現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自分の知っている人が亡くなった時(亡くなる前)の不思議な体験

ウシオング
2018年3月7日 11:40

自分は3年前、大好きな祖父を亡くしました。

祖父は糖尿病を患っており、透析治療のため通院をしていました。
医師からは、透析はもって4年と言われていましたが、祖父は6年間透析に通っていました。

しばらく経って、祖父の体力も低下し、今夜が山とのことでした。
救急治療室でベッドに横になっている祖父の姿を見て涙が止まらなくなりましたが、なんとか堪えて祖父の手を握っていました。
何か自分に喋りかけていましたが、声が出ておらず、聞き取ることができませんでした。
救急治療室には、祖母、祖父の兄弟や、普段めったに会うことのない身内が集まっていました。

それから暫くすると、祖父の容体も安定してきて、みんな安心した様子でした。
容体も安定してきたので、家族だけ残り、集まってもらった親族を車で自分が送り届けることになりました。

送り終え、自分も家に向かう途中、周りの音が何も聞こえないくらいのすごい耳鳴りに襲われました。
その瞬間、携帯がなりました。
車を止め、携帯を見ると父親からでした。

「今、意識不明になって、心臓マッサージでなんとか生きてる状態だから早く来い」

自分は目の前が真っ白になりました。

しかし、急いで病院に車を走らせました。
救急治療室につくと、医師が交代しながら心臓マッサージをしていました。

それから来れる親族が集まったところで、父親が医師に
「すみません、ありがとうございました」と。
そして、祖父は息を引き取りました。

自分は不思議と涙が出ませんでした。
何故だかわかりません。

あの時鳴った耳鳴りはなんだったのか、今でも考えてしまいます。
普段なかなか会わない親族に会えた祖父は、安心して旅立ったのだと思います。

みなさんは何か、不思議な体験はありますか?

ユーザーID:0220252035  


お気に入り登録数:249
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:41本

タイトル 投稿者 更新時間
祖父の経験ですが
らいむ
2018年3月7日 13:31

亡き祖父は開業医で、高齢者の方のお宅の往診などもやっていました。

ある昼下がり、診察室にいるときに「いま〇〇さんが亡くなった」と
周囲の人に言ったそうです。
〇〇さんは毎日のように祖父が往診している病気の方でした。

窓の外に光の玉が飛んできて、
「〇〇さんだ。お別れの挨拶にきてくれたんだな」とわかったそうです。

ユーザーID:6600109502
祖母は故郷に帰って行った。
私も逃れたい。
2018年3月7日 13:38

うちの祖母が亡くなった時
遠く離れた祖母の故郷の実家に今も住む親せきのおばさんが言ってました。
その夜、確かに閉めていたはずの家の門が朝、開いていたと。
祖母が、「帰ってきたよ〜!」
って、知らせたかったんだね、きっと。
ってみんなで言ってました。

ユーザーID:5828746939
父方の祖母
ぱふぱふ
2018年3月7日 13:42

父方の祖母は亡くなる数日前から会いに来ていたと思っています。

その時期は寝る前にイヤホンを付けて音楽を聴きながら寝ていました。
亡くなる数日前から夜中に部屋の扉をノックする音が聞こえたのです。
音楽を聴いているのに、その音はしっかりと聞こえドアを開けると誰も居ない
2日連続でノックの音が、3日目には在宅の祖母の部屋まで確認に行きましたが
熟睡、とても私の部屋まで来てドアはノックしないなと…。

4日目の夜、父方の祖母が亡くなった夢をみました。
自宅から2時間程の所に住んでいた祖母が危篤という事で
親族が集まっているという設定で母から電話が掛かってきます。
私が運転して弟妹を連れてきて欲しいという電話でした。
夢の中で電話を置いた直後、
部屋のドアがノックされて私はその音で目覚めました、
ドアの向こうには母親が立っていました。
祖母が亡くなったから今から行くので支度をしなさいと…。

数日前からのノックはこの事だったのだと…知らせてくれたのだと。

ユーザーID:7400162777
20年以上前に別れた夫が・・
maimai
2018年3月7日 14:05

子どもが小さい頃に離婚した夫、その後一度も会っていませんでした。

会社の帰りに地元駅のコーヒー店に夫にそっくりの人を見つけました。びっくりして立ち止まったほどでした。一旦は歩き出したもののもう一度戻って「声かけようかな」と思った時に『あれから20年以上経っているのだからそれにしては若すぎる』と気づき、その場を立ち去りました。

それから数日後、元夫の兄から元夫が亡くなった知らせがありました。

ユーザーID:7594512091
母の危篤
みつまめ
2018年3月7日 14:55

職場に遠方の叔母から連絡があり、私の母が危篤になった早く来てと。
急いで自宅に戻り着替えの準備をしたり、航空チケットをPCで予約
していた時です。
突然飼い犬がものすごい勢いで吠えました、家中を走り回りながらです。
「あ…間に合わなかったんだ…」と思った直後、叔母から「たった今、息を
引き取ったよ」と連絡が来ました。

ユーザーID:7465098361
2年前に
jfuvubu
2018年3月7日 15:25

告別式を終えて納骨までの間に
不思議なことが起こりました。

階下から聞こえてくる
いつもと同じ時間に雨戸を開ける音、
食事を終えて玄関から出ていく時の
ノブを回す音、
部屋からお手洗いまでの
足音・・

親を自宅で看取りました、

まだ死んだことをわかって
いなかったのでしょう・・

ユーザーID:0335704597
亡くなった時間でした
くりん
2018年3月7日 15:25

昔、単身者用のアパートに住んでいました
ある夜、寝付く前の暗い部屋のなか、部屋のガラス戸がガタガタと揺さぶられました
地震でもないのに、何だろうと不思議でした

次の日、会社から帰り、隣の大家さんの家で通夜の仕度がされていました
そうか、大家さんが家への帰り道、私の部屋を通っていったんだと理解しました

その後、お嫁さんと亡くなった大家さんのことを話す機会がありましたが
その話は敢えてしませんでした

もし、帰ってきたのが実母なら嬉しかっただろうけど、
姑の、その手の話は聞きたくないと思ったからです

ユーザーID:6058777950
かみなり
さかな
2018年3月7日 16:01

闘病中の父の容態が悪化して、既婚の私は遠方から駆けつけました。
それから1週間は、意識が無くなった父の病室に母と妹と私が寝泊りをしました。

会社員の妹もずっと休んでいたので、翌日に1度出社すると言いました。
なので、私が車で連れて帰ろうとした時に突然大きな雷が鳴りました。
妹は雷が大嫌いなので「どうする?帰る?」と聞いたら「会社が気になるから帰る」と言いました。

妹を家に送って、私は病院に戻りました。

その深夜に父が静かに眠るように逝きました。
妹は間に合いませんでした。

父亡きあと6年が経とうとする今でも忘れられないのですが・・
あの夜に1度だけ鳴った雷は、父が妹に「帰るな」と言いたかったような気がします。

ユーザーID:9543263660
祖母…
Bitter
2018年3月7日 16:02

祖母が亡くなり‥…
厭な思いをした、。目を閉じた瞬間、目の前に祖母が「ま、損な事も有るなぁ…」と。

ある春、出かける日を、一日早めに!と。気が急いた‥…着いた駅から地上へ…。
途端に動悸!!仕方なくその場から反対の違った電車で帰宅。
翌日その時間、その付近で自動車事故、死亡者も。

薄曇りの日、川沿いを歩く。いつもの反対側のくだり坂を。
建物が、気になり何気に見上げながら、「道の端により過ぎ~」なんて思いながら帰宅。
その夕方の『ニュース』で、『死亡事件』。

春。父の3回忌(家族だけで)後に、夢で会った従兄(父が亡くなる直前まで、とても可愛がっていた)突然死…。

祖母の7回忌が済み‥…多分、無かった‥…と、思ってる。

ユーザーID:3475904963
時計が止まりました
ぶひ
2018年3月7日 16:11

祖母が無くなっての通夜でした。
朝起きると腕時計が止まっていました。
いやー電池入れ替えたばかりなのに、ダメだわ〜とか言って
葬儀も終わり、帰って来ました。バッグに入れっぱなしにしておいた時計、
動いていました。その後も普通に動いていました。
よく考えると、止まっていた時間は、祖母が亡くなった時間帯でした。
初孫で、一番かわいがってもらったもんなぁ。
ばあちゃんからの、何かのメッセージだったんだな、と。
ありがとう、ばあちゃん。ちゃんと受け取ったからね!

ユーザーID:4807292060
私も耳鳴りしました。
ゆきうさぎ
2018年3月7日 17:38

今から、40年以上前になります。

小4の頃、放課後、いつも遊ぶ
友人の一人が事故で亡くなりました。

大怪我をして救急車で運ばれたのですが、
その夜、私は、すごい耳鳴りで目を覚ましました。

翌朝、学校からの電話連絡で
友達が亡くなったことを知りました。

緊急手術もしたようですが、
その甲斐もなく深夜に息を引き取ったと。

お別れの挨拶、なんとなく
それがストンと胸に落ちる感じはしています。

トピ主さんも耳鳴りがしたんですね。。
驚いて思わずレスしてみました。。

ユーザーID:1645926019
一度だけあります
猫柳
2018年3月7日 17:39

祖母が亡くなった時の事です。

遠方の葬儀に家族で参列しました。
中学生だった息子も他の男性と共に祖母のお棺を担がせて頂き、老衰でしたし悲しいながらも良いお葬式でした。

家に帰った翌朝、息子が、
「夜、目が覚めたら、布団の足元におばあさんのような人が立っていた。着物は見えたけど顔は暗くて見えなかった」
と言うのです。

我が家でそんな話が出たのは初めてで、ぞ〜っとしましたが、
ああそうだ、昨日は祖母のお葬式だったと思い直し、息子に、
「怖かった?」
と聞くと、
「怖くなかったよ」
と答えたので、それならやはり亡くなった祖母がお別れに来たのかなと思いました。

私も可愛がって貰っていたのに、疲れて熟睡していたから息子の方に行ったのかな?
遠くだから、生前には新居に来て貰えなかったけれど、家も見に来てくれたのかな。
息子が気がついて、祖母の訪れを教えてくれて良かった。
などと色々考え、心の中で祖母に、改めてお別れとお礼を言いました。

息子がそんな事を言ったのはその時だけです。
人は亡くなると、別れを告げたい人の所を回るものなのかもしれません。

ユーザーID:0871242433
思い出すと悲しいです。
りんごすき
2018年3月7日 18:58

おじい様は優しいご家族にみとられてお幸せでしたね。
 同じようなトピックスで書いたことがありますが、いまだに不思議なことです。
後からその友人がなくなったことを聞いてあの時会いに来てくれたんだなと思うことがありました。
 
 病院の待合室で見かけたその方を私の友人と思い久しぶりねと言ったとたんに別人とわかりました。私が入っていくのを親しげにいつもの華やかな笑顔で見ていてくれたんです。間違えたことをお詫びしましたが、別の日に見かけたときにはその友人と間違えた方は決して華やかな人ではなく友人とは似ているというほどではなく私を見ても判らないようでした。

 同じような別の例です。友人と言うほど近くではありませんでしたが、具合が悪いとは聞いていました。その方とショッピングセンターで顔を合わせました。ビックリして言葉になりませんであたふたしているうちにその人はいなくなりました。その後すぐに共通の友人に電話をしましたが「それは別の方だと思います。危ないらしいですよ」とのことでした。そのあと、しばらくして無くなったことを人づてに聞きました。 
 今でもあれは何だったんだろうと時々思い出し懐かしくて涙が出てしまいます。

ユーザーID:2127160337
私の母は
ぶろんちょ
2018年3月7日 21:51

親類が亡くなる日は「寒気がして眠れなかった」と言って起きてくることが多かったです。

ユーザーID:1222381419
不思議体験あります。携帯からの書き込み
レトロ
2018年3月7日 21:54

私も世話になった伯母を一人で見とるとき、同様の体験しました。伯母の旦那様【私からすると義理の伯父】が毎日の看病で疲れていたので、【今日は俺が伯母さんの横にいるから、伯父さんは家で休んだら?】と伯父に帰宅を勧め、伯父が病室を出て、数分したら、伯母の心拍数が低下し亡くなりました。今考えても、伯母が伯父の帰りを引き留めたとしか思えません。

ユーザーID:5327354819
無題
つくしんぼ
2018年3月7日 21:56

夜寝る時に、なんとも言えない嫌な気持ち悪さと怖さが続き、不安感から『◯◯さん…大丈夫』と一人づつ亡くなったら嫌な人達を意識の中で確認し、誰にも違和感を感じなかったので『この不安感は誰かが死ぬ前触れじゃないのか、よかった』と安心してどうにか眠りにつきました。

ところが翌朝、ごく近い身内の急死の知らせが。
その時にはあまりに突然な事だったので上記の事は忘れていたのですが、後で思い出したのは、ひとりづつ確認するのにその人の事はなぜか抜けてたな、と。
なぜあの時、その人の事を思い出さなかったのか不思議ですが、あの嫌な怖さはもう感じたくないと思いました。

ユーザーID:6855042107
夢に見たというか、お邪魔したというか
雪だるま
2018年3月7日 22:14

小学校時代からの友人A子のお母さんを夢で見た事があります

色とりどりの花が咲く小高いお丘の上に建つA子宅に遊びに行った私
おばさんはその中で花を摘んでいました
その姿は私が知る限りで最も若い、私達が小学生だった頃の姿でした

黒いワンピースに白いレースのエプロン姿のおばさんは
腕に小花柄の腕ぬき(伝わりますかね…)をはめ
同じ模様の布地のついた、ツバの大きな帽子を被っていました

おばさんに声をかけると、ニコニコ笑顔でこう言うんです
「A子が死んじゃったのよぉ。ほら、ベッドが無いでしょう?」
驚いて窓から部屋を見ると、確かに仏間にあった大きな介護ベッドが無くなっています
でも、それに寝ていたのは、おばさん本人…

おばさんは、重い病が見つかって、一年近く治療していたんです

そのことを言おうにも、今まで見たことのないくらい幸せそうな表情で
綺麗な花束を作るおばさんに、何も言えずにいたら目が覚めました

時刻は朝の4時でした
その2時間後におばさんは亡くなられたそうです

キツイ薬で髪も抜けて、それでも治療に耐えている間に
大好きな夫が急死するという悲しみに見舞われていたおばさん

あの日、私が見た夢はきっと
おばさんが見ていた夢に私がお邪魔したんだろうな
おばさんは、おじさんに会えるから、あんなに幸せそうに笑っていたんだな
そう思っています

10年以上経っても色鮮やかに思い出せる、不思議な夢です


耳鳴りはたいそう驚かれた事でしょうが
おじい様が「電話が来るぞー!」って
トピ主様の耳元で叫ばれたのかもしれませんね
時々みんなでおじい様のお話をなさってくださいね

ユーザーID:2512052709
祖母ですが携帯からの書き込み
動物のお医者さん
2018年3月7日 22:16

私の祖母ですが、近しい人が亡くなる前にその人の夢を見ることが多かったようです。

私が身近で体験したのは祖母の甥、妹が亡くなる時でしたが、その日の朝、祖母から「夢に出てきた。心配だから様子を聞いてくれ。」と言われて連絡したところ、どちらも危篤で間もなく亡くなりました。

綺麗な着物を着て花畑にいる人、濁った川面に立つ人、真っ白な光の中にいる人…と夢での姿は色々でしたが、天寿を全うしたと思われる人、未練を残しながら若くして旅だった人、それぞれの心中が背景に現れているようだったと言ってました。

本人はこの現象を好んでいませんでしたが、虫の知らせはあるのかもしれないと個人的には思っています。

因みに、この能力は子供や孫に遺伝していません。
私は実家で飼っていた犬が亡くなった日、無性にその犬のことが思い出され、不思議に思った程度です。

ユーザーID:2226263643
あります
かりん
2018年3月7日 23:16

私の父がある夜、突然高熱をだしました。
「寒い、寒い」と震え、母も心配し必死に看病していた矢先…
他県に住んでいる祖母(父の母)が亡くなったと連絡がきました。

次の日にはすっかり熱も下がった父。

きっと末っ子だった父が心配でばーちゃんが見に来たんだよね、
と皆で話しました。

他にもいくつか不思議な体験をしたことがあります。
きっと死後の世界はあるんだろうなぁ、と感じています。

ユーザーID:5716622969
不思議なこと
疾風
2018年3月8日 2:13

トピ主さんのような優しいお孫さんがいてお祖父さんも幸せでしたね。

私は叔父が亡くなる際に不思議なことがありました。
高齢の叔父が入院したと聞いてしばらくしたある日のことです。職場で1人で仕事をしているといきなり耳元でガラスが割れる大きな音がしました。驚いて周囲を見ても何もありません。
不思議なことに音が聞こえたのは片方の耳だけでした。

そのとき、ああ叔父が亡くなったと思いました。後から訃報が来て、ちょうどその頃に亡くなったと知りました。
威勢が良く明るい叔父でした。亡くなる前に会いに来てくれたのだと思っています。

ユーザーID:1449240228
 
現在位置は
です