現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

あの日あの時、携帯・スマホ・LINEがあれば…話あります? 携帯からの書き込み

りんご娘
2018年3月14日 18:27

40代後半です。
今は本当に便利な世の中ですよね?
待ち合わせだって遅れそうなら「ごめん先に始めてて〜」で済むし、電車が遅延になるのも駅に行かなくても分かったり…

私が学生の頃や20代の独身時代に理由も分からずに待ちぼうけにあったり、逆に正当な理由があるのに待ち合わせに遅れて相手を怒らせたり…いろいろありました。
そんなこんなが引き金でお別れする事になった恋もありました。

みなさんの中でも、あの日あの時に携帯・スマホ・LINEがあれば…のお話ありますか?

ユーザーID:8222102176  


お気に入り登録数:35
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


タイトル 投稿者 更新時間
夫のお迎え
To-kumei
2018年3月14日 19:47

地方在住です。 夫は車通勤で、退勤後にお酒を飲む予定があるときは私が送迎していました。

その夜も迎えに来るように電話がありいつもの場所に迎えに行きましたが、いつまで待っても姿を見せません。
でも、連絡手段が無いので車の中で1時間以上は待ったかと思います。

だんだん腹が立ってきましたが深夜でもあり、動くに動けませんでした。

すると、私の車の横にス〜ッと近づくものがあり、見ると気まずそうな顔をした夫。

お酒を飲んで気持ち良くなって解散した後、当然のようにタクシーに乗り込んでしまったそうなのです。
タクシーで帰ることなど殆ど無いのですが…。

ところが家に帰っても私が出てこないところで気がつき、慌てて別棟に住む私の父に軽トラの鍵を貸して欲しいと頼みました。 (我が家には他には軽トラしか無い)
いつもは早く寝てしまう父がたまたま年賀状を書きながら起きていて、飲酒運転になるだろうと叱られて、父の運転で私の待つ場所へ。

職場でもそれなりの地位にいて、いつも堂々としていた夫がすっかり酔いの醒めてしまって神妙な様子だったので、却って可哀そうになってしまいました。
私の父も普段はそんな夫に対して少々遠慮気味のところがありましたが、父に叱られて30分以上の二人きりの空間は何とも気まずかったと思います。

その二人も今はもういませんが、携帯からスマホに変わりその便利さの恩恵を受けながらあの時のことを懐かしく思い出します。

ユーザーID:1775933199
あるある…
璃玄
2018年3月14日 20:58

・待ち合わせ場所で会えなかった時(笑):後で話してみたら実は凄く近くにいた事がありました。
・次は留学準備:事前の調べものや手配とか、もっと手軽にリアル情報を入手できたと思う。
・そして一人暮らし時代:毎日作っていた料理写真をUPしたかったです!

ユーザーID:1477466624
いやいや
平行三角形
2018年3月14日 21:02

しばらく前に携帯電話が普及し、待ち合わせなどは随分便利になりました。

しかし、それらが無いときには不都合があったかもしれませんが、皆思慮深く行動していたのではないかと思います。

当時、駅には伝言掲示板なるものがありました。

想いがかなわぬことがあったとしても、人はそれぞれの時代を生きているわけですから・・・

ユーザーID:9588664867
別れずに済んだけど・・
すみれ
2018年3月15日 12:09

50代です。携帯スマホがなかった頃、かつて都内の駅には伝言板(黒板)があってそれにびっしり伝言が残されてたの思い出しました。あとアドレス帳は必須アイテムでしたね。

彼氏とデートで、ふだんは行かない六本木のとある書店で待ち合わせ。
私がデートによく遅れて行ってたので彼氏怒っちゃったのかな・・もしかして事故にでも?・・とか不安で泣きそうになりながら2時間くらい待ちました。

あっ!と彼氏の実家を思いつき電話してみると彼のお母さんが出てくれて。
「すみれちゃん? 息子もずっと待ってるって電話があったわよ。」

なんと彼も通り向いにある別の書店(確認不十分でした)でずっと待っててくれてたんです。

けんか別れにならなくてよかったです。
あの日、携帯スマホがあったらあんな思いしなくても済んだのにとは思うけど
この件があってから、かえって彼氏の存在をよりいっそう感じるようになったのでよかったのかな。

彼は現在の夫です・・

ユーザーID:1156019484
書店で
にゃん
2018年3月15日 17:26

某書店で立ち読みしていたら、外国の方に声をかけられました。
食い下がられて、お茶をした後連絡先を聞かれましたが、
実家住まいのため言えませんでした。
携帯電話があれば教えていたかもしれません。
21歳の時の出来事でした。

ユーザーID:5720688318
ポケベルもなかった時代。
おっほっほ婦人
2018年3月16日 2:19

トピ主さんと同年代です。

夫とつきあっていた頃、駅には連絡用の掲示板があった時代でした。 夫は仕事の関係で寮に住んでおり、普段は夫の方から私の自宅(実家)にかかってくる電話で連絡を取っていました。

ある日、夫と会う約束をしていたのですが、いつも時間に正確な夫が30分待っても現れず。一か八か公衆電話から寮の休憩所に電話をかけてみると、電話を取ってくれた人が夫の部屋を見に行ってくれ、夫を電話口に連れてきてくれました。夫は寝ぼけた声で「ごめん。今からすぐ行く。」 休憩所にたまたま人がいてくれたこと、そしてまたそれが私も知っている人だったこと、とラッキーが重なったのでした。 


また別の日。ある駅のホーム上で待ち合わせをしていたのですが、夫が現れず。もう来ないかな、帰ろうと思い、自宅方面に向かう電車に乗りました。 電車のドアが閉まり走り出し、ふと隣のホームに目をやると、夫の姿が! 次の駅で慌てて降りて引き返し、夫と会うことができました。 ちょうど、私が帰るために乗った電車が発車する寸前、隣のホームに着いた電車に乗ってきた夫が降りてきたところだったのです。 夫曰くその前日に降った雪の影響でダイヤが乱れていて、いつもは特急で来るところ、各駅停車しか動いておらず時間がかかってしまったと。 

あの時代に携帯電話があったら、どんなに便利だっただろうなと思います。 でも、実家の電話や公衆電話をフル活用してなんとかしていた時代、それはそれで懐かしいものですよね。 

ユーザーID:5928593795
ない
タコ子
2018年3月16日 22:25

ないです。
むしろ逆です。
昔は改札横の伝言板を見たり、呼び出し放送した友人もいました。
待ちあわせには色々ありましたが、みんな頑張ったと思います。
私も随分と待ち時間に費やしました。
でも、今も相変わらず待たされます、むしろ今のほうが平然と待たされます。
ラインを含むSNSチェックなど細かいのを含めると相当です。
まず待ちあわせは遅れるとメールすりゃいいってなもんで平気で待たせます。
連絡済みなのであっけらかんとゴッメーンだけで平然としてます。
待ち時間は絶対に増えました。
そしてSNSの着信更新。ちょっとゴメンとは言え本当に白けます。
昔待たされたのと今待たされるのは質が全く違いますが、今は本当にどうしようもないです。

ユーザーID:4870823391
そりゃそんなこと言い出したらキリがないけど
cello
2018年3月19日 22:02

むしろスマホのなかった時代に戻りたい…と思うことがありますね。
あーそういえば聞いた話ですけど、バイトの面接に行くのにスマホ忘れちゃって
バイト先の住所も電話番号もわからなくて、おまけにバイト先の会社が
住宅街の中のちっさい建物で、看板も出していなかったから、
さんざん道に迷った挙句たどり着けなくて、面接受けられなかったって話がありましたね。
ま、こんなの携帯やスマホがどうこう以前の問題ですけどね。

ユーザーID:9151868488
高校生の時くらいに、パソコン、携帯あれば
ライブ
2018年3月20日 21:21

コンピュータ、IT関連の仕事をしていたと思います。

80年代初期とかには、あくまで私の感覚でですが(田舎者で近くにハイテク産業なるものもなかったこともありますが)、社会は完成してしまっていて、新たな産業というものを感じられない社会だと認識していて、若者にとってフロンティア的な職業として魅力を感じられるものがありませんでした。

営業職、事務職、公務員、工場作業、なにひとつやる気の出るものがありませんで、30過ぎまで、ビデオ屋、水商売など転々の人生でしたね。

パソコン携帯が出始めたのが30過ぎてから。
「これは、やりたい」と思っても、もう、時すでに遅しでしたね。

知人も、30前から勉強して、プログラミング等の仕事についたけど、「全然だめ、こんな年とってから勉強したって、追いつけない、辛いだけ」といって挫折しました。

先日、ネットのニュースで、セキュリティ会社の社員に、この職のやりがいは、という問いで、「社会の安全を守っているという誇り」とありました。

あ、やっぱり、そうなんだと思いました。
今、私が学生なら、間違いなく、セキュリティー分野を目指して勉強すると思いますね。

50過ぎた今は、ある業種で独立仕事をしていて、それなりに生活していますが、正直、「社会を守っている」とかの正義感を満たせるようなものは何も感じられず、ま、年も年だし、このまま生活できているだけでも、良しとするか、的な毎日です。

ユーザーID:2961858277
もっと、賢くて、人生選択を誤らなかったと思います
はいぱー
2018年3月21日 9:53

学生時代にネット環境があれば、もっと世の中の事、世界の事、政治経済の事、同年代はなにを考えて、どういう価値観で生きているのか、自分の人生の選択を考える上での情報が得られ、慎重に選択する時間もあったでしょうね。

ネット、携帯社会になり、仕事のあり方も変わりましたよね。
若いときは、まあ、パソコンもなければ、携帯もないから、面倒くさい、かったるいで、「こんな息のつまるような事、やっていられるかよ、こんなに勉強してきて、電話取り次ぐのが、コピーするのが俺の仕事?」的な(笑)

最初から、今のようなサクサク仕事ができる環境だったら、もう少し真面目にビジネスマンしていたかもね(笑)

また、若いときから株式ネット取引ができるとわかっていたら、もっと金を貯めて、パチンコ競馬などせず、投資資金を貯めていたことでしょう。

ネットが無ければ、政治経済に関して、量も少なく、質の悪い、偏った情報しか得られず、メディア情報に騙され踊らされ、仕事や選挙も間違った選択を繰り返す人生だったと思います。

政治経済の漠然とした疑問も、なにも解決せず、うやむやのままなのがネットのおかけで、詳しく知れて、自分の目で確かめて、「なるほど、そうか」という、まさに情報革命。

よくネットで言われるのが「これ、20年前だったら、こんな大事な事知ることもできず、騙され続けていたって事だよな、恐ろしいは〜」ってありますよね。

だから、ネットの無い時代には、戻りたくもなく、戻るのが恐ろしいですね。

昔は良かった論もありますが、私はまったくそうは思いません。
ネットのおかけで、人生、ギリギリの年齢でどん底から這い上がれました。
ネットのおかけで希望ある人生になり、おかしな人達に騙されるリスクを減らすことができるわけだし。

ネット様様、ネットありがとう、ですね(笑)

ユーザーID:2961858277
むしろ無かったから
ペッペッペッ
2018年3月21日 21:29

携帯電話もスマホも無かった頃。
私には大好きな(片思いの)人がいました。
月1〜3回ほど会ってたけど、
彼はとにかく起きられない人で、遅刻の常習犯。
いつも駅の改札口で、1〜3時間待ってました。
でも、それはそれでよかった。
彼は「他のヤツなら1時間も遅れたらもう待ってないだろうから行かないけど、
あなたはいつまでも待ってるとわかってるから
何時間遅れてでも行かなきゃ、と思う。」
と言ってくれました。

むしろ、携帯もスマホも無かったから良かったのかも。
メールorLINEで
「待たせると悪いから今日はもう帰って」なんて言われたら
悲し過ぎます。
彼とは、遅刻とは別の理由で恋愛関係になれずにお別れしましたが、
今でも、極寒の改札口で3時間待ったことも含めて
良い思い出です。

ユーザーID:8701135220
 


現在位置は
です