現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

医療費の支払い額について

まさ
2018年3月7日 0:14

初めての投稿です。よろしくお願いします。

高齢の一人または夫婦二人暮らしが人口の大半を占め、公共交通機関が1日2〜3本のバスのみという過疎地に一人暮らしをしている高齢の義母のことです。

昨秋に手術を申し込んでからようやくこの2月7日と14日に予約がとれ、両眼の白内障手術を行いました。
予約が取れてから年末に家族が帰省した際、最寄りの役所で医療費の限度額申請を行ったところ限度額1を取得し、それ以降一つのケースの中に保険証と限度額証が一目でわかる状態にして毎月医院に提出しておりました。

手術が終わったあと電話で様子を聞き、限度額の8千円で手術が出来てありがたいねと話したところ、合計1万4千円を支払ったとのこと。
家族が医院に電話で問い合わせたところ、後日払い戻しされるので当院では1万4千円を支払ってもらっているとの回答でした。

私どもの認識では、限度額証を提示したら窓口負担が最初から月8千円で良いと思っていましたが、それは誤りだったのでしょうか。

仕送りは別として、国民年金による収入しかない義母にとって限度額証を提示しているのにかかわらず後で払い戻しがあるからという対応は、とても不親切に感じました。

なお限度額は家族が他から勧められて手続きをしたので、医院からは手術が決まった際に限度額に関することや、医療費支払い後の払い戻しについての説明は全くありませんでした。

ユーザーID:8863707911  


お気に入り登録数:108
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:25本

タイトル 投稿者 更新時間
通院と入院は別
tom
2018年3月7日 12:03

白内障の手術だと病院に1泊しませんか?

通院だと1ケ月の限度額が8000円、入院だと1ケ月の限度額が15000円です。

通院と入院は別計算になるはずですけど。

ユーザーID:3161924340
基本は償還(還付)なんですよ
50代主婦
2018年3月7日 12:08

高額療養費制度って、1月の医療費が確定してからでないと算出することができません。なので、基本は償還払いなんですよ。
ただし厚労省の方針で、1医療機関で限度額を超えている場合は現物給付にしましょうという方針が打ち出され、10年ほど前からこの限度額認定証が交付されるようになりました。
認識としてはトピさんの言い分が正しいのですが、実は限度額認定証はぜったい全ての医療機関で適用しなければならないというほど強い拘束力はないのです。
医療機関としても計算が複雑化するなど負担が大きくなることもあろうかと思います。
その病院で限度額認定証を適用しないというのであれば、残念ですが償還払いの手続きをするしかないですね。還付までには最短で3.4ヶ月かかりますが。
その医院で限度額の説明がなかったのは当たり前といえば当たり前です。そんなの出されても適用する気がないのですから。
それとですね、こう言ってはなんですが、高齢の方の場合、方々の医療期間にかかっているので、1医療機関で限度額を効かせたとしても他医療機関との合算で後日償還払い手続きが必要になることが多いです。
それとお気づきでないかも知れませんが、14000円という金額がすでに『一般区分』の限度額が適用されているのですよ。普通に1割(2割)支払ったらそんな金額じゃ済みませんよね?
私たちの国はとても優れた社会保障制度を持っています。恵まれたことは当たり前になってしまって不足にばかり文句をつけていると、ご自身をとりまく社会がとてもしんどい社会になると思いますよ。

ユーザーID:3973231786
高額医療費の基準に達してないんじゃないの?
mimi
2018年3月7日 13:11

高額医療費に当たるかどうかは
その年に負担した医療費の合計なので
義母さんが払った累計がまだ高額でない場合は
普通に健康保険の計算方法で支払うんじゃないですか?

不親切だといってもそもそもの医療費がいくらかかっているか
いくら保険、税金から補填されてるかを考えたら
仕方ないんじゃないですかね。

ユーザーID:6523086337
役所で取得したとき説明されませんでしたか?
ぴよまる
2018年3月7日 13:31

医院の不親切というより、役所の説明ミス(もしくは聞き逃し)だと思います。

後から返ってくるのに6千円が今、手元から離れたことが困るくらい貯金ゼロですか?

ユーザーID:9736038829
無知を他人のせいにしないで!
sugi
2018年3月7日 15:01

 高額限度額は医療費を支払ったあとに役所に申請します。

 そして役所は「支払い医療費−限度額=還付」とするのです。

 調べもしないで説明が無いとは驚きです。

ユーザーID:0110048387
会計の誤り
子育て終了間近
2018年3月7日 15:52

領収書があるはず。確認ください。
昨年の8月から区分や、支払額に変更があったようですが、いずれにせよ、昨年末に区分1取得なら、窓口の支払い上限は8千円です。1万4千円支払い後の還付など聞いたことはありません。
区分を間違えて請求したうえ間違えて説明したか、義母様が勘違いしているのでは?

いずれにせよ、領収書(明細書)がないと事実が確認できません。

ユーザーID:4465486656
受け身ではダメな仕組み
さちこ
2018年3月8日 9:18

医療費に限らず行政サービスについては、受ける側が調べて申請しないと誰も教えてくれませんよ。
ですから医療機関が何も教えてくれなくても仕方がありません。

ユーザーID:4951889066
入院した?
コーヒーショップ
2018年3月8日 11:48

70歳から74歳の非課税収入の方ですね。

入院したら外来費に入院費がプラスされます。

ユーザーID:4857922143
重要なことを忘れてました
sugi
2018年3月8日 13:20

 高額限度額以上の医療費の還付は、申請しないと受けられないことは前にレスしたとおりです。

 もし、申請もしていないのに「医療費の還付があります」と電話があったら詐欺ですから気を付けて下さい。

 役所は払い過ぎた税金や医療費などは、こちらから申告や申請をしないと返してくれません。不足だと督促するのにね。そういうものですから。

ユーザーID:0110048387
まだ通院するかもしれないし
ひろ
2018年3月9日 17:03

2月の14日に眼科は終わっても
後日経過を見せにいったりするかもしれないし
他の病院にかかるかもしれませんよね
本来なら証明書があるのですから
8千円で済ませてもらいたいところですが
手続きとかで手間が掛かるとかもあるのかもしれませんね、
どちらにしても役所から還付金の連絡が来るはずですから
それでいいじゃないですか。

不親切といいますが、2月中に両眼の手術を入れてくれたおかげで
還付されるお金があるのですよ?
これが2月と3月に別れていたら還付されるお金はないですよね
医院が説明しなかったくらいは大きな問題ではないと思います。
説明されてもされなくても還付されるんですから。

ユーザーID:9914602231
償還払いの説明がなかったことについて
50代主婦
2018年3月10日 15:26

考えてみました。
限度額認定証の提示があったにも関わらずそれを適用せず、おまけに償還払いについての説明もないって、たしかに不親切ではあります。
で、病院会計の立場で考えてみました。

わたしの結論は→そんなに事細かに説明できないよ→かといって中途半端な説明ならますますいらないよな

です。
なぜかと言うと、高額療養費は病院の守備範囲ではなく、各々の保険者の守備範囲だからです。あまり踏み込んだ説明はすべきでありません。
しかし多くの保険者では自動償還、あるいは高額のお知らせを送付しています。なので患者さんは大金を払いっぱなしになる危険性は少ないのです。
少なくともトピお母様は市町村国保か後期高齢者医療制度でしょうから、その病院も地元国保や後期高齢の高額の手続きについてはある程度知っていると思われ、ほっといても大丈夫だからわざわざの説明はしなかったのではと想像しました。

中途半端に『償還払いについては市役所に聞いてください』なんて無駄な説明をされたらややこしいだけ。高齢者ってほぼ全員に近い人が、高額の償還が発生しているんですよ?
じゃんじゃん問い合わせ電話がかかってきたら市役所は業務ができない状況になりそうです。

ユーザーID:0192131884
認識は正しいです
miki
2018年3月11日 8:26

お疲れ様です
限度額認定については、まさ様のお考えで正しいです。
後で手続きしなくてもよいようにするための制度です。

今回の場合は、入院扱いになっているので限度額が高くなっているのだと思います。
わたしも眼科で日帰り手術を受けましたが、明細には一日入院したことになっていなした。
日帰り入院というのがあるのだなと思った記憶があります。

その場合はもう還付はないと思うので、病院の受付の勘違いではないでしょうけ。
それと、大きな病院で相談室があるようなところ以外は、手続きについての説明はないと思った方が良いでしょう。

ユーザーID:6171137229
主さんの認識であっていると思います
にゃたろう
2018年3月12日 0:11

私も今月入院&手術予定です。
病院から説明があり、
「限度額の申請をすれば、その場の支払いが少なくて済みます」と言われました。
詳しくはわかりませんが、病院によって対応が違うのでしょうかね。
後々還付の手続きをするというのは若い方ならまだしも(それでもメンドクサイ)、
年配の方には不親切に感じるのは当然ですよ。

ユーザーID:5937862823
50代主婦さんへ
oi
2018年3月13日 10:33

 「償還払い」でも申告(請求)する必要があります。ネットで調べました。

 ネットが間違ってるってことですか?

 あまり自信満々にレスされてますのでビックリしました。

ユーザーID:0110048387
様々な情報で混乱しています。
経験者
2018年3月15日 8:09

主様

私は昨年10月に目の手術を受けて、そのあと定期的に検査を受けています。

手術前に病院の会計の方から「限度額認定証」を健康保険組合に申請して提出するようにとのアドバイスをいただきました。指示に従って、「限度額認定証」を入手して提出しました。

手術の時は、ほぼ限度額の費用を支払いました。その後、健康保険組合が還付金を詳細に計算して、3か月後に還付金が振り込まれてきました。

その時の明細書を見ると還付金の計算は複雑なので、健康保険組合で行っているようです。 

「限度額認定証」を提出すれば、その後の手続きは健康保険組合で行ってくださしました。

高額医療制度については、「限度額認定証」を受領したときに説明書がついていました。

説明書を入手されていないのなら、健康保険組合に請求すれば、いただけると思います。還付金の計算方法は、かなり複雑です。病院では、概算の金額しかできないと思います。このため、病院では下記の対応となったと思われます。

>家族が医院に電話で問い合わせたところ、後日払い戻しされるので当院では1万4千円を支払ってもらっているとの回答でした。

ユーザーID:6279797372
保険者によりけりです
50代主婦
2018年3月15日 17:37

おっしゃるとおり申請主義ですから、申請するのが原則です。
しかし、レセは保険者に集まってきますから、申請をまたずとも保険者で計算可能なんですよ。
組合健保の場合は、もう自動的に給与口座にポンポンいれてくれる超親切なところもあります。
また75歳以上の後期高齢者医療制度では、年寄りにいちいち申請させるのは酷なので、最初の1回だけ通知して口座を登録させて、あとは自動償還という場合が多いと思います。
また一番加入者の多い協会健保やたいていの市町村国保では、自主的に高額の償還申請をしてこなかった人には通知をしています。この場合、通知まではしてくれてももちろん本人が申請しないと償還はありませんよ。
高額の計算は素人には難しいので、結局、保険者が大なり小なり世話をやくことになります。
わたしも全部の保険者を知っているわけではありません。
ひょっとしたら、全然世話を焼いてくれないサービスの悪い保険者もあるかもしれません。だけどネットの情報どおり本人が申請しないんだから自己責任です。

ユーザーID:4586619277
oiさん
50代主婦
2018年3月15日 17:52

『高額療養費』『勧奨』で検索してみてください。
数多くの保険者で高額お知らせを送っているのがおわかりいただけると思います。
厚労省も申請漏れをふせぐため、勧奨通知を送るよう国保に要請しています。

ユーザーID:3137675414
混同している方が多いような。。。
あれれ
2018年3月20日 14:54

高額医療制度は限度額以上の医療費を支払った場合に、自ら申請して差額の返還を求めます。

限度額認定証は、申請手続きを省くために、窓口では限度額までの金額を支払えばいいよっていう制度です。(償還手続きはありません)

主様のお母様は限度額認定証を持っていらっしゃいます。
なので限度額の支払いで済んでいます。

金額が予想より多かったというのは、おそらく日帰り入院扱いになったのだと思います。

支払い明細書と「限度額認定書」の裏に書かれた注意書きをお読みいただければ納得されるかと思います。

ユーザーID:5492056020
自治体によって違うのかな…?
oi
2018年3月21日 23:04

 0iです。

 私は配偶者がガン治療で何度も入院して、かなりの治療費を払いました。病院へ「医療限度額適用認定証」を提出しました。

 しかし毎月の支払後に役所へ医療支払領収書を提出して、限度額以上の支払い分を還付して貰いました。

 これ、放っていたら多分還付は無かったと思います。病院の窓口でそういう説明を受けました。


 どっちが正しいんでしょうか?

 分からなくなりました。確実に還付されるには申請した方がいいのでしょうが…。

ユーザーID:0110048387
自信、子どもが難病の為に毎月利用しています。
あれれ
2018年3月22日 23:55

全国健康保健協会、厚労省のページをお読みください。

医療費は高額です。
後から返還されても一度支払わなくてはいけません。

その為の「限度額認定証」です。
窓口で、限度額まで支払えばいいという制度です。

1世帯に何人も限度額をを超える我が家のような家庭では、限度額が被るので後から申請もあります。

基本的に窓口払いを限度額以上支払わなくて済むのが「限度額適用認定証」です。

ユーザーID:5492056020
 
現在位置は
です