現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

自閉症の治療、試しましたか。 携帯からの書き込み

トピ主
2018年3月11日 23:32

3才の自閉症の女の子を持つ母です。
2才になってすぐ発達障害を告知され、2才後半で自閉症と診断されました。
一般的には、3才にならないと診断されないなんて言われてるみたいですが、早かったです。

療育には2才前後から毎週通い、親としてわりと自閉症に馴染んでます。基本的に、本人が楽しく幸せに毎日過ごせるならOKと思ってます。春から週5日療育に通園するので、楽しみながら成長してほしいです。

それでも最近、色んな方法で自閉症が改善された例に興味が出て、我が子にも試したいと思うようになりました。改善できるかもしれないのに試さない手はない!です。

実際、栄養療法をしています。
血液検査、尿検査、毛髪ミネラル検査をして、検査結果から足りない栄養素や排出すべき毒素がわかり、必要なサプリメントを摂っています。
効果はありました。
パニックがなくなり感覚過敏がおさまりました。目も合いやすくなりました。
栄養療法を始める前は、本人も親も感覚過敏やこだわりにとても困っていたので、改善してかなり生活しやすくなりました。

これだけでもありがたいことです。
でも、ほかにも自閉症の治療方法はあって、重度と言われていた子が普通学級に入れたりした例があるそうなんですよね。
いまの娘は、口を開けば喃語なので障害児なのがすぐわかるかんじです。また、意思をうまく伝えられずに泣いて、親も娘が何をしたいのかさっぱりわからなくて、親子で困るときもしばしばあります。そういうところも改善できるなら、改善させてあげたい。

自閉症は完治しないというのは承知してます。
治療で改善するというのは、栄養療法で改善した部分があるので、信じています。


自閉症に限らず発達障害の子をお持ちの親御さん、なにか治療を試したことありますか?
どんな方法で、どんな効果がありましたか?

ユーザーID:5933597308  


お気に入り登録数:155
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:59本

タイトル 投稿者 更新時間
私は懐疑的に見ています。
ナスカ
2018年3月12日 13:29

親の思いにつけ込んで商売している人もいます。
そのサプリも確か結構高額ですよね。
私は、その様な事には懐疑的に見ています。
別の物で健康被害があった事例も耳にしていますので。

お嬢さんはまだ幼く成長と共に色々な変化が出てきます。
成長したから変化したのか
その療法が合っていたからなのか
検証するすべはありません。
試さなかったお嬢さんと
試したお嬢さんの経過を比較して初めて効果があったと言えるのだと私は思います。
そういう事は出来ませんよね。
息子はその様な治療法を試さずに成長と共に変わった部分もあります。

騙されている、と言うつもりはありません。
効果があるのかもしれません。

改善する方法があるのなら試したくなるのは当然の感情だと思います。
ただ、慎重にされた方がいいと思います。

成長段階の幼児に、もしも今後に影響がある様な事になっては困りませんか?
お嬢さんの人生は長い。
改善する事を望んで健康を害する事があってはいけない。
くれぐれも慎重に。

本当に良いものなら、多くの人が利用しているし、どの医師も勧めるでしょう。
誰もが利用していると思います。
誰だって我が子の事を思っているのですから。

時には立ち止まって周りをよく見て情報を集め、冷静に考えて行動されるといいと思いますよ。

ユーザーID:3287079477
睡眠が大事です
PIKKORO
2018年3月12日 23:04

おつかれさまです。頑張っていらっしゃいますね。
私が自分の子供が3歳の時は良く隠れて泣いていました。

小児神経科の先生に言われた事ですが、とにかく睡眠の質を上げる事が重要です。睡眠と脳の発達は切っても切り離せない関係です。睡眠中の脳の発達は睡眠中にしか得られず、他の何でも代用できなく、しかも過ぎた睡眠は二度と取り度せないのだそうです。

自閉症だと睡眠障害の子は多いですよね。生活時間が乱れ気味ならば整えてあげて下さい。

20時就寝は絶対です。これが一番重要です。21時ではホルモンの関係でダメなのです。20時に寝るために6時に起きます。3歳だと昼寝しないでしょうか?昼寝しないならば7時起床でもいいかも。昼寝するようならば1〜2時間以上は寝かせず15時には起こす。(20時に寝られないため)トータルの睡眠時間は11〜12時間がベスト。
20時就寝を厳守し、「暗く」「静かな」環境でぐっすり寝させてあげてください。トイレ、おねしょで起きないようにオムツでいいと思います。

ここでは字数が足りずに詳しく書けませんが、安眠の方法はネットで調べれば沢山出てきますので試してみて下さい。すぐに効果は出ませんがこれだけでだいぶ違ってくると思います。

あと聞いたことあるかもしれませんが、腸内環境を整える事。腸内菌と自閉症の関係があるとの発表があります。(自閉症はお腹弱い子多いですよね)

あとうちの子は三角頭蓋ですね。お子さんは違いますか?三角頭蓋ならば手術で自閉症が良くなるという報告もあります。我が家は選択しませんでしたが自閉傾向が重度なのであれば選択の余地はあるかもしれません。

あとは本当かどうか分かりませんが、三角形のもので遊ぶといいと聞いたことがあります。斜めの線を認識する力と言語の発達が関係しているとかなんとか。

つらつらと失礼いたしました。

ユーザーID:6334262845
何をやっても、健常者になることはない。
んー
2018年3月13日 5:54

私や友人の子も、主さんがやっている療法をしていたことがあります。
自閉症関連の療法を、親通しの情報交換で乗り切ってきました。
今思うと、親の安心料と療法依存が中心になった時期もあります。
そして、なるべく長く続けて成果、効果が見えた時に、親子で乗り越えた感があります。
しかし、発達障害はそれだけでありません。
年齢に応じた対処の仕方があって、食事療法、行動療法、医療に向き合いながら、らせん状に進んでいくと実感しています。
これをやれば、あっちはだめというか、極端な成長が見えたり。

子どもの得意なこと、興味を持っていることも将来に向けて、自分で過ごせる時間が必要かなと思います。
ST,PT,OT、いつまでも頼れない。
できる事を提供して伸ばせたらと思っています。

療法ばかりに頼っていて、本当にやらなけれないけないことを見落としがちにならないようにしなければと思います。

大人になって施設に行かれた方のお話をききますと、青年期に向けての変化など、今までやってきたこと、費やしてきた療法は何だったのかと考える親は多いです。

療法は、効果がでたとみえるのであれば、維持できるよう親が努力するのみです。
頑張ってください。

ユーザーID:8853828300
医者に受診し、療育を受けただけです
えっとね
2018年3月13日 16:00

 自閉症自体が一生お付き合いしていく疾患なので、コントロールできてナンボの疾患だと考えています(私自身は小さい頃より違う持病がありますのでその経験上ですが)。うちの場合は息子が自閉ですが。

 治らない疾患は悪徳業者につけこまれるのが常です。家の親も何度もそれに振り回されました。親の罪悪感がなせる技なのでしょうが、何かを試すたびに私は治らない現実をつきつけられて絶望したものです。

 食事を変えただけで症状が軽くなるなら、今頃学会で画期的な方法とされて発表され、それが標準治療とされるはずです。ですが、残念ながらそうではない。エビデンスがないものは治療とは言いません。神社の願掛けやお守りと一緒。治験ならば多少の希望もある…といったところです(以前点鼻薬の治験がありましたけど、エビデンスが立証されたかは不明)。

 お子さんのパニックや感覚過敏がなくなったというのは、歳があがっていろいろ経験を通して、自分のこだわりと折り合いがつけられるようになったからです(療育を受けていなくてもある程度ならばそういう部分は成長する)。感覚過敏そのものはなくなったというよりは、我慢ができるようになった…というだけのことなので、お子さんがものすごくがんばって適応行動をとっていると認識されてくさださいね。


 なお、うちの息子の場合、適切な療育と医者の指示とペアレントトレーニングにより、それなりの成長をしています。療育手帳は非該当ですが、支援学級に所属しています。が、実質普通学級にいる時間のほうが長いです。お友達ともそれなりにこなし、癖はあるものの年頃の男子として成長をしています。普通学級でやっていくことがゴールと勘違いしている人は多いですけど、自立することがゴールです。

ユーザーID:1478325869
オキシトシンを増やす
ツナマヨ
2018年3月14日 12:59

自閉症スペクトラムの4歳の子供を育てています。
私は、オキシトシン投与に期待しています!
今はまだ試したことはありませんが、オキシトシンが増えるように、
スキンシップをしたり、トリプトファンを含む食材を食べさせたり、
出来ることからやっています。
オキシトシンを意識し始めて1年くらい経ちますが、コミュニケーション面はグッと伸びた気がします。

ユーザーID:9381340909
効果あります携帯からの書き込み
たこ
2018年3月15日 19:14

うちも
軽度の自閉ありの発達障害です。
高いお金を払い、遅延型アレルギー検査をして、できる範囲で除去食にして、サプリを飲んでいます。その上で、ストラテラを服用しています。現在五年ですが、学校でも問題なく
通えています。あと五年したらオキシトシン点鼻薬も使えるようになるというニュースをきいて、楽しみにしています。アレルギーの検査をして驚いたのは、子供が嫌いだったものに遅延型アレルギーがあった、という事です。自分で自分の不調を感じとっていたのかな。と。
なぜこの検査を受けようと思ったのかは私自身が、周りの発達障害のお子さんを見ていて感じたことがあったからです。それは、共通して、顔色の青白い子が多い、また目の下にクマのある子が多い、あと末端が冷えている子が多い。という事です。健常な子には、頬っぺたの赤い健康そうな子が多いのに比べて相対的にその様な子が少なく上記のような子が多いと。栄養が行き届いていないように思えました。そして遅延型アレルギーの検査を受けて説明をきいて納得していまは治療を続けています。障害のある子はそういったものを受けやすく腸が破壊されてスカスカで、栄養が行き届いていないと。健常の子は小麦をとってもダメージを受けにくいそうです。

だからこれからも続けるつもりです。
主さんもこれからも頑張って下さいね。各方面からアプローチすることにより少しでも生きやすくなればいいですよね。私も、無駄に終わることもあるかもしれませんが、色々試してみようと日々やっています。とりあえずやってみて考える!なんでも自分の目で判断する!これが私の方針です。

ユーザーID:9325285059
考え方は同じです。
通りすがり
2018年3月16日 2:32

4歳自閉症男児の親です。
私もトピ主さんと同じ考えで、試せるものは試そう!少しでも効果があるなら儲けもの、と思ってアレコレ調べては、試せるものは試してきました。

その結果…結局、今の時点では代替療法と言われるもの全て効果が立証されている訳ではなく、効果がある、あった!と言われているのは年齢や経験値で変わっただけなのでは?という結論に至りました。
自閉症の症状が落ち着く、改善されると実証されているのはABA療育のみ。だと今は思っております。

結局、環境を整えて本人が安心して過ごせる場を作ってあげること。それが一番効果がありました。
グルテンフリー、カゼインフリー、漢方、サプリ、、などなど、親の労力に効果が見合っていません。神経すり減らして努力しても、1年かかって効果がある…かな?あるような?でも自然に成長しただけかな?
ってそんな程度です。
本人が楽しく通える療育、幼稚園保育園、それが一番です。療育園に週5通うなら、個別療育を行ってくれる民間施設も併用するとより効果があると思います。

お互い、将来後悔することの無いよう、頑張りましょうね。

ユーザーID:7966416092
お気持ちはわかります
とくめい
2018年3月16日 3:32

私も体験談を含め情報収集に奔走した時期がありましたが
栄養療法そのものは「親の願望や思い込みを満たす以上の費用対効果はない」
というのが結論ですね。

>パニックがなくなり感覚過敏がおさまりました。目も合いやすくなりました。

これを栄養療法の効果だと言い切る根拠は何ですか?
トピ主さんがお子様に毎日適切な働きかけをし続けた事で
栄養療法とは関係なくそのような成長をした可能性はありませんか?

私には、トピ主さんが効果としてあげている内容は
栄養療法を取り入れていなければ有り得ないほど劇的なものには思えませんし
栄養療法で子供が普通級に通えるようになった=治った!というブログも
文字通り「普通級に通えるようになった」というだけの話で
普通級の中でも遜色がなくなった…という話ではありませんよね?

日本にはまだ、栄養療法を正しく指導できる専門家が殆どいない印象なので
経済力に余裕があるご家庭がダメ元でやってみる分には良いと思いますが
家計を切り詰め、思い詰めてまでやる物ではないというのが率直な意見です。

ただし、腸内環境を改善する取り組みだけは、やって損はないと思っています。

ユーザーID:5284872479
思い込み…携帯からの書き込み
かや
2018年3月16日 19:49

自閉症のこと もっと勉強なさっては?
栄養療法で症状が改善したと思いこんでいるようですが、年齢的なもの、療育での経験、お子さんの力で改善されただけのことであって、栄養療法やサプリメントが直接的に自閉症の改善につながるという考えはやめた方がいいですよ。 身体が必要としている栄養素を摂取するのはいいことです。ただ、それが自閉症の改善と結びつくと信じているのは間違いです。
重度の子どもさんが普通級に行くというのも、ないことはないです。ただ、重度の判定基準が正しいものなのか、普通級に通うことも関係機関の正しい判断があってのことなのか疑問も多いです。いずれにしても、トピ主さんの考え方は偏りがあるように思え、もっと自閉症、療育について知ってほしいと思います。

ユーザーID:4596883316
トピ主です携帯からの書き込み
トピ主(トピ主)
2018年3月17日 2:35

皆さんありがとうございます。

自閉症など発達障害の治療が一般的でないのは、ひとりひとり症状などが違って、ある方法で効果がある子がいれば効果ない子もいて、これで良くなる!といえないからなんでしょうね。

たまたまうちは栄養療法で改善しましたが、仮に栄養療法のせいじゃなかったとしても、どちらでも良いと思ってます。本当に親子ともに困っていた症状が、栄養療法を始めた途端にはっきりわかるくらい大きく改善されたので栄養療法のせいだと思ってますが、改善されたこと自体に感謝です。ちなみに、知人の子は乳タンパクの過敏検査をしたら反応がとても高く、乳製品を絶ったら数日で強いこだわりが軽減されて驚いたそうです。うちの子も乳タンパクに高い反応が出ましたが、乳除去して3ヵ月しても変わらず、いま少しずつ乳を含む食べ物を摂りはじめています。ほんとに人それぞれですね。
食事改善やサプリメントは健康にプラスになるだけで副作用など無いので(定期的に通院して検査で数値を確認してサプリ飲んでます)、リスクは特にないと思ってます。

色んな治療方法がありますが、確かにあれこれ手出ししないほうが良いですよね。

三角頭蓋骨ははじめて聞きました。おでこを触ってみましたが、多分違うみたいです。ありがとうございます。

20時までに就寝。なかなか難しいですが心がけてみます。教えてくださりありがとうございます。よく寝る子ですが夜中うなされる時があって睡眠は浅そうです。

腸内環境について。栄養療法の一環で検査したところ、腸内環境は良かったです。悪いだろうと思ってたのに結果は良くて、わからないものだなと思いました。

いま、「脳はいかに治癒をもたらすか」という本を読んで、サウンドセラピーに関心があります。この本ではカナダでの治療が紹介されてますが、日本でもできるようです。

ユーザーID:5933597308
エビデンスあります
ブタミン
2018年3月17日 13:51

10年前に厚生労働省が行った科研に参加しました。

3歳の発達障害のある子どもを、市の療育センターや、保育園、幼稚園、民間の療育などのいくつかで、それぞれ2年間育てて、どれだけ伸びるかを記録するという説明を受けました。

当時3歳4か月の娘は自閉症の診断が出ていて、療育センターに週1.5回通うも発語はなし、親の顔さえわかっているのか?手を離せば一瞬で逃げて自分から戻ってくることはありませんでした。

紹介してくれる方があり、ABA療育の会に見学に行きました。参加している子どもたちが落ち着いているのをみて、こんなふうになれるならと入会しました。

ちょうどその時期に上記の科研の募集をしており、運よく参加できました。

週に1回先生に見てもらい、その子に合わせた課題(言葉とか動作模倣とか)の設定と教え方を教わり、毎日親も見よう見まねで1時間は教えました。
初めは興味を持たせることさえ大変でしたが、半年で言葉が出て、4歳にしてやっと成長のスタートラインに立ったようでした。物の名前や大きい小さい、などひとつひとつ教えていくことで、行ったり来たりしつつもゆっくり成長しました。

結果、ウチの会が、一番エビデンスがあり、それまで見向きもしなかった学会で、代表が講演をしました。


2年(結局集中療育は3年しました)はかなり大変で、兄弟にもがまんをさせてしまったので、親だけで行うのは難しいと思います。会で先生の育成や派遣を行っていますが、今後、公の支援(助成)が出るように国に働き掛けていくそうです。

知的に遅れもあり、小学校、中学校と支援級に通っていますが、今では家事の手伝いをし、誕生日に手紙を書いてくれたり、一緒に映画を見に行ったり、ダンスのイベントに参加したりと落ち着いて過ごしています。

食事の内容にはあまり気を遣わなかったのですが、みなさんのお話も興味があります。

ユーザーID:0923139027
ABA(応用分析)療育、栄養に気を遣う
今七歳です
2018年3月18日 13:36

サプリメントやキレート系は否定されがちですが、
一時期話題になって、それらに飛びついた親御さんのブログを読むと、頑張っても聞かなかった方、かなり改善された方色々ですね。
漢方も実績があるようですが、かなりお金がかかるので、うちはとても無理と思いあきらめました。

でも、健常児でもこれを食べると切れやすい子供になるとかそういうのありますよね。うちは年中さんあたりから、心が安定するギャバが入っているという発芽玄米を少しずつ混ぜ込んで食べさせていました。幼児期からのサプリも色々出ています。パイナップル味のカルシウムと脳に良い物質が入っているサプリとか、生協で出ているゼリーになっているマルチビタミンのようなものとか。

>いまの娘は、口を開けば喃語なので障害児なのがすぐわかるかんじです。

この状態なら、ぜひ他の方もあげているABA療育を。「つみきの会」に入って、お母様ががんばればかなり改善するかと。
うちはずいぶん生活がしやすくなりました。

ユーザーID:0831423145
トピ主です2携帯からの書き込み
トピ主(トピ主)
2018年3月18日 17:57

かやさんまでお読みしました。
皆さんありがとうございます。

ちょっと思うのは、うちが実践した栄養療法を始めて子どもに変化が見られたのが1-2週間後かそこらだったのです。
具体的にいうと、血液検査の結果、娘には亜鉛が不足していて、体内の亜鉛と銅の比率が理想とは逆の数値でした。そのバランスでは精神が興奮しやすいとのこと。そこで足りない亜鉛を補ったところ、1-2週間くらいでやたら叫ばなくなり落ちつきがでてパニックも激減したんです。この頃目が合いやすいよね、と夫と確認したのも同じときです。
亜鉛→落ちつき
この他にも感覚過敏やこだわりなど改善点があり、すべて数日以内〜3ヵ月の期間で大きく変わりました。

栄養療法のせいではない、たまたまだ、と考えることはできますが、我が家では栄養療法の結果だと考えるのが自然と捉えています。
実際、病気をしたあとはパニックやこだわりがまた出ましたが、数日したらまた落ちつきました。このことから、体調と症状はかなり関係していると考えています。

治療について懐疑的な方がいるのはもちろんわかります。本当に効果あるのかないのかは、子どもによりけりだと思います。栄養療法に限らずほかの治療方法でもそうですね。

いくつか治療を試してみて、療育が一番よかったという結論を出された方たちのご意見、参考になりました。

ユーザーID:5933597308
過剰摂取には気をつけてね
ナスカ
2018年3月20日 14:54

〉食事改善やサプリメントは健康にプラスになるだけで副作用など無いので(定期的に通院して検査で数値を確認してサプリ飲んでます)、リスクは特にないと思ってます。

過剰摂取による健康被害もあるから、検査してもらうのは勿論、トピ主さんもちゃんと知識を持ってチェックしてあげてね。
たまに医師が過剰摂取の危険性に気づかなかった、って話もあるから。
亜鉛も長期に渡って過剰摂取があると、銅や鉄の吸収阻害など起こしやすくなるからね。

ちゃんとそれなりに知識を持って、納得の上されて、いい結果に繋がればいいですね。

ユーザーID:3287079477
効果がある人もいる
サム母
2018年3月22日 12:59

トピ主さんの娘さん、栄養療法の効果があってよかったですね。
万人に効かなければ、治療法として認められないのがもどかしい所ですが、私もそこそこ調べて、効果がある人もいるという認識です。

それは発達障害の素因によるのでしょう。
乳製品や小麦粉の摂取で発達障害の症状が強く出る人、ある栄養素が不足することで症状が強く出る人、環境要因(気圧、紫外線など)による人、特に影響を受けるものはなくそのまま特質をもつ人など、それぞれなのだと思います。

治療法として認められようと認められまいと、乳製品を控えたら発達障害の症状が和らいだという方の体験を読むと、納得します。

他の方も書いていらっしゃいますが、発達障害を抱える人は腸が弱い人が多いそうです。

わが家は一家で発達障害薄いグレーかなという家族で、食べ物で症状の改善とまではいきませんが、体調の改善はできそうなので、小麦粉・乳製品を控えめにしています。
最初は、息子の発達障害を心配し、控えたのがきっかけです。
私自身は、特に小麦粉をほぼ控えたおかげで生理痛が劇的によくなりました。パンなどを数個食べるとぶり返します。

とりとめもないことを書きましたが、サプリメントは添加物も入っていますので、そこに気をつけながら、過剰摂取とならないよう気をつけていってください(私はサプリを飲むと体調が悪くなりますが、どの添加物に反応してるのかわからないため、サプリ系は飲まないようにしています。主成分に反応してるかも分かりませんが)。

ユーザーID:6001127340
後押しお願いします携帯からの書き込み
トピ主(トピ主)
2018年3月23日 16:48

トピ主です。別トピにしようか迷いましたが、いただいたレスを受けてのレスなので、ここに投稿させてもらいます。

ABAのことは名前は知っていましたが内容はあまり知りませんでした。
内容を読むとこれまで療育で教わってきたことと同じで、言葉がけなどはそのようにしてきましたが、毎日1時間集中してするとなるとかなり違うと思います。

ABAに興味ありますが、親ががんばるもので、一歩踏み出すのに勇気がいります。
言葉は心配なので、言葉が飛躍的に伸びることを期待できるなら、努力するつもりです。
つみきの会のサイトを見たら、DQが下がった子もいて、うちも下がらないか気になります。
ABAをされた方、後押ししていただけませんか。

娘の状態について書きます。
良いところ→
日常的に困らないほど指示は通る
手をつないで歩ける(いきなりどこかへ行く心配なし)
おおむね機嫌が良い
お友達に手を出さない
母子分離できる

改善してほしいところ→
喃語の独り言
お友達に関心が薄い
自分の世界に入りがちで、習い事の最中でも勝手に行動する

家庭の状況→
週5で通園。帰宅15時半頃の見込み。
幼い弟妹あり。毎日1時間集中して家庭療育はできなさそう。細切れにならできそう。

ABAをされた方、アドバイスいただけたらありがたいです。

ユーザーID:5933597308
まずは自閉症のことを正しく知るべきです
うーん
2018年3月25日 22:32

 トピ主さんは療法という名がつくものにコダワリすぎだし、発達障害や自閉のことを理解できていないと思いますが。自閉を知り、お子さんのことを正しく知る。まずそこからでは?ABA療法の大原則でもありますが、基本的にはお子さんのことを正しく知っていてこそ役に立つものです。
 亜鉛にしても今はどちらかというと過剰摂取で受診される方も多いです。もっとも、自閉の子は元から運動障害もある場合もありますので、亜鉛が原因か元々のものか判別はつかないかもしれないけど。

 自閉と言っても、子どもによってその状態は全く違います。おなかが弱い子が多いというレスがついていますが、どちらかというとその原因は感覚過敏やこだわりによって食べるものが限定されている故の場合が多いです(ちなみに我が子は食べるもののこだわりがそれほど強くなかったので、身体的な不調は全くなく、体も大きいです。アレルギーとはまた別の問題なので区別していただきたいものです。)顔色が悪いのは睡眠障害に由来する。手足が冷たいのは、環境変化や刺激で常に緊張し、ストレスを必要以上に感じやすく交感神経が働き通しだからです。

 検査やなぜ数値の変動が起こりうるのかを正しく理解できていないのも問題です(情緒支援系の支援が手厚いほうがいいタイプの子は低年齢であればあるほど、検査結果が検査者や環境によって乱高下することがある。折れ線型と呼ばれるタイプの自閉の子はそういう数値変動をする)。

 それに親が頑張るといっても、全く同じことで頑張ることがずっと続くなら、関わり方を根本から間違えています。子が楽になれば親も楽になります。だからこそ、リアルで相談し、指導を仰ぐ必要がある。うちは集団療育だけでなく、個別でも言語聴覚士(ST)がついています。運動障害のある子はそれに作業療法士(OT)もついています。親1人でつっぱしると弊害しかないですよ。

ユーザーID:1478325869
あと全般的に言えることですが
うーん
2018年3月25日 23:06

 自閉症児への関わりでよいとされるものは、定型発達の子にとっても親切丁寧設計ですので、下のお子さんにも適用、あるいは応用が可能です。
 そして、普通の親子は家庭で1時間、集中して関わるなんて無理です。当たり前ですが、できるときにできることをすればよろしい(なお、これは発達検査を受けた際にフィードバックを受けた時に言われたことです)。

 実はうちにも自閉のある子のほかに定型発達の子が1人いたりするのです。が、興味の持つ分野が突出していたり、ルーティン行動へのこだわりが非常に強かったりするので、行動が読みやすかったり、環境を整えてやれば日常生活上の技術や規則正しい生活をを身につけるのが非常に簡単だったりします。それゆえの問題ももちろんありますが、下手をすると定型発達の子よりその辺が楽です。まあ、あくまでもうちの場合ですけどね。

 ただ、不測の事態(ルーティンを阻害されること)や応用力は定型の子が圧倒的に強いですね。ただ、それも経験を積み重ねたり、予告をしたりするようにすれば、本人が不安なくすごすことができるようにもなりますし。


 それと1つ聞きたいのだけど、
>喃語の独り言
>お友達に関心が薄い
>自分の世界に入りがちで、習い事の最中でも勝手に行動する

 これって、困ることですかね???独り言の何が困るの?お友達に関心が薄くて何が困るの(うちもそうなのですが、それで困ったのは人の名前を覚えないことくらい(ただし自分にとって重要な相手は覚える)で、一定の社会性(挨拶ができるとか)さえ身についていれば大きなトラブルに発展しない)?習い事で勝手に行動するのはなぜ(というか何に反応している)?
 そもそも定型の3歳でもそんなものなんですが…ただ、定型の子との大きな違いは言葉をしゃべれなくても聞いた言葉を理解しているかという点です。

ユーザーID:1478325869
実際にお子様を診ている担当者にご相談ください。
末端関係者
2018年3月26日 19:46

主様が、お子様の為に出来るだけの事をしたいと言うお気持ちは良く分かります。

>春から週5日療育に通園
であれば、お子様の事は、実際にお子様を診ている専門家に相談する事をお勧めします。

私も療育に末端の方で関与していますが、保護者と専門的な立場では見方や評価が異なる事が多々あります。保護者の方からの情報は非常に大切ですが、どうしても主観が入ってしまう方が多いです。
主様ご家族には関係の無い事かも知れませんが…ご両親や親族の方に似た傾向をお持ちの方がいらっしゃる事も多く、第3者の視点が重要な場合もあります。

私達夫婦は共に小児科に関わる仕事をしてますが、自分の子供の時は主観が入り冷静に判断が出来ない可能性を考慮し、重要な決断が必要な時は第3者に診て頂きます。

主様視点で見た情報を元にアドバイスを求め、お子様に適した情報が得られる事もあれば、お子様のタイプや時期には合わない可能性があります。
資格を持った医療従事者は
・患者様を診ずにアドバイスする事を避ける
・アドバイスするのであれば、前置きした上で一般的な事を言う
傾向があるので、ここでお子様に限局した具体的な解答を得る事は難しいと思います。

>内容を読むとこれまで療育で教わってきたことと同じ
と感じるようであれば、遠慮なく療育関係者に直接質問してみたら良いと思います。

それから栄養・環境・生活習慣・療育等、何かをしたら体には必ず何らかの形で影響します。影響の大小があるだけです。
日本のように(公的)医療保険制度のある国は、療育を含む医療に公費が投入されますので、公費を無駄なく有効利用する為、コスパの良い=最大公約数的結果が得られる治療方法が標準治療として採用され易いです。自費なら自己責任だと思います。
ただ成長と共に、今まで問題なく口にしていた物を嫌がるようになるお子様もいます。
それもご理解ください。

ユーザーID:8807856185
うーんさんに同意します。
ナスカ
2018年3月27日 14:31

〉改善してほしいところ→
〉喃語の独り言
〉お友達に関心が薄い
〉自分の世界に入りがちで、習い事の最中でも勝手に行動する

どれも自閉症の特徴ですよね。あっちゃいけませんか?
自閉らしさを受け入れられない・否定する事は、お子さんのあるがままを否定する事になりませんか?
自閉症のあるなしに関わらず、あるがままを受け入れてもらえないのは子供にとって辛い事になると思います。
うーさんのおっしゃる通り、まずはお子さん自身を、心を含めてよく知る事、理解する事が大切だと思いますよ。
何故独り言を言うのか、勝手に行動するのか、理解していれば違う見方になってくると思います。

お子さんの事を心配し、少しでも社会で生きていける様にしたい親心は痛いほど判るんです。
でもね、子供の心を見ずに親の目線の改善を望むと、子供を自分の思う様にしようと支配する事に繋がります。
支配する・支配される関係は好ましいものでしょうか?

独り言はきっとお子さんにとって必要なもの。
でも静かにしていないと困る事もありますよね。
そういう時に、お子さんに出来るだけストレスを感じさせない様に違う方向へ持っていけないか?
そういう発想なら私も理解できます。
でもトピ主さんは改善させたいもの、として捉えている。
そういうところが、お子さん(の心)を見ていないと感じるのです。

ついでに書きますが、お腹の弱い子が多い、というのは私は初めて聞きました。
大人の当事者や親御さん達との会話で、それで困っている会話は聞いた事がありませんでした。
一人、お腹が冷えやすい、って言ってた人がいますが、寒さに弱い人で感覚過敏の一種かと思ってます。
うーさんの説もごもっともですが、発達障害の子はストレスを感じやすいので、過敏性腸症候群にかかりやすいのでは?と思いました。
うちの子はストレスがかかるとよく吐きます。
でもお腹は丈夫です。

ユーザーID:3287079477
 
現在位置は
です