現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

算数で0点 携帯からの書き込み

ミニトマト
2018年3月6日 14:51

小学二年生の息子がカラーテスト(業者テスト)で0点をとってきました。びっくりして、一緒に解き直しを一緒にしましたが、よく解っていませんでした。一回目の解き直しで解説したので、二回目の解き直しでは全部できたのですが、正直不安です。
0点のテストと一緒に返却された、
漢字テスト3枚
カラーの算数テスト1枚
計算プリント2枚
は全て90点〜100点のものでした。

前々から、算数の計算以外の図形や文章問題が苦手です。担任の先生に相談したこともあるのですが、計算が良く出来、数の概念もあり、国語は普通にできるので問題視されませんでした。宿題はスラスラ解きますが漢字と計算しか出題されてません。

算数で文章題や図形が苦手な子供へのアドバイスをぜひよろしくお願いします。

ユーザーID:1830631100  


お気に入り登録数:58
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:17本

タイトル 投稿者 更新時間
お家でも
癒しの風がほしい
2018年3月6日 19:07

図形だと 展開図とかかな?
お家でも ボール紙で造って こんな風の意味だよ
って視覚から教えてみては?

あと、テストで出た時に 答案用紙または問題用紙のウラ
〔白紙ですよね?〕に図を書いてみる のも方法です。最初は時間かかる
けど、そのうち書いて覚えれるようになります。
文章より分かりやすいので、それぐらいでしょうか?

中学でも 途中計算を答案用紙のウラなどに書いて なんて
ありますから、その練習と思えばOKです。

ユーザーID:7362814637
一緒に学習する
math
2018年3月6日 21:07

一緒に問題を解いていき、どこがどう分かっていないのかを
突き止めるところからではないでしょうか。

その上で、先生に具体的な相談をすると進展があるかもしれません。
しかし何となくその先生は良いアドバイスが来ない気がします。。。
(若い先生なのか、経験不足っぽい返答に感じます)

普段、文章題や図形の学習を家でしていますか?
宿題が計算漢字しか出ないのなら、自前で文章題図形のテキスト学習を
するしかないと思いますよ。
文面から察するにそういうこと、していなさそうな様子に感じました。

まだ今のうちなら取り返せそうなので取り組んだが吉だと思います。

ユーザーID:4627734188
絵に画いてシチュエーション理解を楽しむ
posuyumi
2018年3月7日 8:40

妹が文章題が出来ず、親がせっせと説明していました。

結果、
これは引くと思う!だってリンゴとみかんだし!

みたいな朗らかにも意味不明なあてずっぽうという能力を身に着けてました(笑)

これこれだから、こうなるという論理的な思考は小2くらいから出来るのが標準ですが、個人差があり、思考のための準備が出来ていない子は素直に一生懸命親や先生の説明を聞いて、「印象」でなんとか結び付けようとします。
健気ですし、ほほえましいですが、意味がない。

解き方を説明することに力を入れても功を為しません。
それよりは問題文に書かれている状況の再現に力を入れましょう。

リンゴが6個置いてある、とか
みかんを3個ずつ4人に分けるとか。
文章に書かれていることが絵ではどういう状況かがわかるまででいい。
図形もまずはその形に慣れ親しみ、描かれている図を横写しできるだけで十分です。(個人によっては円が円らしくフリーハンドで描けない、四角のための線がまっすぐに描けないなどの時期です)
私は中学受験算数をよくみるのですが、その入試問題でも基本的に、問題文の内容を読み取り、図示できれば概ね解答に結びつきます。

「解き方」を説明を急がないで、
「ここに書いてあるのはこういうことだね」という絵遊びを低学年のうちは親子で楽しんでください。

ユーザーID:9035376815
想像力の問題かな。
nana
2018年3月7日 11:12

図形ってイメージできないと難しいですよ。文章題についても文章に書かれている事柄をイメージできないのかも。小2だとまだ平面図形だけど、箱とかになると余計困惑するかもしれないですね。

図形は三角形とか四角形を実際に作ってみる。文章題も実際に絵に描いてみたり、人形とかおはじきとかで実際にやってみてはどうですかね。何度もやるうちに描いたり物がなくても
頭の中でイメージできるようになるのでは?

ユーザーID:9843696256
何の単元でしたか?
支援者
2018年3月7日 17:02

小学校低学年のフォローに入っている者です。
何の単元でしたか?
どこでつまづいてましたか?
それが分からないとアドバイスのしようがないですよ。

想像するに、「はこの形」か「図を使って考えよう」でしょうか?

ユーザーID:0563482829
公文
bitter
2018年3月7日 17:47

公文式いいですよ。

個人の能力に合わせてやっていけます。
知らないうちに、力付きます。

ユーザーID:7683796168
慌てる必要はない
ぽんた
2018年3月8日 7:43

図形は把握する力に個人差が大きく出ます。
理解するのが苦手な人はいますし、これは
大人になっても完全に差が縮まることはあり
ません。しかし、説明すれば分かるというのは
かなり有望です。予習と復習をすればいい、
つまり普通の勉強をすればいいのです。
全てが平均以上に理解できる子供なんていません
から、慌てる必要はありません。

ユーザーID:9075132955
もしかしたら記憶しているだけ?
ママん?
2018年3月8日 12:00

文章題ができない原因は2つの可能性があると思います。

1つは国語力が無い。国語が普通にできる、というのは漢字テストの様な暗記物ではなく、例えば読んだ物語の内容を分かりやすく人に伝えることができる、とかそういう「読解力」「理解力」がきちんと学年レベルに達しているということでしょうか?
お母さまから見て、会話がかみ合わなかったり、聞いたこととは違う答えが返ってくる、ということはありませんか?

それがクリアされているのなら、実は数の概念が無い可能性もあります。
計算ができるのは、九九のように足し算引き算の答えを暗記しているだけかもしれません。
例えば2つの2桁、3桁の数字を並べてどちらが大きいかで考え込んでしまうようなことはないですか?


図形の方ですが、幼児の頃、色々形を組み立てるような遊びはしませんでしたか? また、箱を分解したり潰したり、そういう遊びはしませんでしたか?
そういう体験が図形の考え方の基礎になっているように思うのですが。


即効性がある解決法ではありませんが、数の概念を身に着けていくならモノポリーのような「双六+銀行ゲーム」はどうでしょうか?

ゲームに付き合う時間があまりとれないなら、「ビルディングパズル」なども面白いと思います。これは若干図形の概念も必要だと思いますし。
また、ちょっと凝った計算パズルなら「賢くなるパズル」が楽しめます。

図形の方は、いまさら四角や三角の積み木で遊ぶことはないでしょうから、ちょっと凝った折り紙とか、ペーパークラフトなどが良いのではないでしょうか?

「知識」として教えて暗記させていくより、遊びの方が自分の知識をフル動員して「考える」ので、立体的な実力が付いてくることが多いです。

問題は、これらの遊びにお子さんが食いついてくれるかどうかですが。。。

ユーザーID:6277043875
大丈夫では?
さつま揚げ
2018年3月8日 17:08

説明してできたのなら、そんなに心配することはないと思いますけどね。
小2なら、形を二次元で描き表すことに慣れてないだけかもしれないし。

空間認知力を鍛えるとしたら…。
形を作るパズルや積み木、プラレールやピタゴラスイッチ系のおもちゃを、交差させたり複雑に組んでいく、あとは工作やDIYなどですかね。


ペーパーが良ければ、最初は「点描写」の教材がいいのではないかと思います。


文章題はまた別の話だと思いますが、しばらくの間、市販のドリルでも買って、お母さまが一緒に見てさしあげれば、何が問題なのかわかってくるし、お子さんの方も数こなせば慣れてくる面もあります。

あと、SAPIXの「ピグマ」という低学年向けの通信教材は、図形問題や考えさせる問題が多く、市販の「きらめき算数脳」という教材もよかったです。

ユーザーID:1421144059
うちの子がした方法ですが
みみっく
2018年3月9日 13:51

公文で国語を基礎から、やり直してみるのをおすすめします。
たぶん、問題の意味が理解できていないと思います。

うちの息子も計算は得意なのに、文章題や図計がさっぱりでした。

本好きなのに、問題が理解できないのは、
読解力が低いからだといわれました。

なので、うちは4年の時に
1年からやり直しました。

何度もわからないところを反復することで、
文章を読むコツを覚えました。

そのあとは、ほっておいても大丈夫です。
うちは、1年勉強して、学年を追い越せました。

ユーザーID:1519382488
日々の家庭の学習スタイルの確立
元塾関係者
2018年3月9日 20:05

宿題などが出ないというのなら、家庭でそれを補うしかないでしょう。

まず最初に取り掛かることは「今日は何を学校で教わったか」というような会話。
親であるトピ主さんが説明すればやり直しが出来たというなら、
それを日々の家庭での学習習慣にどのように組み込むかってことです。

図形が苦手というのも、何で引っかかっているのか、何を分かってないのか。
文章題も文章の意味は理解しているのか。

という部分もあるし、右脳分野の画像化・映像化が苦手という子もいる。
特に立体図形(空間図形)となると、この先には差が顕著に出てきます。

何も教えなくても目で見た映像を脳内で再現できる程度は個人差がある。
更には文章題のように数量が変化するならば静止画像ではなく動画が必要。

※昔のTV番組の「平成教育委員会」などで算数の問題を開設するときに
「よくわかる解説!」と銘打っていたのも映像化が出来れば理解しやすいから。

この画像化・映像化はある程度は訓練でも身に付けられる。
そこに知識が加われば更にもう一段階レベルアップはできる。

それでも高学年となって立体図形となると論理的な説明が高度過ぎる場合も出てくる。
だから経験的・体験的なもので補うのも大切です。

市販の教材でもネット上にある無料のプリントでも良いから
日々の家庭学習に使って練習をしていく習慣が取りあえず現時点でできることかな。

その一方で心配なのは、どうして授業で理解できてなかったのか
これを別の観点で確かめる必要もあるでしょう。

宿題で確認できているのは、漢字と計算でしょ?
ということは授業をまともに聞いているのか、って部分も心配ですね。
漢字や計算は教科書なりを自分で読んで分かってしまえば自力で習得可能な部分。

だからこそ、毎日どんなことを学校で学んだのかを
宿題や夕食のときに親子で話題にできることが大事なのです。

ユーザーID:7799956117
現物で実感させてあげる
姫みこ
2018年3月9日 20:12

図形なら実物を目の前に置いて、実物を見ながら説明する。
文章問題なら、そのシチュエーションを再現して、実際に手を動かしながら問題を解く。

小数点(0以下)の割り算で躓きました。なんで割るのに増えるだ?と。で、実際にやってみました。6cmのカステラを0.5cmずつに定規を使って切ってみて実感。あぁ、こう言う事なんだ…と実感してからはスラスラ解けました。
図形は面積の出し方の公式や内角の和が府に落ちず。実際にいろいろな形をチラシやボール紙で作り、切って合わせてみて検証しました。

よかったら試してみてください。

ユーザーID:9050279136
図形は感覚かな携帯からの書き込み
ムーン
2018年3月11日 8:12

うちは、小3の息子です。

うちは計算が苦手で、図形は得意です。

2年生の四角の箱は一番に何個も作ったそうです。6角形の鉛筆立てもすぐに出来ました。

教えたわけではなく、本人が工作が好きなので、なんでもやらせていたら、感覚で身に付いていた感じです。

結局、好きなことで身に付けないと、身に付かないんですよ。特に、実際の物を見て、どうなっているかをわかっていないと、教科書で展開図を見ても、さっぱりわからないと思います。

まずは、教科書の勉強ではなく、実践でしょうね。
折り紙を折って、三角形、四角形、ティッシュの空き箱をバラバラにして、どういう仕組みになっているかですかね。

うちは計算が苦手なので、それも実践で、チョコエッグが何個ほしいなら、いくらお金が必要なのかを、かけ算で計算させたりしてます。

文章問題は、とにかく読ませて、言葉の意味を把握させることですかね。うちも苦手です。

それこそ、一年生の教科書に載っている、(合わせて=足し算、どちらが=引き算)のように、言葉から、計算を連想させる訓練ですかね。

どちらも感覚を掴むまでが、大変だと思います。

お互い頑張りましょう。

ユーザーID:5242017658
何を問われているか理解できていなかった
びっくりした母
2018年3月12日 10:43



 計算式は満点。高学年で習う漢字も読める状態。
 折り紙も得意で難しい形も折り図を見ながら完成。

 読書習慣があった私が小2で当たり前だったことが
 息子は当たり前じゃなかったことがわかりました。

 問) 机の上にキャンディーが3こずつ入ったお皿が4枚あります。
    キャンディーは全部で何こですか。

 頭の中に状況が浮かび、掛け算を使って解けば良いと
 すぐに理解できます。

 この時の息子

 3こずつって何?
 机の上って何かヒントなの?
 〜こ、〜枚など単位で混乱。
 文章が何故算数の問題なの?

 考えられない理由で混乱していました。

 読解力と想像力のなさです。

 以前講演会で、読み聞かせや読書が算数に必要と言わた意味がわかりました。息子は、当時読書が嫌いでした。

 問題を目の前で、再現してやると
 すぐに式を言って答えがでます。

 何種類かの問題を同じように、再現してやって
 やっと文章の意味がわかる。

 3こずつに躓くとは。
 机の上は、問題に関係ないとわかるとパターンが理解できたようで
 その後の問題は大丈夫でした。

 文章問題の中から、必要な箇所を選び、
 掛け算、足し算、引き算の何を使えば良いかを考えればいいのだと
 理解できてやっと文章問題の意味がわかったそうです。

 図形も同じで、何を質問されているのか読み取れていませんでした。

 社会や理科に関しても同じ事が起きて、テストに慣れた3年生で改善しました。

 今は、高校生で理系クラスにいます。
 
 面白い考え方をしているなと当時は、びっくりする事ばかりでした。

 授業中、絵ばかり描いていて文章問題の説明を聞いていなかったことも
 後に判明しています。

ユーザーID:0238097882
ありがとうございます!携帯からの書き込み
ミニトマト(トピ主)
2018年3月14日 22:07

皆様、アドバイスありがとうございます
。どのアドバイスも参考になり、何度も読み返させていただいてます!
0点をとったのは、図を見ながら式を考える問題です。他にも、図形も分数も授業だけでは理解してきません。
計算、数の大小、グラフは100点なのですが、公文をやっていることが影響してそうです。国語の読み取り問題も100点がほとんどです。


国語の文章は理解できるのに、算数の説明文は苦手なようでギャップに驚いてしまいます。苦手と障害の線引きも難しいのですが、親が時間を割いて一緒に勉強する姿勢は大切にしようと改めて感じました。アドバイス本当にありがとうございます!

ユーザーID:1830631100
レスを読みました
ママん?
2018年3月17日 6:49

私は、文章を理解するというのは、国語の問題に間違いなく答えられるかどうかではなく、読んだ文章を頭の中で映像化できるかどうか、更にはいわゆる行間を読み取ることができるかどうかだと思っています。

そして算数に必要なのは、とにもかくにも文章の脳内映像化

これがどのレベルまでできるかを把握し、また、その力を伸ばすためには、
お母さん : 話す 説明する
子供 : 聞く
という立場を逆転させた方が効果的です。

具体的には、
お母さん : 問題に書かれていることを再現する
子供 : それを見ながら何をしているかを説明する
ようにします。

例えば、正方形の折り紙を半分に折ったとき、お母さんは何をしたかを聞くだけです。そうして「半分に折った」という言葉お子さんから引き出してください。
さらに正方形という言葉も引き出す必要があります。 これも、もしも四角と答えたら、四角とはどういう意味なのか、四角の4とは何なのかを三角の3と比較しながら、子供自身に発見させる必要があります。 子供自身が発見できれば、五角六角八角なども迷いなく答えられるでしょう。また、正方形、長方形、台形などの四角の種類も「××だから@@形」と説明できるようになれば、もう迷うことはなくなるはずです。
とにかく子供に話をさせるようにすると、あやふやな部分は突っ込みどころ満載の話し方しかできないので 問題点がはっきりと浮かび上がってくるのと同時に、話すために自分の頭で考え、声に出すことによって 受け身で聞いているよりはるかに記憶に残るようになります。

ユーザーID:6277043875
あるある!
よし
2018年3月18日 19:02

子どもに自信を持ってもらいたくて、考えた結果、通信教育のポピーをすることにしました。
カラーテストの予行練習として、効果抜群です。
親子で一緒にすることが大事です。
小学校3年生は、学習内容が多く濃いので良かったと思います。

ユーザーID:1721986110
 
現在位置は
です