリンにバレエと室内で出来ることを端から端まで楽しんでいます。鉄棒やマット運動も全部リビングでしています。
そうそう、D社の最上位機種の加湿機能付き空気清浄機をリビングと寝室において、フル稼働させていると、家の中では花粉症やホコリ・ダニも忘れていられますのでおすすめです。

ちなみに私自身はひどいアトピー性皮膚炎と花粉症と食物アレルギー持ちでしたが、大学生ぐらいで花粉症以外はいつの間にか治っていました。
本人の気持ちも母親としての気持ちも理解できます。
どう生きるも本人次第です。私の両親は私に何も制限しなかったので、単身での海外留学含めてやりたいことをやって生きてきました。「アレルギーだから無理」と親が制限をかけなければ、娘さんは自分で道を見つけて成長されると思いますよ。
誤食だけは十分に気を付けて、お互いにがんばりましょう!

ユーザーID:5437849032
結構アレルギー持ってます携帯からの書き込み
動物のお医者さん
2018年3月7日 21:48

40代半ばになる女性です。
食物は、幼少期から乳製品、卵、蕎麦、ピーナッツなどのアレルギー。
ほぼ通年で花粉症。寒暖差アレルギー。ハウスダストもNGです。
幼少期は喘息が酷く、幼稚園は数ヶ月で通えず退園。小学校も休みがちでした。
給食は食べられなかったのでお弁当でした。
周囲と浮かないよう、母が献立表に沿って似たお弁当を作ってくれたのはありがたかったですね。

相変わらず食べられる物に限りはあるし、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を大量に飲んでますが、仕事もしてるし、家族や友人と外食もたまにして、人並みの暮らしをしていると勝手に思ってます。

無いもの、できないことを望んでも仕方ないと悟り、「在るもので満足する」「足るを知る」のは早かったと思います。
あと、食べられるものを増やすため、料理は自然と上手くなりました(笑

子供の頃は、食事は母が管理してくれていました。高校生の頃には、友人など家族以外との外食デビューをしましたが、アレルゲンが入っていると思われるものは、苦いような独特の味や匂いを感じるので、上手く回避してました。

アレルギー持ちの当事者は結構図太く生きていますよ。安心してください。

ユーザーID:0544128484
アレルギーのことはあまり知らないので恐縮ですが…携帯からの書き込み
せごどん
2018年3月7日 23:42

本当に手を尽くしきりお困りの様子でしたので、エールでレスです。

そして、現実的ではないかもしれませんが提案です。

南の島に引っ越すことはできませんか?
寒くなくて、花粉のないところ。
どの花粉でアレルギーがでるのかトピからは分かりかねますが、少なくとも杉花粉のない島はたくさんあります。
ただ、島は医療設備が整っていない可能性があるので、やはり沖縄本島くらいになっちゃいますかね。

あと、本当に根拠のない経験談なのですが、アトピーの友人が綺麗な海(沖縄の離島)で海水浴をしたあと、アトピーが緩和したと言っていました。
旅行で三日連続で海に入ったそうですが、帰ってきてから遠い目をして語っていました。ずっと浸かっていたかった、と。


引っ越しも含め、色々と行動をおこされている主さまなので、私の意見など全く役にたたないとは思いますが、なんか、応援したくてレスしました。
逆にストレスになったらごめんなさい。

ユーザーID:8157663929
スイミング
ふうせん
2018年3月8日 8:11

こんにちは

同じくアナフィラキシー持ち、五歳の子の母です。
子供は小麦、大麦、卵、乳製品、大豆、ナッツ類にアレルギーがあります。
幸いな事に保育園では毎日給食を作っていただいていますが、小学校からは毎日一人だけお弁当になる予定です。今からとても心配しています。

三歳まではお醤油、お味噌も使えず、外出先ではマクドナルドのポテト(塩抜き)やバナナばかり食べさせていました。お友達とピクニック中に誤食があったり、クリスマス会で一人だけクリスマスケーキが食べられなかったりと、親子で辛い思いもしました。トピ主さんのお気持ち、分かりますよ。

おすすめはスイミングです。二歳半から通っています。砂埃の心配もないし、のびのび楽しく進級できていると思います。風邪をひきにくくなりました。球技やピアノなど屋内の習い事もいいと思います。何か一つでも特技や成功体験を持てたら、自信につながるのではないでしょうか。母親の私は去年から料理教室に通いはじめました。

親子で気分転換しつつ、この子達が無事に自立し巣立っていくまでお互い頑張りましょうね。

ユーザーID:7521532386
 
現在位置は
です