現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

お父さん、なぜですか?

あい
2018年3月6日 5:08

父は看護師でしょっちゅう海外出張に行っていました。
たまに帰ってくるとおいしいお土産を持って来てくれたり海外の通貨や写真を見せながらいろんな話をしてくれる父が私は大好きでした。
いつも父の帰りを待ち遠しく思っていたのをよく覚えています。

ある日、私が保育園でお昼寝の時間に寝ていると、保育士さんが私を呼びに来ました。
「◯◯ちゃん、お父さんがお迎えに来たからお昼だけどバイバイだよ〜」と言われ、ドアの前を見ると父がニコニコしながら私を見ているのが見えました。
その時もちょうど海外出張で長い間家を空けていた父のサプライズ登場が嬉しくて嬉しくて、急ぎ足で父の元へ向かいました。
保育園を出たあと、父は私に「今から◯◯の大好きな遊園地に行こう!」とさらに嬉しいサプライズを提案してきました。
私は飛び上がって喜び、父と2人で遊園地に行くことになりました。
平日のお昼で人はまばら。私の大好きなパンダの乗り物に乗ったり、金魚すくいをしたり、ゴーカートに乗ったり、時間は楽しく過ぎて行き、最後は観覧車に乗りました。
遊び疲れてうとうとしていた私の頭を優しく撫でてくれる父の手に安心して、私はいつの間にか眠りに落ちていました。
目を覚ますと、そこは自宅の寝室。
帰ってきた母は父が保育園から私を早退させてくれたことをしらず、とてもびっくりしている様子。
私も母がなんでそんなにびっくりしているのか不思議でした。
そういえば、私をここまで運んでくれたはずの父の姿が見当たりません。
母も父がどこに行ったのか知らず、結局それから10日間父は家に帰ってきませんでした。

ある日、家に一本の電話がかかってきて冷たくなった父が見つかった事を知りました。

お父さん、あの日の遊園地の記憶は私が見た幻だったんでしょうか。
それとも、最後に私に何かを残そうとしてくれたんですか?
今でも思い出すと涙が止まらなくなります。

ユーザーID:4119922161  


お気に入り登録数:568
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本

タイトル 投稿者 更新時間
お母さんに
43歳 おじさん
2018年3月7日 12:50

お母さんに聞いたらどうですか。

ユーザーID:3269047178
思い出を作ってあげたかったのでは?
かんな
2018年3月7日 22:30

書かれていない部分がたくさんあるので、
想像で埋めてみました。

お父さんが迎えに来たのは本当、
遊園地に行ったのも本当、
そしてあなたを家に寝かせて姿を消した。

その後、お父さんが自殺したのであれば、
最後に娘に会いたかった、一緒に遊びたかった、
思い出を残したかった。

すみません、夢も何もない回答で。

ユーザーID:7741245791
悲しいね携帯からの書き込み
ひより
2018年3月8日 18:17

お父様は青年海外協力隊とかで海外に行かれていたのでしょうか?

お父様はトピ主さんに最後の父親との思い出を残して、自ら人生を終わりにしたのでしょう。
幼少期の思い出は曖昧な事が多いですが、ある場面だけ鮮明に記憶に刻まれてる事もありますよね。

ユーザーID:3286923413
ありがとうございます
あい(トピ主)
2018年3月8日 20:08

ふと思い立って父への思いを書きなぐったようなトピにたくさんの方が目を通してくださって嬉しく思います。
妄想と言われても仕方ない内容ですよね…
現在私は22歳で、父の記憶は17年前の事なので自分の中で綺麗に補完している部分もあるのだろうと思います。
それを踏まえた上であえて疑問にお答えする事、不快に思われたら申し訳ありません。

・看護師で海外出張
父は地方都市の大学病院で働いており、途上国への医療支援の為に海外へ赴く機会が多々ありました。
現在もそのようなことが行われているのかは残念ながら分かりませんが、当時の外務大臣から頂いた感謝状が仏壇に飾ってあります。

・母への連絡もなく保育園が父に私を引き渡した事
保育園への迎えは母だけでなく父も数回来てくれた事があるため保育士さんも父の顔を覚えていたのだろうと思います。
私と父が対面した時、もしも私が父ではないといえば保育士さんも私を引き渡さなかったと思います。

・10日間見つからなかった
この辺りは私も記憶が曖昧な点です、おおよそ10日間程度かなと思いそのまま記しましたが多少前後すると思います。
文字数の関係で詳しくは記せませんでしたが、父と遊園地に行き、私が1人で自宅に寝ていた日から10日程度父の行方が分からなくなった後、警察の方からお電話が来て自宅の住所と離れた場所から父の自家用車と父の亡骸が見つかりました。死亡の原因は自殺です。

・なぜ鮮明に父との記憶を覚えているか
当時私は5歳で物心がついた頃だったので、父との記憶に限らず特に楽しかった出来事や悲しかった出来事は割と鮮明に覚えています。
そうはいっても遠い昔の事なので信用性が薄いといえばそれまでかも知れません。

ユーザーID:4119922161
トピ主様、
汗かきリリー
2018年3月9日 15:39


トピ主様、

三浦哲郎の「メリー・ゴー・ラウンド」という小説をご存じですか。
受験勉強をしていた子供が、ある年のセンター試験の過去問として読んだそうで、
「すごく悲しい話だった」と言って教えてくれたのを読みました。

この話で、父親は子供を道連れにして死ぬことを決意し、
遊園地に行ったあと旅館に泊まるのですが、
結局思いとどまることが示唆されて話は終わります。

トピを子供に読んで聞かせたら、最初の数行で「メリー・ゴー・ラウンドだ!」と言いました。

小説の父親は死ななかったけれど、そう決意したときに娘との思い出を作りたくて遊園地に連れて行きました。
トピ主さんのお父さんもそうだったんだと思います。
幻なんかでは、ないと思います。

ユーザーID:6481894029
五歳なら覚えていますよ
かんな
2018年3月9日 19:59

四、五歳の頃であれば、覚えていたんですよ。

私もその頃の日常生活の記憶はないですが、
部分的に印象に残っている出来事はあります。

組合でキャンプに行き、
私は知らないおじさん(私にとってで親の知り合い)と
バスで隣に座り(相手をしてくれた)ビスケットを貰い、
アコーディオンの伴奏でオブレネリをみんなの前で歌いました。

弟が生まれる頃に病気で入院して、
病棟の側を通る汽車を見ていると、
お鼻怪我した看護師さん(実際は鼻に大きなほくろがあった)が
注射を持って追いかけてきたこととか。

いくらなんても外で注射したとは思えないから、
注射の時間だと迎えに来たのだと思いますが。

幼稚園であったイヤな思い出とか、それはもう鮮明に(苦笑)

ですからトピ主が、楽しかったお父さんとの思い出、
いきなり昼間に迎えにきた出来事と一緒に覚えていても
不思議じゃないですよ。

今は離婚でもめている夫婦が勝手に子供を迎えに来て
そのまま連れ去ることもあるので、
父親でも簡単に渡しはしませんが17年前ですから。

妄想なんかじゃないですよ。
お父さんとのいい思い出として大切にしてください。

ユーザーID:7741245791
無題。携帯からの書き込み
しゃもじ
2018年3月9日 22:21

ひとりで旅立たれることの決意と、お父様のトピ主様への愛を感じて涙が出ました。

他の方も書いてらっしゃいますが思い出を作りたかったのだと思います。


お父様の『人の命を救うご職業』から考えると、自殺の道連れで連れ出しはしたが、思い留まり家に残したというのではないと想像します。

5歳はかなり記憶がありますよ!!
私(40歳手前)も5歳の時の記憶は未だにありますし、

子供2人とも(上は今年高校生)保育園の頃の記憶のほうが鮮明に残ってます、なんせ保育園通いしてると一日のうち保育園で過ごす時間のほうが家で過ごす時間より長いので、『日常生活』として大きいですもの。

なのでトピ主さんの記憶は夢でもファンタジーでもないと思います。

昔は今より登退園時の受け渡しはアバウトだったので(携帯電話普及時代以前なら尚更)、保育士がお父様へ引き渡しのくだりも全然ありえますし、

母親以外の送迎申請に第二送迎者としてお父様を記載していればお父様に引き渡しは不思議ではないです。




自死を選択された方のご遺族は、答えの出ない疑問と苦悩を一生背負うことになると存じていますので、トピタイトルにトピ主様の苦悩等が象徴されているように感じました。

ユーザーID:5738092715
色々と不可解なお話ですね携帯からの書き込み
抹茶
2018年3月11日 0:49

発展途上国にまで行って、医療の発展の為に働きかける看護師さんです。
命の尊さ、大切さは誰よりもよく知っているはず。
そんな方が自ら命を絶つって、ちょっと考えにくいのですが。

自殺の原因は分かっているのでしょうか?

ユーザーID:8021554483
お父様と遊園地に行ったんですよ。
ふー
2018年3月11日 2:42

お父様はあなたと遊園地に行ったんですよ。
あなたと一緒に、楽しい楽しい時間を過ごしたかったんですよ。
何よりも、あなたに喜んで欲しがった、あなたの笑顔一杯の時間を過ごして欲しかった。


あなたがおばあちゃまになって、きっと100年後にはお父様と再会出来る日が来ます。
その時に、お父様と答えあわせは出来ることでしょう。

トピ主さん。
沢山の楽しいこと、大変なこと、大泣きすること、ワクワクすることも怒り心頭なことも、沢山の人と沢山な世界に出会って、お父様に「いろいろ経験したけれど、楽しかったよ」と話せる日が来るまで、お互い頑張って生きて生きましょう。


私も12才の時にあの世に旅だった父にいつの日か再会するまで、いろいろひっくるめて楽しんで生きていきたいと思います。

ユーザーID:9195106847
幻ではない
おばさん
2018年3月11日 12:18

どちらで亡くなったのかがわからずレスを躊躇していましたが、
追加レスで経緯がわかりました

海外赴任から戻り、愛娘と楽しい時間を過ごし、家へ送り届け
自分は旅立たれたのですね。遊園地の記憶は幻でないと思います。

海外赴任で精神を病む方が多いそうですね
発展途上国だと状況が過酷なのでしょう。
私の先輩も海外援助の仕事についた後、自ら命を絶ちました。

お父さんは辛いことがたくさんあったのでしょうが
トピ主さんのことを本当に愛していたのでしょう
だから最後に娘の笑顔を見たかったのでしょうね
それならなぜ死んでしまうの?と思ってしまうけれど
世の中どうにもならないこと、どうにもならない病気もあるのだと思います。
(私も自死遺族です。うちは病気苦でした)

ユーザーID:1512352799
きっと携帯からの書き込み
ママプリン
2018年3月11日 13:34

幼くしてお父様を亡くされ、辛い思いをされましたね。
でも、きっとお父様は天国から優しく穏やかに、トピ主様を見守り続けていらっしゃると思います。
文章から、トピ主様の誠実なお人柄がうかがえました。
どうぞ、幸せになってくださいね。

ユーザーID:2565969797
ありがとうございます 2
あい(トピ主)
2018年3月14日 2:30

何度も登場してしまってごめんなさい。

1人で父の記憶を思い出している時は何も出来なかった無力さを悔やむばかりで、胸が締め付けられる思いでした。
私と父の思い出に優しいifを付け足してくださった皆さんの優しさに何度泣いたか分かりません。
月並みな言葉にはなってしまいますが、本当にありがとうございます。

父は最後に車の中で書いたであろう遺書を残してくれていました。
自死に至るまでの葛藤と、家族への思いが綴られた遺書を20歳の時に一度だけ母が見せてくれました。その中で私への言葉はたった一行だけ
「お母さんの言うことをよく聞いて、幸せな花嫁さんになってね」
答えのない葛藤を抜ける事は出来ずとも、父が確かに私に愛情を注いでくれていた事は決して忘れません。

最後の最後まで優しかった父と、100年後に記憶の答えあわせができるまで懸命に生きようと思います。
重ねてになりますが、皆さま、本当にありがとうございました
そして、私と同じように身の回りに自死を選択された方がいらっしゃる皆さまが大切な記憶を思い出さずに忘れずに、幸せになれる事を心より祈っています。

ユーザーID:4119922161
今日から思い出
万有引力
2018年3月14日 22:52

確かに、90年代、大学病院や大きな公的病院から看護師や放射線技師が途上国支援のため、海外へ赴いていました。2000頃からは、国境なき医師団等の支援も加わっていました。

自分の心の奥底に大きな葛藤を抱えている人が、医療の道に進んだり、海外での支援活動を志すことはよくあることのように思います。お父様の心の中の葛藤は、どうしようもないものだったのではないでしょうか。

遊園地のエピソードは、私は、実際のあったことのように感じました。しかし、もし、現実でなかったとしたら、それこそがトピ主さんとお父様の父娘の愛情から産まれたもので、さらに大きな奇跡のように感じます。

歌手のAmierさんの、一連のアニメのミュージックビデオを思い出しました。動画サイトで見られます。思い出は、人の支えとなるものならば、多少脚色されて当たり前です。お父様もそれを望んでおられると思います。

ユーザーID:9978453585
 
現在位置は
です