現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小鼻に米粒より小さな白いガン?!珍しい症例

怜佳
2018年3月7日 22:02

掲題の通り、白く米粒よりも小さいのが小鼻側面のカーブぎわにありまして
ガンの疑いで摘出手術をすすめられたのですが、何分とても小さい為
検査するに足りるほど部位が大きくないから、摘出して検査するとのこと

ガンの可能性を考え 白い部分よりも大きく切除しておかないと
もう一度切除するとなった場合、さらに大きな切除になりますよ、と
そして、耳の一部を切り取って 切除した鼻の部分に充てる手術になるとの説明でした

小鼻にある米粒より小さい 痛くも痒くも邪魔でもない白いモノ、出っ張っている訳でもなく
かれこれ十年位あってあっても目立たないし、ガンと言われなければ気にもしていなかった
一度だけ鼻かんだ時に少々血が出たことはありましたが。。

ガンという前提での手術でありますが、顔にこの様な手術してしまったあと
検査結果がもし、ガンでは無かった..と判明した場合
想像したら取り返し付かない事になるようで、苦渋の決断
手術は来月と迫っております

どうか情報・アドバイス・ご教示くださいますよう
何卒、宜しくお願い申し上げます

ご拝読いただき、ありがとうございました

ユーザーID:0742468719  


お気に入り登録数:160
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

タイトル 投稿者 更新時間
悪性黒色腫携帯からの書き込み
ちかち
2018年3月7日 23:05

皮膚科医ではありませんが医師してます。

皮膚癌の可能性があるかどうかは、ダーモスコピーを使えばたいていおおよそわかります。

その結果、切除手術を勧められたなら、とるべきです。

皮膚の悪性腫瘍は転移することもあります。

もし不安ならば、専門医のいる別の皮膚科医にかかって、セカンドオピニオンを受けて納得してからオペもありです。

ユーザーID:0338517267
顔の手術は不安になりますよね
とぴ子
2018年3月8日 0:50

突然の癌の可能性、しかも顔の手術と、と動揺されたことと思います。

1人の医師、1つの病院の診断に不安がある場合、セカンドオピニオンを受けると良いかと思います。
別の病院で別の医師に相談してみると、「やっぱり必要な手術なんだ」とか「他に治療法があるんだ」など気づくことがあります。
やはり患者自身が納得してから手術を受けるというのはとても大事なことだと思います。

結果としてガンではなく、粉瘤などの良性腫瘍である可能性もありますが、
良性腫瘍も放置しておくと徐々に大きくなってしまったり、悪性腫瘍に変化する可能性も考えられるため、
術後の病理診断で良性だったからといってこの手術に意味がなかったとは単純に言えません。

余談ですが、俳優の高橋一生さんは、2009年頃に鼻筋にあった粉瘤を切除しています。
今も照明の加減によって少し傷跡は見えますが、パッとみた状態では気付かない程度です。
もちろん彼と怜佳さんの手術は異なるものですが、顔が命の俳優さんでもこのような手術を受けたということが少しでも励ましになればと思います。

ユーザーID:9370135616
セカンドオピニオンをおすすめします
kinako
2018年3月8日 7:29

ガンだと分かってもいないのに切除するなんて、ありえません。

ちなみに私は、トピ主さんと同様に「白い塊」が腕にできまして、
2cmほどのサイズになっていました。

内科に通った際に医者に指摘され、
「ガンかも?」とのことで、皮膚科を紹介されました。

しかし、その皮膚科の先生は、見るなりひとこと、

「ああ、これ、体内で骨の成分が結晶化したものだから、
 切っても切らなくてもどっちでも大丈夫だよ」

とのこと。

目立っている部分だけ切除し、結晶を取り除く程度で、
いわゆる手術というほどのことはなく終わりました。

セカンドオピニオン、または、一度、別の医者に診てもらうことをおすすめします。

ユーザーID:3845128204
自分で決めること
とも
2018年3月8日 8:01

>顔にこの様な手術してしまったあと
>検査結果がもし、ガンでは無かった..と判明した場合
>想像したら取り返し付かない事になるようで

そう思うなら手術をやめれば良いんじゃないですか?

私は逆の場合が気になりますけどね。

ガンの可能性があると知っていながら手術を拒否して
その後やっぱりガンだった→手術不能のパターン。
後悔しても遅い時期になってしまったら
悔やんでも悔やみきれません。

決断は自分でしてください。
手術を受けるにしてもやめるにしても、中途半端な気持ちではいけません。
あのとき病院の人が手術を勧めたから…とか
家族が手術を反対したから…と
他人にその判断の責任を転嫁しちゃダメですよ。
手術した場合、放置した場合どのような結果になるかを真剣に考えて
ご自分で決めてください。
そうすればどんな結果になったとしても受け入れられますから。

私はガン手術後、主治医から抗癌剤は必要ないと言われましたが
その道の権威の先生からはあなたの場合したほうが良いと言われました。
散々悩んだ末抗癌剤治療はしないことにしました。
高いセカオピ料金払って田舎から都心まで交通費かけて行って
主治医とは違う意見をもらってきたというのに
結局私が選んだのは主治医の意見です。
なんのために行ってきたの?と呆れられましたが
自分で決断するために行ったのです。
ここまでして、自分で悩んで決めたのだから再発しても悔いはないと心底思いました。
あれから8年、いまのところ再発していません。

ユーザーID:3137605345
セカンドオピニオンは?
popo
2018年3月8日 8:45

珍しい症例とのことですが、いくつかの医療機関で専門医に診てもらったのでしょうか?
顔の中心に傷が残るわけですからかなりの覚悟が必要ですよね。
複数の専門医に同じように言われるのなら納得できますが。

ユーザーID:2945138374
10年大きさが変わらないのですか?
maimai
2018年3月8日 10:12

10年前より徐々に大きくなって現在米粒大ですか?とするとこの先もっと大きくなる可能性はありますね。
10年前から殆ど大きさが変わりがないのであれば、がんの可能性は低い気がします。

私もがんの可能性を顔にできているものに言われたことがあります。その医者は「医療に100%はないという意味で可能性がある」と言いました。私の場合それに気づいたのは20年程前ですが、何もしないでいます。
後に癌ではなく血管の奇形(生まれた時からのモノが中年になって表面化してきた)らしいです。

私はこの病気のために3か所病院を回りました。セカンドオピニオンがまだでしたら、ぜひおすすめします。

ユーザーID:4005199306
主人の症例
はやて
2018年3月8日 10:13

10数年前、主人が似たような感じで手術をしました。下肢にホクロのようなものがあり、ガンと思わず、皮膚科で周辺は取らずに患部のみ、小さく切除。
念のために行った病理検査で悪性とわかり、即、大きな病院へ転院し、1度目の面積の20倍くらい大きく皮膚と下部組織を切除しました。
幸いリンパへの転移はなかったため、皮膚移植で済みました。今は寛解し、元気に過ごしています。
トピ主さんはお顔とのこと。気になるようでしたら、セカンドオピニオンでちがう病院での検査もして、一刻も早く切除することをお勧めします。
命あっての、とおもいますよ。

ユーザーID:2472826685
セカンドオピニオンを求めては?
なおなお
2018年3月8日 10:26

今掛かっている病院が、希少がんを多く扱う病院でないのであれば、がんセンターなどの有名どころに一度診てもらっては如何でしょうか?

勿論、命に変えられるものはありませんが、顔面の中央の手術となると悩ましいのは当然です。仮にがんだとしても、10年大人しくしていた物が、いきなり暴れだすとは考えにくいです。納得してから手術しましょう。

ユーザーID:2815971836
細胞検査をすれば。
とろりん
2018年3月8日 10:44

先ずは、癌かどうかが問題で、他の病院で再検査を
すれば良いと思います。

ユーザーID:6344696594
切ってしまった方が
KM
2018年3月8日 11:32

不安視される要素があるなら切ってしまった方がいいと思います。
それに現代の美容整形術は技術的にすばらしいのでメイクと併せれば誰にも気づかれないくらいにはなると思います。

ユーザーID:2428836655
黒子でしたが
a
2018年3月8日 13:10

私はほくろだったんですが、同じような部位にコメ粒大ぐらいの大きさのほくろがありました。
ぷくっと出っ張ったほくろで、形成外科で切除しました。
後の検査では癌ではなく、ただのほくろでした。

私の場合は、くりっと(小さな、耳かきぐらいの大きさの)スプーンですくいとったような形で切除しました。結構ぐりんと穴があいたような跡になりました。でも、他の部位から皮膚移植はしませんでした。
医師にも、恐らく後から皮膚が盛り上がってきて穴が埋まるような形になるから何もしないで経過観察しましょうと言われました。

元々ケロイド体質なのもあってか、医師の予測通り皮膚が盛り上がってきてくりんと開いていた切除跡がちょうど埋まりました。

主さんの場合は、もっと大きく切除するのでしょうか?
アドバイスになっていなくて恐縮ですが、私の場合の体験談でした。かれこれ30年ぐらい前の話です。

ユーザーID:0177917944
御礼
怜佳(トピ主)
2018年3月13日 19:46

皆様お忙しい中いただきましたレス、一つ一つ有難く拝見させていただきました
遅くなりましたが、心から御礼申し上げます

その後いただいたレスを参考に、違うお医者様と色々consultationしてまいりました
要約しますと・・・

今まだ白くて小さいが、現段階で処置した場合のメリットとして
小さい内に摘出し検査することで良性か悪性かが判別出来ること、
悪性の可能性高い場合なら、今摘出することで傷口は小さく済み 転移防止が望める、
また数年経て、良性だったモノが悪性へと移行する心配抱えることもなくなるでしょう、とのこと

私自身トピにした当初は焦りと動揺で、確証も無いのにありえない!と本気思っていて
白いからガンじゃない!という情報が多数寄せられることを待ち望み 祈る気持ちでした

親身にレスくださった方々の言葉それぞれに真実を感じております

摘出手術は整形外科のお医者様にお願いする方向で予約待ち...
いずれ検査結果が出ましたら、あらためてご報告させていただきます

皆様方も、どうぞお身体ご自愛の上 お過ごしくださいませ

感謝の気持ちを込めて、ありがとうございました。

ユーザーID:0742468719
結果 ご報告
怜佳(トピ主)
2018年4月25日 7:04

大変遅くなってすみません

本日、検査結果を受取ましたので ご報告します

「結節性基底細胞癌」初期のもので、米粒状大きさ4〜5mm 深さ2mm
(Dr.に初めて疑い持たれてから約三年経過)

それに対し、切除した大きさ 直径約11mm × 深さ7mm で小鼻にぽっかりあいた部位・・・
手術後の痛みもですが、切除した部分が意外に大きく目立つショックとで
しばらく動揺が治まらない状況で、、

正直、今日結果を受け取るまでは こんな手術しちゃって
やっぱりガンじゃないと判ったら本当に後悔したと思います

でも今は、小さい白くてもガンであると判明しましたので
多くの方々にも早期に気付いてほしい気持でいっぱいです

こんな症例もありますので、皆様 お見過すごしありませんように
ぐれぐれもお気を付けてお過ごしくださいませ

拙いご報告になりましたが、ご参考になれば幸いです

それでは、ご報告にて..失礼致します

ユーザーID:0742468719
お疲れ様でした
ちなみ
2018年4月27日 14:23

大変だったと思いますが、結局癌だったとのことで、早期に発見、対処できて本当によかったですね。
トピ内に書かれている、耳からの移植というのはされたのでしょうか?
できるだけきれいに治るといいですね。

トピ主さんより全然軽い話ですが、うちの子も顔にできものができて、
様子を見てる間に5mmほどの大きさになってしまい、大きい病院で切除しました。
術後の傷が予想外に大きく絶句してしまい、こんなことなら5mm程度の
イボなど放置しておくべきだったのだろか?と後海しそうでしたが、
検査の結果、良性ながら自然に消えることはない腫瘍で、ますます
大きくなる可能性もあったとのことで、結局切るしかなかったのだと
納得しました。

術跡は、まだ目立っておりますが、目立たなくなるまでにまだまだ時間が
かかるようです。
なので、トピ主さんの傷も、時間とともに回復すると良いなと思いますが、
気になるようでしたら、腕の良い形成外科の門を叩いてみると良いと思います。

一日も早いご回復をお祈りいたします。

ユーザーID:0984159250
経過看中
怜佳(トピ主)
2018年4月30日 22:28

>耳からの移植というのはされたのでしょうか?

これはまだしておりません

冗談で、耳たぶのピアスあいてる部分を 小鼻に移植して鼻ピアス..なんて笑ってますが
今のところ徐々に肉付いているので、自然にどこまできれいになるか次第で
注意点は、とにかく炎症起さないように手当すること、ときつく言われました


ちなみさんのお子様も心配でしたね、顔の一部を切除されたそうで
早い決断が功を奏したのは間違い無いと思います
傷口がきれいに治りますよう、お大事に!

共に一日も早い回復をお祈り申し上げます

ユーザーID:0742468719
 
現在位置は
です