現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

月5万、有利に貯蓄する方法

トーン
2018年3月11日 11:39

同居の子ども(20代、独身)から月5万円を預かり運用することとなりました。

自分では貯金をすることがなかなかできていないことから、勤務先の財形制度を勧めたのですが「なんとなく嫌だ。オカン考えて」と言われたためです。

現在、生命保険、年金保険等は一切加入していないことは確認しました。奨学金やローンの支払いもありません。
せっかくなので、できるだけ有利に運用してあげたいと思うのですが、どのような方法が考えられるでしょうか?

自分で考えたところでは
・生命保険と年金保険に分けて加入する。
・積み立てNISA
くらいしか思いつきませんでした。

ちなみに私も夫もまもなく定年を迎えますが、二人ともまだ働いており、ローン、学費等の支払いもなく、家庭としての資産は問題ないと思います。
5万円を自由に運用できる楽しさみたいなものもあるのですが、多くは職場の天引き貯金で増やしてきただけなのであまり知識がありません。

知識豊富な小町の皆様、どうぞご指南ください。

ユーザーID:9774104693  


お気に入り登録数:214
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
普通の方法で貯蓄しても増えない
現実派
2018年3月11日 13:58

月5万円は、年間で60万円。
この60万円を有効に貯蓄して増やせないか。と考えてるのですね。
どのくらい増えることを期待してますか。
トピ主さんに配当を払う側は、利益がどれほどあると思いますか。

私の経験では、金融関係の会社は手数料を引いて払い戻すので、増える金額は微々たるものです。
私なら、現金で膨らんだ財布を持ってるほうが幸せです。
いくつかの長財布に1万円札がパンパンに入ってます。
この財布達を手に乗せると通帳などの(金額)数字を見るより幸せです。

ユーザーID:5981237553
つみたてNISA
クマプー
2018年3月11日 14:18

・1万円分を「つみたてNISA」して、「子供本人に管理」させる
・4万円分を「銀行に預金(キャンペーン時期にネット銀行に定期預金)」

車が欲しい、結婚資金、海外旅行、体を壊して退職等、近いうちに使うかもしれませんからある程度は銀行に貯めた方がいいでしょう。
1年後にまた見直せばいいのでは?

ユーザーID:2783154877
ideco
たか
2018年3月11日 15:08

とりあえずidecoで良いんじゃないでしょうか。
60歳まで引き出せないですし。

本人が手続きする必要があるので、嫌がるかもしれませんが、そのくらい自分でしてもらわないと本人のためになりません。

トピ主も楽しみなんて言っていないで子離れしましょう。

ユーザーID:6423988491
リスクの取り方で投資スタイルはガラリと変わります。
デグレチャフ
2018年3月11日 15:13

>5万円を自由に運用できる楽しさみたいなものもある

文章表現上の問題かも知れませんが、お子さんのお金でマネーゲーム
を楽しんじゃおうという感じに受け取れます。
お子さんのお金いコール他人様のお金です。
老婆心ですが、気をつけましょうね。

まずは基本から。
名義は必ずお子さんにしてください。
ですから、重要な場面ではお子さん本人を必ず登場させてください。
トピ主さんがアドバイザーとして膨大な情報を集めて整理したり、
運用を指南するのは構いませんが、こういう目的でこういう金融商品を
購入したい/購入しているということをお子さんに説明してください。
そして、説明できないもの、お子さんの納得が得られない商品には
絶対に手を出さないでください。

その上で、ほぼノーリスクでほとんど利息はつかないが元本が保証され
ている商品(国債、定期性の預金・貯金、貸付信託など)にこだわるか、
リスクを取ってでも増やすことを目指すか、その場合、どの程度まで
リスクを許容するかを、お子さんとじっくり話し合ってください。

つみたてNISA、金融の勉強も兼ねてとりあえず始めてみるというのも
よいと思いますが、年間40万円(月額3万3000円)が上限です。
月額5万円は買えません。また、株式はもちろんですが、投資信託も
基準価格のアップダウンがありますので、必ずプラスになる(利益が
出る)とは限らないのでご注意を。

ユーザーID:7349343978
一案
匿名
2018年3月11日 15:18

元金を10万円単位として、満期1ヶ月、利息は元金に加算、自動継続の定期預金が無難。つまり1年後に元金10万円の定期預金が6口ある計算。

この定期預金の肝は、端数計算の妙で利息への課税が0円になること。従って、将来金利が上がるか税制の端数計算制度が変わるかしたら、何か別の金融商品に乗り換える必要がある。

ユーザーID:7684154749
自分で考えさせる
はな
2018年3月11日 15:35

社会人の子供の貯蓄の運用まで親が世話をする必要がありますか?
どこまで甘やかす気ですか?
呆れかえってしまいました。
文脈から察するに、息子さんっぽいですね?
娘さんであっても大問題です。

親離れ子離れのできない状態では、一生独身、もしご縁があっても継続は難しいでしょう。
あなたに何かあったら、お子さんのお金の管理は誰がするんですか?
親からお小遣いもらっていた未成年の子供じゃないんですよ。

「自分のことは自分でする」
有利に貯蓄する前に、その甘えた根性を叩き直してあげてください。
一人の人間として自立させるのが親の義務でしょう。

ユーザーID:7843133605
つみたてNISAがおすすめですが携帯からの書き込み
傀儡課長
2018年3月11日 15:39

年間40万円までしか積み立てできないので、

余るお金は生命保険にでも入ったらどうですか?

つみたてNISAを10年以上継続して、景気が良くなった時に解約すれば、貯蓄の倍近いリターンを得ることができます。

ユーザーID:5827787782
財形に勝る貯蓄は無い
まもーん
2018年3月11日 20:48

息子さんの会社に財形制度があるなら
財形以上の方法はありません。

ユーザーID:4696185151
運用はやはり本人の主体性が重要かな・・・
都民男子
2018年3月11日 23:17

十分な貯金があるなら不要ですが、ひとまず何かあった時に備えて「医療保険」に加入。
あとは「収入保障」かな。何らかの事情で働けなくなった場合に備えるという意味でお守りとして入っておく。私はネット系の保険会社のものにはいっています。
でも20代の方なら、この二つに加入しても、それぞれ月額数千円程度でかなり手厚くできます。

残りの4万円、私ならインデックスファンドを利用して、国内外、業界などを分散して長期スパンで積立てます。手数料設定は様々なので、そこは意識した方がいいと思います。

ただしまだ若い息子さんですが成人しているわけですしお母様に丸投げはよくないと思います。お母様が主導するのはきっかけとしていいと思いますが、息子さんとともに勉強し、ある時点からは息子さんに一任した方がいいでしょうね。

お母様は運用代行ではなく、投資に関心を持つきっかけと助走期間を手伝う。ある時点からは息子さんが自分の将来のために自分で対応する。それが色々な意味で健全だと思います。

でも若いうちからそういう意識をもてる息子さん、きっとご両親がしっかりお育てになったのだと思います。なんだか素敵です。

ユーザーID:3822769988
確定拠出年金とつみたてNISAでしょう
真砂
2018年3月12日 20:16

お子さんが20代ということで、
少なくとも10年程度不要なお金であるという前提で記載します。
使うあてのあるお金なら元本割れをしない変動国債や定期預金や財形貯蓄へ。


1.企業型確定拠出年金があればマッチング拠出を限度額まで行う
2.なければiDeCo(個人型確定拠出年金)を限度額まで(会社の年金制度によりますが月1万2千円〜2万3千円)行う
3.つみたてNISAを利用(最高月33333円)
4.残りは会社に1%などとても金利のいい財形貯蓄があればそれを利用

上記の順に検討していくのが良いと思います。月5万は軽く満たせます。
1−2は60歳まで引き出せませんので本当に余剰資金で行うこと。

まだ20代と若いので、確定拠出年金とつみたてNISAはできるだけ株式のインデックスファンドを多めで投資を行うのが良いと思います。
確定拠出年金は全額所得控除になるので、お子さんの所得税・住民税の節税の効果が大きいです。
インデックスファンドの投資信託で運用すると、元本より多くなったりときに元本割れもしながら20年程度で2倍程度に資産が増えていくことを期待できます。


貯蓄性保険は金融庁も顧客のことを考えていない商品であると名指しで記載している商品なので近づかないほうが賢明です。

ちなみに親であるトピ主さんたちもつみたてNISAは有用ですので
資産を目減りさせないためにやってみてはいかがでしょうか。

ユーザーID:1728100358
私だったら‥
なな
2018年3月12日 22:15

会社の財形っていいと思うんですけど、それがダメならやっぱり積み立てNISAで毎月投信買いますね。いくつかの商品に分散して投資します。
積み立て投資は若いほうが有利ですからね。

ユーザーID:4331603303
普通預金がお勧め
7717
2018年3月13日 17:06

まだ「運用」というレベルではありません。普通預金に預金して、年1回、個人向け国債変動10年を買っていきます。将来、金利が上がればスライドします。
財務省は嫌いでも個人向け国債は嫌いにならないでください。

なお、私見ですが、「保険」なるものは隠れたコストが高いので貯蓄商品としてはお勧めいたしません。保険は保険として必要なだけ入れば良いと思っています。

運用に値するなら、株式投資ですが、やったことがないとお勧めできないです。また、リスクを取るとは、どういうことなのか、勉強されてください。

ユーザーID:4803719789
「つみたてNISA」と「iDeCo」と「定期預金」
うーん
2018年3月13日 17:24

初心者が投資するなら、株より投資信託がお勧め。
中でも節税効果の高い「つみたてNISA」と「iDeCo」を選ぶべきです。
iDeCoは60歳まで解約できません。
つみたてNISAも景気によっては解約しないほうが良い時があります。

20代独身の息子さんは、これから結婚・育児・車の購入などで大金が必要になる時期です。
ですから普通に「定期預金」もしたほうが良いと思います。

保険はお勧めしません。本を読んでみてください。

ユーザーID:5672430111
いやいや
おとこ
2018年3月14日 17:35

 「家族でも金銭は他人」で突き放すべき。
 社会人なら、自分で経済のことを勉強して、自分で運用すべきでしょ。

ユーザーID:7840545945
お子さんが自分で調べて考えて自分で選んで決める
匿名
2018年3月14日 19:14

「ママ、考えて」「ママが預かり貯めておきます」って、幼稚園児か小学生のお年玉まででしょう。
本来、小学生の高学年にもなれば自分で考えさせる年齢です。

もう立派な社会人なのですから、自分で調べて自分で考え自分で選ばせましょう。
それが元本割れどころか水泡に帰しても自己責任を負える社会人というものです。
今は経済誌もありますし、ネットのマネープランも懇切丁寧です。

なぜ、財形はなんとなく嫌なのか?ここからを切り口に自分で考えさせましょう。

私は、自分のお金なのに上長印が必要であり、その他の制約が数多くある財形や、
節税と言いながら税金の先送りに他ならないideco(しかもリスクとらないと手数料割割高で旨味僅か)などは個人的な価値観により選ばないでおりますが、

基本的には先ずは550万円までは非課税財形でしょうね。
一部には利子補填がある会社もありますよ。(私の勤務先には利子補填無し)

一時的な元本割れ覚悟のうえで時間を味方につけるなら積立NISAでしょうか。

私は一時的な元本割れもくよくよする気質なので、利率がとても良く且つ預金保険制度の対象である職域信組で先取り積み立てをしています。
昔は物凄く利率の良い社内預金でした(遠い目)

ユーザーID:1867644809
トピ主です(お礼)
トーン(トピ主)
2018年3月20日 10:55

トピを開いてくださった皆様、お知恵をくださった皆様、ありがとうございます。

そこまで世話を焼くのかとあきれ返ったとおっしゃる方もいらっしゃり、少しへこみました。
様々なアイデアをくださった皆様には感謝申し上げます。

子どもとは、お金に関する話は小学生頃からしており、中学頃からはお小遣いは年払い、大学では学費の諸経費含めて4年払いなどやってきたベースがありました。
ただ、今までは使わずに出力低く過ごすことでやれていましたが、自分でお給料をいただき、管理するお金が大きくなり、そのお金を活かせていないようだったことから休日の会話となりました。

私に任せる発言は、そこそこ貯めていることへの信頼もあったようです。
私達は、夫がハイリスク担当、私がコツコツ担当でやってきました。そこそこの小金ができたのはハイリスク担当がうまく当てたからなのですが、投資の資本もない段階ではできることはありません。
何人かの方からご指摘いただいた通り、まずは300〜500位までは、とりあえずただ積むしかありませんね。

小町をきっかけに、本人も為替等は楽しく動かしていることもわかりましたので、いただいたアイデアももとに保険等含め当人と使途を決定しました。
お知恵をいただいた皆様にはお礼申し上げます。

ユーザーID:9774104693
 
現在位置は
です